リハビリテーションコース

ストットピラティス STOTT PILATES®リハビリテーションプログラムでは、改良されたマットワークや器具を使ったストットピラティス STOTT PILATES®のエクササイズを、適切に治療するために活用していく方法を学ぶことができます。

リハビリテーションコース

ストットピラティス STOTT PILATES®リハビリテーションプログラムは医療従事者にむけて開発されたプログラムです。臨床で活用できる安全で効果的なエクササイズの導入のニーズに応える内容になっています。体幹と四肢の安定に分け、異なる器具の活用を学ぶよう構成された6つのコースを用意しています。ストットピラティス STOTT PILATES®エクササイズの基盤となる考え方と、エクササイズをいかに臨床におけるリハビリテーションの領域に適切かつ、効果的に統合するかの方法について学んでいただきます。ケーススタディー、クリニカルリーズニングによる実践的なアプローチ法を含め構成されています。

リハビリテーションコースイメージ
  • RM1/2コース
  • RR1/2コース
  • RCCB1/2コース

ライセンス取得順序とステップアップについて

初めて受講する方は、リハビリテーションマットコースレベル1(RM1)から受講してください。
※レベル2は、それぞれのコースのレベル1を受講後に受講して下さい。

ライセンス取得順序とステップアップ

リハビリテーション
マット「RM1/RM2」

リハビリテーション
マット「RM1」

マット「RM1/RM2」
Photography Merrithew Corporation. Used with Permission.

脊柱、骨盤、肩甲骨の安定 マット「RM1」

ストットピラティス STOTT PILATES®におけるバイオメカニクスの原則を紹介し、変容させたマットエクササイズに、それを如何に活用するかをお伝えします。ボール、バンド、ローラーなどの軽量小器具の腰部骨盤帯、肩甲帯の安定に特化した活用法と傷害予防、リハビリへの活用法を学習します。

期間

3日間 合計 : 18時間(6時間×3日間)

コース内容 ・ ストットピラティス STOTT PILATES®の基本原則
・ ムーブメントパターンとその正しい遂行の鑑別
・ 効果的ヴァーヴァル(言葉)とイメージを用いた指導法
・ ストットピラティス STOTT PILATES®メソッドを活用した臨床の問題解決策
・ 脊柱、骨盤、肩甲骨の安定に焦点
・ 35種類以上のエクササイズと様々なモディフィケーション
必要条件 ・医師  ・理学療法士  ・作業療法士  ・柔道整復師   ・鍼灸師
・解剖学や生理学、外傷予防、運動処方について、認定あるいは免許のある、単位認定機関にて、最低2年間フルタイムで学んだことがあり、臨床経験がある。なおかつ鑑別診断、治療、運動処方する資格が与えられていること。
認定試験へ
向けての課題
・18時間のRM1講義
・最低10時間の自主練習
・最低10時間の指導実習
・最低6時間の見学
・合計 : 44時間
CECs 1.8CEC

※認定試験は、RM2、もしくは、RR1受講後になります。

リハビリテーション
マット「RM2」

マット「RM1/RM2」
Photography Merrithew Corporation. Used with Permission.

四肢の安定 マット「RM2」

RM1で学習したバイオメカニクスと安定性の原則を基礎として、関節周囲の筋バランスを整え、強化する上で健常な動作パーターンの維持、回復を目的とした、一般的傷害の予防とリハビリの為考案されたエクササイズを学習します。四肢の関節動作実行における、コアスタビリティーに焦点をあてます。

期間

3日間 合計 : 18時間(6時間×3日間)

コース内容 ・ ストットピラティス STOTT PILATES®の基本原則
・ ムーブメントパターンとその正しい遂行の鑑別
・ 効果的ヴァーヴァル(言葉)とイメージを用いた指導法
・ ストットピラティス STOTT PILATES®メソッドを活用した臨床の問題解決策
・ 肩、肘、手首、股、膝、足首の怪我への適応
・ 25種類以上のエクササイズと様々なモディフィケーション
必要条件 RM1コースの受講
認定試験へ
向けての課題
・18時間のRM2講義
・最低10時間の自主練習
・最低10時間の指導実習
・最低6時間の見学
・合計 : 44時間
CECs 1.8CEC

スケジュール

  • RM1日程 2019年度に開催いたします。
  • RM2日程 2018/8/19(日)、26(日)、9/2(日) 時間 9:30~16:30
※RM2コースは、RM1コース修了後に受講できます。
お申込み期限 2018/8/5(日)
早割期限 2018/6/19(火)

料金

初回登録料金 ¥10,300(税込)
セットプライス RM1・RM2(モジュール1.2)一括受講 ¥260,000(税込)
※早割申込 ¥250,000(税込)
個別申込の場合 RM1(モジュール1)分割受講 ¥140,000(税込)
※早割申込 ¥135,000(税込)
RM2(モジュール2)分割受講 ¥140,000(税込)
※早割申込 ¥135,000(税込)

※アーリーバード(早割)、リターン制度(再受講制度)などもございます。
詳しくはお問い合せください。(学割はありません)
※一括受講として、RM1・RR1も同様のセットプライスとなります。


リハビリテーション
リフォーマー「RR1/RR2」

リハビリテーション
リフォーマー「RR1」

リフォーマー「RR1/RR2」
Photography Merrithew Corporation. Used with Permission.

脊柱、骨盤、肩甲骨の安定 リフォーマー「RR1」

ストットピラティス STOTT PILATES®におけるバイオメカニクスの原則を紹介し、変容させたリフォーマーエクササイズにおける適応をお伝えします。腰部骨盤帯、肩甲帯の安定に特化した活用法と傷害予防、リハビリへの活用法を学習します。

期間 3日間 合計 : 18時間(6時間×3日間)
コース内容 ・ ストットピラティス STOTT PILATES®の基本原則
・ ムーブメントパターンとその正しい遂行の鑑別
・ 効果的ヴァーヴァル(言葉)とイメージを用いた指導法
・ ストットピラティス STOTT PILATES®メソッドを活用した臨床の問題解決策
・ 脊柱、骨盤、肩甲骨の安定に焦点
・ 60種類以上のリフォーマーエクササイズと様々なモディフィケーション
必要条件 RM1コースの受講
認定試験へ
向けての課題
・18時間のRR1講義
・最低10時間の自主練習
・最低10時間の指導実習
・最低6時間の見学
・合計 : 44時間
CECs 1.8CEC

※認定試験の内容は、「RM1+RR1」、もしくは、「RR1+RR2」になります。

リハビリテーション
リフォーマー「RR2」

リフォーマー「RR1/RR2」
Photography Merrithew Corporation. Used with Permission.

四肢の安定 リフォーマー「RR2」

RR1で学習したバイオメカニクスと安定性の原則を基礎として、関節周囲の筋バランスを整え、強化する上で健常な動作パーターンの維持、回復を目的とした、一般的傷害の予防とリハビリの為考案されたエクササイズを学習します。コアスタビリティーと四肢関節の可動性に焦点をあてます。

期間 3日間 合計 : 18時間(6時間×3日間)
コース内容 ・ ストットピラティス STOTT PILATES®の基本原則
・ ムーブメントパターンとその正しい遂行の鑑別
・ 効果的ヴァーヴァル(言葉)とイメージを用いた指導法
・ ストットピラティス STOTT PILATES®メソッドを活用した臨床の問題解決策
・ 四肢(肩、肘、手首、腰、膝、足首)の安定に焦点
・ 35種類以上のエクササイズと様々なモディフィケーション
必要条件 RM1コース、RR1コースの受講
認定試験へ
向けての課題
・18時間のRR2講義
・最低10時間の自主練習
・最低10時間の指導実習
・最低6時間の見学
・合計 : 44時間
CECs 1.8CEC

料金

セットプライス RR1・RR2(モジュール1.2)一括受講 ¥260,000(税込)
※早割申込 ¥250,000(税込)
個別申込の場合 RR1(モジュール1)分割受講 ¥140,000(税込)
※早割申込 ¥135,000(税込)
RR2(モジュール2)分割受講 ¥140,000(税込)
※早割申込 ¥135,000(税込)

※アーリーバード(早割)、リターン制度(再受講制度)などもございます。
詳しくはお問い合せください。(学割はありません)


リハビリテーション
キャデラック・チェア・バレル「RCCB1/RCCB2」

リハビリテーション
キャデラック・チェア・バレル「RCCB1」

キャデラック・チェア・バレル「RCCB1/RCCB2」
Photography Merrithew Corporation. Used with Permission.

脊柱、骨盤、肩甲骨の安定 キャデラック・チェア・バレル「RCCB1」

腰椎- 骨盤帯や肩甲帯の傷害予防やリハビリテーションにおいての役割に焦点をおきながら、可動性と、安定性の向上のために、キャデラック、スタビリティ・チェア、バレルによる異なるレベルの負荷や支持面を活用する方法を学びます。

期間 4日間 合計 : 24時間(6時間×4日間)
コース内容 ・ ストットピラティス STOTT PILATES®の基本原則
・ ムーブメントパターンとその正しい遂行の鑑別
・ 効果的ヴァーヴァル(言葉)とイメージを用いた指導法
・ ストットピラティス STOTT PILATES®メソッドを活用した臨床の問題解決策
・ 脊柱、骨盤、肩甲骨の安定に焦点
・ 70種類以上のエクササイズと様々なモディフィケーション
必要条件 RM1コース、RM2コース、RR1コース、RR2コースの受講
認定試験へ
向けての課題
・24時間のRCCB1講義
・最低15時間の自主練習
・最低10時間の指導実習
・最低10時間の見学
・合計 : 59時間
CECs 2.4CEC

リハビリテーション
キャデラック・チェア・バレル「RCCB2」

キャデラック・チェア・バレル「RCCB1/RCCB2」
Photography Merrithew Corporation. Used with Permission.

四肢の安定 キャデラック・チェア・バレル「RCCB2」

非荷重下または荷重下での幅広い多様なエクササイズにより、いかに筋骨格構造を安定させるかを学びます。 コアの安定性を維持しながら、上肢、下肢に焦点をおき、また関節を独立させて可動させていきます。 続いて、機能的アライメントとコアによる安定性の向上を図るために、患者又はクライアントが荷重支持エクササイズが行えるよう助けてる方法を学びます。このコースではさらに中級レベルのエクササイズの習得と、スポーツや様々な活動への復帰へ向けた動きを学んでいきます。

期間 3日間 合計 : 18時間(6時間×3日間)
コース内容 ・ ストットピラティス STOTT PILATES®の基本原則
・ ムーブメントパターンとその正しい遂行の鑑別
・ 効果的ヴァーヴァル(言葉)とイメージを用いた指導法
・ ストットピラティス STOTT PILATES®メソッドを活用した臨床の問題解決策
・ 四肢の安定に焦点
・ 70種類以上のエクササイズと様々なモディフィケーション
必要条件 RM1コース、RM2コース、RR1コース、RR2コース、RCCB1コースの受講
認定試験へ
向けての課題
・18時間のRCCB2講義
・最低10時間の自主練習
・最低10時間の指導実習
・最低10時間の見学
・合計 : 53時間
CECs 1.8CEC