傷害と特殊条件(ISP)コース【2017年6月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

年1回、ビーキューブ®開催されるISP(傷害と特殊条件)コース
ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コースの中で、
唯一座学で行われるこちらのコース。
ピラティスインストラクターとして活動する中で、
様々なお客様のお身体の特徴にあわせた安全で効果的なセッションができるようになるには、
確かな知識と体に配慮した調整(モディフィケーション)が必須です。

ISP(傷害と特殊条件)コースの内容をご紹介します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ISP(傷害と特殊条件)コースは、
ストットピラティスSTOTT PILATES®のインストラクターとして
セッションで必ず直面するさまざまな症状のお客様に対して、
「どのような配慮が必要なのか」「エクササイズを行うにあたっての注意点はどこなのか」など、
知っておくべきガイドラインを学ぶことができます。

コース内では解剖学の知識なども多く取り上げられ、Wataru先生の経験なども盛り込んだ解説とともに
とてもわかりやすく理解することができます。

参加者は既往歴のあるお客様とのセッションも数多く行っているインストラクターの方たちなので、
質問もやエクササイズの調整方法の確認など、より具体的で実践的な内容が取り上げられます。

最近はネットで情報をすぐに調べられる時代になりました。
ただ、多すぎる情報を整理したり、正しい情報を選ぶためには、正確な知識が必要です。
ISP(傷害と特殊条件)コースで学んだ内容を基礎として、事前の準備をする方法も変わっていきます。

受講内容は腰部ー骨盤帯、肩、膝などの部位ごと、また「脊柱側湾症」「関節炎」「半月板損傷」「肥満症」などの症状、
高齢者、妊婦さんの産前産後など、さまざまな角度から解説され、
実際のピラティスエクササイズを行う際のモディフィケーション(調整)が紹介されます。

ストットピラティスSTOTT PILATES®は常に新しい情報を学べるメソッドでもあります。
最新の情報もコース内でご紹介することがあります。
今年は足部についての内容が新たに取り上げられ、
実際に自分の足に骨のある部分を書き込んで、その動きを観察する時間もありました。

マットコース受講後にISP(傷害と特殊条件)コースを受講、インストラクターとして活動していく中で、
もう一度このコースを学びなおしたいとのことで、リターン受講される方も毎年必ずいらっしゃるほど。

コース内容を十分楽しみながら学ぶには、
「マット」だけでなく「リフォーマー」「キャデラック」チェア」「バレル」のコース受講後に
ISP(傷害と特殊条件)コースを受けるほうがいいと言われています。
ただ、コース中にWataru先生から
キャデラックで行う方法の場合でも、マットやリフォーマーで代用案があるものは必ず紹介してもらえますし、
エクササイズの例もたくさんあります

インストラクターとして日々、さまざまなお客様に接しておられる方であれば、
ぜひ受講するべきコースです!
普段のセッションでの症状に対する疑問点、悩みなどもコース内で質問して、疑問解消していけます。
ISP(傷害と特殊条件)コース、ぜひチャレンジしてみてください。

※ISP(傷害と特殊条件)コースについてもっと知りたい方はこちらをご覧ください!
*2016年開催分→Satomi先生がコース内容をご紹介!

*2015年開催分→Fusako先生がコース内容を熱く語っています!

P1310621

P1310630

P1310635

P1310640

P1310892

P1310895

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ビーキューブ®でISP(傷害と特殊条件)コースが開催されるのは、2018年の予定です。
1月~6月のスケジュール発表は、2017年秋ごろを予定しております。
毎回多くの受講生が参加するコースです。
インストラクターとしての知識と技術向上のために、ぜひご検討ください。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー