Bcube ® on Tour 名古屋 おすすめワークショップ

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

Bcube ® on Tour 名古屋のお申込みがスタートしています。
皆様、もうお申し込みはされましたか?

※お申し込みはこちらから
Bcube® on Tour 名古屋 2018年9月 申込フォーム

今日はBcube ® on Tour 名古屋を担当するAkatsuka先生より、
一足早くワークショップの内容をご紹介いただきます。

Akatsuka
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Akatsuka先生 おすすめワークショップ その1

【9月7日(金)】
◆13:00~15:00
プロップを活用したマットワーク:10代の筋力と持久力強化

インストラクター養成コースを受講される方で、
現役のダンサーやエアロビクスなどのインストラクターの方から
「もっと若いころにピラティスを知っておけばよかった・・・」
というお話を聞きます。

身体の上手な使い方、怪我をしにくいからだの作り方を知っていれば
もっとながく、そのスポーツを現役で続けていけるのに・・・。
でも若いころには、基礎となる練習は退屈に感じてしまうものでもあります。

こちらのワークショップのターゲットはズバリ「中学生・高校生」です。

体育の授業では、中学校では「ダンス」が必須となっています。
部活動についても中学生の7割、高校生の5割が
運動部所属というデータもあります。

若い世代が取り巻く環境の中で、
「ピラティス」は、まだまだ知られていない分野かもしれません。

「ピラティス」は自分の体を知り、骨格・筋肉の正しい動きを
意識しながら動かしていきます。
自分で考えならが自分の身体を動かすために行うアプローチは
大人を対象としたティーチングスタイルとは
変えていかなければいけません。

10代の集中力を惹きつける飽きさせない、
シンプルなファンクショナルエクササイズと
そのアプローチ方法をご紹介
します。
安定性、バランス、柔軟性に焦点をおいた構成になっており、
10代特有の問題に対応できるようエクササイズを学べます。

現在、宝塚音楽学校の講師として、
未来のタカラジェンヌにピラティスを教えていますが、
このワークショップの内容も踏まえながら、授業を進めています。
彼女たちの反応もとてもよく、自身の身体のことを
ピラティスを通じてもっと知って欲しいと思っています。

部活に真剣に取り組んでいる学生、
スポーツでいい成績を出したいと思っている生徒に
ピラティスをもっともっと知ってもらえる機会を、
インストラクターの皆様と一緒に広げたいですね。

※お申し込みはこちらから
Bcube® on Tour 名古屋 2018年9月 申込フォーム

【前回開催の様子】

P1300560

P1300568

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Akatsuka先生 おすすめワークショップ その2

【9月8日(土)】
◆10:00~12:00
マット・グループクラスのための指導方法とプログラミング

マットインストラクターはもちろん、
IMP(初中級マット)コース受講中の方にもおススメのタイトルです。

ピラティスインストラクターとして活動する中で、
マットグループを担当する機会はとても多いです。
少人数であっても、参加されるお客様のレベル、体力などさまざま。
楽しく、効果的なグループクラスを行うためには何が必要か
参加者同士でのミニグループクラスの実践も踏まえて学べます。

インストラクター役の方のキャラクター溢れるキューイングで
進められるグループクラスのティーチング内容を
みんなでフィードバックしてスキルアップを図ります。

ITコラムで長期連載しているグループクラスのトピックを
実際に行うことができるチャンスです!

※Akatsuka先生のグループクラスについて連載中!
ITコラムはこちらから。過去のトピックもご覧いただけます。
【コラム 第25話】グループクラスでインストラクターが注意するべき点とは

※お申し込みはこちらから
Bcube® on Tour 名古屋 2018年9月 申込フォーム

【前回開催の様子】

P1330620

P1330621
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

年1回開催しているBcube ® on Tour 名古屋、ぜひご参加ください。
定員間近のワークショップもございます!

※お申し込みはこちらから
Bcube® on Tour 名古屋 2018年9月 申込フォーム

※詳しいタイトルはこちらをチェック
ホームページ「Bcube® on Tour 名古屋」

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

~夏のカンファレンスおすすめタイトルご紹介~

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

夏のカンファレンスのおすすめめタイトルをご紹介!
今日は、2回目の開催となる
7月13日(金)10:00-17:00、Wataru先生が担当する
「Halo® グローバルスタビリティ獲得への応用」です。

※お申し込みはこちらから
2018年 夏のカンファレンス 申込フォーム

前回このワークショップを受講した
ビーキューブ®ピラティスマスターインストラクターYoshiko先生
その内容と魅力をお聞きしました!

Yoshiko

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®ピラティスマスターインストラクターのYoshikoです。

私は、過去にもHalo(ヘイロウ)についてのブログを紹介していますが
みなさま、おぼえていらっしゃいますか?
—————————————————————-
※過去のブログはこちらからチェック!
「Halo(ヘイロウ)トレーナー」ってみなさんご存知ですか??

Haloトレーナーのポジションによって、いつもの「プランク」の効果が変わる!?

—————————————————————-

ピラティスの器具ではリフォーマー、
プロップではHaloが一番おすすめなんです!

Haloトレーナーは独特の形状をした枠と
専用のスタビリティボールを組み合わせて使用します。

st02209

ある時には、しっかりと体を支えてくれたり、
またある時には不安定な環境の中でチャレンジができたり、
2つの異なる道具から生まれる斬新なエクササイズは
多くのクライアントに活用することができます。

今回の「Halo® グローバルスタビリティ獲得への応用」では、
Haloにフレックスバンドやトーニングボールもプラスしながら、
より幅広い年齢層にも対応できる強度調整ができるようになります。

【例えばこんな感じ】

IMG_0112

IMG_0119

IMG_0137

Haloは空間でのアプローチも得意なので
実生活に耐えられる筋力を鍛えたい方にはおすすめです。
マットエクササイズは自重がメインになりますが、
Haloの握りやすいグリップが、肩周りを安定させ
動きやすさをうまく感じさせてもくれます。

また、身体へのフィードバックが多面的なので、
クライアントの「ここの動きが弱い」というのが伝わりやすく、
筋力が弱いところもうまく気付きを感じて動いてもらえます。

先日、「Fascial Movement Course=膜・筋膜ムーブメントコース」
受講して思ったことでもあるのですが、
Haloを活用すれば膜のラインのシステムを基に
アプローチをすることもできるんです。

前面斜方、後面斜方などのラインのシステムを理解していれば、
このワークショップはより面白いものになるはずです。

実際のプライベートセッションでもHaloをよく活用しているのですが、
回数を重ねるごとに動きを身体が覚えていく過程がよくわかり、
お客様の反応もとても良いです。

マットプラスアルファのスペースがあれば
器具がなくてもHaloを活用したセッションが、
よりクライアントへのエクササイズの幅を広げてくれます。

1日6時間のワークショップです。
Haloの魅力たっぷりのワークアウトを楽しんでください!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Yoshiko先生もおすすめするタイトル
「Halo® グローバルスタビリティ獲得への応用」
夏のカンファレンス初日の7月13日(金)10:00-17:00です。
ぜひご参加ください。

※お申込はこちらから
2018年 夏のカンファレンス 申込フォーム

※詳しいタイトルはこちらをチェック

ホームページ「2018年夏のカンファレンス」

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Yoshiko先生は、7月の期間限定ですが、
グループクラスを担当される予定です。
その内容は「Halo」が登場すると聞いています。

ワークショップを受講して、さらにグループクラスで
その良さを存分に味わえるチャンスですよ!
Yoshiko先生「期間限定!Haloグループクラス」
 7月27日(金)、8月3日(金)、10日(金)、17日(金)、24日(金)の
 19時スタートです。
クラスの予約は30日前から可能です。

 ご予約はこちらから→ビーキューブ® オンラインレッスン予約

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

 

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~夏のカンファレンスおすすめタイトルご紹介~

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

夏のカンファレンスのお申込みがスタートしています。
皆様、もうお申し込みはされましたか?

※お申し込みはこちらから
2018年 夏のカンファレンス 申込フォーム

今日は担当するAkatsuka先生より、
内容をちょっと先取り!
おススメのワークショップをご紹介いただきます。

Akatsuka

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Akatsuka先生 おすすめワークショップ その1

【 7月15日(日)】   ※定員まであと3名※
◆14:30~16:30
フィットネスサークルを活用した アスレチック・コンディショニング

2017年春のカンファレンスで初開催したこちらのタイトル。
大阪では2回目という、新しい内容のワークショップです。

グループクラスでも人気のプロップ・フィットネスサークル。
この特性を最大限に活用し、プライベートで、グループで
活用できるエクササイズをご紹介します。

身体への負担も考慮しながら、よりレベルアップした
フィットネスサークルのチャレンジエクササイズを
たくさん学べますので、楽しみにしていてください。

【前回開催のワークショップの様子】

P1300532

P1300542

P1300548

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Akatsuka先生 おすすめワークショップ その2

【 7月15日(日)】   ※定員まであと3名※
◆17:00~19:00
小道具(プロップ)を用いたピラティス レベル2

こちらは、実に2015年夏のカンファレンス以来の登場です。
3つのプロップ(バンド、サークル、トーニングボール)を活用する
即戦力プログラムをお届けします。

マットグループでも、マットプライベートでも
この3つのプロップがあれば豊富なバリエーションを展開できます。

明日のセッションで、早速使ってみたいエクササイズ満載の2時間。
クライアントへのアプローチの幅を広げましょう!

【前回開催のワークショップの様子】

P1210859

P1210863

P1210870

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Akatsuka先生 おすすめワークショップ その3

【 7月16日(月・祝)】  ※定員まであと2名※
◆13:00~15:00
ジャンプボード インターバル・トレーニング レベル1

こちらのワークショップではリフォーマーにジャンプボートを取り付け、
ジャンプ運動とピラティスの筋力トレーニングを交互に行うことにより、
インターバルトレーニングの効果を狙ったワークショップです。

スポーツでは必要不可欠なジャンプ動作の正確な習得と、
各関節の動きに関わる筋力と神経の活性化に
効果的なワークアウトを行います。

スプリングを軽くした状態からのジャンプで腹部の強化を行ったり、
下肢の筋力に適応できるように体幹の筋力を養うことにより、
好不調のないスポーツパフォーマンスを獲得することができます。

ジャンプボードをお持ちの方はもちろん、
リフォーマーを勉強した方ならぜひ受講して欲しいワークショップです。

【前回開催のワークショップの様子】

P1240025

P1240033

P1240075

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

夏のカンファレンス、ぜひご参加ください。
定員間近のワークショップもございます!

※お申込はこちらから
2018年 夏のカンファレンス 申込フォーム

※詳しいタイトルはこちらをチェック

ホームページ「2018年夏のカンファレンス」

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1【2018年6月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

今、さまざまな分野で注目されている「Fascia(ファーシャ)」
「Fascia(ファーシャ)」とは筋膜のことです。

最近目にするこの「Fascia(ファーシャ)」
いったいどんなもので、どういったことをすると効果があるのか、
勉強してみたいと思いませんか?

STOTT PILATES®をはじめ、
様々なコンテンツを展開しているMerrithew社の最新のコース、
「Fascial Movement Course=膜・筋膜ムーブメントコース」
6月にZONE by Bcube ®で開催されました。

今日はこちらのコースに参加した
ビーキューブ®ピラティスマスターインストラクターFusako先生
お話しを伺いました。

Fusako

■□―――――――――――――――――――□■■

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®ピラティスマスターインストラクターのFusakoです。

今回参加した「Fascial Movement Course=膜・筋膜ムーブメントコース」
一言で言うと「非常に興味深い分野の勉強ができた」ということが言えます。

過去にも筋膜についてのコースを受講したことがありましたが、
今回のものは理論をより深く掘り下げた内容となっています。

エクササイズも新しいものがほとんどで、
使用するプロップ(小道具)の数も多くなったので
わかりやすかった印象があります。

今まで自分が持っていた知識をベースに
新しい内容も踏まえながら、
筋膜の考え方に沿ったエクササイズを選んでいけるので、
今回のコースで、クライアントに向けての
「筋膜」に向けたアプローチの方法が格段に増えました。

DSC00665

今回改めて気づいたことは
「正しい姿勢には筋膜も影響している」こと。
全身をめぐる筋膜に不全や損傷があると
身体の姿勢にもよくない影響が出てしまいます。
また、症状は弱点の箇所にでてくることが多いです。

筋膜への正しい知識で正しい刺激を行うことで、
損傷を負った部分の治癒を助けることもできます。

4つの可変要素にあわせたアプローチする方法の中から
クライアントの身体の不調を探り、症状に合った適切な刺激を選んで
提供することができます。

【4つの可変要素】
————————————————
①Bounce バウンス
弾むような動き、プライオメトリクストレーニングなど。
②Sense センス
マッサージボールでの刺激、ボールで叩く、リリーザーなど。
③Expand エキスパンド
広げる動作、ループエクササイズ。
④Hydrate ハイドレード
振り子のように揺らす動き。
ツイストボール、ローラーでの刺激など。
————————————————

ミニスタビリティーボール、フレックスバンドなどを使用して
弾むような動きを加えることで
伸びるといった身体の感覚を感じてもらうことができます。
こちらは同じMerrithew社のコンテンツのひとつ
Zenga(ゼンガ)でも同じアプローチがあります。

今回の新しい動きとして、内ももにミニスタビリティーボールをはさんで
バウンスするものは、脚に向けてのとても面白いアプローチだな、と思いました。

【おなじみのプロップ(小道具)を使ってのアプローチ】

DSC00915

【マッサージボール、リリーザーなどで感覚刺激ができます】

マッサージボールは形状、硬さ、重さなどで
刺激の変化ができます。
押したり、コロコロしたり、いろんな反応があります。

DSC00843

電動の器具「ファーシャリリーザー」。
適度な振動があり、器具を身体でなぞるだけで刺激できます。

DSC00846

ボールによるタッピング。
実は身体を叩くことも筋膜を刺激することができるんです。

DSC00848

実は、筋膜は筋肉の6倍の感覚器を備えているといいます。
人間は、身体に痛いことをすると誰でも萎縮してしまいます。
ですから、息ができなくなるほどの強い刺激は与えてはいけません。

「身体を心地よくゆるめる」ことも念頭に置いて
クライアントにはエクササイズをしてもらう必要があります。

ただ、「筋膜=ゆるめる」というイメージだけでもないことが
今回のコースで驚いたところです。

クライアントや目的によってアプローチを変化させることができます。
例えば、運動前での筋膜アプローチは、「必要なストレスをかける」ものになり、
クールダウンでは先ほどの「ゆるめる」ものになります。

コースではエクササイズとして多く紹介される動きですが、
実は「立つ」「寝る」姿勢でもできるものがあります

例えば入院中でベットに安静にしている時間が長いと
腱の強さや力の伝達、弾力性が減少していきます。
「筋膜」への刺激をすることで、強さ、弾力性を取り戻すことができます。

ですから、リハビリなど治療の現場でも、
身体の治癒に向けての効果が期待できると思いました。

また、音楽に合わせて弾みながら歩く、走ることで
「筋膜」への刺激になることもあります。

歩く、走るは難しい動きではないので、
セッションをご一緒するクライアントや高齢者の健康体操なんかにも
うまく組み合わせると楽しいかもしれません。

ただ、やみくもに歩く、走るのではなく、
音楽のテンポに合わせてバウンスすることが大切です。
どんな音楽のリズムがどう影響するのかは、ぜひコースで体感してみてください。

【動くだけが「筋膜アプローチ」じゃない!感じる時間も大切!】

DSC00836

DSC00857

「Fascial Movement Course=膜・筋膜ムーブメントコース」
3日間、16時間のコースになっています。
筋膜の理論の解説、エクササイズの実践はもちろんですが、
ケーススタディやティーチングの時間が組み込まれていたのも
とても実践的で勉強になりました。

特に、ティーチングは各グループに分かれて
モデルのクライアントの目的、症状に合わせた筋膜への
アプローチを発表しました。

10分という短い中で、たくさん筋膜のエクササイズが
提供できることにびっくりしました。
ピラティスセッションで1時間あるなかの、
少しの時間に筋膜のアプローチを加えることができるのが
実践という形で取り入れることができるのがわかりました。

「筋膜」のエクササイズを提供する中で
気をつけなければいけないことは、
クライアントの「感覚」を感じる時間を設けること。

行ったエクササイズで「何か感じる」方もいらっしゃれば
「何も感じない」方もいらっしゃることがあります。
感じないから悪いのではなく「感じないという感覚である」ことを
気づいてもらうというのが大事です。

また、何事も「やりすぎることは良くない」ということは
筋膜のエクササイズ、アプローチにもいえることです。

高負荷のスポーツトレーニングは
コラーゲンが壊れて生成するのに3日間はかかります。
壊れたままの状態で、さらにトレーニングをすることは
コラーゲンの生成がされないので、実は身体には負担になってしまいます。

正しい知識を持って、正しく行うことで
身体への効果が最大限に発揮されることになります。

【意外と難しい?! ZONE LOOPを使ったエクササイズ】

DSC00882

DSC00886

DSC00864

【夏のカンファレンスでさらに活用範囲が広がる!ツイストボールでのエクササイズ】

DSC00908

今回で「Fascial Movement Course=膜・筋膜ムーブメントコース」
6期生になると聞きました。
多くのインストラクター、医療従事者の方が受講されているとのこと。

コースを受講したから言えることですが、
「筋膜」へのアプローチ方法はたくさんあります。
また、それを必要としているクライアント、患者様もたくさんいらっしゃいます。

スポーツでも、ダンスでも、ピラティスでも、そして治療でも・・・、
誰が勉強しても役立てることができます。

理学療法士をはじめとするリハビリ現場で治療している方、
さまざまなニーズのお客様と関わる
スポーツトレーナー、インストラクターのみなさま、
そして入院中の患者様を担当している病院の先生など。

多くの方にコースから得た知識を活かして、
一緒に「筋膜」を通じて元気を発信したいですね。

DSC00925

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Fusako先生、ありがとうございました。

「膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1」
2018年度は9月大阪開催を残すのみ!
現在、お申込み受付中!
コースには定員がございますので、受講希望の方は
お早めにお申込ください。

※詳細はこちらから
大阪開催決定!! 膜・筋膜ムーブメント基礎コース【2018年6月・9月】

※お申込みはこちらから
2018年 膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1 申込フォーム

……………………………………………………………………………..
膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル 1  
Fascial Movement Foundation Course level 1
………………………………………………………………………………

【日程】(全16時間)
9月土日祝日開催
9月15日(土)      13:00~17:30 (内30分休憩)
9月16日(日)   10:00~17:00(内1時間休憩)
9月17日(月・祝)   10:00~17:00(内1時間休憩)
【講師】
Wataru
上泉渉(カミイズミ ワタル)
【受講料】
128,000円 (教材費込)
【CEC】
1.6CEC
【会場】
ZONE by ビーキューブ®スタジオ
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23
       南船場第二東洋ビル3F
※お申込みは上記スケジュール3日間すべて
 ご参加いただける場合となります。
別開催のスケジュールへの変更、振替はできません。
————————————————————————
皆様のご参加をインストラクター、スタッフ一同
お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ピラティスインストラクター養成コース体験&説明会【2018年6月】

Stottt_pilates

こんにちは。

ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ストットピラティスSTOT PILATES®インストラクター養成コースにご興味ある方!
「ピラティスインストラクター養成コース体験&説明会」に参加しませんか?

– * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * –

養成コースに参加されている受講生のほとんどが
「ピラティスインストラクター養成コース体験&説明会」
または個別相談で実際にスタジオにお越しになって、
コース内容の説明や受講にあたってのご相談など、
疑問点を解決した中で受講を決意されています。

2018年前期でIMP(初中級マット)コースに参加した方は32名
お申込み前はコース受講の不安、心配をされていますが、
最終日には笑顔で「受講してよかった!」「もっと頑張ります!」
といったお声を必ずいただいています。
同じピラティスに興味をもった仲間との貴重な出会いもありますよ。

※IMP(初中級マット)コースの内容をもっと知りたい方はこちらをチェック!
ZONEブログ:IMP(初中級マット)コース

– * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * –

みなさま、突然ですが
ピラティスってどんなエクササイズか知っていますか?

1回体験して面白い!と思った方も
なんだか難しいなぁ、と思った方もいらっしゃるかもしれません。
エクササイズ自体やったことない、そんな方もいらっしゃるでしょう。

ピラティスの起源となったジョセフ・ピラティス氏は、
1945年に発表した著書の中で、
身体の中心にあるコアを身体の源と考え、
「腰や骨盤などを支える筋肉を正しく動くようにする」=「体幹を安定させる」ことにより、
その中に包まれる内臓などの働きも改善し、
しっかりと機能的に調整されたコアは身体にとって重要であると説きます。

ピラティスエクササイズは呼吸の「吸う」でどう動くか、
「吐く」でどう動くかまで、細かく決まっています。
なぜそうする必要があるのか、
STOTT PILATES®は、解剖学、生体力学的に考えます。

そして、自分で考えながら身体の動きをコントロールし、
使うべき筋肉を使って動くことを反復することで
身体の正しい動き、使い方を覚えていきます。

STOTT PILATES®は
①姿勢の再教育
②正しいムーブメントパターンの獲得
という2つの目標に向かってピラティスエクササイズを考えているんです。

・・・、とここまで説明しましたが、
たぶん途中で???となった方もおられるのでは、と思います。

そこで、体験&説明会では、STOTT PILATES®を
実際に動く時間を必ず設けています。

<今日の体験タイムの担当はMegumi先生>

DSC00995

DSC01003

エクササイズは文章で読んだり、解説だけでは
なかなかわからないところも多いです。

インストラクター養成コースの受講を検討する方には、
最低30時間以上はピラティスエクササイズを体験してほしい
と考えています。

また、養成コース受講の課題のひとつに
「自主練習」をする時間も設けられているので、
これからピラティスを学ぶ人には絶対
「ピラティスを自分の身体で動く時間」をたくさん持ってほしいです。
※参考までに一番最初に受講するIMP(初中級マット)コースの
自主練習の最低時間は30時間以上となっています。

ピラティスはやればやるほど自分の身体が変わり、
たくさんの気づきが生まれてきます。
その経験が人に教える=インストラクターになるための
大事なポイントにもなります。

このほか、養成コースを受講するにあたっての
準備しておいたほうがいいことや
コース受講中の残り2つの課題の内容など、
ピラティスインストラクター養成コース体験&説明会
個別相談会でご案内いたします。
みなさまにスタジオでお会いできることを楽しみにしています。

– * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * –

コース受講にあたってのご質問、ご相談、
実際のコースについてもっと知りたい方は、
ピラティスインストラクター養成コース体験&説明会
ぜひご参加ください!

次回の体験&説明会は
7月21日(土)10:00~12:00です。
ご参加ご希望の方は下記フォームよりご登録ください。

※ご登録はこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

まずはお気軽にご参加ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
※体験説明会に参加したいのに日程が合わない・・・。
ご安心下さい!

 まずは資料を見てみたい、質問したいことがあるという方、
 お気軽にお問い合わせください。
個別でも対応させていただきます!

 個別説明会の内容はこちらで紹介中
 →アカデミーブログ
「ピラティス養成コース 個別説明でもじっくりお話しします!」

【お電話】 06-6241-6364 担当:小田原(オダハラ)
【お問い合わせフォーム】 アカデミー専用お問合せ
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

試験対策ワークショップ【2018年6月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

8月、11月に向けた試験勉強のシーズンが到来!
ZONEスタジオでも平日、土日、いろいろな時間帯で
コース生の練習をお見かけするようになりました。

6月にAkatsuka先生による試験対策ワークショップが開催され、
実技試験のコツ、試験勉強についてのアドバイスが伝授されました。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

【試験対策ワークショップ・リフォーマー】

マット&リフォーマーの実技試験は1時間30分。
ピラティスエクササイズのティーチングはもちろんですが、
リフォーマーへの乗り方、おり方などの安全面への配慮もポイントになります。

すでにリフォーマーの試験を受けたことがある方も
次の試験の復習も兼ねて参加されたこともあり
より精度高い内容に取り組む内容となりました。

セッションにリフォーマーを取り入れることで
お客様への動きのフィードバックが
リフォーマーからも得られる環境になります。
インストラクターは、リフォーマーをパートナーにしながら
お客様の姿勢をより注意深く観察し、キューイングを出すことになります。

ペアになってティーチングをするだけでなく、
他の人のティーチングを見ることも、とても勉強になりますね。

DSC00641

DSC00644

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

【試験対策ワークショップ・キャデラック、チェア、バレル】

こちらのワークショップに参加のメンバーは、
4月に開催した同じワークショップを受講したメンバーが
前回の雪辱を晴らすべく、再開催のご要望によって実現。

2か月の間に、再度練習した内容と
新たなエクササイズも交えてのリベンジ受講となりました。

Full認定を目指すメンバーが集まったこともあり、
ワークショップ終了後も遅くまで内容の確認、練習をされていました。

DSC00655

DSC00663

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

【試験対策ワークショップ・マット】

2018年開催のIMP(初中級マット)コース受講生や
過去にすでに試験を受験し合格している方がご参加いただきました。
8月、11月の試験に向けて、実技試験さながらの雰囲気です。

Akatsuka先生からは
「ポイントを押さえたティーチングができているので精度は高いです。
あとはお客様に対して出来ていることへのフィードバックと
カウントダウンをうまく活用してみることにもチャレンジしてみてください。」
とのアドバイスがありました。

これから試験までの練習の精度がより高められる2時間となりました。

DSC00934

DSC00939

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

8月、11月の試験スケジュールが発表、願書の提出もスタートしています。
今後もZone by ビーキューブ®では養成コース受講生を
強力サポートしてまいります。

みなさまのご要望で試験対策ワークショップを企画します。
ぜひご意見お寄せください!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【コラム 第27話】「足」の不思議

Stottt_pilates

皆様、こんにちは。
ZONE by Bcube®のWataruです。

Wataru

私達を支え、空間を移動させてくれる力強くもしなやかな
体の中の小宇宙?とも言うべき部位。
今回は「足」について考えてみたいと思います。

一言で足といっても28の骨からなり、
33の関節とその周りに107の靱帯が付着しています。
さらに19の筋肉が関わり、その運動面は5つに及びます。

それらが複雑に関係しているのが「足」なんです。

足はその機能や特徴から3つに区分されます。
前足部(つま先)中足部(足の甲)後足部(踵と足首)

足部 ペイント済

足部ペイント済 横

機能としてどんなものがあるか?まとめてみました。
—————————————————–
●下にある表面と、上の身体の動きに適応する
●剛性あるレバー(テコ)=これが推進力となります。
●可動性適応機構 ― 機動性と衝撃吸収性
—————————————————–

そして足にみられる、安定と可動それぞれのポジションがあります。
—————————————————–
●安定=ロックポジション(クローズパック)=背屈と回外
●可動=モバイルポジション(オープンパック)=底屈と回内
—————————————————–

動作分析の大家の言葉を借りるとこういう傾向があるんです…。
「足が剛性あるレバーとして、かつ柔軟な適応機構として
機能出来ない場合に運動性症候群の多くがみられる。」
(Sahrmann)

つまり足は硬く丈夫でありながら、
柔軟性をもつているべきパーツであると言うことなのです。

足を含む下肢に求められる機能性は「空間での移動」です。
欠かせない歩行において足が果たす重要な役割は
途方もなく複雑な構成です。

簡単には書けないんですが、歩行を簡素に表現すると…

—————————————————-

・ロックとロック解除

・荷重と瞬発

・足が体のあらゆる部分の動きに反応し、決定する。

・足関節の可動性が、殿筋の活性パターンを決定する。

—————————————————-

そんなこんなで忙しく足が機能する為に備えている動きを紹介します。
斜方軸を含んだ多面的動作があります。
—————————————————-

・回内=背屈+外反+外転

・回外=底屈+内反+内転

・外反膝 – 前足部、後足部

・内反膝 – 前足部、後足部

—————————————————-

次回は足のアーチや、足底筋膜の性質なんかについて
もっとご紹介していきたいと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第27回は6月30日(土)アップ予定。
次のコラムもお楽しみに!

※過去のITコラムはこちらから
ZONEブログ:IT(インストラクタートレーナー)のひとりごと

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月 ZONE練習スタジオスケジュール アップしました

Stottt_pilates

ZONE by ビーキューブ®のサービスの一環として、
諸規約に同意いただいている方には、
コース期間中、およびコース終了後6ヶ月間、
練習施設を無料でご利用いただけます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※2018年5月19日より練習解放スタジオ、
練習時間のルールが
変更になっています。

下記ブログに詳細が掲載されていますので、
必ずご確認の上、ご来館ください。

 →練習スタジオ運用変更のおしらせ【2018年5月19日から】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

本日15日より
7月度のZONE練習スタジオスケジュールをアップしました!

ZONE by ビーキューブ® ホームページの
Googleカレンダーをご確認ください

コースでの学びを深めるために、試験対策の練習のために、
ぜひご活用ください。

*・*.。.*・*.。.*・*.。.*・*.。.*・*.。.*・*.。.*・*.。.*.。.*・*.。

ZONE練習スタジオスケジュールへの
簡単アクセス方法

*・*.。.*・*.。.*・*.。.*・*.。.*・*.。.*・*.。.*・*.。.*.。.*・*.。

ホームページ上部の「様々なサポート」内にある
「練習スケジュール」をクリックするとGoogleカレンダーに
ジャンプします。

練習
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その他、練習スタジオの利用方法は、コースご参加時にお渡しの
「Bcube® PILATES ACADEMY 利用規約&利用案内」をご確認ください。

ビーキューブ®は様々な独自のフォローアップ制度を通じて、
皆さまのライセンス取得をサポートしていきます
どんどん活用してください

スタジオ利用にあたってのご不明な点や確認したいことは
エデュケーションコーディネーターの小田原まで、
お気軽にお尋ねください。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級マット(AM)コース【2018年6月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

2018年に入り、IMP(初中級マット)コース受講生の多くが
AM(上級マット)コースへチャレンジしています。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

ピラティス氏が考案したエクササイズは、
実は上級エクササイズのレベルのものがたくさんあります。

ストットピラティスSTOTT PILATES®では、
段階的に初級、中級、上級とレベル分けすることで
多くの方に安全に効果的なエクササイズを行うことできるようになりました。

ピラティス氏の考えたマットエクササイズの真髄を知るには、
AM(上級マット)コースは、ぜひ受講しておきたいところ。

上級コースを受講するメリットに3つのポイントが挙げられます。

——————————————————
【AM(上級マット)コースを受講するメリット】
①初中級のエクササイズの復習ができる
コース前半にウォーミングアップエクササイズから
初級のエクササイズを振り返ります。
一通り動くことでマットの復習ができます。

②初中級、特に中級エクササイズの理解が深まる
IMP(初中級マット)コースの時にも、
「中級エクササイズを行うことで初級エクササイズが理解できた」
というお声はたくさんいただいています。
上級エクササイズを学ぶことで、中級の内容理解を深めることができます。

③初中級、上級あわせた試験を受験できる
IMP(初中級マット)コース受講後はMat Level1の試験を受験できますが、
AM(上級マット)コースを受講することでMat Level1&2として
試験科目をまとめて1回で受験できます。
——————————————————

6月10日(日)に満員御礼で開催された
AM(上級マット)コースの1日の様子をご紹介します。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

【9:30~ AM(上級マット)コース、スタート!】

今回の担当はJacquin先生。
コースの最初には、今までの練習などで出てきた質問、疑問を
確認していく時間があります。

そのあとは、さっそくウォーミングアップエクササイズ、
初級エクササイズを一通り動きます。

<初級エクササイズの復習>

DSC00702

DSC00707

【10:30~ 上級エクササイズの解説】

上級マットエクササイズは全部で13種類。
Jacquin先生の解説の後、みんなで動いてみます。
筋力、バランスのチャレンジエクササイズのオンパレードに
エクササイズ後の休憩も挟みながら進んでいきます。

<シザーズ・イン・エア>

上級エクササイズを動きを交えて解説するJacquin先生。
きれいな見本なので、とてもわかりやすいです。
いろいろな角度から動きを確認します。
DSC00723

みんなでチャレンジ!
初級のシザーズでは背中が地面に接地していましたが
上級は両足を天井にあげて、腕でサポートする体制で
脚をハサミのように動かします。

この動きができるようになるまでに
様々な初級、中級エクササイズができるようになっておく必要があります。

DSC00720

<ティーザーシリーズ>
中級で登場したレッグス・ダイアゴナルから発展、
ローワー・アンド・リフト・レッグスやレッグズ・ダウンを経て
フィギュア・エイトへとチャレンジしていきます。

フィギュア・エイトは手を八の字に動かします。
バランスにチャレンジする中で身体を動かすので
エクササイズが終わった後は、みんなぐったり・・・。
でも写真を見ると、みんなの動きはきれいにそろっていますよね。

DSC00735

DSC00826

DSC00738

【12:10~13:10 お昼休憩】
いつものコースでもにぎやかなお昼休憩。
コース中はコース開催スタジオでの休憩中の飲食が可能なので
外にご飯に行く方、スタジオでお弁当を食べる方に分かれます。

上級コースを受講した方がよく話をされるのが
「お昼ごはんをどれだけ食べたほうがいいか」というところ。
食べないと力がでないし、食べ過ぎると動きにくくなるし・・・。
みんな悩むところのようですね。

【13:10~ コース再開、総まとめ】
午後に残りのエクササイズを実践した後は
中級、上級のエクササイズを一通り動く時間があります。

IMP(初中級マット)コースでは
中級エクササイズに苦戦した、という感想をいただいていましたが、
上級を学んだことと日頃の練習の成果で
中級エクササイズができやすくなっていることに気がつきます。

また、教科書やDVDで予習したときに
「こんなのできるかな・・・」と不安な中、コースを受講した方には
「思ったよりできたかも!」という実感があったとか。

ピラティスをすることで、気がつかない間の
自分の身体の変化にも気付く1日となりました。

DSC00771

DSC00786

DSC00814

DSC00754

DSC00759

DSC00833

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

AM(上級マット)コース受講の皆様、お疲れ様でした。
8月、11月の試験に向けてしっかり練習しましょう!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

2018年開催のAM(上級マット)コースの日程が発表されています。
マットのスペシャリストを目指して、ぜひチャレンジしてください!
受講をご希望の方、お手続きはお早めに!

①2018年7月1日(日) 9:30~16:30 【定員間近!】
②2018年8月31日(金) 9:30~16:30
③2018年10月28日(日) 9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

皆様のチャレンジ、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bcube(R) on Tour 名古屋 【2018年9月】 お申込受付開始!!

Stottt_pilates

みなさま、お待たせいたしました

2018年9月『Bcube® on Tour 名古屋』 
お申込受付を開始いたします。
ご希望の方はぜひお早めにお申込み下さい

Bcube® on Tour 名古屋の内容詳細はこちらでご確認ください!

お申込み方法
(1)専用の申込みフォームよりお申し込みください。

2018年9月『Bcube® on Tour 名古屋』 申込フォーム

             ⇑⇑⇑
※お申込の受付は、専用の申込みフォームのみとさせていただきます。


(2)ZONE by ビーキューブ®より、【ご予約確認メール】をお送りいたします。
※ご予約確認メールが届いた方のみ、予約受付ができています。

(3)<ご予約確認メール>到着から1週間以内に受講料を銀行振り込みにてお支払い下さい。
※お支払いの確認が取れ次第、受講枠を確保いたします。

(4)受講手続完了メール】をお送りいたします。

b3tour_nagoya1809 ブログ

皆様のご参加をお待ちしております

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/zone/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー