初中級マット(IMP)コース【2018年10月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

 

ZONE by ビーキューブ®では、
10月にIMP(初中級マット)コースがスタート、
新たなストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクターの
第一歩を踏み出しました。

最初は期待と不安でドキドキしていたメンバーも
最終日には立派にピラティスインストラクターのスキルを
習得していました。

今日はコース受講生の成長の記録をご紹介します。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

コースの初日の一番最初には、受講生同士での自己紹介!

ビーキューブ®の受講中のルールのひとつに
「ニックネーム」で呼び合う、というのがあります。
これから一緒にピラティスを勉強する仲間として、
長いお付き合いになります。

下の名前を希望する方、学生時代や職場でよく呼ばれているあだ名、
呼ばれてみたいと思っていたあだ名など、個性が光ります。

「なぜピラティスを勉強しようと思ったか」というところでは、
過去の経験や今後の目標などを発表します。
意外な共通点が発見できたり、同じ想いの仲間が集まっていることに
緊張も一気にほぐれていきます。

あともう1つのルールとして「質問は授業中にする」というのがあります。
「あの内容、わかっていないのは私だけかも」と思いがちですが、
みんなで質問内容をシェアすることで、再確認もできます。

受講生全員で高めあう、そんな雰囲気を大事にしています。

DSC02526

一番最初はSTOTT PILATES®の5原則を学びます。
———————-
①呼吸
②骨盤の配置
③胸郭の配置
④肩甲骨の安定
⑤頭と頚部の配置
———————-
身体をみるポイント5つがなぜ大事なのか、
解剖学、生体力学的な視点で解説されます。

呼吸は「鼻から吸って、口からはくのはどうしてか」、
「3D呼吸がなぜ大切なのか・・・」など、
身体の作りにあわせてその必要性を解説するので、
とても納得できるポイントになります。

解説の後は、実際に身体を動かして。
本当にそうなのかを確認していきます。

ペアになった人は、クライアント役の身体の動きを
観察することで、理解をしていきます。

DSC02529

さあ、エクササイズのチャレンジです。
まずは先生が動きの見本をみせ、解説をしていきます。

解説では必ず解剖学用語が使われます。
「息を吸って骨盤をニュートラルから
インプリントポジションにして、脊柱を尾骨から・・・」
こんな感じで説明されます。

コース受講前には、「解剖学の勉強」をしておく必要があります。
解剖学について事前に学んでおきたい方は、
IMP(初中級マット)コース受講前に「解剖学集中コース」を受けて
ピラティスに必要な骨と筋肉、その動きについて学ぶことができます。

解剖学コース受講後は「用語が覚えられない・・・」と心配していたメンバーも
IMP(初中級マット)コースが進むにつれて、動きの中で覚えていけた、
という感想もいただきました。

ピラティスのエクササイズをすることで、何故身体は変化するのか、
細かい視点、知識もコースで学ぶので、理論的に身体を見ていく目を
養っていくことになります。

DSC02533

先生の解説の後は、受講生全員でエクササイズのチャレンジ。
実際に動いてみて、そのエクササイズの理解をしていきます。

ピラティスは「マインドフルムーブメント」といって、
頭で考えながら身体を動かしていくエクササイズです。

自分の身体がどうなっているか、どの筋肉をどのように動かすか、
確認をしながら、動きに集中してエクササイズをしていきます。

「精度の高い動きを少ない回数で行う」ことで
良い動きを身体に覚えさせていきます。

運動というと「高い負荷をかけて回数多く行う」
トレーニングが一番最初に浮かんできますが、
ピラティスは、それとは違ったものであるとも言えます。

DSC02537

STOTT PILATES®では、多彩な小道具(プロップ)を使うことも特徴的
10人10通りの身体があるように、その人に合った適切なポジションで
エクササイズが行えるよう、道具を使って調整が行えます。

できない方にはサポートに、できる方にはチャレンジに
目的に合わせた道具の選択と活用法もコースで多く学びます。

DSC02541

IMP(初中級マット)コース受講した方からの
反響がとても大きいトピック、「姿勢分析」です。

プラムラインといって一直線の線を引いた際に、
膝、骨盤、肩、頭頂部がその線の前にあるか、後ろにあるか
骨や関節の位置で測っていきます。

最初は慣れない作業なので時間がかかってしまいますが、
試験前にもなると、10分程度で行えるようになります。

いろんな人と姿勢分析をするのが、早くできるようになるコツ。
受講生同士はもちろん、家族や職場の人にも協力してもらって
練習している人も多いんですよ。

DSC02573

DSC02574

中級エクササイズを学ぶあたりから、ピラティスの知識だけでなく、
身体の変化に気づく人も多くなります。

「できなかったエクササイズができるようになった」
「最近、姿勢が整ったように感じる時がある」
「身体の動きがしやすくなった」
など、人それぞれの感想が聞かれるようになります。

初級をベースに中級では、エクササイズを発展させていくので、
基本の大切さに気づくのもこの頃です。

中級、そして上級のエクササイズができるようになるには
初級をしっかり自分のものにすること。
そのために、自主練習はたくさん取り組んでいきます。

DSC02579

DSC02584

DSC02588

コース中には、習ったエクササイズをさっそく教える
ティーチングの時間も多くとられています。

正しく理解できたものは、人にも自信をもって伝えられます。
逆にちょっと不安な内容は、うまく表現できなかったり、
同じことを何回も言ってしまったり・・・。

でもいっぱい失敗して、いっぱい練習することで、
試験合格後、お客様へ向けたセッションでは自信を持って
エクササイズを教えることができるようになります。

最初はプライベートを、最終日にはグループセッションの
ティーチングを行います。
最終日のグループティーチングでは、1人が全員を教えるので、
自分の言ったとおりにみんなが動いてくれるかどうか、ちょっとドキドキします。
表現方法や身振り手振り、立ち位置なども工夫して、
安全にエクササイズができるかどうかの配慮まで行います。

最近は、養成コースに「自分の身体のケアのため」や
「ピラティスを勉強したい」という目標で受講される方も増えていますが、
コース最終日には「せっかく勉強した内容だから、教えられるようになるまで
理解、練習して資格取得を目指す」目標に変わる方がほとんどです。

認定試験は3か月に1回開催しています。
コース終了後6ヶ月の間にしっかり練習して、認定試験にチャレンジです!

DSC02614

DSC02620

DSC02623

DSC02633

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

【コース受講後の感想をお聞きしました】

★8日間大変でしたが、楽しかったです。
スタジオでピラティスを習っているので、日頃先生が言ったり
自分がやっていることの意味がよく分かりました。

★姿勢分析に興味があります。
コースのカリキュラムの中で「姿勢分析」に苦戦しました。
でもこれがわかると楽しいのもわかっているので、
たくさん練習していきます。

★リハビリコースと迷ったけど、IMPも楽しかった。
理学療法士なので、リハビリのコースと迷いましたが
自分の身体のためにもIMPコースを受けて良かったです。

★ピラティスは奥が深い!
ピラティスを5年していたのですが、ちょっとなめてました(笑)。
エクササイズもいろいろあるのがわかったので、
今度た伝える側として頑張っていきたいです。

★身体の詳しい勉強ができて満足!
トレーニングの一環でやりはじめたピラティスを勉強して、
身体だけでなく、もっと細かく、詳しところまで知れました。

★まだまだこれからのような感じです。
4日目までの記憶がありません(笑)。それだけ内容が濃かったです。
試験までしっかり練習して、学んだ内容を深めていきたいです。

★目指すはFull認定!
初心者なので出来ないエクササイズも多いですが、
試験までの間、自分の力をつけるためにいっぱい練習して
目指すはFull認定なので、これからもがんばります。

★自分が1ヶ月で成長できました
大人になって勉強するのが久し振りで不安も多かったですが、
受講生みんなとの練習でアウトプットできたから
自分でもコース中に成長できたと実感しています。

★姿勢分析で電車での人を見る目が変わった!
バレエを感覚だけで踊っていた自分に気が付きました。
論理的に身体を動かせるようになりたいです。
姿勢分析の後は、電車での人を見る目が変わりました。

★だんだんわかってくる楽しさを味わえました
解剖学コースで勉強したことがIMPコースでわかるように
なってきました。
アウトプットする時間を取って、もっと理解を深めたいです。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

2019年のコーススケジュールも発表されています!
ピラティスインストラクターとしての一歩を踏み出しましょう!

STOTT PILATES®のインストラクターとして
今後セッションをして活躍したい方、
ご自身のピラティスの知識を深めたい方などなど、
みなさまのご参加をお待ちしております。

※コースには定員がございます。
定員になり次第、お申込受付を終了いたします。

——————————————————–

【IMP(初中級マット)コース】

【平日集中コース】
・2018年12月10日(月)~12月19日(水)

【土日祝日コース】
・2019年2月23日(土)~3月17日(日)

【土日祝日集中コース】
・2019年4月27日(土)~5月11日(土)

【平日コース】
・5月30日(木
)~6月25日(火)

※コースの詳しい日程はこちらから
2019年度ピラティス養成コーススケジュール

※お申込みはこちらから
STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

——————————————————–

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

養成コースのことを知ってみたい方、まずは資料を見たい方、
ご不明な点や確認したいことなどございましたら、
お気軽にお問い合わせください

実際のコースについての説明も行っています。
スタジオ見学も兼ねてぜひお越しください!

—————————————————————————-

【ピラティスインストラクター 養成コース 体験&説明会】

養成コースに興味のある方を対象に
体験&説明会を開催しています。

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

◆日時: 2018年11月5日(月) 10:00~12:00

◆参加費: 無料

◆場所:  ZONE by ビーキューブ®スタジオ

◆アクセス:
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F

・地下鉄 御堂筋線   「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 四ツ橋線   「四ツ橋」駅1-A番出口より徒歩5分

◆対象: STOTT PILATES® インストラクター養成コースにご興味のある方

◆お持ち物: 筆記具、動ける服装、タオル

—————————————————————————-

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
※まずは資料を見てみたい、質問したいことがあるという方、
お気軽にお問い合わせください。個別でも対応させていただきます!

【お電話】 06-6241-6364 担当:小田原(オダハラ)
お問い合わせフォームはこちらからアクセスしてください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー