【コラム 第16話】結合組織について~パート2~

Stottt_pilates

皆様、こんにちは。
ZONE by Bcube®のWataruです。

Wataru

今年も残すところあと数日ですね。

2018年は「こんな年にしたい!」という目標も
見えてきた頃ででしょうか。

僕自身も真っ白な手帳を前に
「さぁ、どんな一年にしようか」と思案中です。。。

前回に引き続き,「結合組織」について書いていこうと思います。

※前回のコラムはこちらから
→ZONEブログ:【コラム 第13話】「結合組織」について

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

結合組織には弛緩性結合組織というのがあります。

例えば、日常生活でこんな形状のものを目にしますよね。

こんなものとか・・・

IMG_0115 ブログ

こんな感じのもの・・・

IMG_0116 ブログ

今からお話しする組織はこういう形状をイメージしながら読んでください。

【疎性組織】

結合組織のひとつのタイプで、組織をつくっている
線維細胞(コラーゲン線維など)の量が比較的少ないものです。

全身に分布する最も一般的な緩い結合組織で、
表皮組織の直ぐ下で、臓器を包んでいるものです。

緩く、不規則な配列をなし、少数の線維芽細胞により
線維を構成している、弛緩性の結合組織です。

顕微鏡レベルでコレを観察すると、最も特徴的な状態として
沢山の空きスペースがあることが分ります。

これが疎性結合組織が周辺の組織から引き出される
水分を多く含んだ、基質を保持するのに役立っている理由です。

——————————————————————

【脂肪組織】

脂肪組織にも弛緩性の結合組織が含まれます。
基質ではなく、ほとんどを細胞で構成しています。

脂肪細胞は脂質を蓄えて、熱の消失から身体を
保護する役割をもちます。

平均的な人の場合で、脂肪組織は体重の18%を占めます。
飢餓にあるとき、この脂肪の貯蔵が生命を維持します。

これがなければ数日以内に死に至るでしょうね。

——————————————————————

【網状組織】

疎性結合組織のようでいて織り混ざった網状線維です。

レチクリンとも言われるこちらは、
コラーゲンやエラスチン線維とは異なります。

この組織は、脾臓、リンパ節および骨髄の軟性の内部骨格や
間質を提供し、多くの発生中の血液細胞を支持します。

疎性組織が基質の水分を含んだスポンジ状の組織で
あるのに対して、網状組織は多くの臓器において
血液を保持するものです。

風通しの良い、分散した線維という共通点をもつ
弛緩性結合組織をご紹介しました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第17回は1月15日(月)アップ予定。
Akatsukaインストラクタートレーナーが担当いたします。
次のコラムもお楽しみに!

※過去のITコラムはこちらから
ZONEブログ:IT(インストラクタートレーナー)のひとりごと

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー