リハビリテーションマット(RM)1コース 【2017年5月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ゴールデンウィークも後半になってきました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

レジャーや旅行でリフレッシュされている方、
または、祝日返上でお仕事されている方もいらっしゃると思います。

ZONEスタジオではゴールデンティーク(5/3~5/5)に
医療従事者を対象としたRM1(リハビリテーション・マット1)コースを開催。
全国各地から医療現場の第一線で活躍する先生方が集まり、
ストットピラティスSTOTT PILATES®の患者様への活用方法を学ぶ3日間。

今日は、RM1(リハビリテーション・マット1)コースの様子をお届けします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

リハビリテーションコースの1と2はレベルではなく、
対象とする身体の部位の違いを表わしています。

・RM1(リハビリテーション・マット1)コース→脊柱、骨盤、肩甲骨の安定
・RM2(リハビリテーションマット2)コース→四肢の安定

まずは一番基本となるRM1(リハビリテーション・マット1)コースを受講することになります。

ストットピラティスSTOTT PILATES®が大切にしている5原則はもちろん、
マットの初級エクササイズを中心に、様々な小道具(プロップ)を活用させながら、
安全で効果的なエクササイズを提供するスキルを学びます。

———————————————————————–

こちらはエクササイズを解説、実践しているところ。
まずはWataru先生が動きのポイントを実際にエクササイズをしながら説明、
このあと、受講生全員で身体を動かしてエクササイズし、理解をしていきます。

写真は「オブリークス」というエクササイズ。
ストットピラティスSTOTT PILATES®マットコースでは初級レベルです。
「オブリークス」は日本語では「腹斜筋」のこと。
ターゲットとする筋肉がそのままエクササイズ名になっています。

まずは調整方法(モディフィケーション)なしのエクササイズを解説、実践後、
身体や痛みのための調整方法を紹介していきます。
患者様にとって、痛みに配慮した環境、また、正しく筋肉にアプローチできるための環境を
どのようにして準備し作っていくのか、体勢を変えて、道具を使って・・・、様々な方法が取り上げられます。

P1310331

P1310341

3日間あるコースの中では、エクササイズの解説、実践はもちろんのこと、
マンツーマンで教えあうティーチングの練習もあります。
バーバルキュー(言葉がけ)、タクタイル(触れて伝える)などを活用し、
患者様をさまさまな視点で観察し、エクササイズを教えていきます。

1回でたくさんのことを伝えようとすると、動きに慣れていない患者様がとまどってしまうことも。
回数少ないエクササイズを行う中で、動きの解説、注意してほしい点、意識してほしいところなど
段階を経て情報を患者さまに伝え、ティーチングしていきます。
「何を、どこに、どのくらい」といった的確な表現、「●●のように」といったイメージを持たせた表現・・・、
声に出して教えることで発見や気づきもたくさん出てきます。

P1310288

リハビリテーションコースでは、学習した内容の理解を深めるために、
コース受講以外に下記の3つの課題にも取り組むことになります。
——————————————————————————————————-
セッション見学 (RM1コース:6時間以上)
ストットピラティスSTOTT PILATES®認定インストラクターのセッションを見学すること。

自主練習 (RM1コース:10時間以上)
自分で動き、ワークアウトをしたり、セッションを受講したりすること。

指導実習 (RM1コース:10時間以上)
クラスメート、知人・友人、患者様などへ自信がインストラクターとして指導を行うこと。
——————————————————————————————————-

これらの課題に取り組むためのサポートが充実しているのも
ZONE by ビーキューブ®で養成コースを学ぶメリットでもあります。

(サポートの一例)
・コース終了後6ヶ月間はセッション見学、練習スタジオの利用が無料
・スタジオ会員初回登録料(10800円)が無料
・コース生のニーズにを取り入れたイベント、ワークショップの開催 などなど・・・

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

コース終了後にお聞きした受講生の生の声をぜひご覧ください!!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

臨床での困難事例に対して様々な角度からアプローチできる引き出しを増やせました。
特に疾患症状のある方に対しては新しい視点での改善提案ができると思います。

【理学療法士/ピラティスインストラクター】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ローカルマッスルや姿勢、キューイングなど、理解を深めることができ、
自身のセラピストとしての幅を広げることができると感じました。
介護予防やスポーツの分野で、特にキューイングの重要性を学べたことが
今後の臨床のリハビリでも活用できると思いました。

【理学療法士/病院勤務】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

身体を動かすこと、講義、クリニカルリーズニングやケーススタディなど、
バランスよくクオリティの高いコースでした。
マニュアルセラピストでもある私にとって、ムーブメントを中心とした
ピラティスはとても相性のいい内容でした。

【理学療法士/柔道整復師/教員】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

今までやってきた臨床や自身の体についてのいい気づきになりました。
まずは5原則を評価や治療に活かしていきながら、
コンディショニング改善していきたいです。

【理学療法士/病院勤務】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

見たことがある動作でもピラティス目線で見ると目的が変わったり
いろいろな視点から動きをみようと思えるようになりました。
筋力アップという目的以外の運動アドバイスをしていけるようになりたいです。

【柔道整復師/整骨院勤務】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

普段意識していなかった所や不十分だったところを認識し、
理解を深めることができました。
1つ1つの動作の目的、キューイング、注目すべき点など細かく学べました。
インストラクターの先生含め、同じ生徒のみなさんとも仲良くなれ、
楽しく学べたと思います。
患部以外のところへ目をむけて、患者さまにももっと自分自身を知ってもらえるように
活用していきたいです。

【理学療法士/病院勤務】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ピラティス自体が初めての経験だったので、
普段の治療の観点とは違った見方で難しい部分や戸惑いもありましたが
自分の身体を使いながら実感できてよかったです。
キューイングが思った以上に難しかったので、
どんどん反復練習をして自分のものにしたいです。

【鍼灸師/鍼灸治療院勤務】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

疾患を持った方だけでなく、すべてのお客様に対応できるエクササイズの紹介があり、
とてもよかったです。
診察の中でリハビリのアドバイスとして、ピラティスの知識を活用、指導しているので
医療とピラティスの必要性を今後も伝えていきたいです。

【看護師/ピラティスインストラクター】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ピラティスに対して、スタートポジションの重要さ、見るべきポイントなど、
とても理解することができました。
普段臨床で使っているブリッジやよつばいなども、
みるべき視点が変わりました。
患者さまへのキューイング、指導ポイント、入れるべき場所などを
しっかり見て様々なバリエーションをもって活用できるよう
しっかりと練習を重ね、自分のものにできるようにしたいです。

【理学療法士/リハビリテーション科勤務】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

クライアントに対する声かけやエクササイズの選び方、方法について
とても分かりやすく丁寧に教えていただきました。
クライアントの疾患や身体状況によってエクササイズを選ぶことができるのが
とても役立つところだと思います。
とても有意義な時間でした。

【理学療法士/病院勤務】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

RM1(リハビリテーション・マット1)コース受講の皆様、お疲れ様でした。
コースで学んだ内容をさっそく現場で活用してください!
コース受講後については2つの方向性があります。
——————————————————————————————————-
【今後のコースの進み方】
RM1(リハビリテーション・マット1)コース受講後の進路として2つがあります。
どちらかのコース受講後6ヶ月の間に、インストラクター資格試験を受験することになります。

RM2(リハビリテーション・マット2)コース~四肢の安定~に進む
RR1(リハビリテーション・リフォーマー1)コース~脊柱、骨盤、肩甲骨の安定~に進む

※①か②のコース受講後6か月以内に、資格取得のための実技試験を受験することになります。
——————————————————————————————————-
次のコースで皆様にお会いできることを楽しみにしています!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ストットピラティスSTOTT PILATES®は解剖学、生体力学を基にしたメソッド。
医療現場で働く医療従事者の皆様の日頃の治療に
役立つ知識と技術を学ぶことができます。

RM1(リハビリテーション・マット1)コース
次回開催は2018年1月以降を予定しています。
来年のコース開催スケジュールは秋ごろ発表予定
今しばらくお待ちくださいませ。

予防医学の観点からストットピラティスSTOTT PILATES®を勉強したい方、
自分自身の身体もピラティスで変化を実感してみたい方には、
IMP(初中級マット)コースもおすすめです。

63種類のエクササイズを様々な調整方法(モディフィケーション)とともに9日間で学ぶことができます。
プライベート、グループティーチングの方法や姿勢分析とそれを基にしたエクササイズの選び方も
コースの中で取り上げていきます。

IMP(初中級マット)コースは2017年は下記の3コースの開催が決定しています。
定員間近のコースもありますので、ぜひご検討ください!

—————————————————————–
【8月集中コース】 ※定員間近!
8/3(木)、4(金)、9(水)、10(木)、11(金・祝)、22(火)、23(水)、24(木)、25(金)

【9月土日コース】 ※定員間近!
9/30(土)、10/1(日)、7(日)、14(土)、15(日)、21(土)、22(日)、28(土)、29(日)

【11月平日コース】
11/13(月)、14(火)、15(水)、30(木)、12/1(金)11(月)、12(火)、13(水)、14(木)

※お申し込みはこちらから→→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

—————————————————————–

コース受講について詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせ、ご相談ください

※まずは資料を請求したい方はこちらから→アカデミー専用お問い合せ

※ピラティス養成コースの説明会に参加したい方はこちらから→ピラティス養成コース 体験&説明会

皆様のお問い合わせ、ご参加、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー