【インストラクターへの道】Satomi先生(Full認定)

Stottt_pilates

みなさまこんにちは。
ZONE by ビーキューブ®の小田原です。

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!

今日は8月に実施された試験で、見事Full認定試験に合格した
ビーキューブ®所属のアソシエイト・インストラクター
Satomi先生にお話を伺いました。

Satomi

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

【小田原】
Satomi先生、試験合格、おめでとうございます。

【Satomi】
ありがとうございます。
念願のFull認定になって、とてもうれしいです。

P1340050 ブログ

【小田原】
Satomi先生は柔道整復師として医療現場で
勤務していた経験がおありですよね。
ピラティスインストラクターへ、そしてその道を極めようと
思ったきっかけは何だったんですか?

【Satomi】
接骨院に勤めいていたとき、治療に取り入れる目的で
STOTT PILATES®のIMP(初中級マット)コースを受講しました。

最初はIMP(初中級マット)コースだけのつもりでしたが、
ピラティスを通じて身体のしくみを学ぶことが
どんどん楽しくなってきて、器具のコースにも進んでみたくなりました。

器具のコースを申し込み、受講していく中で、柔道整復師ではなく
「ピラティスインストラクターとして仕事がしたい!」
どうせ勉強するならFull認定をめざそうと思いました。

【小田原】
柔道整復師からピラティスインストラクターへの転身、
Satomi先生にとって非常に大きな決断ですね。
不安や悩みはなかったんですか?

【Satomi】
そうですね・・・。
どちらかというと、怪我をしてしまってからお会いする患者様に
治療をするといった受動的な関わり方ではなくて、
怪我をする前にできる予防医学的な見地からのアプローチに
興味が出てきたというか。
もっとポジティブな形で関わっていきたいという想いが強かったので、
ピラティスインストラクターとしての活動も楽しいと思ったんです。

STOTT PILATES®は医療人としての自分のスキルと
プラスできる要素が多いので、新たな分野に飛び込んだというより
今あるスキルとの相乗効果みたいな感じがありました。

【小田原】
ピラティスインストラクターとしてスキルアップ、Full認定を目指し
勉強する中で、ご自身の変化や見えてきたものはありますか?

【Satomi】
私は1回、初中級コース(IMP,IR,ICCB)で試験を受験し、
合格することができました。

同じ時期に、ビーキューブ®で自分の目標としていた
ピラティスインストラクターとしての活動がスタート。
プライベートやグループセッションも担当する中で、
「健康にすごしたい」「アクティブに生活したい」という
前向きなお客様にたくさん出会いました。

セッションでご一緒するお客様のために、というのも
勉強を進める大きな原動力にもなりました。

最後の試験は上級(AM、AR、ACCB)のみの試験に
チャレンジしようと準備を進めていきました。

初中級に比べて上級の違いを感じたのは、
エクササイズを正しくキューイングするだけではなく、
キューイングを出す適切なタイミングや、力の方向性 、
動きに合わせた抑揚のある声のトーンなど、
難しい上級のエクササイズだからこそ、動きを引き出すために
工夫する点がたくさんありました。
また、上級のエクササイズを行うからこそわかる、
身体のしくみがたくさんありましたね。

【小田原】
上級コースの内容に焦点を絞った試験勉強では
どんなことを意識して進めていったんですか?

【Satomi】
上級の試験は実技のみなので、ティーチング練習を中心に
いろんな方にアドバイスをもらいました。

苦労したところは、エクササイズ中、ボディの動きの乱れが見えても、
その原因はどこなのか見つけることでしたね。

また、自分の身体でエクササイズを覚え、理解して
キューイングに活かすため、たくさん自主練習も行いました。
難易度の高いエクササイズをたくさん練習していたので、
試験直前の時期は、常に筋肉痛でした。

【小田原】
上級コースのエクササイズを学ぶメリットはどんな点が
挙げられますか?

【Satomi】
一番変わったな、と思うことは「クライアントの身体の見方」ですね。
上級コースを学ぶまでは、今までは身体に起きている現象ばかり見ていました。

さらに上のレベルの勉強をすることで、身体の見方が広がり、
なぜそれが起こっているのか、原因をつきとめられるようになりました。
見方が変化することで、動きを見る視点も全く別のものに変わり、
その変化を自分でわかった時が、とても楽しかったです。

【小田原】
現在、プライベート、グループセッションを担当しておられますが、
ピラティスインストラクターの仕事はいかがですか?

【Satomi】
マットグループはたくさんのお客様とご一緒することができるので、
みんなで楽しく、効果を感じていただける内容を心がけています。

プライベートセッションでは、器具を活用することで
提供できるエクササイズの幅がぐんと広がるので、
より一層お客様のニーズに答えることができます。

器具のコースを学んだことで、マットのエクササイズの理解を
深めることができたので、自分自身のスキルアップができました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

<スタジオイベントでのひとコマ>
年2回開催されるスタジオイベント。
必ずSatomi先生が担当するグループクラスが開催、恒例となっています。
皆様に喜んでいただけるよう、Smileを心かげているそう。
Satomi先生の想いが、参加者の皆様をHappyにしています!

肩機能10 ブログ

P1310974 ブログ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【小田原】
最後に、見事Full認定を取得し、ピラティスインストラクターの道を
歩みだしたSatomi先生から、ひとことお願いします。

【Satomi】
インストラクターとして一番の喜びを感じるのは、
「自分の伝えたいことがお客様に伝わり、その感覚を共有できた時」です。

また、お客様自身が少しでも変化を感じて下さって、
楽しそうにしている姿を見るととてもやりがいを感じます。

スタジオにお越しになるお客様やピラティスに興味のある方に
もっとお会いして、ピラティスの良さを知っていただきたいと思っています。

【小田原】
Satomi先生、ありがとうございました。
これからも、お客様とともに歩むインストラクターとして活躍してください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

※スタジオブログ・グループクラスの紹介はSatomi先生が担当※
毎月変わるピラティスマットグループのプロップ紹介や
SURFSETのクラスを動画紹介したり・・・。

ピラティスインストラクターの枠を超えて、
Satomi先生がスタジオのトレンド情報を発信しています!
ビーキューブ®スタジオブログもぜひチェックしてください。

【Satomi先生解説!SURFSET】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

いかがでしたか?
ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして
活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます!
今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
※卒業生の皆様にお願いします※

ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在約1, 000名以上の
インストラクターを輩出し続け、全国からたくさんの方に
お越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを
全国よりお問い合わせいただいております。
こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。
 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー