STOTT PILATES®RMRコースお申し込み締め切り間近です

Stottt_pilates

こんにちは、ビーキューブ®の小田原です。

8月31日(日)から始まる医療従事者対象のRMR1(リハビリテーションマット&リフォーマーコース)の
お申込み期限が8月17日(日)と迫ってまいりました。

 

今回は、6月29日(日)に開催された、「STOTT PILATES®リハブ・プログラム説明会 & 勉強会」の
様子をご紹介いたします。 

ストットピラティス®を医療分野でも臨床に活用させていくコースの説明会&勉強会とあって、
お忙しい中、たくさんの先生方に参加していただきました。

 

最初にエデュケーションコーディネーターよりビーキューブ®の名前の由来や
STOTT PILATES®の歴史、Wataru先生の紹介がされました。

次にWataru先生より、リハビリテーションプログラムの内容が説明され、実際に身体を動かして、
STOTT PILATES®を
 体感してもらいました。

RMR1の特徴として、

・ストットピラティス®5原則を基に、90以上のエクササイズ、モディフィケーションを学ぶことができる
・マニュアルにとらわれず、患者様に合わせた動きに発展させることができる
・イメージで表現していくので、運動をする人に伝えられやすい
・バンドやボール、サークル、フォームローラーなどの器具を使ってサポートできる

が挙げられます。

 

まずは、マットでの動き。実際に動作をするだけでなく、観察することも大切になります。

 

こちらはプロップ(フレックスバンド)を使った動きです。
バンドの持つ距離によって強度が調節できるほか、身体の動きを意識しやくすなります。

 

こちらはキャデラックという器具を使ってのレクチャーです。
キャデラックは一番大きな器具で、名前の由来は自動車の「キャデラック」からきています。

 

そして、こちらはリフォーマーでのエクササイズの説明です。
勉強会終了後にもリフォーマーを体験される方がいたり、と 関心の高さを感じました。

 

解剖学や生体力学に基づいたストットピラティス®の知識は医療現場にも活かすことができるスキルです。
ストットピラティス®を多くの方が取り組まれることで、たくさんの元気につなげることができたら素敵だな、と思いました。

RMR1コースではプロップなどを活用したマットでのセッションと、リフォーマーを利用したエクササイズを提案できる
コース内容となっております。

RMR1コースの日程詳細はこちらから。
お申し込みの方はこちらからアクセスください。

ご質問、お問い合わせはメール、お電話(06-6241-6364)で随時受付しております。
ご興味のある方、お気軽にお問い合わせください。