春のカンファレンス【2018年3月~4月】 お申し込み受付開始!!

Stottt_pilates

こんにちは。
Zone by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

みなさま、お待たせいたしました

2018年 春のカンファレンスのお申込受付を開始いたします。
ご希望の方はぜひお早めにお申込み下さい

【お申込み方法】
(1)専用の申込みフォームよりお申し込みください。

  2018年 春のピラティスカンファレンス 申込フォーム

         ⇑⇑⇑

※お申込の受付は、専用の申込みフォームのみとさせていただきます。


(2)ビーキューブ®より、<ご予約確認メール>をお送りいたします。
※ご予約確認メールが届いた方のみ、予約受付ができています。

(3)<ご予約確認メール>到着から1週間以内に受講料を銀行振り込みにてお支払い下さい。
※お支払いの確認が取れ次第、受講枠を確保いたします。

(4)<受講手続完了メール>をお送りいたします。

2018spconfe01 ブログ

2018spconfe02 ブログ

 

~2018年春のカンファレンス概要~
【日程】
3月23日(金)、24日(土)、25日(日)
3月30日(金)、31日(土)、 4月1日(日)、2日(月)
【講師】
Wataru
・上泉渉(カミイズミ ワタル)
Akatsuka
・赤塚貴之(アカツカ タカユキ)
【参加費】
・コース 16時間 128,000円
・ワークショップ 2時間 12,000円
【会場】
〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23
南船場第二東洋ビル4F、3F

————————————————————————————-

【3月23日(金)~25日(日)】

膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル 1  
Fascial Movement Foundation Course level 1
1.6CEC
担当:Wataru————————————————————————————-
 【3月30日(金)】
◆17:00~19:00

STOTT PILATES®中級マットワーク:機能解剖学、キューイングと修正
STOTT PILATES®  Intermediate Matwork: Functional Anatomy, Cueing & Correcting
0.2CEC
担当:Akatsuka

————————————————————————————-
【3月31日(土)】

◆9:30~11:30
Merrithew™ 膜・筋膜ムーブメントの紹介   
Merrithew™ Intro to Fascial Movement
0.2CEC
担当:Wataru

————————————————————————————-

◆12:00~14:00
STOTT PILATES® 膜・筋膜にフォーカスした初級マットワーク   NEW!!
STOTT PILATES®  Essential Matwork with a Fascial Focus
0.2CEC
担当:Wataru

————————————————————————————-

◆14:30~16:30
Halo® レベル1 断続的なインターバルトレーニング入門編
Halo® Intro to Interval Training, For a Level 1 Client
0.2CEC
担当:Akatsuka

————————————————————————————-
◆17:00~19:00
STOTT PILATES® 上肢、殿部、大腿部を強化するマットワークの秘訣
STOTT PILATES® The Secret to Toned Arms, Buns & Thighs
0.2CEC
担当:Akatsuka
スペシャリティトラック:Group Matwork
————————————————————————————-
【4月1日(日)】

◆9:30~11:30
STOTT PILATES® アームチェア ピラティス プラス
STOTT PILATES®   Armchair Pilates™ Plus
0.2CEC
担当:Wataru

————————————————————————————-

◆12:00~14:00
STOTT PILATES® 脊柱屈曲のないエクササイズ 
STOTT PILATES®  Flexion-Free Workshop
0.2CEC
担当:Wataru
スペシャリティトラック:Post-Rehabilitation Conditioning、Active for Life

————————————————————————————-
◆14:30~16:30
STOTT PILATES® トータル・ボディ・トーニング
STOTT PILATES® Total Body Toning
0.2CEC
担当:Akatsuka
スペシャリティトラック:Golf Conditioning、Group Matwork、Active for Life
————————————————————————————-

◆17:00~19:00
STOTT PILATES® スタビリティ・チェアを活用した
アスレチック・コンディショニング レベル1
STOTT PILATES®  Athletic Conditioning on the Stability Chair™, Level 1
0.2CEC
担当:Akatsuka
スペシャリティトラック:Athletic Conditioning

————————————————————————————-
【4月2日(月)】

◆14:00~16:00
STOTT PILATES® 乳がん術後のマットワーク
STOTT PILATES® Matwork for Breast Cancer Rehab
0.2CEC
担当:Wataru
スペシャリティトラック:Post-Rehabilitation Conditioning
————————————————————————————-
STOTT PILATESストットピラティス®インストラクターはもちろん、
フィットネスインストラクター、パーソナルトレーナー、医療従事者にもおすすめです!
ピラティスに興味のある方、これから勉強しようかなと検討されている方も
ぜひご参加ください!お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【コラム 第18話】「呼吸」について

Stottt_pilates

皆様、こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®のJacquinです。

Jacquin

2018年最初のコラムの話題は「呼吸」です。
日ごろ何気なく息を吸い、はいているわけですが、
この「呼吸」もちょっとした知識と意識をするだけで、
身体に素敵な変化が表れますよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

まず、こちらのビデオを見ていきましょう。

【動画】
https://www.facebook.com/Surgery.pak/videos/1273015322736628/

ピラティスを受けたことあるの皆さん、思い出してください。
毎回セッションが始まる時、インストラクターが必ず最初に
「呼吸」の話をしませんか?

インストラクター養成コースでも、
初日の授業でSTOTT PILATES®の基本となる5原則から学びますよね。
これも一番最初のトピックスは「呼吸」です。

今回は、「呼吸」を生理解剖学からの視点で、深く話したいと思います。

IMG_0511

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

さっそく質問です。
人間が無意識に呼吸している回数は一分間に何回だと思いますか?

・・・・・・・、いろんな答えが出ているのでは、と思いますが、
正解は平均して14〜16回ぐらいです。

ただ、自分に危険を察した時や戦う時など、
自分自身にストレスを強く感じた時には、
自律神経の交感神経が優位に働きます。

そうすると、人類の身体は不思議なことに、
呼吸が浅くなったり、心拍数が上がったり、筋肉が緊張したり・・・、
身体のいろんな変化が自然におこります。

ただ、長時間、交感神経が優位に働き続けると
自律神経のバランスを崩してしまいます。

呼吸は、交感神経と副交感神経両方が、絶妙なバランスを取っています。
「吸気時には交感神経が優位に、呼気時には副交感神経が優位に働く」
と言われています。

だから、「呼吸」をうまく整えることができたら、
自律神経のバランスは乱れにくいし、横隔膜も綺麗な上下の動きが出来て、
コアは働きやすくなります。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

先ほどの同じ動画をもう一度、
今度は呼吸する時の横隔膜の動きに注目して見てみましょう!

【動画】
https://www.facebook.com/Surgery.pak/videos/1273015322736628/

息を吸う時、横隔膜の非常に重要な役割で、
横隔膜が収縮して胸郭の垂直方向の大きさが増大します。
外肋間筋が収縮して肋骨を持ち上げることで、
胸郭は横径と前後径が増していきます。

胸郭の増大が胸腔内圧を大気圧より低い陰圧になることにより、
肺に空気が取り込まれていきます。
吸気補助筋には斜角筋、胸鎖乳突筋などがあります。

斜角筋は第一と第二肋骨を上げ、胸鎖乳突筋が胸骨を上げます。
これらは安静呼吸時にはほとんどは働かないのですが、
運動時や努力性の肺機能検査時には活発に収縮します。

息をはく時は真逆です。
内肋間筋が収縮する事によって胸郭が小さくなり、
また腹壁の筋群の収縮によって横隔膜が挙上すると胸腔内の容積が小さくなります。
拡張した肺自身も縮小しようとするので、肺が収縮して空気が排出されます。

呼吸運動は鎖骨から恥骨までの広い範囲で行われています。
一番動いてる所はやばり肋骨下部で、腹部は少なめ、胸部は一番少なくなります。

お客様に呼吸のイメージをしてもらうのに、
風船をイメージしてもらったら、とてもわかりやすいです。
風船の真ん中、いわゆる肋骨下部は一番膨らんている所であり、
3D呼吸ができます。

では、今のことを頭にイメージしながら、
再度、動画を見て呼吸の練習をしてみましょう!
最初にこの動画を見たときよりも身体をより意識した
「呼吸」になっているはずですよ!

【動画】
https://www.facebook.com/Surgery.pak/videos/1273015322736628/

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第19回は2月15日(木)アップ予定。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bcube® on Tour 福岡 / ワークショップ【2018年1月】

Stottt_pilates

1月21日(日)にWataru先生による
Bcube® on Tour 福岡として3タイトルのワークショップを実施。

福岡市南区の坂井陽子さん主催のスタジオブリージングにて
全タイトル満員御礼での開催となりました。

新たなコンテンツを1年のはじめに熱心に学ばれる姿は、
とても素敵なことですね。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

1月21日(日)
◆10:00~12:00
アルティメイト・ボディ・スカルプティング、フレックスバンド レベル 3

リフォーマーでのエクササイズを模した動きを
バンドを使ってマットの上で行っていきます。

【Wataru先生】
「いつもバッグの中にバンドが入っています!
今回の福岡にももちろん持ってきてます」

フレックスバンドの長さやテンションという特徴が、
リフォーマーのスプリングやロープの役割を果たすので、
マットの環境でもリフォーマーエクササイズを行うことができるようになります。

「日常への活かし方が、バンドを通してわかったので、自分でも考えたいです!」
「キューイングの仕方や、見るべき視点についても勉強できました。」
など、受講生の反応、感想もとてもよかったです。

リズム、テンポを変えてのエクササイズ、などについても実践しました。
グループクラスでも楽しめる内容でしょう、とWataru先生から
バンドを活用したおススメエクササイズが紹介されました。IMG_3789IMG_3796IMG_3801

◆13:00~15:00
Merrithew™膜・筋膜ムーブメントの紹介

Fasciaファシア、膜・筋膜についても近年の研究を、
3日間のコース「膜・筋膜ムーブメント」をご紹介するこちらのワークショップ。

Fasciaファシア、膜・筋膜についての解説を1時間、
エクササイズを1時間実践するワークショップです。

「どんな動きが必要なのか・・・いろいろ。自分の感覚が大切」
Wataru先生から何度もメッセージが!

初めて筋膜を学ぶ参加者も多く、
「飽きることなく刺激的で楽しいワークショップ。膜については、今後ももっと知りたい」
「座学→実践、とどちらも学べてわかりやすかった」
「動きの中で身体がかるくなったので、ぜひ伝えていきたい」
「ピラティスばかりしていたので、開放された感じで動けて楽しかったし、勉強になった」
など、驚きと発見の2時間となりました。

IMG_3810

IMG_3811

IMG_3814

IMG_3816

◆15:30~17:30
膝:機能と安定のためのマットワーク ※講義形式

膝の役割や構造、機能別の筋分類などの解説していきながら、
実際の動きの際の注意ポイントなどをお伝えする講義形式のワークショップです。

IMG_3823

様々なプロップを活用したエクササイズを、
インストラクターとしてのタクタイルキューイング等のポイントとともに学びます。

IMG_3829

「ペアをつくっての指導法や、レッスンで気をつけるべき点お教えていただけたので、
今後に活かしていきます」
「膝周辺、情報が多かったです〜」

膝の不調を訴えるクライアントも多いと思います。
今回のワークショップの内容を基に、多くの膝の悩みを
解決するヒントにしてくださいね。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Bcube® on Tour 福岡・ワークショップご参加いただきました皆様、
ありがとうございました。
早速、クライアントに提供されて、新しいセッションとなっていることでしょう。

IMG_3830

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Bcube® on Tour 福岡、次の開催を目指して現在調整中です。
ぜひリクエストなど、いろいろなお声をお寄せ下さいねv364

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

大阪のZONE by ビーキューブ®スタジオでは、
2018年春のカンファレンスタイトルも発表
10タイトルのワークショップと、
膜・筋膜ムーブメントコース3日間の開催スケジュールも決定しました!

受付スタートは、1月30日(火)12時からとなります。

※2018年春のカンファレンスの詳細はこちらから
→ 2018年春のカンファレンス

2018年3月膜・筋膜ムーブメントコース

ZONE by ビーキューブ®では皆様の学びをサポートするために
今後も多彩なワークショップを開催してまいります。
お楽しみにお待ちください!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bcube® on Tour 福岡 / ICADコース【2018年1月】

Stottt_pilates

2018年のBcube® on Tour 福岡
今回は、Wataru先生によるワークショップ、コースと
盛り沢山の内容でした。

福岡市南区の坂井陽子さんのスタジオブリージング
ワークショップを挟んだ日程で
ICAD(初中級キャデラック)コースを開催しました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

1月18日(木)〜24日(水)
ICAD(初中級キャデラック)コース

大型器具であるキャデラック、
5日間をかけて、125種類のエクササイズを学びます。

キャデラック、V2maxリフォーマーを使用して
プッシュスルーバー、ロールダウンバー、トラピーズなど
様々な付属品を使って、クライアントの身体の環境を変化できます。

より立体的な空間の中での身体のコントロールが求められるため、
マットやリフォーマーと同じエクササイズでも
左右差への気づきなど、身体へのアプローチも立体的になります。

他の器具と比べて、立位でのエクササイズも多くありますので、
新しいアプローチ方法も学んでいけます。

IMG_3757

IMG_3767

5日間のコース、Day3・3日目が終わった翌日に
キャデラックコース受講中の山口さんに感想を聞きました。

「すでに新しい身体に変化し、今までとは違う感覚があります。
刺激のかかり方がこれまでのマット・リフォーマーエクササイズとは異なっていて、
今後のインストラクションでの可能性が広がりますね。」

 

IMG_3806

受講生のみなさま、おつかれさまでした。
クライアントの方々に提供するバリエーションが
ますます広がっていきますね。
まずは、ご自身の身体でエクササイズを自分のものに
していってください。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Bcube® on Tour 福岡、次の開催を目指して現在調整中です。
ぜひリクエストなど、いろいろなお声をお寄せ下さいねv364

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

大阪のZONE by ビーキューブ®スタジオでは、
2018年春のカンファレンスタイトルも発表
10タイトルのワークショップと、
膜・筋膜ムーブメントコース3日間の開催スケジュールも決定しました!

受付スタートは、1月30日(火)12時からとなります。

※2018年春のカンファレンスの詳細はこちらから
→ 2018年春のカンファレンス

2018年3月膜・筋膜ムーブメントコース

ZONE by ビーキューブ®では皆様の学びをサポートするために
今後も多彩なワークショップを開催してまいります。
お楽しみにお待ちください!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

試験対策ワークショップ・マット【2018年1月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。
まだまだ冬らしい日が続いております。いかがお過ごしでしょうか。

ZONEスタジオでは、1月IMP(初中級マット)コースがスタート。
2月認定試験の願書も締め切りを迎え、
実技試験の練習するために、スタジオにいらっしゃる受講生も
増えてきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ピラティスインストラクター養成コース受講した後は、
認定試験に向けての練習がスタートします。
セッション見学、自主練習、指導実習を規定時間以上
取り組む課題があります。

特に指導実習の練習は、相手に正しくエクササイズを伝えるために
さまざまなキューイング方法を駆使して行います。

イメージ表現がわかりやす人、
筋肉名など解剖学用語のほうが伝わる人、
身体に触れたほうが動きがよくなる人など、
お客様によって、教え方を変えることもインストラクターにとって
必要不可欠なスキルです。

ただ、練習をする中で忘れてしまっているところ、
確認したいポイント、うまく人に伝えるヒントなど
「試験までに準備が間に合うのかどうか」心配になってもきます。

そんな受講生のご要望にお応えし、
1月21日(日)Akatsuka先生による
「試験対策ワークショップ・マット」を実施。
2月、5月の試験を目指すマットコース受講生が集まって
実技試験に向けての勉強を行いました。

————————————————————————–

2017年のIMP(初中級マット)コース受講生が集まった
今回のワークショップ。
コース修了後から久しぶりに再会するメンバーに
「練習進んでる?」「試験いつ受験するの?」といった交流もあり
同窓会のような雰囲気の中スタート。

今回は4つのグループに分かれて、
インストラクター役、お客様役、チェック役を決めてエクササイズの復習を実践。

スタートポジションからエクササイズの動きの伝え方、
プロップを使った時の注意点、ポイントなど、
実技試験さながらの雰囲気に、受講生たちも真剣です。

P1350321

P1350322

「試験対策ワークショップ・マット」は、ティーチングを復習できる機会。
目標とする試験前の早いタイミングで受講すると、
実技試験の評価ポイント、練習すべき内容などを確認できるので
自身の課題の発見今後の限られた時間での練習スケジュールの見直しもできます。

子育て、仕事など、日常忙しい毎日を過ごしている受講生が
ピラティスインストラクターになるための練習時間は限られています。
その時間を有意義にするためにも、このワークショップはぜひ参加したいところ。

P1350334

P1350338

最後にAkatsuka先生から質疑応答の時間があり、
エクササイズの質問、練習のアドバイス、混乱している内容の確認など
受講生の不安解消の機会となりました。

————————————————————————–

【Akatsuka先生から受験生の皆様へ】

認定試験を控えている受講生の皆様、
日々、練習に励んでいることと思います。

コース受講後はなかなかピラティスに時間が割けない、
そんなこともあるかもしれません。
勉強の遅れを焦る、そんな時期もあります。
大阪から遠い地元での孤独な環境での練習に
不安や迷いを感じる、そんな人もいるかもしれません。

ただ、自分が好きになった、興味をもったSTOTT PILATES®を
せっかく勉強したのだから、その内容が正しいかどうか、
試験という形でぜひチャレンジしてみてください。

限られた時間の中で、いかに効率よく勉強を進めるか
これが一番大事です。
長く練習をすることだけがいいわけではありません。

ZONE by ビーキューブ®にいるメンバーが
みなさまをサポートしています。
疑問、質問などは積極的に解消していきましょう。

2月の試験受験を控えている方、
特に体調管理はしっかりとして、試験に臨んでください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ZONE by ビーキューブ®では、
コース受講生のニーズにお応えするサポートを企画、実施しています。

試験対策ワークショップはもちろん、
姿勢分析の復習プログラムデザインレビュークラスなど
多彩なイベントを今後も実施していきます。

実施時期、タイトルなどのご要望はお気軽にお知らせください。
実施に向けて、準備を進めてまいります!

ZONE by ビーキューブ®は
STOTT PILATES®インストラクターとしてデビューできる日まで
皆様を強力にサポートします!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インストラクタートレーナーが語る器具の魅力【2018年1月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ストットピラティスSTOTT PILATES®の特徴のひとつに
「多彩な器具を活用したピラティスを学ぶことができる」
ことが挙げられます。

マットコース受講の方から
「ラクにお客様へのキューイングができないかな?」
「マットでのピラティスが難しい方への調整ってできるの?」
「早くピラティスの効果をだす方法ってある?」
など、多くのご相談を受けています。

実は、器具の活用方法を勉強することで、
クライアントに向けて細やかな環境設定でピラティスが行えたり、
ご自身のピラティススキルがさらに理解、整理でき、
ティーチングスキルを深めることもできます。

—————————————————————————

そんなコース受講生に向けて
インストラクタートレーナが器具の魅力を語るイベントを開催!
実際に器具でのエクササイズも交えながら
Akatsuka先生が「筋分類」をテーマに、
エクササイズをマットと器具で行うことの変化、
アプローチを体験も交えて解説。

①ローカルスタビライザー
②グローバルスタビライザー
③グローバルモビライザー
3つの筋分類の特徴、働きなどを復習しながら
リフォーマー、キャデラック、チェア、バレルを使って
マットと器具を使ったときの筋肉と動きの変化を観察、確認します。

P1350198
————————————————————–
こちらはSPXフォーマー
リフォーマーとキャデラックの6割のエクササイズができる器具。
マットコンバーターを設置することでタワー部分をキャデラックとして、
はずすとリフォーマーになります。

ベットの部分が高いV2maxリフォーマーも同様の活用ができます。

写真は「キャットストレッチ」
まずはマットエクササイズでチャレンジ。
背骨が動きやすいところ、苦手なところを観察します。
手で触れることでクライアントに動きを教えていきます。

P1350206

キャデラックでの「キャットストレッチ」
ロールダウンバーを握ってスプリングが動きをサポート。
ローカルスタビライザーが働きやすくなります。

P1350210

P1350211

こちらはリフォーマー「フットワーク」
フットバーの足を両足から片足に変えただけで
身体がねじれやすくなってしまいます。

息を強く吹いて腹斜筋を働かせてから足を動かすことで
グローバルスタビライザーを意識していくことができます。

P1350237

こちらはコンパクトなスタビリテチェア
より日常動作に近い形のエクササイズを
器具を使ってアプローチできます。

スタビリティチェア「フットワーク」
足でペダルを踏む時に体幹の安定も同時に意識します。

ペダルを固定して1枚にして両足で踏む時よりも
2枚にわけへ左右同時に踏むほうが
左右の足の力のかけ方や癖がよくわかります。

左右同時に踏んでいるつもりでも
細かく左右の足が動いてしまい、クライアントにもそれが
よく伝わります。

P1350255

バレルは3つの種類があります。
マットコースではアークバレルのみを使いますが、
ラダーバレルスパインコレクターという特徴ある形の
バレルも登場します。

スパインコレクターを使って「ヒップ・ツイスト」にチャレンジ。
マットのみの環境で行うときと比べ、バレルの高さや
スパインコレクターの独特の形状を利用して
足がまわしやすくすることができました。

P1350272

1時間の中では伝えきれない魅力がたくさんあった様子。
イベント後も遅くまで、参加者とAkatsuka先生が器具の話で盛り上がりました。
ピラティスの話は本当に尽きないですね。

お忙しい中ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

STOTT PILATES®をもっと深く学びたい!
そう思ったあなたはぜひ器具のコースに進んでみましょう!
さらにピラティスから広がる世界があります。

ZONE by ビーキューブ®では
半期に1回初中級の器具コースを開催しています。

2018年前期スケジュールのお申込み、まだ間に合うコースがあります!
スケジュールはこちら!
—————————————————————-

【IR(初中級リフォーマー)コース】
・日程 : 3/3(土)、4(日)、10(土)、11(日)、17(土)、18(日)、4/14(土)、15(日)、21(土)、22(日)
・時間 : 9:30~16:30
最終申込期限:2月17日(土)

【ICHR(初級・中級チェア)コース】
・日程 : 6/25(月)、26(火)、27(水)
・時間 : 9:30~16:30
早割期限:4月18日(水)

【IBRL(初級・中級バレル)コース】
・日程 : 6/28(木)、29(金)
・時間 : 9:30~16:30
早割期限:4月18日(水)

ICAD(初中級キャデラック)コースは現在定員のため、
キャンセル待ちにて受付しております。
—————————————————————-

※お申し込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

2018年7月~12月のコーススケジュールの発表は
3月下旬~4月を予定しております。
発表まで今しばらくお待ちくださいませ。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ピラティスインストラクター養成コース体験&説明会【2018年1月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ストットピラティスSTOTT PILATES®のピラティスインストラクターに
ご興味のある方、養成コースを受講する前に、
ぜひインストラクター養成コース体験&説明会にお越しください。

コースを担当するインストラクタートレーナーが
学べる内容やサポート体制をわかりやすく説明。
皆様の疑問、質問、相談に細かに対応いたします。

今日は1月に開催された様子も含め、
最近のよくあるお問い合わせにもお答えいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

養成コースの定員は12名。
ご興味ある方、コースに参加する方のバックグラウンドは様々です。
ピラティスに対するアツい想いを持っていれば大丈夫!
—————————————————————-
*ピラティスを習っていて本格的に勉強したいと思った方
*インストラクターとして活動していて、ピラティスも取り入れたい方
*子育て、介護をしながらピラティスを教えたい方
*医療現場で働いていて、予防医学の立場からの活動を考えている方
*ダンス、バレエなどのパフォーマンスアップをしたい方
*今の仕事から転職して健康に携わる仕事に就きたい方 などなど・・・
—————————————————————-

コース受講を考える時に心配なことは
「初心者でもコースについていけるかどうか」
という点はよくご相談があります。

答えは「Yes!」です。
ただ、コース受講前に必ず準備をしてほしい点が3つあります。

———————————————————-
①解剖学の知識(解剖学を学んだ事のある方)
②30時間以上のピラティスクラスの受講経験
③3年以上のスポーツ・ダンス・運動指導経験
———————————————————-

この3つが準備できていれば
「養成コースの内容が理解でき、ピラティスの理解が深められる!」
ということになります。

でも、3つ揃っていない場合は、
コース受講前の「準備」をしておくことが必要です。

ビーキューブ®では、その準備のためのサポート体制を整えています
ピラティス初心者、インストラクター未経験の方でも
養成コース受講前、コース中にしっかり準備していただけますので
安心してください!

養成コースでは、ピラティスインストラクターになるための
エクササイズとスキルをたくさん学びます。

ビーキューブ®のしっかりしたサポート体制を活用し、
1000名以上の方が学び、STOTT PILATES®インストラクターとして
資格を取得、さまざまな分野で活動されています。

ストットピラティスSTOTT PILATES®を学ぶ
第一歩を踏み出してみませんか?

インストラクター養成コース体験&説明会
ご不明な点、不安な気持ちは解消していきましょう!
キャリアプラン、コーススケジュールなど、何でもご相談ください!

P1350157

インストラクター養成コース体験&説明会では、
STOTT PILATES®を体感してもらう時間も多くとっています。

模擬授業の形式での姿勢分析や解剖学コースの紹介、
グループクラスでのピラティスエクササイズの実践など
養成コースにご興味のある方に向けた内容にしています。

小道具や器具を使ったエクササイズにチャレンジできる場合もあり、
自分の身体でこれから学ぶSTOTT PILATES®を
知ることができます。

「短い時間なのに、すごく身体を意識できた」
「自分の身体にあった環境でピラティスができた」
など、短い時間の中で発見もたくさんありますよ!

P1350162

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

コース受講にあたってのご質問、ご相談、
実際のコースについてもっと知りたい方は、
ピラティスインストラクター養成コース体験&説明会
ぜひご参加ください!

次回の体験&説明会は
2月3日(土) 16:00~18:00に開催いたします。
コースにご興味のある方、まずはスタジオにお越しください。

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

まずはお気軽にご参加ください。
みなさまにお会いできることを楽しみにしています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
※体験説明会に参加したいのに日程が合わない・・・。
ご安心下さい!

 まずは資料を見てみたい、質問したいことがあるという方、
 お気軽にお問い合わせください。
個別でも対応させていただきます!

 個別説明会の内容はこちらで紹介中
 →アカデミーブログ
「ピラティス養成コース 個別説明でもじっくりお話しします!」

【お電話】 06-6241-6364 担当:小田原(オダハラ)
【お問い合わせフォーム】 アカデミー専用お問合せ
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Akatsuka先生スペシャルマットクラス【2018年1月】

Stottt_pilates

こんにちは。
Zone by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

1月16日(火)14時~15時で養成コース受講生を対象にした
Akatsuka先生スペシャルマットクラスを開催。

「内容は当日になるまでのお楽しみ!」とあって
ストットピラティスSTOTT PILATES®マットのエクササイズをする
以外は何も知らされていなかった、こちらのイベント。

ZONEスタジオに入ってみると・・・
マットの横にはアークバレル黄色いボールが。
IMP(初中級マット)コースでは登場しないプロップが
準備されていました。

黄色いボールは「トーニングボール」といって
ワークショップやリハビリテーションコースでよく活用されます。
ダンベルや鉄アレイと違って、砂が入ったゴムボールなので
手で握ることで、腕の筋肉にもアプローチできます。

マットエクササイズのウォーミングアップは
寝た状態からスタートが多いのですが、今日は立位からのスタート
肩甲骨の動きを確認するウォームアップエクササイズも
いつもとちょっと違った感じがします。

P1350171

クラスの前半はアークバレルを使って。
おなじみの「ハンドレッド」「ハーフ・ロール・バック」
サポートやチャレンジに大活躍です。

P1350176

P1350178

後半からトーニングボールが登場。
両手に持ったトーニングボールの重みが補助となって
上体を上げやすくしています。
ただ、お腹には重みが逆に負荷となって、しっかり筋肉に効いてきます。

P1350181

P1350183

最後の「プッシュアップ」アスレチック・コンディショニングの要素も取り入れて。
バレルの頂点に片手を置いて、1回プッシュ・アップするごとに
左右の手を置き換えるバージョン。
速度を速めることでよりチャレンジエクササイズへ変身!

P1350195

参加した皆様からは、いつもと違うマットグループクラスに大満足!
次回開催のご要望も多くいただきました。

養成コースでベースとなるピラティスエクササイズを
様々なバリエーションに発展させた内容を学べるのが
ワークショップ。

今回のトーニングボールのエクササイズは
実は4月1日(日)14:30~16:30で行われる
「トータル・ボディ・トーニング」の内容が含まれています。
※春のカンファレンス詳細はこちらから
ZONEブログ:春のカンファレンス開催のお知らせ【2018年3月~4月】

ピラティスの理解を深めるために、面白いアプローチを
インストラクタートレーナーが提案する「スペシャルクラス」
次回開催に向けて、現在企画中です。
楽しみにお待ちくださいね。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【卒業生ご紹介】リハティスプラス 乾亮介さん

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!

今回はストットピラティスSTOTT PILATES®
RM(リハビリテーション・マット)コースと
IMP(初中級マット)・AM(上級マット)コースを両方を受講
ピラティスインストラクターとして活動をスタートさせた
リハティスプラス 乾亮介さんにお話しを伺いました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<スタジオ紹介>

大阪府河内長野市にある予防医学に特化した
整体サロン&ピラティススタジオ リハティスプラス
理学療法士として急性期病院のリハビリテーション科に16年間勤務し、
数多くの疾患の患者様のリハビリを担当してきた乾さん。

無題

2016年からビーキューブ®で
ストットピラティスSTOTT PILATES®のコース受講をスタート。
上級マットインストラクター資格取得後に
リハティスプラスをオープンされました。

2017年はストットピラティスSTOTT PILATES®の
RM(リハビリテーション・マット)コースを受講
ピラティスインストラクターとして、さらにスキルアップ。

今では、予約がすぐにいっぱいになるスタジオになっています。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<乾亮介さんへのインタビュー>

Q) スタジオの特徴、特色を教えてください。

リハティスプラスは2017年4月からスタートしました。

理学療法士としてのリハビリとピラティスを行う「リハ整体」
ピラティスメインの「ストットピラティスSTOTT PILATES®」
手技療法のみの「クラニオセイクラル整体」
3つのメニューを柱にしています。

ストットピラティスSTOTT PILATES®
プライベート、セミプライベート、少人数のグループを行っていて
3つの中で一番人気です。

Q) スタジオにお越しになる方はどんな方が多いですか?

40代~60代が中心ですが、幅広い方が通っておられます。
ピラティスをされる目的は
慢性痛の改善や姿勢のゆがみの改善が多いですね。

STOTT PILATES®はエクササイズの調整バリエーションが
豊富なので、いろんな方に楽しんでいただけています。

最高齢は92歳
定期的に2週間に1回通ってくださるので、
今では、マットクササイズの「スワンダイブ」ができるようにまで
ピラティスができるようになったんです。
この時はさすがに驚きました。

Q) 92歳のスワンダイブ!すごいですね。
ピラティスで元気になっている方がいるのは、とてもうれしいです。

スタジオをスタートさせて約9ヶ月。
セッションのご予約が多いとお聞きしました。
お客様が「乾さんのスタジオ」を選ばれている理由は
何だと感じていらっしゃいますか。

大阪は大きなスポーツクラブもあり、
グループクラスでピラティスをしたことがある方は多いのですが、
大人数でマットをひいただけの環境では
身体の使い方などの細かいところが伝わらないことも多いようです。

4人グループ1時間のグループクラスをしていますが、
必ずプロップを使ってセッションを行っています。
プロップを使用することで、本当の意味でのピラティスに触れていただけ、
「本格的にピラティスをしたい」「ちゃんとピラティスをしたい」という
お客様の意欲につながってきています。

STOTT PILATES®のマットインストラクターとして
その良さを十分お伝えできている手ごたえを感じていますね。

Q) 乾さんは理学療法士として長く勤務されていましたが、
今回、スタジオをスタートさせたきっかけは何だったのでしょうか。

病院では急性期病院のリハビリテーション科に勤務し、
整形外科の術後患者様をはじめ、呼吸器疾患、脳血管疾患、心大血管など
数多くの患者様の治療にあたってきました。

特に高齢者の方の摂食嚥下や呼吸リハビリテーション領域は
臨床なども行い、論文や研究にも携わってきました。

その中で、
「病院の中では限られた治療しかできない」ことが
とても窮屈な環境に感じるようになりました。

保険制度の問題もありますが、2週間の入院・治療期間の中で
できることには限界があります。
完治するところまで携われないもどかしさは、
もしかしたら理学療法士の方は、日ごろから感じていることかもしれません。

また、
「高齢になる前の段階で、予防医学的なアプローチ」
これからもっと必要になると思っていました。

実際の経験談ですが、高齢者の誤嚥性肺炎患者に猫背が多いことから、
高齢者の猫背を伸ばすこと、姿勢の改善をすることで
歩けなかった人が歩けるようになったことがありました。
そのときに本人はもちろん、ご家族も大変喜んでおられた姿をみて、
「こういうことにもっと関わっていきたい」と思うようになりました。

海外の論文などを調べると、「ヨガ」「ピラティス」を取り入れて
長きにわたって健康に管理を行う流れが、すでにあることを知り、
姿勢改善を極めるためにピラティスを学ぼうと思い立ちました。

Q) STOTT PILATES®を選んだのはなぜですか。

養成コースの説明会に参加し、STOTT PILATES®を自分で体験して
その良さを実感できたことですね。

エクササイズのモディフィケーション、プロップでの調整は
汎用性も高いですし、臨床的だったことも決め手になりました。

Q) 実際にコースを学ばれて、内容はいかがでしたか。

最初にIMP(初中級マット)、AM(上級マット)コース
健常者向けの内容を受講しました。
ピラティスについて、インストラクターのスキルの基本を
最初にじっくり学ぶことができました。

翌年にリハビリテーションコースを学びましたが、
こちらは初級エクササイズをメインに、モディフィケーションを多く
学べたので、クライアントのニーズに答える多様な手段を習得できました。

また、マットコース以外にも次のステップになるコースや
ワークショップがあるので、新しいものを常に勉強できるのも魅力ですね。

Q) 医療従事者の方からで
IMP(初中級マット)コースとリハビリテーションコース、
どちらを先に勉強したらいいか、というのお問い合わせがあります。
乾さんはどちらがおすすめですか。

予防医学的な活動やアスリートのリハビリに携わる環境なら
IMP(初中級マット)コースをおすすめします。
病院などでのリハビリ治療メインならリハビリテーションコースですね。
臨床に携わっていく中で、ピラティスの活用をヒントに治療できます。

ピラティスをどんどん取り入れたいなら、
両方勉強するのを一番お勧めします!

Q) コース受講中にあった印象的な出来事はありますか。

IMP(初中級マット)コースで一緒に学んだメンバーの中で
FULL認定を目指して勉強していた方がいらっしゃいました。
コースに来るまで「運動が苦手」「インストラクター経験もない」という、
本当に初心者、未経験の方でした。
※FULL認定→STOTT PILATES®7つのコースをすべて受講すること

コースから約1年経って、その方から試験前の練習に誘われ、
実技試験のお客様役としてスタジオで一緒に練習したんですが・・・。
驚きました、1年前とはまったく違っていたんです。

器具の上級エクササイズもご自身でできるようになっていましたし、
それを教えることもできるようになっていました。

たくさん練習、努力をされたんだとは思いますが、
「1年でこんなに人の身体は変わるんだ」と驚きました。
チャレンジする気持ちを持って取り組めば
人間は変わることができる、その可能性を強烈に感じた出来事でした。

Q) 乾さんの今後の展望などを教えてください。

昨年からいろいろな取り組みをスタートさせています。

まずは理学療法士を集めての勉強会を開催し、
STOTT PILATES®の良さを広めています。
ピラティスに興味のある理学療法士はとても多いです。
その方たちにもっと知ってほしいと思っています。

無題2

また、スタジオ活動も軌道に乗ってきているので
人材育成もして、さらに広く活動の範囲を広げたいですね。
うれしいことに、スタジオ外で解剖学+ピラティスの講座を
定期開催することも決定、2月から始動します。

目標は、地域に根ざした、健康を発信するスタジオにまで育てたいです。
スタジオの来て元気な身体を、ブログやメルマガで心のあり方を
皆さんに手に入れていただきたいと思っています。
※乾さんが連載しているブログはこちらからリハティスプラス ブログ

リハティスプラスが成長して、メディカル+カルチャーを融合、
新しいコミュニティの場にしていきたいですね。
大きなスタジオの横にカフェを併設して・・・、夢は大きいですよ!

Q) 最後にこの後に続きインストラクターへのメッセージをお願いします。

アンチエイジング、健康寿命の延伸といった
予防医学がこれからは本当に大切な時代です。
中でも運動療法の可能性はまだまだ広がると思っています。

理学療法士として徒手による治療だけではなく、
新たな視点、スキルでこれに取り組むなら、
STOTT PILATES®はたくさんのヒントや
活用できるエクササイズが学べます。

理学療法士をはじめとする医療従事者の方に
ぜひおすすめします。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

乾さん、ありがとうございました。
地域の健康発信のコミュニティの場として
中心的な存在となるスタジオ活動に取り組んでください!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして
活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます!

今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

※卒業生の皆様にお願いします※

ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在
約1, 000名以上のインストラクターを輩出し続け、
全国からたくさんの方にお越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを
全国よりお問い合わせいただいております。

こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。

インストラクター スタジオ&活動状況 登録フォーム

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

STOTT PILATES(R)ワークショップ~筋膜について~【2018年1月】

Stottt_pilates

こんにちは。
Zone by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

STOTT PILATESをはじめとするブランドを展開している
Merrithewの中で、最新のコースがFascial Movement

2017年より本格的にコース、ワークショップが開催され、
ZONEスタジオでも7月、8月、11月に
「膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1」を実施。

Wataru先生が最新の研究内容をわかりやすく解説、
実践的なエクササイズの紹介、プログラミングとティーチングまでを
3日間かけて学ぶので、初めて筋膜を学ぶ方にも大変好評な内容です。

今日は、このコースの内容を2時間でご紹介するワークショップ
「膜・筋膜ムーブメントの紹介」を受講した方の感想をご紹介いたします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
◆1月12日(金)

13:00~15:00
Merrithew™ 膜・筋膜ムーブメントの紹介

★受講前は「筋膜」のことがぼやっとした内容でしたが、
ワークショップ受講後は、なぜ今「筋膜」なのか、わかったような気がします。

★Wataru先生の説明がとてもわかりやすかったです。
「筋膜」のエクササイズも体験できて楽しいワークショップでした。

P1350081

★興味のあった「筋膜」についての話題は、何度も聞きたくなるものでした。
Fasciaのグループクラスをスタジオでぜひ開設してください!

★2008年ごろに「筋膜」の存在を知り、その後いろいろな情報を聞いたり
学んだり、調べたりしました。
今回のワークショップは大変わかりやすく、頭も体も納得できました。
ありがとうございました!

P1350087

★生理学の復習にもなりました。
実際に動きながらするのは面白く、とても充実した2時間に感じました。

★講義中座っていて、腰が痛かったのですが、
ボールを片足でバウンドさせるエクササイズの後には
うそのように治っていました。
「これがFasciaのつながりだ!」と実感できました。

P1350091

★さまざまな道具を使ったエクササイズをすることで
身体が軽くなる感覚が動くたびに感じられました。
「筋膜」って本当に不思議ですね。

★過去にMerrithewのZengaを受講し、バンドやボールなどの
柔らかいものを使った筋膜へのアプローチを実践していましたが、
今回のFasciaはまた違った感じの方法で、
筋膜に働きかけられることを知り、新しい発見がありました。

P1350110

★想像していたより運動量も多いエクササイズがありました。
1時間のグループクラスの中で、いろいろなバリエーションを
ご紹介できるヒントをワークショップで知ることができました。

★ワークショップ、楽しかったです。
もっともっと筋膜のエクササイズを知りたくなりました。
3月開催のコースも日程調整して、参加したいです!

P1350114

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

先日、2018年春のカンファレンスのタイトルも発表されましたね。

今回開催した同タイトルのワークショップとともに、
膜・筋膜ムーブメントコース3日間の開催スケジュールも決定しました!

※2018年春のカンファレンスの詳細はこちらから
→HP : 2018年春のカンファレンス

→HP:2018年3月膜・筋膜ムーブメントコース

ZONE by ビーキューブ®では皆様の学びをサポートするために
今後も多彩なワークショップを開催してまいります。
お楽しみにお待ちください!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー