【卒業生ご紹介】colocolo(コロコロ) 中山敦子さん 

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!

今回は2017年1月にIMP(初中級マット)コースを受講、
5月にMat Level1の試験を受験、見事合格!

現在、静岡県浜松市を中心に
STOTT PILATES®マットインストラクターとして活動する
colocolo(コロコロ)の中山敦子さんにお話を伺いました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<中山敦子さんの活動>

colocolo ココロ軽やかにおでかけできるカラダづくり

※素敵な写真とともに、活動報告や次回のイベント案内など
中山さんの情報が定期的にアップされています。
ぜひご覧ください!

colocolo ココロ軽やかにおでかけできるカラダづくり

 

<コンセプト> HPより

「カラダ本来の動き」ができると、カラダを楽に動かすことができ、
ココロも軽やかになっていきます(*^_^*)

colocoloでは、 「カラダ本来の動き」がよみがえるように、
「3つの柱」でカラダを整えていくメンテナンスレッスンをおこなっています!!

ご自身のカラダと対話しながら、カラダのメンテナンスをし
日々の生活はもちろん 何かしたいなぁー(*^^*)  など
愉しいことができるカラダづくりを一緒にしていきましょッ ☆

<3つの柱>
・呼吸法やヨガ的要素で、凝り固まっているカラダを「緩め」
・ピラティス的要素で、理想な姿勢にカラダを「整え」
・筋トレ的要素で、自分の足でしっかり立ち、生活できるためにカラダを「鍛える」☆

  

  

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<中山さんへのインタビュー>

【小田原】
今日はスタジオにお越しくださって、ありがとうございます。
まずは中山さんとSTOTT PILATES®との出会いを教えてください。

【中山さん】
もともと、浜松にあったピラティスメソッドの養成コースを受講したのが
ピラティスをはじめたきっかけでした。
他団体ではありましたが、ご縁があってそのピラティススタジオで
ピラティスを教え始めました。

スポーツクラブやカルチャーセンターでも教える機会があり、
40人を超えるお客様とのグループクラスも担当するようになりました。

職場の紹介で海外の先生に教えてもらう勉強会に参加したときに
STOTT PILATES®のインストラクターに出会い、
その方のプライベートセッションの体験したのが最初でした。

STOTT PILATES®を体験して思ったことは
自分が勉強したピラティスよりも身体のことを
よりしっかりした知識でセッションをしているな、という点。

これなら自分自身の身体も
「ピラティスで、もっと変わるんじゃないかな」
と感じました。

大勢の人が参加するクラスでは、痛みの改善まではできないし
エクササイズのやり方だけでは、指導の限界も感じていた時期でもあり、
もっと勉強したいという気持ちにもなっていました。

また、STOTT PILATES®が国際ライセンスだったことも
学んでみたいと思ったきっかけにもなりました。

P1360199 ブログ

【小田原】
コースを受講するために、
静岡から大阪まで通うことを決意されたわけですが、
実際のコースはいかがでしたか。

【中山さん】
関西には馴染みがなかったので、最初は不安いっぱいでした。
コース日程も平日で、すこしゆっくりスケジュールだったので
新幹線で通学、ホテルに宿泊してコースを受講することを
何回か繰り返しました。

そのうちにコース前日から大阪に来て、
コースの3つの課題であるセッション見学、自主練習、指導実習を
サポートを利用して、たくさん取り組みました。

見学や練習スタジオ利用がコース修了6ヶ月間は無料なので、
同期の仲間と時間ギリギリまで練習していましたね。

コース受講のためのアフターケアもしっかりしていたし、
スタジオにいる先生にわからないことを質問できるなど、
勉強できる環境はとても大きかったです。

【小田原】
中山さんの時のIMP(初中級マット)コース受講生は
熱心な方が多かった印象があります。
コース修了後も遅くまで残って練習していましたね。

【中山さん】
そうですね。
熱い意欲的な同期メンバーを見ると「関西らしいな」と思っていました(笑)。

良い意味で勉強の姿勢がとても貪欲というか、
目的に向かって、コース内容を習得する気持ちが
強い方がとても多かったです。

疑問に思ったことは、すぐに先生に納得するまで
何回も質問する姿勢もとても驚きました。
「わかんない」「じゃあ聞いてみよう」みたいな(笑)。

コースは受身で聞いているだけではもったいない、
そんな気持ちにさせてくれました。

【小田原】
コース受講中の思い出、印象的な出来事などありますか。

【中山さん】
コースを担当してくださったAkatsuka先生でしょうか。
私たちに対するコメントが本当に的確で、
よく見ていらっしゃるな、と思いました。

私は細かいことが気になってしまう性格なのですが、
コース中にそれをズバリ見抜かれてしまって。

今では日常生活の中で
「肩の力を抜いてもいいのかな」と思うようしています。
自分の生活の中の考え方にも影響がありました。

【小田原】
これからコースを学ぶ方、検討している方への
アドバイスはありますか。

【中山さん】
コースは思いきり楽しんでほしいですね。
自分が勉強したくて受講するわけですから、自分が楽しまないと
もったいないですよ。
関西圏のメンバーのやる気パワーも後押ししてくれます。

今では、家族が大阪に住むようになって、大阪がより身近な地域になりました。
静岡からも距離を感じなくなりましたね。

<中山さん思い出のIMP(初中級マット)コースの写真>

P1300152

P1300317

【小田原】
中山さんの今のインストラクターとしての活動を教えてください。

【中山さん】
現在は浜松市と湖西市の2ヶ所でレッスンをしています。
少人数でこじんまりした中にも、
しっかりピラティスをお伝えできる環境にこだわっています。

あとは自分の家族に教えています。
母が頚椎のヘルニアになって痛みで苦しい日々を過ごしていたのですが、
私が週1回ピラティスで身体のメンテナンスをはじめました。
すると「身体に痛みがないって、本当に気持ちが違う!!」
元気な身体でいられることの嬉しさを聞かせてくれるようになりました。

STOTT PILATES®は強度を変化させて
エクササイズを誰にでもあわせることができるのも
とても魅力的なんです。

【小田原】
身近な人がピラティスで元気になる、って素敵ですよね。
中山さんから広がるピラティスの力を感じます。

【中山さん】
本当に不思議なもので、
STOTT PILATES®のインストラクターの資格を取ったことを
よく通っているカフェのオーナーさんにお話したところ
「うちのお店のスペースでイベントしてみない?」
ってお話があって。

そのイベントを開いたところ、参加していた方から
「湖西市にピラティスを教えに来てもらえませんか?」
というお誘いがあって。

実家近くの公民館の講師登録をしたとたんに
「子育て中のお母さん向けのピラティス」の依頼があって・・・。

先日のビーキューブ®でワークショップを受講した時には
試験勉強でお世話になった、静岡で活動している
STOTT PILATES®の先生とばったり再会したり。

気がつけばSTOTT PILATES®からのご縁が
どんどんつながってきているんです。

<先日の中山さんのレッスン会場は、なんとお寺!>

IMG_20180407_115339 ブログ

IMG_20180407_112717

【小田原】
たった1年の間に大活躍ですね。
きっと中山さんの人柄もみんなを惹きつける魅力なんだと思いますよ。
最後に、これからの中山さんの目指しているものは何ですか。

【中山さん】
これからも身近な方に、ピラティスをもっと知ってほしいです。
運動する時間がない、苦手意識がある方、体力に自身がない方にも
ピラティスで運動をする習慣を始めてもらう架け橋になりたいです。

あとは、先日開催された「膜・筋膜ムーブメントコース」にも参加したので、
これからも新しいものもどんどん取り入れたいですね。

Fasciaはボールをバウンドさせるだけの動きでも
「身体が軽くなる」「左右の違いを感じる」といった感覚が得られます。

ピラティスや筋膜への身体へのアプローチを通じて
リラクゼーションエクササイズとして
皆様にやわらかく、しなやかで、健康的な身体を手に入れてほしいです。

【小田原】
中山さん、ありがとうございました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

いかがでしたか?
ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして
活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます!
今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
※卒業生の皆様にお願いします※

ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在約1, 000名以上の
インストラクターを輩出し続け、全国からたくさんの方に
お越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを
全国よりお問い合わせいただいております。
こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。
 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【卒業生ご紹介】リハティスプラス 乾亮介さん

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!

今回はストットピラティスSTOTT PILATES®
RM(リハビリテーション・マット)コースと
IMP(初中級マット)・AM(上級マット)コースを両方を受講
ピラティスインストラクターとして活動をスタートさせた
リハティスプラス 乾亮介さんにお話しを伺いました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<スタジオ紹介>

大阪府河内長野市にある予防医学に特化した
整体サロン&ピラティススタジオ リハティスプラス
理学療法士として急性期病院のリハビリテーション科に16年間勤務し、
数多くの疾患の患者様のリハビリを担当してきた乾さん。

無題

2016年からビーキューブ®で
ストットピラティスSTOTT PILATES®のコース受講をスタート。
上級マットインストラクター資格取得後に
リハティスプラスをオープンされました。

2017年はストットピラティスSTOTT PILATES®の
RM(リハビリテーション・マット)コースを受講
ピラティスインストラクターとして、さらにスキルアップ。

今では、予約がすぐにいっぱいになるスタジオになっています。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<乾亮介さんへのインタビュー>

Q) スタジオの特徴、特色を教えてください。

リハティスプラスは2017年4月からスタートしました。

理学療法士としてのリハビリとピラティスを行う「リハ整体」
ピラティスメインの「ストットピラティスSTOTT PILATES®」
手技療法のみの「クラニオセイクラル整体」
3つのメニューを柱にしています。

ストットピラティスSTOTT PILATES®
プライベート、セミプライベート、少人数のグループを行っていて
3つの中で一番人気です。

Q) スタジオにお越しになる方はどんな方が多いですか?

40代~60代が中心ですが、幅広い方が通っておられます。
ピラティスをされる目的は
慢性痛の改善や姿勢のゆがみの改善が多いですね。

STOTT PILATES®はエクササイズの調整バリエーションが
豊富なので、いろんな方に楽しんでいただけています。

最高齢は92歳
定期的に2週間に1回通ってくださるので、
今では、マットクササイズの「スワンダイブ」ができるようにまで
ピラティスができるようになったんです。
この時はさすがに驚きました。

Q) 92歳のスワンダイブ!すごいですね。
ピラティスで元気になっている方がいるのは、とてもうれしいです。

スタジオをスタートさせて約9ヶ月。
セッションのご予約が多いとお聞きしました。
お客様が「乾さんのスタジオ」を選ばれている理由は
何だと感じていらっしゃいますか。

大阪は大きなスポーツクラブもあり、
グループクラスでピラティスをしたことがある方は多いのですが、
大人数でマットをひいただけの環境では
身体の使い方などの細かいところが伝わらないことも多いようです。

4人グループ1時間のグループクラスをしていますが、
必ずプロップを使ってセッションを行っています。
プロップを使用することで、本当の意味でのピラティスに触れていただけ、
「本格的にピラティスをしたい」「ちゃんとピラティスをしたい」という
お客様の意欲につながってきています。

STOTT PILATES®のマットインストラクターとして
その良さを十分お伝えできている手ごたえを感じていますね。

Q) 乾さんは理学療法士として長く勤務されていましたが、
今回、スタジオをスタートさせたきっかけは何だったのでしょうか。

病院では急性期病院のリハビリテーション科に勤務し、
整形外科の術後患者様をはじめ、呼吸器疾患、脳血管疾患、心大血管など
数多くの患者様の治療にあたってきました。

特に高齢者の方の摂食嚥下や呼吸リハビリテーション領域は
臨床なども行い、論文や研究にも携わってきました。

その中で、
「病院の中では限られた治療しかできない」ことが
とても窮屈な環境に感じるようになりました。

保険制度の問題もありますが、2週間の入院・治療期間の中で
できることには限界があります。
完治するところまで携われないもどかしさは、
もしかしたら理学療法士の方は、日ごろから感じていることかもしれません。

また、
「高齢になる前の段階で、予防医学的なアプローチ」
これからもっと必要になると思っていました。

実際の経験談ですが、高齢者の誤嚥性肺炎患者に猫背が多いことから、
高齢者の猫背を伸ばすこと、姿勢の改善をすることで
歩けなかった人が歩けるようになったことがありました。
そのときに本人はもちろん、ご家族も大変喜んでおられた姿をみて、
「こういうことにもっと関わっていきたい」と思うようになりました。

海外の論文などを調べると、「ヨガ」「ピラティス」を取り入れて
長きにわたって健康に管理を行う流れが、すでにあることを知り、
姿勢改善を極めるためにピラティスを学ぼうと思い立ちました。

Q) STOTT PILATES®を選んだのはなぜですか。

養成コースの説明会に参加し、STOTT PILATES®を自分で体験して
その良さを実感できたことですね。

エクササイズのモディフィケーション、プロップでの調整は
汎用性も高いですし、臨床的だったことも決め手になりました。

Q) 実際にコースを学ばれて、内容はいかがでしたか。

最初にIMP(初中級マット)、AM(上級マット)コース
健常者向けの内容を受講しました。
ピラティスについて、インストラクターのスキルの基本を
最初にじっくり学ぶことができました。

翌年にリハビリテーションコースを学びましたが、
こちらは初級エクササイズをメインに、モディフィケーションを多く
学べたので、クライアントのニーズに答える多様な手段を習得できました。

また、マットコース以外にも次のステップになるコースや
ワークショップがあるので、新しいものを常に勉強できるのも魅力ですね。

Q) 医療従事者の方からで
IMP(初中級マット)コースとリハビリテーションコース、
どちらを先に勉強したらいいか、というのお問い合わせがあります。
乾さんはどちらがおすすめですか。

予防医学的な活動やアスリートのリハビリに携わる環境なら
IMP(初中級マット)コースをおすすめします。
病院などでのリハビリ治療メインならリハビリテーションコースですね。
臨床に携わっていく中で、ピラティスの活用をヒントに治療できます。

ピラティスをどんどん取り入れたいなら、
両方勉強するのを一番お勧めします!

Q) コース受講中にあった印象的な出来事はありますか。

IMP(初中級マット)コースで一緒に学んだメンバーの中で
FULL認定を目指して勉強していた方がいらっしゃいました。
コースに来るまで「運動が苦手」「インストラクター経験もない」という、
本当に初心者、未経験の方でした。
※FULL認定→STOTT PILATES®7つのコースをすべて受講すること

コースから約1年経って、その方から試験前の練習に誘われ、
実技試験のお客様役としてスタジオで一緒に練習したんですが・・・。
驚きました、1年前とはまったく違っていたんです。

器具の上級エクササイズもご自身でできるようになっていましたし、
それを教えることもできるようになっていました。

たくさん練習、努力をされたんだとは思いますが、
「1年でこんなに人の身体は変わるんだ」と驚きました。
チャレンジする気持ちを持って取り組めば
人間は変わることができる、その可能性を強烈に感じた出来事でした。

Q) 乾さんの今後の展望などを教えてください。

昨年からいろいろな取り組みをスタートさせています。

まずは理学療法士を集めての勉強会を開催し、
STOTT PILATES®の良さを広めています。
ピラティスに興味のある理学療法士はとても多いです。
その方たちにもっと知ってほしいと思っています。

無題2

また、スタジオ活動も軌道に乗ってきているので
人材育成もして、さらに広く活動の範囲を広げたいですね。
うれしいことに、スタジオ外で解剖学+ピラティスの講座を
定期開催することも決定、2月から始動します。

目標は、地域に根ざした、健康を発信するスタジオにまで育てたいです。
スタジオの来て元気な身体を、ブログやメルマガで心のあり方を
皆さんに手に入れていただきたいと思っています。
※乾さんが連載しているブログはこちらからリハティスプラス ブログ

リハティスプラスが成長して、メディカル+カルチャーを融合、
新しいコミュニティの場にしていきたいですね。
大きなスタジオの横にカフェを併設して・・・、夢は大きいですよ!

Q) 最後にこの後に続きインストラクターへのメッセージをお願いします。

アンチエイジング、健康寿命の延伸といった
予防医学がこれからは本当に大切な時代です。
中でも運動療法の可能性はまだまだ広がると思っています。

理学療法士として徒手による治療だけではなく、
新たな視点、スキルでこれに取り組むなら、
STOTT PILATES®はたくさんのヒントや
活用できるエクササイズが学べます。

理学療法士をはじめとする医療従事者の方に
ぜひおすすめします。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

乾さん、ありがとうございました。
地域の健康発信のコミュニティの場として
中心的な存在となるスタジオ活動に取り組んでください!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして
活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます!

今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

※卒業生の皆様にお願いします※

ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在
約1, 000名以上のインストラクターを輩出し続け、
全国からたくさんの方にお越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを
全国よりお問い合わせいただいております。

こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。

インストラクター スタジオ&活動状況 登録フォーム

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【卒業生ご紹介】兵庫 Honeycomb 田平潤さん

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!

今回はSTOTT PILATES®リハビリテーションコースを受講し、
ピラティスインストラクターとして幅広く活動している
Honeycomb(はにかむ) 田平潤さんにお話しを伺いました。

田平さんはリハビリテーションコースの中で、
「マット&リフォーマー1」「マット1&2」の資格をお持ちです。
ビーキューブ®アカデミーホームページにも「受講生の声」として
インタビューをさせていただきました。

そんな田平さんに、現在の活動内容を中心に、
リハビリの分野でのピラティスの活用についてお話いただきました。
※「受講生の声」インタビューはこちらから→受講生の声 田平潤様

田平潤 様

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<スタジオ紹介>

兵庫県加古川市にあるからだケア&Pilates Salom Honeycomb
理学療法士として、ピラティスインストラクターとして
活動している田平さん。

病院でのリハビリ指導、サロンでのプライベートセッションやグループクラス指導、
他のピラティススタジオとのコラボレーションやダイエットクラス、
早朝トレーニングなどにも積極的に取り組まれています。

  

  

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<田平潤さんへのインタビュー>

Q) 田平さんがコースを受講されたきっかけを教えてください。

患者さんへの治療に行き詰ったりすることもある中で、
もっとできることはないかと探しているときに
リハビリテーションのピラティスを知りました。

まずは実際にピラティスをするために、スタジオ会員として
ビーキューブ®に足を運んだのが最初でした。

身体を動かすことには自信があったのですが、
自分の身体がうまく動かないことに衝撃を受けました。
ちょっとショックだったくらいです。

スタジオに通ってピラティスをやっていくうちに、
「これは、治療でも使える!
リハビリテーションコースで勉強しようと思いました。

「自分ができないことは人には伝えられない」という気持ちから
ピラティスも積極的に受講しました。

 

Q) リハビリテーションコースを受講してどうでしたか?

私が受講したときは「マット」と「リフォーマー」を勉強するカリキュラムでした。

実技試験は、自分のお客様をスタジオに連れてきて行うのですが、
リフォーマーがない環境だったので、事前練習ができず、
当日はじめてリフォーマーを使ってお客様にピラティスを行ったんです。

短い時間のリフォーマーセッションだったのですが、
お客様が「足が軽くなった」と身体の変化を伝えてくださったんです。
とても驚きましたね。
短時間でも効果がでるピラティスはすごい!と思いました。

また、リハビリでは他動を中心に、ほぐすなどの徒手で治療をしますが、
ピラティスは患者様ご自身に動いてもらうことを大切にするので、
コースで学んでいくうちに、「患者様にも積極的に参加してもらう」
ピラティスはとても納得がいきました。

Q) 田平さんの現在の活動を教えてください。

現在は主に3つです。

1つ目は病院で治療活動をしています。
週に2回、1人に対して20分という短い中ではありますが、
自重だったり、ボールやバンドといった施設にある小道具(プロップ)を活用し、
ピラティスを組み込んでの治療を行っています。

患者様には慢性的な疾患の方、オペ後のリハビリの方が多いですね。

Q) 治療へのピラティスの活用、どんなふうにされているんですか?

その時の患者様の様子を見ながら、
主に5原則を意識した内容を行っています。

例えば、手首の怪我をされた方がいらっしゃった時に、
手首だけを治療するのではなく、5原則を説明しながら
全身に意識を持っていくことで、身体が安定できるようにしていきます。
怪我は手首でも、その痛みをかばって
別のところに影響が出ることが多々ありますからね。

リハビリに通う患者様は、怪我をして痛みに苦しんでいたり、
完治できるかどうか不安な中、病院にいらっしゃいます。

「痛い」「やりたくない」といったマイナスなイメージを払拭し、
治療だけでなく、心の不安もほぐしていくことで、
最初は嫌がっていたリハビリに、一生懸命取り組んでもらえるようになりました
とにかくリハビリを楽しくできるように心がけています。

Q) 2つ目の田平さんの活動は何ですか。

2つ目は自宅サロンでのプライベートセッションです。
こちらはピラティスをメインに60代前後のお客様に向けて
セッションを行っています。

リフォーマーなどの器具はありませんが、
STOTT PILATES®のプロップはたくさん揃えています

ビーキューブ®で開催されるワークショップや養成コースには
積極的に参加しています。
リハビリテーションコース、ZengaやCOREの養成コース、
先日は膜・筋膜ムーブメントコースも受講して、
早速コースで使ったLOOPとツイストボールを取り入れました。

プロップそれぞれの特性を活かしたセッションは
お客様にもとても好評なんですよ。

 

【膜・筋膜ムーブメントコースでの記念撮影】

P1320917

Q) 田平さんが勉強を続けている原動力、信念って何ですか?

資格取得も大事なんですけど、いろんな知識の幅を広げることで、
セッションや治療で「こんなことできるな」「これを活用してみよう」
といった解決方法を見つけられると思っています。

自分の引き出しにいろいろ勉強したことをまとめておいて、
そこから探して選ぶ、という感じですね。

知識がたくさんあると迷うことも多いんですけど、
できることが多くなるメリットを考えたら、
これからもどんどん勉強し続けていきたいですね。

Q) 3つめの活動、教えてください。

3つ目はピラティスのグループクラスを教えています
人のご縁ってすごいな、と思うんですが、
いろいろなところに出向いてピラティスをしているんです。

Q) 例えばどんなところですか?

ある企業に呼んでいただき、「オフィスでできるピラティス」
エクササイズを行っています。
職場ですからスペースも限られているので、
椅子に座ってできるもの、立ってできるものなど、
工夫しながらエクササイズを組み立てています。

定期的に開催しているものなので、
自分の目標として「同じことはやらない」と決めてるんです。
季節に合わせたり、テーマを設けたり、自分でも楽しんでいます。

こちらも紹介で演劇関係の方たちに向けたピラティスもしています。
演劇は見栄えが大事ですから、
姿勢が変わると表現ももっと素敵に変わるんですよね。

市のミュージカルの練習時間に呼んでいただいて、
ウォーミングアップにピラティスしてもらっています。
小学校2年生から70代くらいの方と一緒にわいわいやっています。

また、中学校の陸上部にも怪我の予防のために
ピラティスを提供しています。
男子部員はピラティスでの身体の変化に、とても素直に喜んでくれています。
その素直な反応がとても新鮮で、若いときから自分の身体の動きを知るのは
とてもいいことだと思っています。

※田平さんのスタジオのブログには、
多くのお客様とセッションする様子も紹介されています。
からだケア&Pilates Salom Honeycomb ブログ


Q) 田平さんの今後の活動、目標などを教えてください。

これからも知識と技術の習得のために探求心を忘れない
常に目標高くありたいと思っています。

予防医学的な部分で、もっとピラティスを広めたいですね。
オフィスでお昼時間や仕事帰りに
ちょっとできるのもピラティスのいいところ。
少しの時間を活用して、ピラティスがもっと身近になれば、と思います。

そして、若い学生さんにも動くことの楽しさを知ってほしいです。
中学生の頃は身体の変化もあって、ボディイメージも崩れる時期、
ピラティスで自分の身体のことをもっと気づいてほしいです!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

田平さん、ありがとうございました。
これからも多くのお客様、患者様をピラティスで元気にしてください!
スタジオでのワークショップでお会いできることを楽しみにしています!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして活躍されている方が
世界各国、日本各地にいらっしゃいます!

今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

※卒業生の皆様にお願いします※

ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在
約1, 000名以上のインストラクターを輩出し続け、
全国からたくさんの方にお越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを
全国よりお問い合わせいただいております。

こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。

インストラクター スタジオ&活動状況 登録フォーム

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【インストラクターへの道】Satomi先生(Full認定)

Stottt_pilates

みなさまこんにちは。
ZONE by ビーキューブ®の小田原です。

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!

今日は8月に実施された試験で、見事Full認定試験に合格した
ビーキューブ®所属のアソシエイト・インストラクター
Satomi先生にお話を伺いました。

Satomi

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

【小田原】
Satomi先生、試験合格、おめでとうございます。

【Satomi】
ありがとうございます。
念願のFull認定になって、とてもうれしいです。

P1340050 ブログ

【小田原】
Satomi先生は柔道整復師として医療現場で
勤務していた経験がおありですよね。
ピラティスインストラクターへ、そしてその道を極めようと
思ったきっかけは何だったんですか?

【Satomi】
接骨院に勤めいていたとき、治療に取り入れる目的で
STOTT PILATES®のIMP(初中級マット)コースを受講しました。

最初はIMP(初中級マット)コースだけのつもりでしたが、
ピラティスを通じて身体のしくみを学ぶことが
どんどん楽しくなってきて、器具のコースにも進んでみたくなりました。

器具のコースを申し込み、受講していく中で、柔道整復師ではなく
「ピラティスインストラクターとして仕事がしたい!」
どうせ勉強するならFull認定をめざそうと思いました。

【小田原】
柔道整復師からピラティスインストラクターへの転身、
Satomi先生にとって非常に大きな決断ですね。
不安や悩みはなかったんですか?

【Satomi】
そうですね・・・。
どちらかというと、怪我をしてしまってからお会いする患者様に
治療をするといった受動的な関わり方ではなくて、
怪我をする前にできる予防医学的な見地からのアプローチに
興味が出てきたというか。
もっとポジティブな形で関わっていきたいという想いが強かったので、
ピラティスインストラクターとしての活動も楽しいと思ったんです。

STOTT PILATES®は医療人としての自分のスキルと
プラスできる要素が多いので、新たな分野に飛び込んだというより
今あるスキルとの相乗効果みたいな感じがありました。

【小田原】
ピラティスインストラクターとしてスキルアップ、Full認定を目指し
勉強する中で、ご自身の変化や見えてきたものはありますか?

【Satomi】
私は1回、初中級コース(IMP,IR,ICCB)で試験を受験し、
合格することができました。

同じ時期に、ビーキューブ®で自分の目標としていた
ピラティスインストラクターとしての活動がスタート。
プライベートやグループセッションも担当する中で、
「健康にすごしたい」「アクティブに生活したい」という
前向きなお客様にたくさん出会いました。

セッションでご一緒するお客様のために、というのも
勉強を進める大きな原動力にもなりました。

最後の試験は上級(AM、AR、ACCB)のみの試験に
チャレンジしようと準備を進めていきました。

初中級に比べて上級の違いを感じたのは、
エクササイズを正しくキューイングするだけではなく、
キューイングを出す適切なタイミングや、力の方向性 、
動きに合わせた抑揚のある声のトーンなど、
難しい上級のエクササイズだからこそ、動きを引き出すために
工夫する点がたくさんありました。
また、上級のエクササイズを行うからこそわかる、
身体のしくみがたくさんありましたね。

【小田原】
上級コースの内容に焦点を絞った試験勉強では
どんなことを意識して進めていったんですか?

【Satomi】
上級の試験は実技のみなので、ティーチング練習を中心に
いろんな方にアドバイスをもらいました。

苦労したところは、エクササイズ中、ボディの動きの乱れが見えても、
その原因はどこなのか見つけることでしたね。

また、自分の身体でエクササイズを覚え、理解して
キューイングに活かすため、たくさん自主練習も行いました。
難易度の高いエクササイズをたくさん練習していたので、
試験直前の時期は、常に筋肉痛でした。

【小田原】
上級コースのエクササイズを学ぶメリットはどんな点が
挙げられますか?

【Satomi】
一番変わったな、と思うことは「クライアントの身体の見方」ですね。
上級コースを学ぶまでは、今までは身体に起きている現象ばかり見ていました。

さらに上のレベルの勉強をすることで、身体の見方が広がり、
なぜそれが起こっているのか、原因をつきとめられるようになりました。
見方が変化することで、動きを見る視点も全く別のものに変わり、
その変化を自分でわかった時が、とても楽しかったです。

【小田原】
現在、プライベート、グループセッションを担当しておられますが、
ピラティスインストラクターの仕事はいかがですか?

【Satomi】
マットグループはたくさんのお客様とご一緒することができるので、
みんなで楽しく、効果を感じていただける内容を心がけています。

プライベートセッションでは、器具を活用することで
提供できるエクササイズの幅がぐんと広がるので、
より一層お客様のニーズに答えることができます。

器具のコースを学んだことで、マットのエクササイズの理解を
深めることができたので、自分自身のスキルアップができました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

<スタジオイベントでのひとコマ>
年2回開催されるスタジオイベント。
必ずSatomi先生が担当するグループクラスが開催、恒例となっています。
皆様に喜んでいただけるよう、Smileを心かげているそう。
Satomi先生の想いが、参加者の皆様をHappyにしています!

肩機能10 ブログ

P1310974 ブログ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【小田原】
最後に、見事Full認定を取得し、ピラティスインストラクターの道を
歩みだしたSatomi先生から、ひとことお願いします。

【Satomi】
インストラクターとして一番の喜びを感じるのは、
「自分の伝えたいことがお客様に伝わり、その感覚を共有できた時」です。

また、お客様自身が少しでも変化を感じて下さって、
楽しそうにしている姿を見るととてもやりがいを感じます。

スタジオにお越しになるお客様やピラティスに興味のある方に
もっとお会いして、ピラティスの良さを知っていただきたいと思っています。

【小田原】
Satomi先生、ありがとうございました。
これからも、お客様とともに歩むインストラクターとして活躍してください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

※スタジオブログ・グループクラスの紹介はSatomi先生が担当※
毎月変わるピラティスマットグループのプロップ紹介や
SURFSETのクラスを動画紹介したり・・・。

ピラティスインストラクターの枠を超えて、
Satomi先生がスタジオのトレンド情報を発信しています!
ビーキューブ®スタジオブログもぜひチェックしてください。

【Satomi先生解説!SURFSET】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

いかがでしたか?
ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして
活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます!
今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
※卒業生の皆様にお願いします※

ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在約1, 000名以上の
インストラクターを輩出し続け、全国からたくさんの方に
お越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを
全国よりお問い合わせいただいております。
こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。
 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【インストラクターへの道】Megumi先生(Full認定)

Stottt_pilates

みなさまこんにちは。
ZONE by ビーキューブ®の小田原です。

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!

今日は8月に実施された試験で、見事Full認定試験に合格した
ビーキューブ®所属のアソシエイト・インストラクター
Megumi先生
お話を伺いました。

Megumi

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

【小田原】
Megumi先生、試験、おつかれさまでした。
そして合格、おめでとうございます。

【Megumi】
ありがとうございます。
結果がくるまでは、そわそわ、どきどきしていましたが、
合格できてほっとしています。

【小田原】
出演される舞台の練習もある中での試験受験でしたものね。

【Megumi】
本当に忙しい毎日でしたが、バタバタした毎日のほうが
実は充実している感じがするので好きなんですよ。
※Megumi先生の出演された舞台については
スタジオブログをご覧ください。
 ★スタジオブログ
  →お礼:Megumi先生のダンス舞台「BABEL」 無事に終演

P1340051 ブログ

【小田原】
Megumi先生がFull認定をめざそう!と思ったきっかけを
教えてください。

【Megumi】
セッションをご一緒しているお客様の中で、
何年もピラティスを継続してくださったり、
身体がどんどん良くなりもっと沢山動きたい、という
ご要望の方が増えてきました。

「お客様のやる気や努力に答えられるよう、自分自身も知識を
深めてより満足度の高いセッションが出来るようになりたい!」
と思ったのがキッカケです。

また、器具を使ってセッションが出来る環境で働くことになった点も、
どんどんコースに進もうと決意できた大きな後押しになりました。

【小田原】
Full認定に向けて勉強していく中で、わかったこと、
気づいたこととか何かありますか?

【Megumi】
初めは、「テストではこうしないと」「テストではこう言わないと」
という固定概念があって、テストでの2時間の実技と
普段のセッションとは全く別物に感じていました。

練習を重ねていくにつれて、ただ決められた個数のエクササイズを
必死に選んで時間内に間違いなくやろうとするあまり、
どんどん大変で出口の見えない迷路にいる自分に気付きました。
何の為に実技練習をしてるのか、わからなくなってしまったんです。

ある時、2時間の実技試験の練習をいつものセッションのように、
その人の為に必要なエクササイズを選び、
その人のためのキューイングを出すことに切り替えたとたん、
テスト勉強が楽しく、気持ちもとても楽になりました。

テストは緊張しましたが、普段のセッションでは誰にもしてもらえない、
頭の中で考えている事を先生に見てもらえてアドバイスをもらえたので、
とても貴重な時間でした。

テストまでの道のりで「ピラティスのエクササイズで人を元気にする」
という本当の意味がわかった気がします。

【小田原】
資格取得までに苦労したことも多かったのではないですか?

【Megumi】
そうですね・・・。
1番は仕事とコースの日程調整でしたね。
コースの日程によっては仕事を休まないといけなかったので、
迷った結果、コース受講を遅らせた時期もあり、
結局、Full認定を取得するまでに何年もかける事になりました。

コースを受講したい!と思い立った時がその時なので、
受講するか迷っている人は先送りせずに、コース受講を
優先させることをおすすめしたいですね。

【小田原】
Megumi先生はマットインストラクターとして長く活動されていて、
器具のコースを受講されていますよね。
マットインストラクターとして活動していく、いいところって何でしょうか?

【Megumi】
私は最初、主にグループレッスンを担当していました。
グループクラスはいろいろなところで教えられるので、
たくさんの経験も積めるし、大勢の人を一度に動かすスキルが
どんどん身につきました。

マットの資格を取った当初は、教科書通りをそのまま伝えても
お客様に伝わらないということが多々あったので、
自分なりに工夫して、「どうしたらわかりやすく伝わるか」を考えました。
キューイングのバリエーション、空間の使い方など、
その時の色々な工夫や柔軟な発想が今でも役に立っていると感じます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

<lululemon(ルルレモン)心斎橋でのイベントの様子>
マットエクササイズは大勢で楽しめるのが醍醐味!
スタジオを飛び出して、ピラティスイベントを行うこともできます。

効果ある内容を楽しく、時には励ましリードするのは
インストラクターの個性がキラリと光るところでもあります。
Megumi先生のグループは「ポジティブになれる!」と評判です。

IMG_0642 ブログ

IMG_0640 ブログ

IMG_0663 ブログ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【小田原】
マットグループはいろいろなお客様が参加されるので、
1時間のレッスンで効果を感じていただかないといけないですもんね。
その後、器具のコースに進まれて、自身が変化した点はありましたか?

【Megumi】
器具のコースを受講してからは、
マットエクササイズだけでは感じる事の出来なかったエッセンスを
感じる事ができ、器具を通じてマットのエクササイズの理解を
より深めることができました。

器具を使わない、マットのみのプライベートセッションでも
お客様に自信を持ってエクササイズのエッセンスが伝えられる
知識がついたと思います。

【小田原】
コース生から、上級コースを受講したほうがいいのかどうか、
ご相談があるのですが、Megumi先生はどうお考えですか?

【Megumi】
上級コースを受講して、ピラティスが益々好きになりましたよ!
自分の身体の特徴も、上級エクササイズをやる事でよくわかりました。

また、いかに5原則が大切か、改めて実感しました。
上級エクササイズは、5原則がきっちり出来ていないと
うまくエクササイズができないことが顕著にあらわれます。
新しいエクササイズ、難易度の高いエクササイズを習得する中で、
5原則の理解をより深める必要性も感じました。

あと、「キューイングのテンポ」「修正のタイミング」
上手くしなければ上級エクササイズは動く事が出来ないので、
普段のセッションでもこの2点はより考えるようになりました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

<Megumi先生の上級キャデラックエクササイズ>

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【小田原】
上級コースを受講することで、5原則の理解がより深まるんですね。
知らなかったです・・・。
今度、コース受講生からご相談があった時に、お伝えしてみますね。
それでは、最後にMegumi先生の感じている
インストラクターとしてのやりがいを教えてください。

【Megumi】
お客様と同じ時間を共有し、その時間の中で
一緒に同じ目的に向かって進んでいく過程にやりがいを感じます。
結果が出たときも勿論ですが、そこまでの過程において
共感が得られたり、何かインパクトを与える事が出来たとき、
とても嬉しく思いますね。

【小田原】
Megumi先生、ありがとうございました。

※Megumi先生が10月に出演された舞台「BABEL」での
 ダンスとピラティスについてのブログ記事がアップされています。
 ご興味ある方、こちらもご覧ください!

 ★スタジオブログ
  →お礼:Megumi先生のダンス舞台「BABEL」 無事に終演

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

いかがでしたか?
ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして
活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます!
今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
※卒業生の皆様にお願いします※
ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在約1, 000名以上の
インストラクターを輩出し続け、全国からたくさんの方に
お越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを
全国よりお問い合わせいただいております。
こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。

 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【インストラクターへの道】Mayuko先生(Full認定)

Stottt_pilates

みなさまこんにちは。
ZONE by ビーキューブ®の小田原です。

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!
今日はFull認定試験に合格した
ビーキューブ®所属のアソシエイト・インストラクター
Mayuko先生にお話を伺いました。

Mayuko

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

【小田原】
Mayuko先生、試験合格おめでとうございます。
今の心境を教えてください!

【Mayuko】
念願のFull認定。
「やったー!」という思いと、STOTT PILATES®のスペシャリストとして
これからが新たなスタートだという気持ちです。

P1340178 ブログ

【小田原】
Mayuko先生がコースを受講し始めたのはいつごろですか?

【Mayuko】
2013年の夏ですね。
他団体のピラティスマットの資格を取得していたのと、
運動指導の経験があった為、リフォーマーコースからの受講でした。

【小田原】
他団体の資格を先に勉強されたということですか。
通常はIMP(初中級マット)コースからIR(初中級リフォーマー)コースを
受講するんですが、逆転して受けたことになりますね。

STOTT PILATES®を勉強することに決めて、
その内容の違いなど感じたことはありますか?

【Mayuko】
STOTT PILATES®のリフォーマーコースを受講した際、
そのクオリティの高さにビックリしました。
特に初日の5原則は衝撃的でした!!

今まで運動指導で経験した事を1から見直し、勉強することが
ものすごく楽しかったです。

コースを受講していく中で、
自分自身が「人に伝えたいことに、やっと巡り会えた!」
いう気持ちが芽生え、まさにその時直感で
「Full認定まで目指したい!この道のプロになりたい!」
と思いました。

※Mayuko先生がコース受講途中にお話いただいた
インタビュー記事があります。こちらもぜひご覧ください。

坂本麻友子 様

【小田原】
Full認定に向けて勉強を進めていく上で、発見したことはどんなことですか?

【Mayuko】
マットコースのみで、ピラティスを勉強できた、と思うかもしれませんが、
本で言うと一章を読み終えたところ。

イクイプメント(器具)を学ぶ事によって、マットで学んだ事が
どんどん繋がっていくような感覚になりました。

Full認定を取得したことによって、やっと1冊の大きな本を読み終えて
ストーリーが把握できた気がします。

【小田原】
Full認定までに約4年間勉強されたことになりますが、
苦労したことも多かったのではないですか?

【Mayuko】
体の奥深さ、そして、繊細でありながら、強さを感じ、
その体の為にエクササイズを繋げて行くことに苦労しました。

STOTT PILATES®の特徴でもありますが、
エクササイズやアプローチの仕方がとても豊富にあります。

エクササイズ数やモディフィケーション(調整方法)が多いので、
記憶するのに苦労しますが、そのぶん知識や観点、どんな方でも
お体に合ったエクササイズをタイムリーに提供できる所が、
今となってとても魅力的だと感じます。
苦労もしましたが、学んだピラティスは私にとって一生モノです!

【小田原】
Mayuko先生が思うマットのメリット、器具のメリットはなんですか?

【Mayuko】
マットで行うティーチングのメリットは、
小さなプロップを使って指導出来るところですね。

バンドやフィットネスサークル、スタビリティーボールなど
そのプロップのもつ特性を活かしたセッションは
お客様に多くの気づきも与えてくれます。

マットインストラクターとしての活動は
場所を選ばず、気軽にピラティスを楽しめる事を、
多くの人に伝えられる強みがありますね。

さらに、器具を活用するセッションは、お客様に体を動かす感覚を
より身を持って体感して頂くことができます。
器具を学ぶことで妊婦さんや、お年寄りの方、
疾患を抱えた方や様々な方へのより深いアプローチができるようになります。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
<懐かしい写真発見!>
Mayuko先生のIR(初中級リフォーマー)コース時の写真です。
コース開催スタジオも5階だった時代、黒いTシャツがMayuko先生です。
STOTT PILATES®の魅力にはまったのもこの頃。
Full認定を取得したMayuko先生の原点となる1枚です。

P1120379 ブログ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【小田原】
7つあるSTOTT PILATES®のコースの中で、
上級コースは難しいイメージがあるんですが、受講してみてどうでしたか?

【Mayuko】
STOTT PILATES®が大切にする5原則が、
いかに機能的に考えられているかを感じました。

そして、上級のエクササイズを学ぶことで
初中級のエクササイズの理解が深まって、まとめることができました。
お客様へエクササイズをお伝えする際にも
上級コースを受講した後は、お客様の反応が明らかに変わりました。

「上級みたいにレベルが高いものは使わないし・・・」
と受講をためらっている方はいらっしゃると思いますが、
実は、自身のピラティスの理解度、お客様へのレッスンには、
上級のコースを学ぶことで想像以上に広がります。

【小田原】
最後にMayuko先生のインストラクターとしてのやりがいを教えてください。

【Mayuko】
私は、人々の力になりたいと考えた時に、
健康をサポートできる仕事に就きたいと幼少時代から考えていました。

STOTT PILATES®のインストラクターとして
毎日お客様と時間を過ごさせて頂く中で
お客様の、『できない』が『私にもできる!』という、自信と感動に変わる瞬間を、
そばで立ち会わせて頂き、本当にありがたくて、幸せです。

【小田原】
Mayuko先生のセッションで、これからも多くのお客様の
健康をサポートしていってください。
ありがとうございました。

※コース受講中に撮影したMayuko先生出演のインタビュー動画。
インストラクターを目指す方にはぜひご覧いただきたいです。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

いかがでしたか?
ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして
活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます!
今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
※卒業生の皆様にお願いします※
ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在約1, 000名以上の
インストラクターを輩出し続け、全国からたくさんの方に
お越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを
全国よりお問い合わせいただいております。
こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。

 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【インストラクターへの道】Kikumi先生(Mat&Reformer認定)

Stottt_pilates

みなさまこんにちは。
ZONE by ビーキューブ®の小田原です。

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!
今日はMat & Reformerの認定試験に合格した
ビーキューブ®所属のジュニアインストラクター
Kikumi先生
お話を伺いました。

Kikumi

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

【小田原】
Mat & Reformerの認定試験、お疲れ様でした。
合格、よかったですね。

【Kikumi】
ありがとうございます。
まずはワンステップ登った感じです。

P1340064 ブログ

【小田原】
Kikumi先生は、スポーツクラブでインストラクターとして
長年教えていらっしゃったんですよね。

【Kikumi】
はい、最初はエアロビクスが中心でしたが、
今はピラティスをメインに教えています。
スポーツクラブに通う幅広い年代の方への運動指導も行っています。

【小田原】
グループ、パーソナルの運動指導経験の長いKikumi先生、
ピラティスの勉強をはじめたきっかけは何だったんですか?

【Kikumi】
別のスポーツクラブでピラティスを担当するようになって研修を受けましたが
疑問が解消せず、どんどん増える一方でした。
「これではいけない!もっとちゃんとピラティスを勉強しなければ!」と思い、
勉強できるピラティス団体を探し始めました。

あるピラティスの研修に参加したりしましたが、最終的に
解剖学的にしっかりした内容を勉強できるSTOTT PILATES®を見つけて
コースを受けることに決めました。

【小田原】
さらにピラティスを学び、次のコースを受講していこう
と思ったのはなぜですか?

【Kikumi】
ビーキューブ®スタッフの一員になって、一緒に働くインストラクターの
プロ意識の高さ、内容の濃いセッションを目の当たりにして、
もっと自分のスキルアップをしなければ!と学ぶ必要性を感じました。

グループクラスのみを担当していたのですが、お客様から
「ピラティス・プライベートセッションを担当して欲しい」とのお声もあって、
そのご要望にも答えたいと思ったことも、受講を後押ししてくれました。

———————————————————

<Kikumi先生が動画で紹介するグループクラス>
ビーキューブスタジオで実施されるピラティスマットグループクラスは
毎月、小道具(プロップ)が変わります。
Kikumi先生のクラスの特徴は、1時間のクラスの中で、
身体のいろいろな情報をたくさん教えてくれるところ。
毎週日曜日12時からスタート!皆様の参加お待ちしています

———————————————————-

【小田原】
パワフルなkikumi先生のセッションは、お客様からも評判ですものね。
器具のコースに進んで、いかがでしたか?
勉強になって点、苦労しているところなど教えてください。

【Kikumi】
IR(初中級リフォーマー)コースを受講したことで、
ピラティスエクササイズの理解を深めることができました。

また、コース受講へは、家族の協力も大きかったですね。
家族の理解があったからこそ、コース受講や試験勉強の練習時間を
たくさん持つことができました。

苦労したことは、STOTT PILATES®の多彩なバリエーションを
覚えることです。
年齢を理由にしたくないのですが、エクササイズの調整方法が多いので、
動きやその内容をちゃんと理解するのには苦労しています。

ただ、エクササイズのバリエーションがあるということは
インストラクターとしては教える幅が広がるということなので、
多いことはいいことだと思っています。

【小田原】
マットインストラクターとしての活動が長いKikumi先生、
グループクラスのメリットや器具を勉強した後の変化なんかは
ありましたか?

【Kikumi】
そうですね・・・。
器具のコースに進んでから、グループクラスを教えた時に
いろいろなことに気がつくようになりました。
お客様に伝わっているかどうか、できていないお客様へのアプローチ、
自分のティーチングなど、自分で工夫することができるように
なったと思います。
よりクライアントに寄り添ったセッションができる手ごたえを感じました。

また、改めて5原則や基本の動きを器具を通して学ぶので
エクササイズの理解がより深まったと思っています。

~Kikumi先生はアソシエイトインストラクターに向けて
ICCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コースを勉強中!~

P1340056

P1340090 ブログ

【小田原】
Kikumi先生はビーキューブ®スタジオでは、
日曜日を担当されていますよね。
今回の認定試験合格でプライベートセッションもデビューが
決定したと聞きました。

【Kikumi】
はい、12月からプライベートも担当します。
お客様とより近い関係でピラティスをしていただける環境に
今から結果がでるセッションができるよう頑張ろうという責任感と、
お客様とのセッションを楽しみたいという気持ちでいます。

クライアントの方の身体の変化・笑顔を目にすることで、
日々進化し続けたい、スキルアップしたいです。
常に前向きにな気持ちを持ち続けるのが私の信条です。
私がみなさんを元気に、前向きにできるよう頑張ります。

【小田原】
Kikumi先生、ありがとうございます。
ますますのパワーアップを期待しています!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
いかがでしたか?
ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして
活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます!
今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
※卒業生の皆様にお願いします※
ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在約1, 000名以上の
インストラクターを輩出し続け、全国からたくさんの方に
お越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを
全国よりお問い合わせいただいております。
こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。

 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【卒業生ご紹介】滋賀 ピラティススタジオS 木瀬由子さん

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ZONEで学び、インストラクターの活動をされている方をご紹介!

今回は滋賀県近江八幡市で活動をされている
Pilates Studio 『S』 木瀬由子さんです。

P1330811 ブログ

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<スタジオ紹介>

 Pilates Studio 『S』
2012年11月に滋賀県近江八幡市にオープン、
もうすぐ6年目に突入します。

ピラティスの専用マシンを使ったプライベートセッションから
少人数制のグループクラスまで、
様々なセッションを楽しんでいただける女性専用スタジオ。

プライベートではV2maxリフォーマーとスタビリティチェアを中心に、
グループクラスは3名定員のきめ細やかな環境でのピラティス。

image 1 ブログ

image 2 ブログ

image ブログ

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<木瀬さんへのインタビュー>

Q ) 木瀬さんの今の活動を教えてください。

ピラティスをメインに指導しています。
25歳から指導しているエアロビクスも並行して活動しています。

自身のスタジオPilates Studio 『S』でのセッションを中心に
フィットネスクラブでの30人程のグループクラス、
市や、NPO法人からの依頼でピラティス教室を担当しています。

——————————————————-

Q ) Pilates Studio 『S』にはどんなお客様がいらっしゃっていますか?

滋賀県にはピラティススタジオが少なく、
ピラティス自体もあまり知られていませんが、

こちらには、「ピラティスができるスタジオ」をWEBで検索して
お越しいただいているお客様が多いです。

女性専用スタジオですので40代から60代の方を中心に
健康のためにと、週1回から2週に1回と
定期的に通ってくださっています。

滋賀県も関西圏ですから、お客様のノリもとてもよく、
セッションでも、常にお客様を楽しませるキューイングを心がけて、
自分もお客様も楽しくセッションできるよう
「面白く笑顔の絶えない時間」
を大切にしています。

「ここに来たら元気になれる!」
そんなスタジオを目指してお客様と一緒に作っている、
そんな感じですね。

——————————————————-

Q ) ZONEで学んだことで具体的に活かされたことは?

エクササイズを提供した時、お客様から反応があることですね。
セッションでは、より深いやりとりができています。

ピラティスを通じて「身体のことを知りたい」と、
ご自身で解剖の勉強をされる方もいらっしゃいます。

プライベートセッションでは、まずマットの環境で
お客様に「身体ってこういうふうに動くんですよ」って理解し、
実感してもらってからマシンでのセッションを行っています。

ひらめきで始めたスタジオが気がつけば5年・・・。
お客様と向き合ってピラティスをする楽しさを味わえるのは、
ピラティスを勉強してスタジオを始めたおかげかな、
と思います。

P1330809 ブログ

Q ) ZONEでの思い出は?

養成コースを受講している時間が一番楽しかったです。
情報や知識が得られること、そしてそれをどうやって
お客様に提供しようか考えている時、とてもワクワクします。

コース担当の先生も質問したら必ず答えを返してくれる、
そんな安心感がありました。
一方的ではなく、双方向のやりとりができる場所ですね。

——————————————————-

Q ) 今のご自身の課題と、今後めざしていることを教えてください?

今までも興味ある分野は積極的にチャレンジしました。
エアロビクスもそうでしたが、
特にストットピラティス®に一番はまっています!

現在、PRI(Postual Reztoration Institude)を受講。
骨盤のコースが修了し、次は胸骨の内容が始まります。

ただ、これらの勉強はピラティスをベースに
ピラティスセッションに取り入れるために勉強しているんです。

今回受講した膜・筋膜ムーブメントコースも
プレピラティスとして取り入れていきたいと思っています。
今日、3日間のコースが修了したところなので、
そのイメージがいっぱい膨らんでいるところですね。

これからもピラティスに取り入れるために
様々なトレーニング方法をもっともっと勉強して、
自分自身のピラティスの完成形を目指したいです。

——————————————————-

【膜・筋膜ムーブメントコースのひとコマ】
ロルガローラーに乗っている木瀬さんをWataru先生が・・・。
脚の角度を変えることで、筋膜へのアプローチの変化ができるんです。

P1330709

P1330711

P1330717

Q )  これからチャレンジしたいことは?

先日、シルバー人材センターからの依頼で
70代以上の方を対象にしたピラティス教室を開きました。
参加者は20名程度のクラスです。

最初は「できない」「難しい」といっていた参加者が
どんどんエクササイズにチャレンジしてくれたんです。
特に健康に関心が高い世代だったので、
非常に熱心に受講してくださいました。

わかりやすく動きを伝えるために、まずは見本を見せて
そのあとはみんなの中に入って一緒に動いたりと、
ちょっと工夫してセッションを行ったおかげで
笑いの多い、楽しい時間を過ごすことができました。

面白いフィードバックをたくさんしたことで
私のキャラクターも喜んでいただけたようでした。

周りの私への期待感が私を成長させてくれています。

これからも地域の期待に応えるために
勉強を続けていきたいです。

——————————————————————————–

【Wataru先生より木瀬さんへひとこと】

インタビュー中も、にこやかにお答えくださった木瀬さん。

10月開催の「膜・筋膜ムーブメントコース」に参加されました。
修了後も積極的にコース内容についての質問をされていて、
とても勉強熱心なインストラクターです。

滋賀県は、ピラティススタジオが少ないと聞いています。
木瀬さんの明るくフレンドリーなキャラクターで
届けられる最高のピラティスが、
その地域のみなさんをいちばん元気にしている、
まさにオンリーワンの存在だと思います。

木瀬さんは妥協せず、最高の品質のものを提供するために
日々努力されています。

お客様のために、これからもさらに学びを継続し、
木瀬さんの持ち味であるユーモアたっぷりのノリも交えながらの
楽しいセッションを継続してください。

木瀬さん、ありがとうございました。

P1330815 ブログ

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして活躍されている方が
世界各国、日本各地にいらっしゃいます!

今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

※卒業生の皆様にお願いします※

ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在約1, 000名以上のインストラクターを輩出し続け、
全国からたくさんの方にお越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを全国よりお問い合わせいただいております。

こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。

インストラクター スタジオ&活動状況 登録フォーム

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

【卒業生ご紹介】愛知 ピラティススタジオSKY (R) 田澤華奈子さん

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®のAkatsukaです。
Akatsuka

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!
今まで紹介した先生方のブログも、多くの方にご覧いただいているようで、
非常に大きな反響をいただき、とてもうれしく思っています。

今回は愛知県春日井市でストットピラティスSTOTT PILATES®の専門スタジオ
ピラティススタジオSKY ®を主宰されている田澤華奈子先生をご紹介。
9月にBcube® on Tour 名古屋でお会いして、愛知でのピラティス人気についても伺ってきました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<スタジオ紹介>

愛知県春日井市出川町にあるピラティススタジオSKY ®
車社会の愛知県、スタジオ前にも大きな駐車場を完備、遠方からのお客様も通いやすい立地です。

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。
器具をつかったプライベート、セミプライベートセッションはもちろん、
グループクラスでは、ピラティス・リフォーマーやHaloトレーニング、トータルバーなど
多彩なSTOTT PILATES®のクラスを楽しむことができるのも魅力のひとつ。自動代替テキストはありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

ビーキューブ®主催のワークショップや養成コースでは、いつもお世話になっているスタジオ。
2016年には1日だったワークショップ開催も、2017年は2日間6タイトルに倍増!

愛知のストットピラティスSTOTT PILATES®専門スタジオとして、
そして養成コースやインストラクターとして活動する方たちへの学びを発信するスタジオとしても
積極的に活動されています。

【今年のワークショップの様子】

画像に含まれている可能性があるもの:1人、靴、室内0908-1-1
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
<田澤先生へのインタビュー>
IMG_3550 ブログ
【Akatsuka】
Bcube® on Tour 名古屋、今年も大盛況でした、ありがとうございます。
愛知でのピラティスも盛り上がっているようですね。
【田澤先生】
そうですね。
数年前に養成コースを開催した時に勉強した方たちは、インストラクターとして活動されていますし、
最近、大阪でコースを受けて、今回のワークショップにご参加された方もいらっしゃいます。
スタジオに「STOTT PILATES®を勉強したい」というお問い合わせもいただくので、
その時は「大阪のビーキューブ®に問い合わせてみて!」と必ずご案内していますよ。
【Akatsuka】
アカデミー担当からも「愛知の方からのご紹介は、ほぼ必ず田澤先生の名前がでる」と聞いています。
本当にうれしいことです、ありがとうございます。
ピラティススタジオSKY ®を立ち上げて、もうどれくらいになりますか?
【田澤先生】
早いもので、8年になります。
3年前に今の場所に移転し、幅広いお客様にお越しいただいています。
【Akatsuka】
どんなお客様がお越しになるんですか?
【田澤先生】
「身体を動かしたい!」という方が非常に多いです。
スタジオ開設当初から今も通ってくださっている方もたくさんおられます。
グループクラスでは、Haloでのアスレチックトレーニングやトータルバーといった、ハードなものも人気です。
一番若い方で中学生、上は70歳を超えている方になります。
【Akatsuka】
どういった目的でピラティスに取り組まれるお客様がいらっしゃいますか?
【田澤先生】
野球、テニス、バレエ、競輪などスポーツをされている方の
怪我のメンテナンスやパフォーマンスアップのためにピラティスをされている方がいらっしゃいます。
音楽家で楽器を演奏される方が、体幹を鍛えるためにセッションを継続されていたりもします。また、私が外部活動として産前産後のお母さんを対象に、病院に運動指導にも行っています。
産前の方にはエアロビクスを、産後の方にはピラティスにチャレンジしていただいています。
【Akatsuka】
妊婦さんにエアロビクスですか?!
【田澤先生】
出産は体力勝負!
強度は落していますが「身体を動かして体力をつける」ためのひとつとして行っています。
産後はピラティスで身体のゆがみを整えていくことで、瘠せやすい身体を作ることができます。
骨盤がニュートラルポジションに維持できるようになり、
それを継続するだけで8キロほど痩せますよ。
【Akatsuka】
なるほど、田澤先生のエアロビクスとピラティスのインストラクター経験が活きているんですね。
ピラティス養成コースやワークショップなどで学んだ中で、
具体的に活かされている点、他にもありますか?
【田澤先生】
身体のメンテナンスの仕方をピラティスで学びました。
エアロビクスは運動中心なので、
「身体や姿勢の特徴をつかむ」「動きの中でその特徴を見極める」という視点は、
ピラティスを勉強して培われましたね。
どの筋肉を強化するといいのか、どこを緩めるのか、細かいアプローチができるようにもなりました。
また、Wataru先生やAkatsuka先生のコースやワークショップを受講すると、
「相手の心と動きに注意し、その声を聞く」ことを実践されているなと思います。
受講生からの質問を聞く時なんかは、本当に聞き上手、お答え上手だなあ・・・、と。
相手がおっしゃっていることを聞くことで、安心した気持ちになり、心を開くことができるんですよね。
心が開くと身体もリラックスして開いてくれる。
セッションでもお客様に対して聞き上手になることで、
お客様が心も開き身体もリラックスして良いセッションできた、そんな経験もたくさんしています。
エクササイズのスキルももちろんなんですが、お客様との接し方から結果を出す方法も一緒に学んでいます。
【Akatsuka】
田澤先生はお忙しい中、大阪のビーキューブ®スタジオへのプライベートセッションにも
定期的におこしいただいていますよね。
【田澤先生】
セッションを受講することで、自分も身体で実践し、知識だけでなく、
情報をアップデートしたいと考えています。
自分自身が勉強をし続けることがとても大切だと思っています。IMG_3552
【Akatsuka】
今後の目標、チャレンジしたいことなど教えてください。
【田澤先生】
トレーニング、身体づくりの一環としてピラティスでのセッションは不可欠だと考えています。
特にスポーツをされている選手は、怪我をしてから自身の体のケアの重要性に気づく方が多いんですけど、
そうではなくて、、、
早い段階でのお身体のサポートをもっともっとしたいですね。
そのためにもスポーツに関わる方の窓口となって、
さまざまなスポーツ選手の皆さんにピラティスを広げていきたいです。
そして、健康維持のサポートにも。
健康的な身体づくり、いつまでも動ける身体づくりにも携わっていきたいですね。スタジオにお越しになるお客様で、最近外国の方も増えているんです。
コミュニケーションができるように英語も勉強しないといけないかな・・とも思っています。
【Akatsuka】
最後に、これから後に続くインストラクターへメッセージをお願いします。
【田澤先生】
お客様のことをどれだけ想うかによって、レッスンの深さが変わります。
お客様の健康を願い、お客様のために、自分もスキルアップしてどんどん成長し続けることができます。
インストラクターは仕事なんですけど、お客様からの「ありがとう」をたくさん頂ける、すてきな仕事でもあります。
たくさんの「ありがとう」をもらえるインストラクターになってほしいですね。
【Akatsuka】
田澤先生、ありがとうございました。
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
いかがでしたか?
ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして活躍されている方が
世界各国、日本各地にいらっしゃいます!今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
※卒業生の皆様にお願いします※
ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在約1, 000名以上のインストラクターを輩出し続け、
全国からたくさんの方にお越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを全国よりお問い合わせいただいております。こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。
 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【卒業生ご紹介】福岡 FITT 堀真太朗さん

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®の小田原です。

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!

今回はストットピラティスSTOTT PILATES®の盛んな地域のひとつ、
福岡市西区でスタジオをされているFITT代表の堀真太朗先生にお話しを伺いました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<スタジオ紹介>

福岡市西区。
トレーニング未経験者からアスリートまで
【理想のカラダづくりをサポート】するスタジオ、FITT
2016年9月にオープンしたピラティス&ウェイトトレーニングができるスタジオです。

スタジオロゴはヒイラギ。
ヒイラギは英語で「ホーリーツリー」といい、堀(ホリ)先生の名前ともかけているそうです。
実は花言葉の「先見の明」「永遠の輝き」という意味があり、堀先生のスタジオへの想いもあらわれています。

_MG_8208 ブログ

_MG_1580 ブログ
_MG_1502 ブログ

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<堀真太朗先生へのインタビュー>

Q ) スタジオの特徴、強みを教えてください。

パーソナルトレーニングをメインにしています。
マンツーマン指導のいいところは、一人一人の目的に合わせてトレーニングメニューを提案できるところ
お客様へのカウンセリングを大切にしながら、その方の目的に向かってトレーニングを行っています。

Q)スタジオの特徴は?

どちらかといえは「隠れ家的な雰囲気でお客様に来ていただけたら」と思っています。
お客様がセッションを受けて、その方が次のお客様を紹介してくださるような広がりを見せています。
うれしいことに、週2回お越しいただいている熱心なお客様もいらっしゃいます。

Q)クライアントはどんな方が多いですか?

40代から50代の女性が多いですが、男性のお客様は4割くらいですね。

男性の競艇の選手の方がいらっしゃるのですが、レース中の様々な状況の変化に対応すべく、
柔軟性に加えて、体幹と下半身の強化に取り組んでいます!
リフォーマーを使って、ピラティスエクササイズでレース前の調整もしています。

また福岡を拠点に活動されているタレントさんも、実はこっそりトレーニングにお越しいただいています。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、靴、室内

画像に含まれている可能性があるもの:2人

あと、スタジオ外での活動として、昨年9月から高校の男子新体操部のトレーニング指導もしています。
学生たちにピラティスを中心としたコアトレーニングを練習メニューに加えたところ、
創部以来初の全国大会やインターハイの九州代表として出場が決まりました!
「選手の怪我が減った」「身体の使い方がわかってきた」というお声も保護者からもいただいていて、
今後も彼らの活躍をサポートできるのがとてもうれしいですね。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、リビング、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、靴、リビング、室内
画像に含まれている可能性があるもの:10人、、スマイル

Q)ボディメイクをするにあたって役に立っていることは?

トレーニングのひとつにウェイトトレーニングがありますよね。
でもいきなりハードなトレーニングを行ってしまうと身体の準備ができておらず、
可動域がないまま身体を動かすことからおこる怪我や、効率よい運動に結び付かないことも多くなります。
ピラティスを最初に行い、正確に身体を動かす準備をすることで、
正しい姿勢でのトレーニングができるようになります。
ちょっとしたことなんですが、姿勢一つで効果がぐんと変わることを実感しています。

Q)3年後のスタジオの展望を教えてください。

今の隠れ家的なスタジオの雰囲気を大切にしながら、スタジオを飛び出しての活動にも積極的に参加して、
ピラティスを広めていきたいと考えています。
高齢化社会と言われていますが、セッションする皆様の健康寿命を延ばしていきたいですね。

——————————————————————————–

先日開催された膜・筋膜ムーブメントコースに参加された堀先生。
最新の筋膜エクササイズを交えたセッションも楽しみですね!
堀先生、ありがとうございました。

P1320953

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして活躍されている方が
世界各国、日本各地にいらっしゃいます!

今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

※卒業生の皆様にお願いします※

ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在約1, 000名以上のインストラクターを輩出し続け、
全国からたくさんの方にお越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを全国よりお問い合わせいただいております。

こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。

インストラクター スタジオ&活動状況 登録フォーム

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー