リハビリテーション・リフォーマー1(RR1)コース【2019年9月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

STOTT PILATEストットピラティス®では
医療従事者を対象に「リハビリテーションコース」があります。

マットでは、さまざまな小道具(プロップ)を使用して
患者様への脊柱、骨盤の安定や四肢に向けてのアプローチを
提供することができるようになります。

次のステップとして、V2maxリフォーマーを活用した
リフォーマーエクササイズを学ぶことができるコースがあります。

2019年9月、RR1(リハビリテーションリフォーマー1)コースを開催。
今日はこちらの様子をご紹介いたします。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

リハビリテーションコースを担当するのは、
リードインストラクタートレーナーのWataru先生
日本で、日本語によるリハビリテーションコースを受講できるとあって、
全国各地からピラティスを治療の現場にとお考えの皆様に
お集まりいただきました。

DSC03314

RR1コースは全3日間。
脊柱、肩甲骨、骨盤の安定のために、
V2maxリフォーマーとプロップを使用して
初級リフォーマーエクササイズをより身体の環境に配慮して
提供する方法を習得していきます。

通常のリフォーマーコース(IR)と違い、リハブのリフォーマーは
キャデラック部分のタワーの付属品も活用をするので、
セッティングなども斬新な仕様になります。

コースはインストラクタートレーナーがエクササイズの見本と解説、
その後受講生で実践していきます。

全員で動く場合と、ペアになる場合があります。
ペアになった時のエクササイズをしていないほうの人は、
インストラクター役となって患者様の身体の状態を見たり、
リフォーマーの乗り降りも含め安全に配慮していく視点、
立ち位置などを確認します。

DSC06529

DSC06541

こちらのエクササイズは「歩行」を意識した動きになります。
様々な手を振る動作でも、体幹が安定した状態にあるように、
肩甲骨、胸郭、骨盤の正しい配置が不可欠になります。

「リハビリ」だから、運動強度が低い印象もありますが、
実は強度が高かったり、身体を意識してもらう多くのポイントがあったり、
思ったよりしっかり動く、というのが受講生の感想でした。

DSC06520

DSC06524

DSC06527

コースでは明日に早速リフォーマーセッションで提供できる
ティーチングも行います。

エクササイズやスキルだけでなく、指導方法やケーススタディも
カリキュラムにあるので、実践的な内容を学ぶことができます。
インプットだけでなく、アウトプットも行うことで、
理解度の確認やエクササイズの教え方を工夫することもできます。

DSC06512

DSC06570

DSC06573

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

RR1コース受講の皆様、3日間お疲れさまでした。
「RR2コース、四肢の安定も開催してください!」とのお声をいただきました。
2020年度以降で開催を調整していきます。

医療現場で働く医療従事者からも、多くのお問い合わせをいただいている
STOTT PILATEストットピラティス®「リハビリテーションコース」

2020年はマットコース開催も予定しています。
1月~6月までの前期スケジュールは10月初旬ごろに発表予定です。
今しばらくお待ちください。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー