9月ICHRコース

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®の小田原です。

本日でICCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コースが修了いたしました。
早速、ICHR(初中級チェア)コースの様子をご紹介いたします。

9月17日から19日の3日間集中で実施されたICHRコースは、
———————————————————
1日目  初級エクササイズ
2日目  中級エクササイズ
最終日  プログラミングとティーチング
——————————————————–
という内容で進んでいきます。

チェアという名前通り、座ってペダルを踏みながらの脚のエクササイズからスタートです。
手を上げてチャレンジ。腰椎や肩甲骨を常に意識し、体幹を安定させることが大事になります。

こちらは「フットプレス オン ロングボックス」
インストラクターとして注意するところは、手で足の動きをサポートすること。
クライアントが脚の動きに慣れてきたら、後方にまわって骨盤がニュートラルになっているかチェックします。
エクササイズが終わると「あ~っ」と思わず声が。太ももあたりをさすっている方もいて、脚に効いてることがわかります。 

 

チェアの特性を活かして、写真のような姿勢でのエクササイズもあります。
「スキャピュラ・アイソレーション・プローン」 では、動いている腕や胸だけでなく、脚をつま先まで伸ばすのがポイント。

2日目に入ってエクササイズも強度が増してきました。
「グラスホッパー」というエクササイズ。写真の姿勢から、どんどん前傾していきます。
「スキャピュラ・アイソレーション・プローン」と体勢は似ていますが、背中や脚の体勢が違います。
体重だけでペダルを押すとバランスが崩れるので、背中の筋肉で頑張ります。 

エクササイズを行うにあたって相手にどう動いてほしいか、伝える表現方法も勉強していきます。
「リーン」では、 「自分の身体は、ななめ上にいくような気持ち」とイメージで伝えます。
さらにインストラクターには、「おしりが最後に上がっていく」正しい動きをティーチングすること、必ず後か横に立って
クライアントの安全をサポートすることが求められます。

 

ICHRコースの受講終了後、皆様のチェアへの印象の変化や様々な感想が寄せられました。
—————————————————————————————————————————
「 他の器具よりコンパクトなのに、身体のどこにでも効くエクササイズができて、ほんとスゴイ!」
「ジムのウェイトマシンでは自分の得意な筋肉を使いがちですが、ピラティスはピンポイントに
トレーニングできるので全ての人にお勧めです!」
「考えないとペダルが上手く動かせないので、体幹の安定が大事だと改めて感じました。」
「マット初中級コースからの受講だったので、その知識もより深まりました。」
「生体力学的に身体の動きが理解できたので、とても面白かった。」
—————————————————————————————————————————

恒例の「みんなで記念撮影」!笑顔の皆様から達成感が伝わってきますね。

次回の初中級キャデラック・チェア・バレル(ICCB)コースは2015年開催予定です。
詳細は10月にご案内予定です。

STOTT PILATES®ストットピラティス®の知識や技術をさらに深めてみませんか?
皆様にコースでお会い出来ることを楽しみにしています。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー