初中級リフォーマー(IR)mod1コース【2018年3月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

今日はIR(初中級リフォーマー)コースについて
ご紹介いたします。

ストットピラティスSTOTT PILATES®では
マットコース受講後、さらに知識やスキルを深めたい方が
器具のコースに進み、より専門的なインストラクターになるための
勉強をしていきます。

IR(初中級リフォーマー)コースは、
初級6日間、中級4日間でリフォーマーの使用方法、セッティングや
エクササイズの習得をはじめマットコースでも勉強した5原則、
姿勢分析、プログラミングについても再度取り上げ、
インストラクターとしてのスキルもさらにアップできる内容です。

今回は初級6日間のカリキュラムをご紹介します。
コース受講の疑似体験、してみましょう!
———————————————————————-

【IRコース Day 1 初級1日目 】
リフォーマーコースに来たはずなのに・・・。
スタジオにはマットが準備されていて??

実は午前中、STOTT PILATES®5原則の復習をします。
マットコースから練習を重ねた中で、また資格取得して教える中で、
5原則の伝え方、ポイントなどをより具体的なシチュエーションで確認していきます。

P1350672

午後からは、リフォーマーを受講生が準備します。
Akatsuka先生の解説を基に、実際にセッティングを行います。

器具を使ったセッションは、とても魅力的な時間になります。
インストラクターとして、お客様の安全にも配慮することがとても重要になります。

P1350677

P1350681

———————————————————————-

【IRコース Day 2 初級2日目 】

4日目まで、リフォーマーを使っての初級エクササイズを学びます。
動画は「フットワーク」の様子。

バーに置く足のポジションを変化させるだけで、
内もも、ふくらはぎ、お尻など、ターゲットとなる筋肉が変わります。

ビーキューブ®のリフォーマーグループクラスでも
おなじみのエクササイズですが、
コースではさらに深く内容を学んでいきます。

———————————————————————-

【IRコース Day 3 初級3日目 】

今日からはJacquin先生が担当。
ZONE by Bcube®のコースの特徴のひとつとして
複数のインストラクタートレーナーが担当します。

経験豊富でさまざまなバックグラウンドの先生から
STOTT PILATES®のコースを学ぶことができるので、
受講生からも充実した内容を教えてもらえると好評です。

ロープを持っての上半身エクササイズが登場してきました。
脊柱が空間の中でニュートラルになっているかを意識しながら
ロープを引いてキャリッジが動きます。

肩甲骨の安定や目線なども身体に影響を与えるので
イントラ役のチェックとともに、リフォーマーからの情報にも注意していきます。

<バック・ローイング・プレップ>

P1350712

P1350719

<サイド・アーム・プレップス・シッティング>

P1350725

P1350720

———————————————————————-

【IRコース Day 4 初級4日目 】

写真のエクササイズは<シングル・サイ・ストレッチ>
レギュラーメニューはフットバーに足をのせますが、
モディフィケーションでは床に足を置いて行います。

クライアントの身体、筋力に合わせて調整するモディフィケーションは、
リフォーマーでもたくさん紹介されます。
両方のエクササイズにチャレンジして、動きの違いを確認!

P1350727

P1350733

<ちょっとブレイク♪>
コース休憩中のスタジオにお邪魔しました。
みんなでお昼ご飯中!とってもにぎやかです。
コース受講生以外にもコース見学に来ている方とも
情報交換ができる貴重な時間。
この日はスタジオの外にランチに行った方もいらっしゃったようですね。
午後からのコースの英気を養います!

P1350736

———————————————————————-

【IRコース Day 5 初級5日目 】

午前はプライベートティーチングに挑戦。
ペアになってエクササイズを教えていきます。

5日間でリフォーマーの扱いにも慣れ、実際のセッションのような雰囲気です。
リフォーマーの乗り方、おり方、クライアントの姿勢チェック、
動きの表現方法、声のトーンなど、各チームの工夫が見えますね。

P1350800

P1350802

P1350804

P1350805

午後は「姿勢分析」
IMP(初中級マット)コースでも
取り上げられたトピック・姿勢分析を再度確認。

コース受講生の中でも「姿勢分析」が難しいというお声を
よくいただいています。
Akatsuka先生から早く姿勢分析できるポイントを解説、
グループに分かれて実践です。

P1350806

P1350808

P1350810

———————————————————————-

【IRコース Day 6 初級6日目 】

昨日の姿勢分析の結果を基に
初級リフォーマーエクササイズの選び方(プログラミング)をします。
グループに分かれてディスカッション!

人の姿勢はそれぞれですので、エクササイズの選ぶ基準も
そのぶんだけバリエーションがあります。
正解!というのがないので、よりよい選択を見つけていきます。
話し合うことで、いろいろなアイディアが出てきますね!

P1350812

P1350814

P1350815
———————————————————————-
IR(初中級リフォーマー)コースの中級は、4月14日からスタート!
メンバーも一人増えて9名になります。
コースの様子をブログで紹介しますので、お楽しみに。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【お知らせ】

ワークショップでさらに詳しく姿勢分析、プログラミングを学ぶこともできます。
※4月10日(火)にワークショップ:姿勢分析の復習を実施します。
 定員間近です。まだお申込み、間に合いますよ!
 →お申込みはこちらから:2018年4月養成コースイベント申込フォーム
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大阪開催決定!! 膜・筋膜ムーブメント基礎コース【2018年6月・9月】

Stottt_pilates

こんにちは、Zone by ビーキューブ®の小田原です。
「膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1」
6月、9月大阪開催が決定しました!
医療、フィットネスの世界で注目を集める筋膜。
Merrithew最新の
「Fascial Movement Foundation Course level 1」
日本語で学べるチャンスです。
「膜・筋膜ムーブメント」 について最新の研究成果と
多様な実践的アプローチを学ぶことがで きる充実の3日間です。
お申込み4月10日(火)昼12:00~
ビーキューブ®ZONEブログにて受付します。
スクリーンショット 2018-03-12 4 ブログ

……………………………………………………………………………..
膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル 1   
Fascial Movement Foundation Course level 1
………………………………………………………………………………
フィットネス、医療、および治療の専門家のためにデザインされた
MERRITHEW™ Fascial Movementコースは、
最新の神経筋膜骨格系に関する研究成果を探究していきます。
MERRITHEW™ Fascial Movementトレーニングは、
独自のMERRITHEW™ Fascial Movement Variables (FMV)を重視し、
強調すると共に、膜が何であり、何をし、どのように動くのかを考 え、
様々な異なる 方法でどのように働きかける事が出来るかについての
理解に基づいて提供されます。
————————————————————————————-
※コースの目的※・膜の構成要素を特定し、その役割と関連する動作を
説明できるようにする。・テンセグリティと伝統的な力とテコを基本にした
従来型の生体力 学の違いを明確にする。
・MERRITHEW™ Fascial Movement Variables(FMV’s)を定義する。
バウンス、センス、エキスパンド&ハイドレート。
・MERRITHEW™ FMVを使用して、
あらゆるレベルのクライアント向けのプログラ ムを開発する。
————————————————————————————-
【日程】(全16時間)
6月平日開催
6月 7日(木)     10:00~14:30 (内30分休憩)
6月12日(火) 10:00~17:00(内1時間休憩)
6月13日(水) 10:00~17:00(内1時間休憩)
9月土日祝日開催
9月15日(土)      13:00~17:30 (内30分休憩)
9月16日(日)   10:00~17:00(内1時間休憩)
9月17日(月・祝)   10:00~17:00(内1時間休憩)
【講師】
Wataru
上泉渉(カミイズミ ワタル)
【受講料】
128,000円 (教材費込)
【CEC】
1.6CEC
【会場】
ZONE by ビーキューブ®スタジオ
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23
       南船場第二東洋ビル3F
※お申込みは上記スケジュール3日間すべて
 ご参加いただける場合となります。
別開催のスケジュールへの変更、振替はできません。
————————————————————————
皆様のご参加をインストラクター、スタッフ一同
お待ちしております!
お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【コラム 第22話】骨盤の役割

Stottt_pilates

皆様、こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®のJacquinです。

Jacquin

前回のコラムの話題は「横隔膜」でした。
そのあと、美味しいハラミを食べにいきましたか?(笑)

※前回のコラムはこちらから
【コラム 第20話】「呼吸」と「横隔膜」の関係性

今日は五原則の2番目のトピックである
「骨盤」について話したいと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

骨盤は複数の骨で構成されてます。
真ん中は仙骨と尾骨、左右は寛骨です。
寛骨の中で、上からは腸骨、坐骨、恥骨です。

「骨盤 骨の構成 無料画像」の画像検索結果

平らで厚い骨が集まり、一体化した椀状をしてますが
非常にしっかりした構造になっています。

寛骨の臼蓋は、大腿骨と接続して股関節になります。
骨盤の空間は膀胱、子宮、直腸など臓器があり、上半身を繋いでます。

ですから、骨盤は地面から両足に受けた衝撃を吸収したり、
上半身から両足に掛けてる重さも伝達したりするので、
非常に大きな役割を担っています。

上記の理由から、ニュートラルの骨盤は、身体にかかる負荷を分散する
とてもお勧めのポジションとなるわけです。

では、簡単な実験をしましょう♪

まず、安定している床に腰幅で立ってみて、
身体をニュートラルにして、片足ずつ持ち上げてみて下さい。

IMG_5759

次に、骨盤を前傾し、 片足ずつ持ち上げて見て下さい。
ニュートラルの時とどんな違いがありますか?

IMG_5766

最後は、骨盤を後傾し、 片足ずつ持ち上げて見て下さい。
さあ、どうでしょう?

IMG_5779

「片足を上げる」という同じ動きですが、
骨盤の位置が変わることで、どのような違いが発見できますか?
実際にやってみると、どうでしょうか。

ニュートラルにして片足を上げることが、
一番やりやすく感じたのではないですか?

骨盤がうまく安定できると、身体の動きもしやすくなり、
余分の筋力を使わないで、体の可動域を大きくすることができます。

骨盤は大腿動脈と大腿静脈が通っているので、
骨盤の位置を良い位置にキープができると
周りの膜や筋肉を綺麗に働かせると、下半身の循環も良くなります。

骨盤の役割は想像以上に大きいので、
ピラティスする時だけではなくて、普段生活の時も意識しましょう!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第23回は4月15日(日)アップ予定。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1【2018年3月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

近年、Fascia(筋膜)が身体に与える研究が進み、
「筋膜リリース」「筋膜はがし」などのような言葉が
よく聞かれるようになりました。

ネットで検索してみると
エステの施術メニューだったり、ストレッチにプラスするなど
Fascia(筋膜)へのアプローチは業種でも様々なようです。
ただ、Fascia(筋膜)をリリースする、はがすという表現が
一人歩きしている感じもして、何がいいのか、どういう人におすすめなのか
ピンとこない印象もしますよね。

■■□―――――――――――――――――――□■■

ZONE by Bcube ®で開催されている
「Fascial Movement Course=膜・筋膜ムーブメントコース」は、
最新の神経筋膜骨格系に関する研究成果から
バウンス、センス、エキスパンド&ハイドレートの4つを基に
エクササイズを通じてのアプローチ方法を学べる
Merrithew社の最新のコンテンツです。
※Merrithew社とは
世界で約5万人のインストラクターが在籍するSTOTT PILATES®をはじめ
様々なコンテンツを展開しています。

あらゆるレベルのクライアントに向けた内容ですので、
現在行っている治療、セッションやトレーニングにプラスして
Fascia(筋膜)へのアプローチができます。

パフォーマンス前や身体のメンテナンスにも活用できるので
お客様のニーズにあわせたFascia(筋膜)へ働きかけることができます。

今日は3月に開催されたコースのご紹介をいたします。

■■□―――――――――――――――――――□■■

【コース1日目】
初日は4時間かけて講義を行います。
Fascia(筋膜)が何なのか、その要素や役割についてを
Wataruインストラクタートレーナーから解説があります。

ピラティスなどの骨と筋肉から身体を見る生体力学的観点ではなく、
Fascia(筋膜)という新しい視点で身体を見ることができます。

最新のFascia(筋膜)研究が含まれた専門的な内容ですが、
Wataru先生のわかりやすい表現による解説なので
初めてFascia(筋膜)を学ぶ方にも理解しやすくなっています。
また過去にFascia(筋膜)を学んだ方からも
最新の情報が紹介されるので、今までの情報と比較しながら学べます。

P1350823

■■□―――――――――――――――――――□■■

【2日目】
エクササイズの実践スタート。
初日の講義で解説されたことを身体で理解していきます。

筋膜にアプローチする方法として4つの可変要素があります。
クライアントの目的や状況にあわせて
行うエクササイズやプロップ(小道具)も変えていきます。
————————————————
①Bounce バウンス
弾むような動き、ボールでたたくなど。
②Sense センス
ローラーやマッサージボールでの刺激。
③Expand エキスパンド
広げる動作、ループエクササイズ。
④Hydrate ハイドレード
振り子のように揺らす動き。
————————————————

P1350826

P1350848

コース内では、エクササイズを行うだけではありません。
明日からでもお客様に提供できるような
具体的なことにも取り組んでいきます。

小道具ごとの筋膜の感じ方をグループに分かれて体感したり
例になったお客様のご要望にこたえるアプローチを話し合って
実際のセッションのようにティーチングを行ったりする時間もあります。

P1350860

P1350857

P1350862

P1350863

■■□―――――――――――――――――――□■■

【3日目】
多くのFascia(筋膜)の知識とエクササイズを学び、
ケーススタディやロールプレイングも行ったことで
さらにFascia(筋膜)についての理解が深まった受講生。

3日目はよりアクティブなエクササイズにチャレンジです!

P1350871

P1350877

3日間のコースでのエクササイズ実践で
身体へのFascia(筋膜)が刺激されたのか、
「すっきりして、身体が軽くなりました。」
「古傷をリリーザーで刺激したら、癒着しているのがわかりました!」
「身体が重だる~い感じがします。」
といった実体験の感想が多く寄せられました。

「今まで学んだメソッドであったタッピングも
筋膜に影響していることにびっくりしました。」
「エクササイズとしての動きが筋膜にも
働きかけている動きになっているものがあることに気づきました。」
というような、新たな発見をした方もいらっしゃいました。

■■□―――――――――――――――――――□■■

気に入った道具を持っての記念撮影!
皆様お疲れ様でした。

今回は近畿圏を中心に北海道や神奈川、宮崎、埼玉と
全国各地からご参加いただきました。

全国各地のお客様に筋膜アプローチが届けられることを、
とてもうれしく思います。
今の治療、セッションにプラスして、新しい身体の可能性と発見を、
お客様・患者様と一緒に共有してくださいね!

P1350884

 

■□―――――――――――――――――――□■■

次回開催のお声を多数お寄せいただいております
「Fascial Movement Course=膜・筋膜ムーブメントコース」
近日中に次回開催のご案内を発表予定!
ご興味のある方、楽しみにお待ちください!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

~2018年、膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル 1開催決定!~

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【コラム 第21話】グループクラスのティーチング・メインエクササイズ編

Stottt_pilates

皆様こんにちは。
ZONE by Bcube®のAkatsukaです。
Akatsuka

2017年よりグループクラスのティーチングについて連載しています。

グループティーチ第5回目は、
メインエクササイズのプログラミングをお伝えしようと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※第1回目のブログはこちらから
【コラム 第11話】
  「マット・グループクラスのための指導方法とプログラミング」

※第2回目のブログはこちらから
【コラム 第14話】
  グループクラスのティーチング・ビジュアルキューイングについて

※第3回目のブログはこちらから
【コラム 第17話】
 マットグループクラスのプログラミング

※第4回目のブログはこちらから
【コラム 第19話】
 グループクラスのティーチング・ウォーミングアップ編
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

まずは使用するプロップを決めましょう。
参加者によって難易度の調整を行う必要がありますね。
以前のプログラミング「三面」を思い出していただくと良いです。
(「三面」・・・支持面、接地面、運動面)

特に難易度の調節になれば、接地面でしょう。
—————————————————
安定・簡単 (例) アークバレル

ST01012

不安定・難しい (例) スタビリティクッション

ST06071

—————————————————

例えば同じ仰臥位をとっていても、アークバレルに背中を預けるのか、
スタビリティクッションに預けるのかによって安定感が変化しますよね。
このような考え方に基づけば、簡単に
目的は同じでも、参加者のレベルに合わせて使用するプロップを
変化させることができますね。

同じ形をしているものでも難易度は変化します。
スタビリティボールvsミニスタビリティボール
さて、どちらが難易度が高いでしょう・・・。

Stability Ball™ with pump -  55cm (blue)

     VS

ST06045

正解はミニスタビリティーボール。
同じ丸くて弾む素材でも、大きければ大きいほど不安定度合いはマイルドになり
小さい方が、少しのリアクションでも乱れが大きくなる分、難易度が高くなります。
こちらも考慮に入れて選択してみてください。
————————————————————-

次にエクササイズの順番です。
最初は、マットワークのチャートを元に組んでいくのがオススメです。
すでにプログラミング三面の考え方を元に、順番が決められています。

そこにそれぞれのプロップを付け加えていけば
オリジナルのワークアウトチャートが完成します。

グループクラスの場合、特に重要なポイントが「トランジッション」です。
「いかに素早く次のエクササイズに移行できるか」がポイントです。
その点で形が安定している物はトランジッションが簡単に説明しやすく
ポジションが乱れにくい特徴があります。

インストラクター目線から見てみると、接地面が安定していて、
大きいものはトランジッションの説明がしやすいということです。

<簡単な物>
アークバレル、スタビリティボール、フィットネスサークル
ビックブルークッション、ハンドウエイト

Arc BarrelStability Ball™ with pump -  55cm (blue)Fitness Circle  Lite

Stability Cushion™ - Large (Blue)Mini Handweights - 1.1 lbs ea (Pink)

<難しいもの>
フレックスバンド、ミニスタビリティボール
スタビリティクッション、トーニングボール

Non-Latex Flex-Band® - RegularMini Stability Ball™ - Small (Blue)

Stability Cushion™ - Small (Green)Toning Ball™ Two-Pack - 2 lbs (Lemon)

ですので参加者の情報の処理能力も考慮に入れながら
プロップを選択してみることで、トランジッションがスムーズになり、
フローが途切れずにクラスを行うことができます。
一番重要なことは参加者に合わせたプログラミングが
提供できたかどうかです。

そのために万全の準備をする必要がありますね。
様々なことを想定して、エクササイズのボリュームは多めに
用意しておくことで、クラス時に調整を行うことができます。
グループ前の準備の参考にしていただければ幸いです。
次回は、グループクラス時の修正についてお伝えしようと思います。
ぜひご期待ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第22回は3月30日(金)アップ予定。
Jacquinインストラクタートレーナーが担当いたします。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

解剖学集中コース【2018年3月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コース
受講前には、ぜひ「解剖学集中コース」に参加しませんか?

2日間12時間で骨や筋肉の名前、生体力学の視点から
身体を見る知識を学ぶことができます。

「解剖学ってむずかしそう・・・」
「今まで勉強したことがないから、覚えられるか不安・・・」
っと思っている皆様、ご安心ください!

初心者の方にわかりやすい内容と経験豊富な先生の解説で、
誰でも解剖学への扉を開くことができます。

3月13日(火)、14日(水)に開催された「解剖学集中コース」
今日はこちらのコースの様子をご紹介いたします。

■■□―――――――――――――――――――□■■

コースを受講したほとんどが、はじめて「解剖学」を学ぶ方。
骨格標本やテキストの筋肉の絵が「ちょっと怖いかも・・・」
という印象をもっていた方も。

今回のコースを担当したAkatsuka先生は、
STOTT PILATES®インストラクタートレーナーとして
養成コースでピラティスを教えるだけでなく、
ビーキューブ®でのピラティスセッションを通じて
多くのお客様の身体を見ている経験の多い先生です。

一般的な身体の痛み、不調を「骨」「筋肉」という視点から
その原因と現象をみることをしていきます。

「なぜこの骨がこんな形をしているのか」
「この筋肉はどのような働きをするためのものなのか」
といった内容からのアプローチや
「背骨が身体に受けた衝撃をどのように受け止めているのか」
「肩の動きを安定させるには、どの位置に骨があればいいのか」など、
身体の動きと「なぜ?」を結びつけて解説していきます。

こちらは授業のひとコマ。
骨格標本で背骨の形を確認しています。

背骨と聞くと「背中にある骨」「胴体を支える1本の骨」と思われがちですが、
実際はたくさんの骨から構成されています。

上から
頚椎7個+胸椎12個+腰椎5個+仙椎5個+尾椎4個
の33個からなっています。
それぞれ骨には得意な動きがあって、
その動きがしやすいように骨の形ができています。
身体の動きを行うために、骨がそのようなデザインになっているんですね。
なんだかとても不思議な感じがします。

P1350767

こちらは正しい背骨の形がなぜ大事なのかを実験中。
S字のカーブが背骨にできていないと、頭の上から力が加わった時に
様々な部分にその力が分散され、痛みなどの症状がでてしまうこともあります。

Akatsuka先生の指示で、正しい背骨の形になったところで
同じように頭の上をおさえてみると・・・・、
しっかり身体が安定したことが観察できました。
受講生からも「すごい~!お~!」との声があがります。

P1350774

こちらは胸郭の動きを確認中。
呼吸をしている時、胸郭は「ポンプハンドルムーブメント」といって
井戸で水を汲むときのポンプのような動きをすることで
3D呼吸ができるようになります。

人間は1日に約2万回以上の呼吸をすると言われています。
無意識にしている呼吸を、正しい呼吸に変えるだけで、
身体の筋肉や骨の動きが変わってきます。

呼吸をするときの胸郭は、左右均等な動きが理想です。
ペアになって相手の胸郭がどのような状態か教えあいます。

P1350781

こちらは「肩甲骨の上方回旋と下方回旋」を勉強しているひとコマ。
肩甲骨と上腕骨の動きの関係を肩甲上腕リズムといいます。
これらの配置がいいポジションにあると、肩甲骨と身体が安定します。

P1350795

手をこぶしを握って挙げている人の、肩甲骨と上腕骨の関係がいい割合の位置にあった時、
もう1人の人が上からこぶしを押しても、手を挙げている人の身体がぐらつかないんです。
実際、Akatsuka先生が強い力で押しても、写真の女性はグラグラしないで
うまく力を身体で受け止めることができるようになりました。

P1350798

今回の受講生のコースの感想で多く寄せられたのは
「骨や筋肉の正しい位置に安定させる」という新しい発見があったこと。
今まで自分の身体を感覚的に動かしていた人には
「関節などの適度な緊張と圧迫」で身体をコントロールしながら
骨や筋肉、身体を見ていくことは、とても新鮮な感覚だったようです。

「帰り道に電車の中の人を骨で見ようと頑張ってみた」
「自分が痛めていた原因がわかってびっくりした」
「骨が最後にはかわいく見えるようになってきた」
など、解剖学集中コースに参加したからこその感想も
お聞きすることができました。

受講生の皆様、2日間お疲れ様でした。
これをきっかけに、こんどはSTOTT PILATES®のコースで
ピラティスエクササイズという動きを通じて解剖学をより深く
学んでいきましょう!

■■□―――――――――――――――――――□■■

「身体のこと、もっとよく知りたい!」と思った方、
是非次回の「解剖学集中コース」に参加しませんか?

解剖学を勉強したことがある方にも、受講いただくことで
さらにその魅力を理解し、深めていただけます。

日常生活では馴染みがない解剖学、
難しく感じる解剖学用語や筋肉、骨の名前も、
ZONE by ビーキューブ®の「解剖学集中コース」2日間で
楽しみながら学んでみましょう!
受講後は、身体の不思議をもっともっと知りたくなるはずですよ!

今後の開催スケジュールはこちら!!
お申込がスタートしています。
————————————————————

・ 4/28(土)、29(日) 9:30~16:30

————————————————————-

★コースのお申し込みフォームはこちらから
STOTT PILATES®認定コース申込書

ピラティス養成コース受講の事前学習としてはもちろん、
身体に携わる仕事をされている方の更なるスキルアップとして、
趣味の運動やスポーツ、日常生活を楽しむ上で
知っておきたい身体のことを「解剖学集中コース」
一緒に学んできましょう。

みなさまのご参加、お待ちしております。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月9日(月)13:00~15:00 ピラティス養成コース体験&説明会お申込受付中!

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®の小田原です。

STOTT PILATES®ピラティスインストラクターに
ご興味のある皆様にお知らせです!

4月開催のピラティスインストラクター養成コース
体験&説明会のスケジュールが決定!
現在、お申込受付中。
日時は4月9日(月)13:00~15:00です!

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

※過去開催の「ピラティスインストラクター養成コース体験&説明会」
質問があった内容などZONEブログで紹介しています。
ぜひご確認ください。
------------------------

【まもなく2018年後期スケジュール発表予定!】

2018年7月~12月のピラティスインストラクター養成コースの
コーススケジュール発表の時期が近づいてきました。

昨年よりご検討いただき、コース受講に向けて
準備されている方はもちろん、
これから情報を集めてご検討される方も
今の時期がチャンスです!

IMP(初中級マット)コースは
平日コース、土日・祝日コース、集中日程コースの
3つからスケジュールを選べます。

2017年~2018年前期開催のコースでは
コース実施2ヶ月前の早割申込期限前に
定員となり受付終了したコースがほとんどです!

今から準備するのは、決して早くはありません。
その第一歩を踏み出しましょう!

------------------------

【ZONE by ビーキューブ®で学べるSTOTT PILATES®とは?】

ZONE by ビーキューブ®で学べるストットピラティスSTOTT PILATES®は
カナダ・トロントを本部に、世界94か国5万人のインストラクターが
活躍しているメソッドです。

解剖学や生体力学(バイオメカニクス)を基に、
多くの調整方法(モディフィケーション)や小道具(プロップ)を活用した
数多くのピラティスエクササイズを学べます。

また、リフォーマーやキャデラックなど、
大型器具のピラティスも学べるコースも充実しています。

最近では、リハビリテーションなどの医療分野でも
注目されているのが「ストットピラティスSTOTT PILATES®」!

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

Mat-07A-005

SP_Equipment_Group-03

------------------------

【2018年4月ピラティス 養成コース 体験&説明会 詳細】

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

◆日時:2018年4月9日(月) 13:00~15:00

◆参加費: 無料

◆場所: ピラティス&フィットネス ビーキューブ®

◆アクセス:
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F

・地下鉄 御堂筋線   「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 四ツ橋線   「四ツ橋」駅1-A番出口より徒歩5分

◆対象: STOTT PILATES® IMP(初中級マット)コース受講希望者

◆お持ち物: 筆記具、動ける服装、タオル

------------------------

皆様のピラティスに対する熱い思いを
Zone by ビーキューブ®がしっかりサポートいたします!

まずはお気軽にご参加ください。
皆様にお会いできることを楽しみにしています。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

養成コースご検討の方、個別相談会にお越しください

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ストットピラティスSTOTT PILATES®
インストラクター養成コースにご興味ある方、
受講のための準備のひとつとして「個別相談会」にお越しください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【「個別相談会」とは・・・】

・自分が気になっている質問に答えてほしい
・初心者なので、コース受講前に何を準備したらいいか相談したい
・器具のコースも含めた受講スケジュールを考えたい
・リハブコースとIMPコースの違いを聞いて、どちらか決めたい
・遠方からコース受講した人の様子を知りたい

などなど、皆様がコースを検討するにあたって
気になっていること、事前に相談しておきたいことを
個別に対応いたします。

スタジオにお越しいただけるご希望の日時をお聞きして
相談会のスケジュールを調整するので
体験&説明会の日程にあわなかった方、
お忙しい方にもお話をさせていただくことができます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【個別相談会の申込方法】

お申込み方法は3つ。
****************************************************************
・お電話 (06-6241-6364)
・メール (Ppro@bbbcube.com)
・お申込みフォーム (ピラティス養成コース 体験&説明会 申込フォーム)
****************************************************************

<お知らせいただく内容>
・氏名
・電話番号
・メールアドレス
・個別相談会ご希望の日時(複数候補日)
・個別相談会と一緒にピラティス体験を希望するかどうか
をお知らせください。

ZONE byビーキューブ®アカデミー担当小田原より
日時のご提案をさせていただきます。
一緒にピラティス体験をご希望された場合は、
ご予約可能クラス、体験料金等もお知らせいたします。

ご提案日時でよければメールでご連絡ください。
ご都合が悪い場合は再度日程調整いたします。

個別説明の日程決定、当日のご案内を
メールでお送りします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【個別相談会の流れ】

個別相談会の内容の一例をご案内します。

<Aさんの個別相談会>
○月○日
14:00~15:00
*スタジオ見学・個別相談会
ZONE by ビーキューブ®スタジオをご覧いただきながら
ピラティスのこと、ストットピラティスの特徴などをご説明いたします。
ピラティスの器具や、コースで使用する教材などもご覧いただけます。

個別相談ではお聞きになりたいこと、ご興味あることを中心に
1時間でご質問、ご相談などにお答えいたします。

当日の状況で「練習スタジオの見学」「実際のコース見学」など、
スタジオにお越しいただいたからこそご覧いただける
ZONE by ビーキューブ®をご案内します。

~IMP(初中級マット)・AM(上級マット)コースの教材もご覧いただけます~

P1220880

~スタジオ練習風景~
コースで学んだ内容を深めるためや認定試験に向けて、
スタジオでは多くのコース生が練習しています。
コース課題の自主練習、指導実習の取り組む内容をご覧ください。

P1320844 ブログ

~コース開催時風景~
個別相談会当日に養成コースを開催している場合は
その授業の一部もご覧いただけるよう、ご案内します。
生の授業風景をぜひ、ご見学ください。

P1340815

P1330523

15:00~16:00
*ピラティス・プライベートセッション体験

ピラティス体験は、プライベートセッションをおすすめしています。
お身体の気になる点やご要望にも、お答えいたします。
インストラクターとマンツーマンで、ご自身の身体で体感してみてください!

Photo_157

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

STOTT PILATES®インストラクター養成コースの受講を
ご検討いただいている皆様、ぜひスタジオにお越しください。

受講にあたっての不安な点は、一緒に解決していきましょう!

「コース受講は、まだ先の日程で考えているけど、まず情報を知りたい」
「ちょっと興味があるので、とりあえず話を聞いてみたい」
「他団体との違い、特徴を教えてほしい」
だけでも大丈夫!

まずはストットピラティスSTOTT PILATES®、
ZONE by ビーキューブ®を知ってください。

スタジオでお会いできることを楽しみにしています!
****************************************************************
個別相談会のお問い合わせはこちらから ↓

・お電話 (06-6241-6364)
・メール (Ppro@bbbcube.com)
・お申込みフォーム (ピラティス養成コース 体験&説明会 申込フォーム)
****************************************************************

問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

養成コース受講生におすすめ 2018年4月イベント開催、申込のお知らせ

Stottt_pilates

こんにちは、Zone by ビーキューブ®の小田原です。

STOTT PILATES®養成コース受講生におすすめのイベントを
2018年4月に開催、お申込みも本日よりスタートいたします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
イベント内容は3つ!
①姿勢分析のポイントをまとめたい方へ!
【ワークショップ:姿勢分析の復習】
②ICCB、ACCBコース受講で5月、8月試験を目指す方へ!
 【試験対策ワークショップ:CCB】
*こちらはICCB、ACCBコース受講済の方が対象です。
③エクササイズの選び方に悩んでいる方におすすめ!
  ワークショップ:プログラムデザイン】  
 *こちらはSTOTT PILATES®のCEC対象外です。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
試験や日頃のセッションのスキルアップのため
ZONEではさまざまなイベント、サポートを行います。
ご意見、ご要望など、お気軽にお問い合わせくださいませ。
皆様のご参加、お待ちしております。

201804 姿勢分析、試験対策CCB、プログラムチラシ

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【日時】
2018年4月10日(火)
10:00~12:00 ワークショップ:姿勢分析の復習
13:00~16:00 試験対策ワークショップ:CCB
*こちらはICCB、ACCBコース受講済の方が対象です。
2018年4月22日(日)
16:00~18:00 ワークショップ:プログラムデザイン
*こちらはSTOTT PILATES®のCEC対象外です。
【参加条件】
ストットピラティス®インストラクター養成コース受講済みの方
【担当】
Akatsuka
赤塚貴之 (アカツカ タカユキ)
【参加費】
姿勢分析の復習:12,000円(0.2CEC)
試験対策ワークショップCCB :15,000円(0.3CEC)
プログラムデザイン : 7,000円(CEC対象外)
【場所 】
STOTT PILATES®  ライセンストレーニングセンター
ZONE by Bcube®(ビーキューブ®)
【お申込み方法】
(1)下記専用申込フォームより、必要事項をご記入の上、送信し てください。
2018年4月養成コースイベント申し込みフォーム
(2)ビーキューブ®より、<ご予約確認メール>をお送りいたし ます。
<ご予約確認メール>が届いた方のみ、予約受付ができています。

(3) お申込みの方は、<ご予約確認メール>到着から
1週間以内に受講料を銀行振り込みにてお支払い下さい。
※お支払いの確認が取れ次第、受講枠を確保いたします。

(4)<受講手続完了メール>をお送りいたします。
【受付期間】
2018年3月1日(月) 12:00~
定員に達し次第受付を終了いたします。予めご了承下さい。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
<<各イベント詳細>>① 姿勢分析のポイントをまとめたい方へ!
ワークショップ:姿勢分析の復習
2018年4月10日(火) 10:00~12:00
Postural Analysis Review
0.2CEC
*STOTT本部の変更により2時間のワークショップとなります 。

こちらの実技を交えたワークショップではSTOTT PILATES®の
ワークアウトのプログラム構成における姿勢分析の重要性を確認する概要です。
静的と動的姿勢の双方に触れ、そのそれぞれが、どのようにエクササイズや
モディフィケーション選択に影響するかを考えていきます。
姿勢の概念との関係から、固有の姿勢の筋長や筋力への影響を復習します。
また姿勢分析の実践を練習します。
骨格の指標となる部位の触診の方法や、
分析の手順をおって行うスキルを学習します。
姿勢上の問題を、エクササイズのプログラミングに
どう考慮していくかをお伝えします。

————————————————————–

② ICCB、ACCBコース受講で5月、8月試験を目指す方へ!
【試験対策ワークショップ:CCB】
2018年4月10日(火) 13:00~16:00
Exam Preparation:Cadillac, Chair & Barrels
0.3CEC
*こちらはICCB、ACCBコース受講済の方が対象です。

参加一体型のキャデラック、チェア&バレルの試験に向けた3時間のワークショップ。
マットやリフォーマーに関するプログラミングも含みますが、
こちらのワークショップでは、大半の時間を、
プログラミングにいかにCCBの器具を取り入れていくかを考える時間としています。
キャデラック、チェア&バレルのエクササイズから、
それぞれ特定のものを、正しいポジショニングなども含めて復習します。
————————————————————–

③エクササイズの選び方に悩んでいる方におすすめ!
【ワークショップ:プログラムデザイン】
2018年 4月22日(日)  16:00~18:00
*こちらはSTOTT PILATES®のCEC対象外です。

プログラミングをする上での必要な情報の取り方と、
効果を高めるスキルを集中的に学べます。
静的姿勢(姿勢分析)にプラスして動的姿勢からの情報をもとに、
プログラミングを組む方法を取り上げる実践的な内容となっております。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- *-*-*-*-*-*-*-*-*-*
・モディフィケーションを導入の際のポイントの詳しく解説。
・より深いエクササイズへの知識の獲得。
・修正の視点を明確にする。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- *-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ケーススタディー(事例)を基に実際にプログラミングもしてみます。
皆さんの観点からの意見も聞ける機会にもなります。
基本的なマットエクササイズのプログラミングですので、
全てのレベルの顧客に応用できるポイントも多いはずです。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
皆様のご参加、お待ちしております。
お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー