傷害と特殊条件(ISP)コース【2019年6月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

年1回、ビーキューブ®開催されるISP(傷害と特殊条件)コース
ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コースの中で、
唯一座学で行われるこちらのコース。
ピラティスインストラクターとして活動する中で、
様々なお客様のお身体の特徴にあわせた安全で
効果的なセッションができるようになるには、
確かな知識と体に配慮した調整(モディフィケーション)が必須です。

ISP(傷害と特殊条件)コースを受講されたKusunoki先生より、
こちらの内容をご紹介いたします!

Kusunoki

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ストットピラティスSTOTT PILATES®
インストラクター養成コースの皆様、こんにちは。
ビーキューブ®でインストラクターをしているKusunokiです。

ISP(傷害と特殊条件)コースを学んでみて、
第一にプログラミングがしやすくなりました
お客様の情報を基にあれこれ悩んでいたのが
バーン!!っと自信をもってプログラミングが組めるようになりましたね。

次に特殊人口の方への配慮は明確になりました
ピラティスのセッションで「何をしてあげられるのか」
「何ができないのか」という点がわるようになったので、
安心してセッションができる自信につながりました。

最後に、疾患はないけれど腰痛、肩コリなどの
日常的な身体の不快感への改善やアプローチも
エクササイズがたくさんあることを知れました
自分がセッションしているお客様に、より良いセッションを
お届けできるいい情報を得られました。

DSC05381

DSC05399

コースでは大きな器具のリフォーマーやキャデラックなどを使用した
エクササイズの調整方法も多く紹介されます。

IR(初中級リフォーマー)コース、ICCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コースを
受講している方は、今までのコースで学んだことも思い出しながら
講義を楽しめると思います。

マットでの環境でセッションをしている方も
プロップの工夫で器具がなくても調整できる方法を
Wataru先生がたくさん紹介してくださいます。

「器具がないからできない」ではなく、
バンド1本、ボール1つでも、お客様のお身体に配慮した
環境にしてさしあげることができるんです。

時には教科書に載っていない方法も紹介してくださり、
コース時間が少し延長することも。
でも、本当に内容が濃く、知りたい情報をたくさん聞けたので、
すごく有意義な4日間でした。

DSC05391

DSC05400

コースで一番印象に残った内容は、「ムーブテスト」です。
これは、動作分析をする方法で、いくつか種類があります。

筋肉の「働く順番が正しいか」「正しい動きを引き出し」
間違った順序で動いていないか分析をしていきます。

「ムーブテスト」を行うことでプログラミングが立てやすくなったり、
お客様へのフィードバックが明確で、提案がしやすくなりました。

実際、お客様に「ムーブテスト」をしてみたところ、
すごい発見がありました。

あるお客様のことなんですが、
シングルレッグエクステンションの時に、
本来は殿筋の動きで脚を上げるものなのですが、
お尻の筋肉が働かないで動いていたんです。

それを「腰が不安定だから」という理由だとばかり思っていたので、
「腰を安定させて!」というキューイングをしていたのですが、
思うような動きを引き出せていないな、と感じていました。

そこで「ムーブテスト」をして、
「お尻から動かして!」と表現を変えたとたん、腰もピタッと安定し、
本来のエクササイズで動いていただくことができました。

最初に動きべき殿筋からという順番をお伝えできたことで
的確な修正ができたな、と思いました。

コースの中でも、受講生がWataru先生のキューイングで
殿筋から動くことを意識したところ、左右のお尻の高さも変わった、
ということもありました。

正しい動きを知り、引き出すことで、正しく身体が使えるようになる
ということを実感することができました。

Hiraishi4

ISP(傷害と特殊条件)コース
お客様とセッションされている方は絶対受講するべきです!

コースで紹介される内容を聞きながら、
「あの人のためにいいな」とか、お客様と結びつけて講義に参加できます。

これからインストラクターとしてデビューする方も
まだ見ぬ既往歴のあるお客様と遭遇した時に、
自分も安心してセッションの準備ができるようになります。

今、現場で活躍されている方、これから活躍する方へ、
ISP(傷害と特殊条件)コースで学んだ内容を通じて
いいセッションを提供できるようになります。

ぜひ、次回のISP(傷害と特殊条件)コース、参加してみてくださいね!

DSC05434

DSC05443

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Kusunoki先生、ありがとうございます。
ビーキューブ®でISP(傷害と特殊条件)コース
開催されるのは、2020年の予定です。

毎回多くのインストラクター、受講生が参加するコースです。
インストラクターとしての知識と技術向上のために、ぜひご検討ください。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー