Akatuska先生が紹介!セッションで活用できる筋膜アプローチ

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®のAkatsukaです。
Akatsuka

九州初開催の2018年1月「膜・筋膜ムーブメントコース」
皆様、お申込みされましたか?

※お申込みはこちらから
Bcube® on Tour 福岡 2018年1月 申込フォーム

「筋膜って何?」
「エクササイズでどんなことをするの?」
「セッションにどのように活かすことができるのか?」
など、ご質問、お問い合わせを非常に多くいただいています。

今日は「膜・筋膜ムーブメントコース」について、
取り上げられる内容や、実際のセッションへの活用方法を
お話しいたします。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

ピラティスでは、解剖学や生体力学の観点から
「骨」「筋肉」に焦点を当て、動作を分析し、
動きの修正テクニックを学習することができます。

一方「筋膜(Fascia)」は、身体全体に覆われた膜に
アプローチしていくので、潜在的に隠れていたものが
目を覚まして、身体が変化していく、いわば
身体の可能性を引き出すものになります。

感覚に訴えかける原則も盛り込まれているので、
ピラティスではダイレクトにアプローチしなかった
メンタル面にも働きかけていくことができます。

膜へアプローチするエクササイズは
今のピラティスセッションに組み合わせて行うことで
さらに対応できる幅を広げることができます。

実際セッションをしているお客様にコースで取り上げられた
エクササイズをしてもらったところ
「気持ちがいい」
「身体の変化をすぐに実感できる」
と、その即効性に気づいていただくことができました。

マラソンなどを楽しんでおられるお客様へは
筋膜へのアプローチを行うことによって
腱や靭帯を強くする効果も出てきて、足底筋膜炎や膝関節周囲の痛みが
軽減できたというお声も頂戴しました。
スピードとパワーを引き出し、疲れにくい身体作りにも活用できます。

身体のさらなる可能性を広げるために、
膜へのアプローチ方法を、日頃のセッションにぜひ取り入れてみてください。

【実際のエクササイズをAkatsuka先生が実践!】

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Akatsuka先生が強烈におススメする
「膜・筋膜ムーブメントコース」

過去3回の大阪開催では即日定員となったほどの
大変人気のあるコースです。

STOTT PILATES®を学んだことのある方はもちろん、
筋膜に興味のある方、筋膜へのアプローチをお客様に提供したいと
考えているスポーツトレーナーや医療従事者に
ぜひ受講いただきたい内容です。

—————————————————–

Bcube® on Tour 福岡の詳細はこちらから

Bcube® on Tour 福岡「膜・筋膜ムーブメントコース」

※お申し込みはこちらのフォームに入力してください。
Bcube® on Tour 福岡 2018年1月 申込フォーム

—————————————————–

【過去のコース内容をZONEブログで紹介中!】

2017年7月開催分「膜・筋膜ムーブメントコース」

2017年8月開催分「膜・筋膜ムーブメントコース」

2017年10月開催分「膜・筋膜ムーブメントコース」

—————————————————–

※コースを担当するWataru先生が解説する
 筋膜についての話題はこちらをご覧ください。

Fascia「膜・筋膜」の話

アメリカからFascial Movement

「膜(Fasciaファシア)」

—————————————————–

お問い合わせの多いコースです。
Bcube® on Tour 福岡定員になり次第、
お申し込みを終了いたします。

【注目!】
11月26日(日)までにお申込みいただくと
次回ワークショップで利用できる5,000円OFFチケットをプレゼント!

受講ご検討の方、お早めにお手続きくださいませ。

皆様のご参加、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー