【コラム 第14話】グループクラスのティーチング・ビジュアルキューイングについて

Stottt_pilates

皆様、こんにちは。
ZONE by Bcube®のAkatsukaです。

Akatsuka

今回のコラムも前回に引き続き
「グループクラスのティーチング」について書きたいと思います。
キューイングの手法は3つでした。
①ヴァーバルキューイング
②ビジュアルキューイング
③タクタイルキューイング
前回のコラムでは①のヴァーバルキューイングをお伝えしたので、
今回は②のビジュアルキューイングに関してお伝えします。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
プライベートセッションでも力を発揮するティーチング方法ですが、
グループクラスではより活用するシーンが多いのがこの方法です。
ビジュアルキューイングを用いるシーンは大きく分けて二つあります。
①対面指導
②デモンストレーション
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
①対面指導ポジションとして座位、立位時に活用します。

インスタラクターも一緒に動きます。
ですので、しっかり求めたい動きを強調して動きましょう。
下記のような中途半端な動きになると、参加者の混乱を招きます。
例)求めたい高さまで腕や脚が上がっていない
途中で動きをやめてしまう
また、対面で動く場合には「ミラーリングテクニック」が必要になります。
右腕を上げて欲しい場合にはインストラクターは言葉では右と伝えながら
動きは左腕を動かしましょう。
簡単なように思えてもいざ行うと意外とできないものなので、
ぜひ練習を重ねましょう。
 P1300819
側臥位(例サイドレッグリフト等)ではインストラクターの腕を、
脚に見立てて動かすことにより動きを示すことができます。
その際には指先の方向とつま先の方法を必ず合わせるようにします。
全員の視界に入ってる場所で行えているかどうかも確認しましょう。
P1320709
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
②デモンストレーション
一時間のクラスで全てのエクササイズをデモンストレーションしてから行う
という実験をされたインストラクターに伺ったんですが、
動く時間は45分のみになったそうです。
あまり頻繁に行うと、参加者の動く時間を奪ってしまうということですね。
なので、活用のタイミングを2つにしておくことがオススメです。
1:コーディネーションが多く含まれるエクササイズ
2:エクササイズを実行してみたが、参加者が混乱して全員の動きが揃わない時

いずれの場合も効果的なデモンストレーションの方法として
以下の項目に気をつけて行って見てください。

a、2〜3回繰り返すこと
b、動きを見てもらうために喋らないこと
c、呼吸とエッセンスを伝える
d、フォーカスを伝える

順番がポイントです。

a〜dの順番に沿ってデモンストレーションすることにより
参加者の方々により洗練された情報が伝わります。
特にdは必ず最後にしましょう。
完璧な情報を先に伝えることが大切です。
最初はついつい喋ってしまいがちですが、
情報量を最初は少なくすると「分かりやすさ」につながります。
その他のシーン(仰臥位)ではインストラクターの身振り手振りがポイントです。
「肩よりも高く腕をあげる」事を意識して大きく動くことにより
「力動性」を感じていただくことができ、参加者のパワーを
さらに引き出すことができます。
身体を大きく見せるテクニックです。
集団(参加者)心理として、大きな人に言われると説得力がある
と感じるそうです。
より力強く、大きく動いて欲しい場合にはインストラクターは
その何倍も大きく動くと期待する動きを引き出すことができます。P1330590P1330739
次回はグループ時の修正の仕方に関してお伝えしようと思います。
お楽しみに!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第15回は12月15日(金)アップ予定。
Jacquinインストラクタートレーナーが担当いたします。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年最後のピラティス養成コース体験&説明会お申込受付中!

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®の小田原です。

ピラティスにご興味のある方にお知らせです!

2017年12月15日(金)13:00~15:00
スタジオビーキューブ®で
ピラティス・インストラクター養成コース体験&説明会を開催します。
年内最後の体験&説明会です。

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

※これまでの「ピラティスインストラクター養成コース体験&説明会」の様子も
ぜひご確認ください。

– * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * -* – * – *

~こんな方にお勧め!~

★ご自身のピラティスの知識を深めたい!
★現在のインストラクター経験にプラスして、さらなるスキルアップをしてみたい!
★未経験からピラティスのインストラクターとして転職、活躍してみたい!
★ご家族やご友人にピラティスを教えてみたい!
★ピラティスの知識を活用して、自分の身体メンテナンス、コンディションを整えたい
などなど・・・

– * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * -* – * – * 

ビーキューブ®で学べるストットピラティスSTOTT PILATES®は
カナダトロントを本部に、世界94か国4万人のインストラクターが
活躍しているメソッドです。

解剖学や生体力学(バイオメカニクス)を基に、
多くの調整方法(モディフィケーション)や小道具(プロップ)を活用した
数多くのピラティスエクササイズを学べます。

また、リフォーマーやキャデラックなど、大型器具のピラティスも学べる
コースも充実しています。

最近では、リハビリテーションなどの医療分野でも注目されている
ストットピラティスSTOTT PILATES®!

sp_matwork-05

ピラティスの特徴、STOTT PILATES®の強みやできること、
インストラクター養成コースで学べること、今後のキャリアプランについて、
コースを担当する先生より詳しく解説いたします。

ピラティス未経験、インストラクター未経験の方にも
安心してコースで学んでいただけるよう、
コース受講前、受講中、試験受験などのさまざまな場面で行う
ビーキューブ®独自のサポート体制についてもお話しします。
皆様の学びを強力にバックアップいたします。

ストットピラティスSTOTT PILATES®の体験コーナーもあるので、
ピラティス未経験の方にもエクササイズを身体で実感していただけます。

皆様の知りたいことを、この体験&説明会で、すべてご紹介いたします!

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

【ピラティス 養成コース 体験&説明会】

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

◆日時:2017年12月15日(金) 13:00~15:00

◆参加費: 無料

◆場所: ピラティス&フィットネス ビーキューブ®

◆アクセス:
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F

・地下鉄 御堂筋線   「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 四ツ橋線   「四ツ橋」駅1-A番出口より徒歩5分

◆対象: STOTT PILATES® IMP(初中級マット)コース受講希望者

◆お持ち物: 筆記具、動ける服装、タオル

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

みなさまのピラティスに対する熱い思いを
ビーキューブ®がしっかりサポートいたします!

まずはお気軽にご参加ください。
みなさまにお会いできることを楽しみにしています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
※まずは資料を見てみたい、質問したいことがあるという方、
お気軽にお問い合わせください。個別でも対応させていただきます!

【お電話】 06-6241-6364 担当:小田原
お問い合わせフォームはこちらからアクセスしてください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初中級チェア(ICHR)コース 【2017年11月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

年2回開催されるICCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コース
今日はコンパクトな中にも機能的な器具、
スタビリティチェアの初中級コースの様子をご案内します。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【ICHR(初中級スタビリティチェア)コース】 3日間 15時間

チェアハンドルを取り外したり、ペダルを1枚、2枚に設定できたり、
座位で、立位で、さまざまな姿勢でエクササイズが行える
スタビリティチェア。
セッティングも細かく調整できるので、身体に合わせやすいです。
63種類のエクササイズを3日間で学びます。

その魅力は主に3つ。
①接地面が少ないので、空間の中で身体の使い方が習得できる
②日常生活に近い機能的な立位のエクササイズが多い
③スプリングテンションの負荷が調整しやすい

※ITコラムでJacquin先生がスタビリティチェアの魅力を紹介中!
【コラム 第12話】「スタビリティチェア」の歴史と活用術

~~~~~~<スタビリティチェアエクササイズをご紹介>~~~~~~

★(初級) スタンディング・レッグ・プレス

P1340262

★(中級) フォワード・ステップ・アップ

P1340293

★(中級) ニー・レイズィーズ・ウィズ・オブリークス

P1340317

★(中級) レッグ・サークル

P1340333

★(中級) フロッグ・バック・ヒップ・アップ

P1340345

★(中級) ロール・オーバー

P1340368

(中級) スワン・ダイブ

P1340374

★(中級) ローテーション・プローン

P1340387

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

2018年前期スケジュール
ICHR(初中級チェア・)コースは現在、お申し込み受付中!
人気のコースですので、お申し込みはお早めに!

——————————————————-

【ICHR(初中級チェア)コース】 
・日程 : 2018年6/25(月)、26(火)、27(水)
・時間:9:30~16:30
※お申し込みはこちらから
STOTT PILATES®認定コース申込フォーム
——————————————————-
コースについての相談、ご質問などはお気軽にお問い合わせください。
次回はIBRL(初中級バレル)コースについてご紹介します。
お楽しみに!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【インストラクターへの道】Megumi先生(Full認定)

Stottt_pilates

みなさまこんにちは。
ZONE by ビーキューブ®の小田原です。

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!

今日は8月に実施された試験で、見事Full認定試験に合格した
ビーキューブ®所属のアソシエイト・インストラクター
Megumi先生
お話を伺いました。

Megumi

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

【小田原】
Megumi先生、試験、おつかれさまでした。
そして合格、おめでとうございます。

【Megumi】
ありがとうございます。
結果がくるまでは、そわそわ、どきどきしていましたが、
合格できてほっとしています。

【小田原】
出演される舞台の練習もある中での試験受験でしたものね。

【Megumi】
本当に忙しい毎日でしたが、バタバタした毎日のほうが
実は充実している感じがするので好きなんですよ。
※Megumi先生の出演された舞台については
スタジオブログをご覧ください。
 ★スタジオブログ
  →お礼:Megumi先生のダンス舞台「BABEL」 無事に終演

P1340051 ブログ

【小田原】
Megumi先生がFull認定をめざそう!と思ったきっかけを
教えてください。

【Megumi】
セッションをご一緒しているお客様の中で、
何年もピラティスを継続してくださったり、
身体がどんどん良くなりもっと沢山動きたい、という
ご要望の方が増えてきました。

「お客様のやる気や努力に答えられるよう、自分自身も知識を
深めてより満足度の高いセッションが出来るようになりたい!」
と思ったのがキッカケです。

また、器具を使ってセッションが出来る環境で働くことになった点も、
どんどんコースに進もうと決意できた大きな後押しになりました。

【小田原】
Full認定に向けて勉強していく中で、わかったこと、
気づいたこととか何かありますか?

【Megumi】
初めは、「テストではこうしないと」「テストではこう言わないと」
という固定概念があって、テストでの2時間の実技と
普段のセッションとは全く別物に感じていました。

練習を重ねていくにつれて、ただ決められた個数のエクササイズを
必死に選んで時間内に間違いなくやろうとするあまり、
どんどん大変で出口の見えない迷路にいる自分に気付きました。
何の為に実技練習をしてるのか、わからなくなってしまったんです。

ある時、2時間の実技試験の練習をいつものセッションのように、
その人の為に必要なエクササイズを選び、
その人のためのキューイングを出すことに切り替えたとたん、
テスト勉強が楽しく、気持ちもとても楽になりました。

テストは緊張しましたが、普段のセッションでは誰にもしてもらえない、
頭の中で考えている事を先生に見てもらえてアドバイスをもらえたので、
とても貴重な時間でした。

テストまでの道のりで「ピラティスのエクササイズで人を元気にする」
という本当の意味がわかった気がします。

【小田原】
資格取得までに苦労したことも多かったのではないですか?

【Megumi】
そうですね・・・。
1番は仕事とコースの日程調整でしたね。
コースの日程によっては仕事を休まないといけなかったので、
迷った結果、コース受講を遅らせた時期もあり、
結局、Full認定を取得するまでに何年もかける事になりました。

コースを受講したい!と思い立った時がその時なので、
受講するか迷っている人は先送りせずに、コース受講を
優先させることをおすすめしたいですね。

【小田原】
Megumi先生はマットインストラクターとして長く活動されていて、
器具のコースを受講されていますよね。
マットインストラクターとして活動していく、いいところって何でしょうか?

【Megumi】
私は最初、主にグループレッスンを担当していました。
グループクラスはいろいろなところで教えられるので、
たくさんの経験も積めるし、大勢の人を一度に動かすスキルが
どんどん身につきました。

マットの資格を取った当初は、教科書通りをそのまま伝えても
お客様に伝わらないということが多々あったので、
自分なりに工夫して、「どうしたらわかりやすく伝わるか」を考えました。
キューイングのバリエーション、空間の使い方など、
その時の色々な工夫や柔軟な発想が今でも役に立っていると感じます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

<lululemon(ルルレモン)心斎橋でのイベントの様子>
マットエクササイズは大勢で楽しめるのが醍醐味!
スタジオを飛び出して、ピラティスイベントを行うこともできます。

効果ある内容を楽しく、時には励ましリードするのは
インストラクターの個性がキラリと光るところでもあります。
Megumi先生のグループは「ポジティブになれる!」と評判です。

IMG_0642 ブログ

IMG_0640 ブログ

IMG_0663 ブログ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【小田原】
マットグループはいろいろなお客様が参加されるので、
1時間のレッスンで効果を感じていただかないといけないですもんね。
その後、器具のコースに進まれて、自身が変化した点はありましたか?

【Megumi】
器具のコースを受講してからは、
マットエクササイズだけでは感じる事の出来なかったエッセンスを
感じる事ができ、器具を通じてマットのエクササイズの理解を
より深めることができました。

器具を使わない、マットのみのプライベートセッションでも
お客様に自信を持ってエクササイズのエッセンスが伝えられる
知識がついたと思います。

【小田原】
コース生から、上級コースを受講したほうがいいのかどうか、
ご相談があるのですが、Megumi先生はどうお考えですか?

【Megumi】
上級コースを受講して、ピラティスが益々好きになりましたよ!
自分の身体の特徴も、上級エクササイズをやる事でよくわかりました。

また、いかに5原則が大切か、改めて実感しました。
上級エクササイズは、5原則がきっちり出来ていないと
うまくエクササイズができないことが顕著にあらわれます。
新しいエクササイズ、難易度の高いエクササイズを習得する中で、
5原則の理解をより深める必要性も感じました。

あと、「キューイングのテンポ」「修正のタイミング」
上手くしなければ上級エクササイズは動く事が出来ないので、
普段のセッションでもこの2点はより考えるようになりました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

<Megumi先生の上級キャデラックエクササイズ>

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【小田原】
上級コースを受講することで、5原則の理解がより深まるんですね。
知らなかったです・・・。
今度、コース受講生からご相談があった時に、お伝えしてみますね。
それでは、最後にMegumi先生の感じている
インストラクターとしてのやりがいを教えてください。

【Megumi】
お客様と同じ時間を共有し、その時間の中で
一緒に同じ目的に向かって進んでいく過程にやりがいを感じます。
結果が出たときも勿論ですが、そこまでの過程において
共感が得られたり、何かインパクトを与える事が出来たとき、
とても嬉しく思いますね。

【小田原】
Megumi先生、ありがとうございました。

※Megumi先生が10月に出演された舞台「BABEL」での
 ダンスとピラティスについてのブログ記事がアップされています。
 ご興味ある方、こちらもご覧ください!

 ★スタジオブログ
  →お礼:Megumi先生のダンス舞台「BABEL」 無事に終演

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

いかがでしたか?
ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして
活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます!
今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
※卒業生の皆様にお願いします※
ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在約1, 000名以上の
インストラクターを輩出し続け、全国からたくさんの方に
お越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを
全国よりお問い合わせいただいております。
こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。

 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

リハブプログラム 説明会&勉強会【2017年11月】

Stottt_pilates

こんにちは。
Zone by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

リハビリテーションの分野で、ピラティスが注目されています!

ストットピラティスSTOTT PILATES®の養成コースには、
一般の方に向けたインストラクター養成コース
国家資格をお持ちの医療従事者の方を対象とした
リハビリテーションコースがあります。

ここ数年、医師、理学療法士、作業療法士、鍼灸師、柔道整復師の方で
STOTT PILATES®インストラクター養成コースを受講される方が
とても増えてきています。

今の治療にピラティスをプラスしたいとお考えの方、
新たにピラティスをメインにした活動へシフトチェンジされる方、
ご自身の身体のためにもピラティスをやりたい方など、
受講の目的はさまざまです。

STOTT PILATES®は解剖学、生体力学の視点から、
「姿勢の再教育」「正しいムーブメントパターンの獲得」を目的に
幅広い方が、安全に効果的にできるピラティスエクササイズを行います。

養成コースでは、エクササイズの方法、ティーチングスキルの習得、
エクササイズの選び方、ケーススタディなど、
さまざまな内容を学ぶことができます。

今日は11月23日(木・祝)に行われた
「リハブプログラム説明会&勉強会」の内容をご紹介。
STOTT PILATES®の基本原則について解説します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

勉強会では、リハビリテーションコースを担当する
STOTT PILATES®リードインストラクタートレーナーの
Wataru先生より原則の解説、エクササイズの指導がありました。

柔道整復師としての活動から、治療だけでなく、予防医学へのアプローチとして
STOTT PILATES®を学び始めたというWataru先生。
現在は動作分析や筋膜を専門に、国内だけでなく、海外でも
積極的に活動をされています。

STOTT PILATES®本部ではリハビリテーションコースの
数少ないインストラクタートレーナーでもあり、
日本語でリハビリテーションコースを担当する唯一の先生でもあります。

リハビリテーションコースはいつも、
全国各地から多くの医療従事者の先生方が
Wataru先生のコースを受講するために参加されます。

P1340265

~~~「ストットピラティスSTOTT PILATES®5原則」~~~
①呼吸
②骨盤の配置
③胸郭の配置
④肩甲骨の動きと安定
⑤頭と頚部の配置
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
5原則の内容を動画でも確認できます!
ご興味あるか方はこちらから
「ストットピラティスSTOTT PILATES®5原則」

5原則は下記の5つのポイントを基に、
身体の動きに対する意識を発達させることができます。
心と体の意識(マインドボディ)することで、正確に身体や動きを
コントロールできるようになります。

写真は、参加者の方の「呼吸」の状態を観察しています。
腹式呼吸、胸式呼吸がありますが、STOTT PILATES®では
「立体的な呼吸パターン」を行うこと=3D呼吸を意識していきます。

ピラティスは息を吸ってどう動き、吐いてどう動くかが決まっていて、
呼吸で身体の緊張を防ぎ、腰部、骨盤帯を安定させてから
動作を行うようになっています。

呼吸に意識を向けてみると、骨や筋肉が動いていくことを感じれます。
お客様とのピラティスセッションの中でも、呼吸の方法を意識してもらうだけでも
ご自身の身体に対する発見があったという感想もいただいています。

P1340266

「骨盤の配置」には2つのポジションがあります。

ニュートラルポジションは腰椎では自然な前弯カーブになっていること。
寝ころんだ状態の時にのニュートラルポジションは、
上前腸骨棘(ASIS)と恥骨結合を結ぶ三角形がマットと平行になります。

実際に手で三角形を作って骨盤を傾けたりしながら、
ニュートラルポジションを探していきます。

もう1つのインプリントポジションは、腰椎がやや屈曲し、
骨盤のわずかな後傾が複合した状態です。
仰臥位では恥骨は上前腸骨棘(ASIS)よりやや高くなります。

P1340281

写真は「肩甲骨」の動きを黄色いフレックスバンドを使って確認。
挙上、下制、内転、外転、、上方回旋、下方回旋の6つの動きができます。
「肩甲骨」は胸郭や脊柱に対して骨同士の連結がないので、
大きな可動性を持つ分、安定させるのが難しいとも言えます。

安定性が得られないと、首まわりや肩周囲の筋肉を過剰に使ってしまう
ことになってしまいます。

P1340283

お忙しい中、ご参加くださった先生方、ありがとうございました。
今後もリハビリテーションで活動される先生方を対象にした勉強会を
開催する予定にしております、楽しみにお待ちください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
STOTT PILATES®を医療現場で活用するスキルが学べる
リハビリテーションコース。

中でも、身近にある小道具(プロップ)を活用してできる
RM1(リハビリテーション・マット1)コースの開催が決定いたしました!

現在お申し込み受付中です。
※12月11日(月)までにお申込みいただきますと。
受講料を早割価格でご案内いたします!

お問い合わせの多いコースとなっておりますので、
受講を希望される方はお早めにお手続きください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【 STOTT PILATES®公認RM1(リハブ マット)コース 】
(3日間、各日休憩60分、1.8CEC )

・日程 : 2/11(日)、12(月・祝)、18(日)
・時間 : 9:30~16:30

※お申し込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

※過去開催のコースの様子をZONEブログでも紹介中
受講生の生の声をぜひご覧ください。

※コースの詳細、概要はこちらから
ストットピラティスSTOTT PILATES®リハビリテーションコース

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

コースに関するご不明な点、確認したいことなどございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ。

ストットピラティスSTOTT PILATES®の輪を広げていきましょう!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初中級キャデラック(ICAD)コース 【2017年11月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

スタジオ近くの御堂筋の街路樹、イチョウの葉が黄色くなっています。
冬の訪れを感じる季節になってきましたね。

ZONEスタジオでは、11月から
ICCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コースがスタート。

今日は最初に開催された
ICAD(初中級キャデラック)コースをご紹介します。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【ICAD(初中級キャデラック)コース】 5日間 25時間

取り上げられるエクササイズ数は125種類。
ストットピラティスSTOTT PILATES®で
最も大型の器具になります。

キャデラックに付随しているプッシュスルーバー、
ファジーハンギングストラップ、トラピーズなどを使って、
立体的に負荷をかけることができます。

キャデラックでは立位のエクササイズも多く、
より立体的な空間の中での身体のコントロールが求められます。

リフォーマーなどの器具でできる同じエクササイズを
違った環境で行うことができるのも特徴です。

Akatsuka先生がコース中に確認されていたのは
器具の取り扱いや安全面について。
鉄製のバーにスプリングで負荷がかかるので、
インストラクター役は手で押さえるなどの配慮が必要です。

お客様に安全にセッションを行うためには、
器具の取り扱いには細心の注意を払わなければいけません。

~~~~~~<キャデラックエクササイズをご紹介>~~~~~~

★(初級) ラット・プレス

P1340058

★(初級) ラット・プル

P1340059

★(初級) スタンディング・プッシュ・スルー

 

P1340075

★(中級) ツイスト・ウィズ・パルシズ

P1340090

★(中級) バレエ・ストレッチ・スタンディング

P1340108

★(中級) スプレッド・イーグル

P1340120

P1340121

★(中級) キャット

P1340135

★(中級) プッシュ・スルー・ウィズ・フィート

P1340200

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

2018年前期スケジュール
ICCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コース
福岡開催のICADコース、大阪開催のICADコースともに
満員御礼、現在キャンセル待ちでの受付です。

——————————————————-
【ICAD(初中級キャデラック)コース・福岡開催】
満員御礼!現在キャンセル待ちでの受付です。
・日程 : 2018年1/18(木)、19日(金)、20日(土)、23日(火)、24日(水)
・時間:9:30~16:30
※※キャンセル待ちはこちらから
Bcube® on Tour 福岡 2018年1月 申込フォーム
——————————————————-

【ICAD(初中級キャデラック)コース・大阪開催】 
満員御礼!現在キャンセル待ちでの受付です。
・日程 : 2018年6/18(月)、19(火)、20(水)、21(木)、22(金)
・時間:9:30~16:30
※キャンセル待ちはこちらから
STOTT PILATES®認定コース申込フォーム
——————————————————-
コースについての相談、ご質問などはお気軽にお問い合わせください。次回はICHR(初中級チェア)コースについてご紹介します。
お楽しみに!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

STOTT PILATES(R)ワークショップ開催のお知らせ【2018年1月・2月】

Stottt_pilates

こんにちは、Zone by ビーキューブ®の小田原です。

2018年最初のSTOTT PILATES®ワークショップ開催が決定!
多くの皆さまより開催のお声を多数お寄せいただいている
ワークショップを厳選いたしました。
 
1月には、産前、産後のワークショップ、
そして、今話題の膜・筋膜ムーブメントの紹介。
2月には、V2Maxプログラミング。
 
STOTT PILATES® インストラクター技術向上、
CECポイントの単位取得、
またご自身のスキルアップのために
ぜひご参加ください。
 
新しい年に更なるプロフェッショナルなステップアップを。
ZONEスタジオでお待ちしています。

お申込みは12月1日(金)昼12:00~、
ビーキューブ®ZONEブログにて受付
します。

 

2018 01 ws

【日程】
◆1月8日(月・祝)
10:00~12:00
 産前のピラティス ~スタビリティ・ボール&フレックスバンド~

13:00~15:00 
 産後のピラティス ~トーニング・ボールを使って~
 
◆1月12日(金)
13:00~15:00 
 Merrithew™ 膜・筋膜ムーブメントの紹介

◆2月17日(土)
9:30~17:30 
 V2Maxプログラミング
 
【参加費】
2時間ワークショップ : 12,000円
V2Maxプログラミング  : 33,000円
 
【講師】
Wataru
1月:上泉渉(カミイズミ ワタル)
Akatsuka
2月:赤塚貴之(アカツカ タカユキ)
 
【会場】

【CECポイント】
STOTT PILATES® CECポイントがつきます。
1タイトル STOTT PILATES® 0.2、0.6

【お申込み受付開始】
・申込受付:12月1日(金)昼12:00より申込受付開始
ZONEブログ および、アカデミーホームページ より
【お申込み方法】
(1)ビーキューブ® アカデミーホームページ内の専用フォームより
お申込みください。
※12月1日(金)昼12:00より、申込受付開始
ZONEブログ内のお申込みフォーム
・アカデミーホームページ内のお申込みフォーム
(2)ビーキューブ®アカデミーより、<ご予約確認メール> を
お送りいたします。
<ご予約確認メール>が届いた方のみ、予約受付ができています。
※申込フォーム送信の時点では、ご予約確定ではございません。
予めご了承ください。↓
(3)<ご予約確認メール> 到着から1週間以内に
 受講料を銀行振り込みにてお支払い下さい。
※お支払いの確認が取れ次第、受講枠を確保いたします。
(4)<受講手続完了メール>をお送りいたします。
※※※※※※※※定員に達した場合のキャンセル待ちについて※※ ※※※※※※
キャンセル待ちは承りませんので予めご了承下さい。
但し、一旦受付を終了したワークショップも、
定員に空きができ次第、予告なしにお申し込みを再開する場合がご ざいます。
カンファレンスの最新情報はアカデミーホームページ・ZONEブ ログ 等を
チェックしていただきますようよろしくお願いいたします。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ※※※※※
【1月8日(月・祝)】
◆10:00~12:00
STOTT PILATES® 産前のピラティス
 ~スタビリティ・ボール&フレックスバンド~

STOTT PILATES® Prenatal Matwork with Stability Ball™ & Flex-Band®
0.2CEC
担当:Wataru
スペシャリティトラック:Pre & Postnatal

スタビリティ・ボールは妊婦さんにとって最適のプロップといえます。
そこにフレックスバンドの負荷を加えることで、
効果的で安全なワークアウトを提供する事が出来ます。
近年の医学的研究からの情報やガイドラインについてもお話しします。
解剖学、生理学的な変化、リスク、留意点について話しあい、
妊娠の各段階において、安全で効果的なワークアウトを構築、
継続できるようにします。
妊婦と運動に関する最新情報をもとに、
スタビリティ・ボールとフレックスバンドを用いて
少人数のグループやプライベートで教える場合の
プログラミング、およびティーチングを学びます。

[スタビリティ・ボール / フレックスバンド]
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【1月8日(月・祝)】
◆13:00~15:00
STOTT PILATES® 
産後のピラティス
  ~トーニング・ボールを使って~ 
STOTT PILATES® Post-Natal Pilates
担当:Wataru
スペシャリティトラック:
Pre & Postnatal

正常な出産であれば産後4 ~ 6 週間後、
もしくは医者からの許可を得てエクササイズは
再開出来るようになります。
妊娠中期、後期で行ったエクササイズの多くを取り入れながらも、
その他のエクササイズも行います。
骨盤底筋、腹横筋、腹斜筋、腰部骨盤帯の安定に
フォーカスします。
ゆるやかでありながら、効果的なワークアウトを
トーニングボールを使いながら行っていきます。

[トーニングボール]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【1月12日(金)】
◆13:00~15:00
Merrithew™ 膜・筋膜ムーブメントの紹介
Merrithew™ Intro to Fascial Movement
0.2CEC
担当:Wataru

包括的なMerrithew Fascial Movement Courseの予告編

Fascia(膜、筋膜)は体内の最も普遍的な結合組織で、

今フィットネスの世界でも熱い目を集めていますが、
Fasciaと一言でいってもそれが何かご存知ですか?
この予告編ワークショップでは、セルフ筋膜リリース
だけに
留まらず、筋膜系を解明し、人体で果たす役割を定義します。
動作を用いてFascial Movement可変要素
(バウンス、センス、エキスパンド、ハイドレート)を探求します。
これら可変要素をプログラミングに追加することで、
可動性、強度 、持久性を向上させる具体的な方法が見つかるはずです。
理論と実技応用で構成した内容で、筋膜の知識を深めたい方、
新たにこの分野に興味をもたれている
全てのフィットネス専門家にお奨めします。
16時間のFascial Movement Courseの内容を、
2時間に凝縮して概要を簡略化したコース予告編です。
[フレックスバント / レジスタンスループ / ミニスタビリティボール / ツイストボール]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2月17日(土)】
◆9:30~17:30
STOTT PILATES® V2Maxプログラミング
STOTT PILATES® 
Complete Programming on the V2 Max Plus™ Reformer 
0.6CEC
担当:Aktsuka

STOTT PILATES® でも革新的なイクイップメントの一つである 
V2 Max PLUS™ Reformer。
自在に設定を変化させ、複数のパーツを活用することで
数百とおりのエクササイズが可能になります。
このワークショップでは、V2 Max PLUS™ Reformer を使用した、
初級から上級レベルまでのエクササイズを学んでいきます。
まずバーティカルフレームを用いて、マットコンバーターを使用した、
マットとキャデラックエクササイズを学びます。
続いて、リフォーマーエクササイズのバリエーションを
学んでいく構成になっています。
指導における効果的なキューイング、モディフィケーションと
修正の方法と合わせてお伝えします。
PART1と PART2の2段階に分けて構成されたそれぞれの内容を
一日にまとめた、スペシャルワークショップです。

[V2Maxリフォーマー / マットコンバーター / ボックス / プラットフォームエクステンダー]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

【コラム 第13話】「結合組織」について

Stottt_pilates

皆様、こんにちは。
ZONE by Bcube®のWataruです。

Wataru

今年も6週間ほどを残すばかりになりましたね。
過ぎる時間の早さに驚いています。

先程、スライスされていく生ハムの塊を凝視していて
思ったことがあります。。。

私達は肉のかたまりであると考えることが出来ます。
感情、思考や記憶など有する事を除けば、物理的には
この肉とかわりません。
肉とは調理して食す筋組織と考えてきましたよね。
でもその組織は実際に生で食することが出来ます。

IMG_20171118_212724 ブログ

ステーキや鶏胸肉しても
十分柔らかいもので、調理は不要です。
実際に調理を必要とするのは
食する妨げとなる筋周囲の結合組織です。

人類が「焼く」、「煮る」といった調理法に至った経緯としては
噛み切ることの出来ない結合組織を壊す手段として発達した
ものと考えられます。

このそれぞれを繋ぎ、同時に分離して袋や、包みのような
何とも他の組織分類に該当しにくい物質こそが結合組織です。

我々の筋、神経、および上皮組織の組織タイプは
より均一であり、明確にグループ化されたものです。
時に、結合組織は鍋の残り物のように見えるかもしれません。
見た目はいいものではないかもしれません。

私たちが、これらの組織に耐え食せる種としての能力から
腱、骨、脂肪の塊が大きく異なっているようでいて、お互いが
実際には非常に密接に関連していることを考えさせてくれます。

と言うわけで今回は

「結合組織」

について書いていこうと思います。

前述のそれらはすべての結合組織は、同じ胚細胞から発生し、
その構造は細胞によってではなく、
線維と糖とタンパク質からなる水で満たされた
細胞外マトリックスによって決定づけられます。

人間が肉を食してきた歴史の中で
最も問題を与えてきた線維でもあります。
タンパク質線維を柔らかく変質させるか、またはそれらの
タンパク質構造の本質構造を変えることを知るまでは
きっと何なのかは分らなかったはず。

鶏を例にとれば、目の前を歩く鶏の皮を剥ぐことは
倫理的にも?物理的にも、出来ませんよね。

生命をもつ皮膚はコラーゲン線維を豊富に含む結合組織に
よって止められています。
でも焼くことで熱によって、コラーゲンを破壊します。
すると容易に皮は簡単にとれますね。

人体の結合組織にも共通点があり、
4つのタイプに大別できます。

何処に?どんな様子で?何をしているのか?

おそらく最も多様なタイプが固有結合組織です。
基質にどれだけだけの線維を含むかに基づいて、
弛緩性と密集性に分類されます。

弛緩性v.s.密集性

あなたの手の甲の皮膚を引っ張ってみてください。

IMG_20171118_213044 ブログ

そこに肉質なテントを見ることが出来ますね?
これが弛緩性結合組織の一例です。

ここには多くの物質が含まれています。
エラスチン線維が元の場所に戻る復元性を与えていて
コラーゲン線維が固定するのに作用します。
お肌のハリにも共通するものです。

では、同じ事をアキレス腱にしてみて、
引っ張ってみるとどうでしょう?
そこにはあまり「あそび」がなく伸びる余地がなりません。
これは、腱がコラーゲン線維を多く含む密度の高い
密集性結合組織である事を示しています。

コラーゲン密集性線維であるを腱をいくら噛んでも、
噛み切ることが出来ません。そこで精肉店では肉の売る前に
最も密な結合組織な部分を取り除くのです。

弛緩性結合組織は、線維が少なく、多くの細胞と
多くの基質を有します。

この結合組織こそが近年皆さんが耳にする「膜・筋膜」です。
次回、またこの結合組織のお話を続けていきます。

お楽しみに!!

もう少し詳しく学んでみたいという方にオススメなのが
こちらのコースです。
2018年の新たな知識として加えてみてはどうでしょう?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★「膜・筋膜ムーブメントコース」★

2017年大阪で3回開催は、すべて満員御礼。
ご参加いただいた方からは、実際のセッションで活用し、
お客様の反応もとてもよいと聞いています。

2018年1月は、九州初開催となる福岡でコースを行います。
定員まであとわずか。お申込みはお急ぎください。

現在、大阪でも開催を検討中。
準備ができ次第、ご案内しますので、楽しみにお待ちください!

—————————————————–

Bcube® on Tour 福岡の詳細はこちらから

Bcube® on Tour 福岡「膜・筋膜ムーブメントコース」

※お申し込みはこちらのフォームに入力してください。
Bcube® on Tour 福岡 2018年1月 申込フォーム

—————————————————–

【過去のコース内容をZONEブログで紹介中!】

2017年7月開催分「膜・筋膜ムーブメントコース」

2017年8月開催分「膜・筋膜ムーブメントコース」

2017年10月開催分「膜・筋膜ムーブメントコース」

—————————————————–

※コースを担当するWataru先生が解説する
 筋膜についての話題はこちらをご覧ください。

Fascia「膜・筋膜」の話

アメリカからFascial Movement

「膜(Fasciaファシア)」

—————————————————–

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第14回は11月30日(木)アップ予定。
Akatsukaインストラクタートレーナーが担当いたします。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【インストラクターへの道】Mayuko先生(Full認定)

Stottt_pilates

みなさまこんにちは。
ZONE by ビーキューブ®の小田原です。

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!
今日はFull認定試験に合格した
ビーキューブ®所属のアソシエイト・インストラクター
Mayuko先生にお話を伺いました。

Mayuko

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

【小田原】
Mayuko先生、試験合格おめでとうございます。
今の心境を教えてください!

【Mayuko】
念願のFull認定。
「やったー!」という思いと、STOTT PILATES®のスペシャリストとして
これからが新たなスタートだという気持ちです。

P1340178 ブログ

【小田原】
Mayuko先生がコースを受講し始めたのはいつごろですか?

【Mayuko】
2013年の夏ですね。
他団体のピラティスマットの資格を取得していたのと、
運動指導の経験があった為、リフォーマーコースからの受講でした。

【小田原】
他団体の資格を先に勉強されたということですか。
通常はIMP(初中級マット)コースからIR(初中級リフォーマー)コースを
受講するんですが、逆転して受けたことになりますね。

STOTT PILATES®を勉強することに決めて、
その内容の違いなど感じたことはありますか?

【Mayuko】
STOTT PILATES®のリフォーマーコースを受講した際、
そのクオリティの高さにビックリしました。
特に初日の5原則は衝撃的でした!!

今まで運動指導で経験した事を1から見直し、勉強することが
ものすごく楽しかったです。

コースを受講していく中で、
自分自身が「人に伝えたいことに、やっと巡り会えた!」
いう気持ちが芽生え、まさにその時直感で
「Full認定まで目指したい!この道のプロになりたい!」
と思いました。

※Mayuko先生がコース受講途中にお話いただいた
インタビュー記事があります。こちらもぜひご覧ください。

坂本麻友子 様

【小田原】
Full認定に向けて勉強を進めていく上で、発見したことはどんなことですか?

【Mayuko】
マットコースのみで、ピラティスを勉強できた、と思うかもしれませんが、
本で言うと一章を読み終えたところ。

イクイプメント(器具)を学ぶ事によって、マットで学んだ事が
どんどん繋がっていくような感覚になりました。

Full認定を取得したことによって、やっと1冊の大きな本を読み終えて
ストーリーが把握できた気がします。

【小田原】
Full認定までに約4年間勉強されたことになりますが、
苦労したことも多かったのではないですか?

【Mayuko】
体の奥深さ、そして、繊細でありながら、強さを感じ、
その体の為にエクササイズを繋げて行くことに苦労しました。

STOTT PILATES®の特徴でもありますが、
エクササイズやアプローチの仕方がとても豊富にあります。

エクササイズ数やモディフィケーション(調整方法)が多いので、
記憶するのに苦労しますが、そのぶん知識や観点、どんな方でも
お体に合ったエクササイズをタイムリーに提供できる所が、
今となってとても魅力的だと感じます。
苦労もしましたが、学んだピラティスは私にとって一生モノです!

【小田原】
Mayuko先生が思うマットのメリット、器具のメリットはなんですか?

【Mayuko】
マットで行うティーチングのメリットは、
小さなプロップを使って指導出来るところですね。

バンドやフィットネスサークル、スタビリティーボールなど
そのプロップのもつ特性を活かしたセッションは
お客様に多くの気づきも与えてくれます。

マットインストラクターとしての活動は
場所を選ばず、気軽にピラティスを楽しめる事を、
多くの人に伝えられる強みがありますね。

さらに、器具を活用するセッションは、お客様に体を動かす感覚を
より身を持って体感して頂くことができます。
器具を学ぶことで妊婦さんや、お年寄りの方、
疾患を抱えた方や様々な方へのより深いアプローチができるようになります。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
<懐かしい写真発見!>
Mayuko先生のIR(初中級リフォーマー)コース時の写真です。
コース開催スタジオも5階だった時代、黒いTシャツがMayuko先生です。
STOTT PILATES®の魅力にはまったのもこの頃。
Full認定を取得したMayuko先生の原点となる1枚です。

P1120379 ブログ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【小田原】
7つあるSTOTT PILATES®のコースの中で、
上級コースは難しいイメージがあるんですが、受講してみてどうでしたか?

【Mayuko】
STOTT PILATES®が大切にする5原則が、
いかに機能的に考えられているかを感じました。

そして、上級のエクササイズを学ぶことで
初中級のエクササイズの理解が深まって、まとめることができました。
お客様へエクササイズをお伝えする際にも
上級コースを受講した後は、お客様の反応が明らかに変わりました。

「上級みたいにレベルが高いものは使わないし・・・」
と受講をためらっている方はいらっしゃると思いますが、
実は、自身のピラティスの理解度、お客様へのレッスンには、
上級のコースを学ぶことで想像以上に広がります。

【小田原】
最後にMayuko先生のインストラクターとしてのやりがいを教えてください。

【Mayuko】
私は、人々の力になりたいと考えた時に、
健康をサポートできる仕事に就きたいと幼少時代から考えていました。

STOTT PILATES®のインストラクターとして
毎日お客様と時間を過ごさせて頂く中で
お客様の、『できない』が『私にもできる!』という、自信と感動に変わる瞬間を、
そばで立ち会わせて頂き、本当にありがたくて、幸せです。

【小田原】
Mayuko先生のセッションで、これからも多くのお客様の
健康をサポートしていってください。
ありがとうございました。

※コース受講中に撮影したMayuko先生出演のインタビュー動画。
インストラクターを目指す方にはぜひご覧いただきたいです。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

いかがでしたか?
ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして
活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます!
今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
※卒業生の皆様にお願いします※
ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在約1, 000名以上の
インストラクターを輩出し続け、全国からたくさんの方に
お越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを
全国よりお問い合わせいただいております。
こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。

 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【インストラクターへの道】Kikumi先生(Mat&Reformer認定)

Stottt_pilates

みなさまこんにちは。
ZONE by ビーキューブ®の小田原です。

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!
今日はMat & Reformerの認定試験に合格した
ビーキューブ®所属のジュニアインストラクター
Kikumi先生
お話を伺いました。

Kikumi

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

【小田原】
Mat & Reformerの認定試験、お疲れ様でした。
合格、よかったですね。

【Kikumi】
ありがとうございます。
まずはワンステップ登った感じです。

P1340064 ブログ

【小田原】
Kikumi先生は、スポーツクラブでインストラクターとして
長年教えていらっしゃったんですよね。

【Kikumi】
はい、最初はエアロビクスが中心でしたが、
今はピラティスをメインに教えています。
スポーツクラブに通う幅広い年代の方への運動指導も行っています。

【小田原】
グループ、パーソナルの運動指導経験の長いKikumi先生、
ピラティスの勉強をはじめたきっかけは何だったんですか?

【Kikumi】
別のスポーツクラブでピラティスを担当するようになって研修を受けましたが
疑問が解消せず、どんどん増える一方でした。
「これではいけない!もっとちゃんとピラティスを勉強しなければ!」と思い、
勉強できるピラティス団体を探し始めました。

あるピラティスの研修に参加したりしましたが、最終的に
解剖学的にしっかりした内容を勉強できるSTOTT PILATES®を見つけて
コースを受けることに決めました。

【小田原】
さらにピラティスを学び、次のコースを受講していこう
と思ったのはなぜですか?

【Kikumi】
ビーキューブ®スタッフの一員になって、一緒に働くインストラクターの
プロ意識の高さ、内容の濃いセッションを目の当たりにして、
もっと自分のスキルアップをしなければ!と学ぶ必要性を感じました。

グループクラスのみを担当していたのですが、お客様から
「ピラティス・プライベートセッションを担当して欲しい」とのお声もあって、
そのご要望にも答えたいと思ったことも、受講を後押ししてくれました。

———————————————————

<Kikumi先生が動画で紹介するグループクラス>
ビーキューブスタジオで実施されるピラティスマットグループクラスは
毎月、小道具(プロップ)が変わります。
Kikumi先生のクラスの特徴は、1時間のクラスの中で、
身体のいろいろな情報をたくさん教えてくれるところ。
毎週日曜日12時からスタート!皆様の参加お待ちしています

———————————————————-

【小田原】
パワフルなkikumi先生のセッションは、お客様からも評判ですものね。
器具のコースに進んで、いかがでしたか?
勉強になって点、苦労しているところなど教えてください。

【Kikumi】
IR(初中級リフォーマー)コースを受講したことで、
ピラティスエクササイズの理解を深めることができました。

また、コース受講へは、家族の協力も大きかったですね。
家族の理解があったからこそ、コース受講や試験勉強の練習時間を
たくさん持つことができました。

苦労したことは、STOTT PILATES®の多彩なバリエーションを
覚えることです。
年齢を理由にしたくないのですが、エクササイズの調整方法が多いので、
動きやその内容をちゃんと理解するのには苦労しています。

ただ、エクササイズのバリエーションがあるということは
インストラクターとしては教える幅が広がるということなので、
多いことはいいことだと思っています。

【小田原】
マットインストラクターとしての活動が長いKikumi先生、
グループクラスのメリットや器具を勉強した後の変化なんかは
ありましたか?

【Kikumi】
そうですね・・・。
器具のコースに進んでから、グループクラスを教えた時に
いろいろなことに気がつくようになりました。
お客様に伝わっているかどうか、できていないお客様へのアプローチ、
自分のティーチングなど、自分で工夫することができるように
なったと思います。
よりクライアントに寄り添ったセッションができる手ごたえを感じました。

また、改めて5原則や基本の動きを器具を通して学ぶので
エクササイズの理解がより深まったと思っています。

~Kikumi先生はアソシエイトインストラクターに向けて
ICCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コースを勉強中!~

P1340056

P1340090 ブログ

【小田原】
Kikumi先生はビーキューブ®スタジオでは、
日曜日を担当されていますよね。
今回の認定試験合格でプライベートセッションもデビューが
決定したと聞きました。

【Kikumi】
はい、12月からプライベートも担当します。
お客様とより近い関係でピラティスをしていただける環境に
今から結果がでるセッションができるよう頑張ろうという責任感と、
お客様とのセッションを楽しみたいという気持ちでいます。

クライアントの方の身体の変化・笑顔を目にすることで、
日々進化し続けたい、スキルアップしたいです。
常に前向きにな気持ちを持ち続けるのが私の信条です。
私がみなさんを元気に、前向きにできるよう頑張ります。

【小田原】
Kikumi先生、ありがとうございます。
ますますのパワーアップを期待しています!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
いかがでしたか?
ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして
活躍されている方が世界各国、日本各地にいらっしゃいます!
今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-
※卒業生の皆様にお願いします※
ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在約1, 000名以上の
インストラクターを輩出し続け、全国からたくさんの方に
お越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを
全国よりお問い合わせいただいております。
こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。

 +:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー