秋のワークショップ【2017年10月】 お申込受付開始!

Stottt_pilates

こんにちは。
Zone by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

みなさま、お待たせいたしました

2017年10月秋のワークショップのお申込受付を開始いたします。
ご希望の方はぜひお早めにお申込み下さい

【お申込み方法】
(1)専用の申込みフォームよりお申し込みください。

  2017年10月秋のワークショップ お申込フォーム

         ⇑⇑⇑

※お申込の受付は専用の申込みフォームのみとさせていただきます。


(2)ビーキューブ®より、<ご予約確認メール>をお送りいたします。
※ご予約確認メールが届いた方のみ、予約受付ができています。

(3)<ご予約確認メール>到着から1週間以内に受講料を銀行振り込みにてお支払い下さい。
※お支払いの確認が取れ次第、受講枠を確保いたします。

(4)<受講手続完了メール>をお送りいたします。

【担当】
Akatsuka

赤塚貴之 (アカツカ タカユキ)

【参加費】
STOTT PILATES®2時間ワークショップ 12,000円
プログラムデザイン 7,000円

【お申し込み方法】
下記のお申し込みフォームよりお手続きしてください。
2017年10月秋のワークショップ お申込フォーム

201710ws ブログ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★10月3日(火)13:00~15:00
「中級マットワーク:機能解剖学、キューイングと修正」
STOTT PILATES® Intermediate Matwork: Functional Anatomy, Cueing & Correcting
0.2CEC

★ 10月3日(火) 15:30~17:30
「マット・グループクラスのための指導方法とプログラミング」
STOTT PILATES® Group Matwork Classes: Teaching Skills & Programming Choices
0.2CEC
スペシャリティトラック:Group Matwork

★2017年10月31日(火)10:00~12:00
「試験対策ワークショップ・マット」
Exam Preparation:Matwork
0.2CEC

★2017年10月31日(火)13:00~15:00
「Program Design/プログラムデザイン」
*こちらはSTOTT PILATES®のCEC対象外です。

★2017年10月31日(火)15:30~17:30
「姿勢分析の復習」
Postural Analysis Review
0.2CEC
*STOTT本部の変更により2時間のワークショップとなります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

インストラクターとして活動している方、現在コースで勉強中の方に、おススメのタイトルです。
日頃の復習の機会として、実技試験へ向けた勉強の場としてぜひご参加下さい。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【コラム 第8話】プログラミングのコツ「プログラミングのまとめ方」

Stottt_pilates

皆様、こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®のAkatsukaです。

Akatsuka

ZONE by ビーキューブ®に在籍する
インストラクタートレーナー(IT)によるコラムを連載中!
今、気になるトピックス、旬のフィットネス情報など、幅広い話題をお届けいたします。

ピラティスインストラクターに興味がある方、
養成コースでストットピラティスSTOTT PILATES®を学ぶ受講生、
そして、現在第一線で活躍するインストラクターの皆様へ
きっと役立つ情報になることと思います。

引き続き「プログラミングのコツ」についてお伝えします。
前回は必要な情報収集だったので、
今回はその情報をもとにどのようにプログラミングを組み立てていくかをお伝えします。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

情報収集で得られた内容をもとに、筋肉の強弱の領域を明確にしていきます。
強さ、弱さが顕著に現れている場所をまとめ、
その場所に対して、どのようなモディフィケーションを活用していくかを決定します。
モディフィケーション(調整)の目的とは、、、
———————————————————-
A:サポート
エクササイズをより行いやすくして五原則を正確に実行できるように調整すること。
B:チャレンジ
より完全な動作パターンを習得できた後にチャレンジできるような要素を追加していくこと。
———————————————————-P1320023
導入時に考慮すべきポイントを次の内容にまとめました。
 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
1:ポジショニング
余分に緊張がある所はどこか。可動域に合わせた適切なアライメントに調整します。
例) スパインツイスト時の骨盤の配置のためにクッションに座る、あぐらにする等。
 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
2:可動域(ROM)の調整
可動域を図ることに慣れていなければエクササイズのエッセンスを読み直すことをおすすめします。
スタビリティが確保できる可動域に調節をします。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
3:支持面
身体の支持されている面積です。
広いほど安定度が高くエクササイズの実行が容易になります。
狭くなればなるほどにバランスの要素が増していきます。
例) サイドキックで下の脚の曲げる等
 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
4:テコの長さ
重心に近いところに負荷が加われば安定や動きに関わる筋力が少なくて済みます。
ローリングライクアボールとオープンレッグロッカーを比べてみると分かりやすいですね。
 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
5:接地面
身体が接している面が安定しているのもなのか、不安定なものなのか。
マットで行うか、スタビリティボール、ローテーションディスクを使用して行うのか。
 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
6:外部抵抗
負荷だけではなく補助となり安定性を供給することも出来ます。
ハーフロールバック時に足関節にフレックスバンドを使用することで上体の重さを
軽減させることが出来ます。
 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
7:オープンキネティックチェーンとクローズドキネティックチェーン
クローズドキネティックチェーンとは手足が固定された物体に触れていることを指し、
そこからの反力で体を連結させるということです。
オープンキネティックチェーンは外力抵抗が無いため、関節の安定性に対しての
難易度が増します。
 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
こちらの項目をチェックしながら「なぜ」「何のために」を確かめながら
プログラミングを振り返ることで、補完させた内容かどうかを振り返ることが出来ます。
P1310357
更に詳しい内容を、10月秋のワークショップを開催するプログラムデザインでお伝えします。
実践する場を設け、ディスカッションする時間をとることも出来る、
非常に有益な時間になると思います。
お申込は、明日8月31日(木)昼12時から
ZONEブログの専用お申込フォームからのお手続きとなります。
ご興味ある方はぜひ!

201710ws ブログ□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第9回は9月15日(金)アップ予定。
Jacquinインストラクタートレーナーが担当いたします。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初中級マット(IMP)コース 【2017年8月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コースで
一番最初に受講する基礎となるコースはIMP(初中級マット)コースです。

ZONE by ビーキューブ®では半年に3回(平日コース、土日コース、集中日程コース)で
IMP(初中級マット)コースを開催、皆様のニーズに合わせたスケジュールで実施しています。

8月IMP(初中級マット)コースは集中コース。
遠方でコースを受講する方、学生の方、早くインストラクターとなって活動したい方に
とてもおススメの日程です。

今日は、IMP(初中級マット)コースの内容をご紹介いたします。
養成コース受講をご検討の方、ぜひご覧ください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ZONE by ビーキューブ®で実施されるピラティスインストラクター養成コースを
担当する先生(インストラクタートレーナー)は3名。

※養成コース担当インストラクタートレーナー

Wataru
【Wataru】

Akatsuka
【Akatsuka】

Jacquin
【Jacquin】

ZONE byビーキューブ®でコースを受講する特徴の一つに
複数の講師による授業を受けることができることにあります。
インストラクタートレーナーのそれぞれのバックグラウンドからの視点や解説で、
より多角的にピラティスを学べる環境となっています。

——————————————————————–

【IMP(初中級マット)コースとは??】

IMPIntensive Mat-Plus™の略。
ストットピラティスSTOTT PILATES®のマットエクササイズを集中的に、
小道具(プロップ)の活用も交えて学べるコースのことです。

このコースで勉強するとストットピラティスSTOTT PILATES®の初中級エクササイズを学べ、
将来的にはマットインストラクターとして活動することができます。

コース内では、エクササイズの習得はもちろん、インストラクターとしての教えるスキル、
姿勢分析やそれを基にしたエクササイズの選択方法(プログラミング)も学習します。
リハビリからアスリートまで、プライベートセッションからグループクラスまで、
様々なお客様にストットピラティスSTOTT PILATES®を教えるインストラクターになることができます。

【どんな人が受講しているの??】
8月コースを受講されている方のバックグラウンドや受講動機をお聞きしました。

★ヨガインストラクターです。グループクラス以外に、パーソナルでの指導もしたいと思っています。
★運動は苦手なほうですが、ピラティスを勉強して教えたいと考えています。
★スポーツクラブでしたピラティスが面白く、深く学びたいのが志望動機です。
★バレエをしていて、自分の身体をピラティスで管理したいです。大人の指導にも活かしたい!
★老人の介護施設で勤務。介護の仕事にも、会社の同僚の身体のケアにもピラティスを使いたい!
★ダンスインストラクターで、正しい身体の動かし方の習得、怪我のない身体づくりをしたいです。
★自分が通っているピラティススタジオのインストラクターが素敵で、その人のようになりたいという目標があります。
★身体を動かすことが大好きで、スタジオ受付からインストラクターになりたいです。
★整骨院で柔道整復師として7年勤務、新しい知識を学びたくてピラティスを選びました。
★大学で舞踊を勉強中。将来は指導者としての活動も考え、ピラティスを勉強したいと思いました。

いろんな夢や希望をもってコースに参加されていますね。
スタジオ、コースにはピラティスに興味がある仲間がたくさん集まります。
コース受講、練習を通じて、受講生同士すぐに仲良くなれ、ピラティスの輪が広がっていきますよ!

【エクササイズの授業風景を大公開!!】
まずはインストラクタートレーナーがエクササイズの見本を見せ、
どんな動きなのかを解説します。
ターゲットマッスルはどこなのか、どこが動いて、どこが止まっているのか、呼吸はどのタイミングか・・・、
さまざまな角度から観察し、丁寧に確認をしていきます。

そのあと、実際に受講生全員でエクササイズを行います。
身体を動かすことで、エクササイズの意味や理解を深めていきます。

こちらの写真はハンドレッドというピラティスでもポピュラーなエクササイズ。
手を100回ふるからハンドレッド、という名前なんです。

P1320670

姿勢にあわせた小道具(プロップ)の活用方法も学びます。
写真はアークバレルを使ってのスタートポジションの取り方を解説中。

P1320676

インストラクター役とお客様役にわかれて、エクササイズにチャレンジ中。
インストラクターとして、お客様が動く中で、わかりやすいキューイングをする方法、立ち位置も学びます。

P1320776

Jacquin先生によるデモンストレーション。
先生の解説をメモしたり、動きを確認したり・・・。テキストもあっという間にメモだらけになります。

P1320811

コース中には全員で動く時間も多くあります。
ピラティスは自分の身体を動かすことで気づいたり、理解できることも多いです。
コーススタート前も、たくさんピラティスをしておくことが、コースをより理解できる準備になります。

P1320802

P1320810

【ティーチングにもチャレンジ!】
コース中にはインプットだけでなく、アウトプットすることもとても大切!
自分がどこまで理解していて、どこがわかっていないのかは、声に出して教えてみることでわかります。

IMP(初中級マット)コースでは、
さっそく2日目からストットピラティスSTOTT PILATES®5原則のティーチング、
5日目には初級エクササイズ、最終日には中級エクササイズのプライベートティーチング、
さらにグループティーチングにもチャレンジします。

ピラティスインストラクターは、見本を見せずにティーチングを行うスタイルをよくとります。
バーバルキュー、タクタイルなどを活用し、正しい動きをクライアントに伝える練習にも多く取り組みます。
最初はうまくできなくても、課題の指導実習やセッション見学を行うことで、
ティーチングスキルを磨いていくことができます。

P1320818

P1320828

P1330079

P1330089

P1330098

【ストットピラティスSTOTT PILATES®の最大の特徴・姿勢分析とプログラミング】
数あるピラティスメソッドの中で、
ストットピラティスSTOTT PILATES®の最大の魅力
インストラクターがお客様の姿勢やお身体に合わせてエクササイズを選べることにあります。

選ぶためには、お客様の正しいお身体の情報をインストラクターが知る必要があります。
セッション前のお客様との会話や事前の聞き取りはもちろんですが、
「姿勢分析」を行い、それを基にした「プログラミング」は、
ストットピラティスSTOTT PILATES®を学ぶ上で、とても重要なトピックです。

<姿勢分析>

P1320829

P1320834

<プログラミング>

P1320958

P1320957

【最終日には試験対策ワークショップ・ジェネラルオーバービュー!】

ZONE by ビーキューブ®で受講するIMP(初中級マットコース)では
9日目に試験対策ワークショップ・ジェネラルオーバービューを実施します。
これは資格取得認定試験に向けて、実技試験や筆記試験について
インストラクタートレーナーが詳しく解説をします。

姿勢分析の方法や5原則の10分ティーチングも振り返ることができるので、
コース最後にインストラクタートレーナーに質問ができるチャンスでもあります。

P1330105

P1330108

【コース終了後の受講生の声】
★解剖学からエクササイズ初中級をとっても詳しく学べて、
本当にIMPコースに決めて受講してよかったなあ、と心から思います。
コース前よりピラティスをするようになって身体が変わってきました!

★指導をしていく中で、身体の修正方法はとても勉強になった。
8月に解剖学を勉強したばかりですが、ピラティスエクササイズと関連してもっと勉強していきたいです。

★コース内容は難しいものもありましたが、理論的なので、勉強を進めていく中で、
理解が深まり、ピラティスの奥深さと魅力をますます感じることができました。

★自分がうまくエクササイズを行えるか不安でしたが、コースを受講していくうちにコツを掴んだ気がします。
やはり自分で動いてみることが大事だな、と指導実習をしていても思いました。
中級エクササイズに苦戦中ですが、がんばります!

★こんなにすてきなピラティスをたくさんの方に広めていきたいと思います。
新しいコースやワークショップもどんどんチャレンジしていきたいです!

★先生もわかりやすく教えていただき、すごく勉強になりました。
楽しく学ぶことができてよかったです、ありがとうございました。

P1330103

8月IMP(初中級マット)コース受講の皆様、お疲れ様でした。
たった1か月でストットピラティスSTOTT PILATES®のマットのスキルを勉強し、
受講生全員で練習やセッション見学されている姿がとても印象的でした。
これから次のコースに進む方、試験を受験する方、それぞれ進路は違いますが、
ZONE by ビーキューブ®で学んだ仲間として、これからもピラティスを極めてくださいね!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2017年後期スケジュールのIMP(初中級マット)コースは定員間近のコースもございます!
ストットピラティスSTOTT PILATES®のインストラクターとして活躍したい方、
ご自身のピラティスの知識を深めたい方などなど、
みなさまのご参加をお待ちしております。
※コースには定員がございます。定員になり次第、お申込受付を終了いたします。

2018年1月~6月の養成コーススケジュールは2017年秋ごろ発表を予定しております。
今しばらくお待ちくださいませ。

【IMP(初中級マット)コース】

9月30日(土)~10月29日(日)  【土・日曜日コース】 満員御礼!

11月13日(月)~12月14日(木)  【平日コース】 定員間近!

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

養成コースのことを知ってみたい方、まずは資料を見てみたい方、
ご不明な点や確認したいことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください

実際のコースについての説明も行っています。スタジオ見学も兼ねてぜひお越しください!

—————————————————————————-

【ピラティスインストラクター 養成コース 体験&説明会】

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

◆日時:2017年 9月 23日(土・祝) 17:00~19:00

◆参加費: 無料

◆場所:  ZONE by ビーキューブ®スタジオ

◆アクセス:
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F

・地下鉄 御堂筋線   「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 四ツ橋線   「四ツ橋」駅1-A番出口より徒歩5分

◆対象: STOTT PILATES® インストラクター養成コースにご興味のある方

◆お持ち物: 筆記具、動ける服装、タオル

—————————————————————————-

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
※まずは資料を見てみたい、質問したいことがあるという方、
お気軽にお問い合わせください。個別でも対応させていただきます!

【お電話】 06-6241-6364 担当:小田原
お問い合わせフォームはこちらからアクセスしてください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1 【2017年8月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

残暑厳しい暑さが続いていますね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

皆様のご要望にお応えして、早速追加開催いたしました
「膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1」

フィットネス、医療の分野でも注目されているFascia(筋膜)
その特性やいかにしてアプローチしていくか、そして効果はどんなものなのか。
3日間16時間で学べるこちらのコース。

ピラティスインストラクター、パーソナルトレーナーといったフィットネス分野の方はもちろん、
リハビリに携わる医療従事者の方にも活用いただける内容になっています。

医学的にも専門性の高い内容を、Wataru先生がわかりやすく解説するので、
初めてFascia(筋膜)を学ぶ方にも、その魅力を十分に感じていただけます。

今日は「膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1」3日間のコースの様子をお届けいたします。

■■□―――――――――――――――――――□■■

「膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1」Merrithewのコンテンツのひとつ。
STOTT PILATES®やZen・ga、Core、Total Barreといったコンテンツと同様に独立した内容です。
Merrithewのコンテンツを勉強したことがない方でも受講できます。
コースは座学とエクササイズを交えて行われます。

P1320846

P1320853

P1320874

P1320896

P1320940

P1320945

P1320947

Fascia(筋膜)は一般的に
「筋肉や臓器を包んでいる膜」「全身にはりめぐらされている膜」などの表現がされます。
が、最近の研究で
Fascial(筋膜)は筋肉にも入り込んでいる」ことや「筋繊維がなくても臓器の形成ができる」など
柔軟なただの膜というイメージからは大きく変わってきています。

Fascia(筋膜)へそれぞれの感覚器の特徴ごとに向けた刺激をするために、
音楽のテンポにあわせて動いたり、多彩なプロップを使ったり、面白い身体の動きがあったります。
コース中は音楽を流して受講生全員でバウンスの動きをしたり、
グループごとにプロップの特性ごとで変化する刺激の違いを話し合ったり・・・、とてもにぎやかです。
講義中の難しい専門的な話も、動きを通して理解できることがたくさんあります。

——————————————————————————–

【コースでのエクササイズの様子をちょっとご紹介】

写真をクリックするとエクササイズ動画がご覧になれますよ!
ぜひクリックしてみてください!

P1320858

P1320870

——————————————————————————–
【特徴あるプロップを使った筋膜の刺激の違いを体感】
多彩な素材のプロップをグループごとで体感、話しあう時間があります。
質感、素材、硬度などで筋膜へのアプローチが変わるので、その変化に驚きの連続!

すべてのプロップを試すことができるので、
現在インストラクターとして活動されている方は
ご自身のクライアントを想定した動きやアプローチを熱心に考えておられる様子もありました。

新しいプロップのレパートリーも増え、バリエーションもアップしています!
筋膜の観点から身体を考える視点、発想でプロップの使い方も考えたりしていきます。

<ローラーチーム>
P1320901

<リリーザーチーム>
P1320903

<マッサージボールチーム>
P1320906

<ボールチーム>
P1320907

——————————————————————————–
【コース最終日には早速ティーチング発表もあります】
コースで学んだ内容をさっそく明日から活用できるようにするために、
グループ発表の形式でティーチングも実践します。

P1320921

P1320928
——————————————————————————–

【コース受講生の感想】

★ 今までもっていなかった知識だったので難しかったけれど、3日間で理解が少しずつ深まり、
動くことでつながりを感じることができました。

★生命体の不思議を感じ、改めて動けることのありがたさを痛感した内容でした。
コースは座学の時間も長かったのですが、より一層身体を動かすことの重要性を感じました。
「内受容」の説明のときの例え話が具体的でとてもわかりやすかったです。

★1日目はちんぷんかんぷんでどうしようかと思いましたが、
身体を動かすことで、すこしづつわかってきたかな、と思っています。
コースが終わってから自分の中で消化してものにできるように頑張ります。

★ピラティスと違った見方ができるようになって、今まで解決できなかったり、謎だった点に
ヒントを得ることができました。これからが楽しみです。

★筋膜リリースっていいんだよね?ぐらいの知識から、「なんでいいの?」「どうするといいの?」に
少しだけ答えられるようになった気がします。
学校で子供たちに膜の感じ方を聞いてみたいと思います。

★もっともっと人間の体は奥が深くて面白く、いろんな方向からアプローチできることを知り、
視野を広く持たないといけない、と強く思いました。
今の筋膜の知識もどんどんアップデートされていくので、すごく楽しみにしています。

P1320917

コース受講の皆様、3日間、お疲れ様でした。
さっそく患者様、お客様に筋膜へのアプローチを実践してください!
スタジオへお越しに際には、セッションでの変化、お客様の感想など、ぜひお知らせください!

■■□―――――――――――――――――――□■■

ご好評につき追加開催を決定しましたが、おかげさまで
10月コース共に定員のためキャンセル待ちとなっております。

※詳細、キャンセル待ちの登録はこちらから→ホームページ 膜・筋膜ムーブメントコース

世界的にも最先端の内容を学べる「膜・筋膜ムーブメントコース」
現在、2018年前期(1月~6月)までの間での開催を検討中です!
スケジュールが決定次第ご案内いたしますので、今しばらくお待ちくださいね。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【卒業生ご紹介】福岡 STUDIO BREATHING 坂井陽子さん

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®のAkatsukaです。
Akatsuka

ZONEで学び、インストラクターとして活動されている方をご紹介!

今回はストットピラティスSTOTT PILATES®の盛んな地域のひとつ、
福岡市南区で STUDIO BREATHING を主宰されている坂井陽子先生にお話しを伺いました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<スタジオ紹介>

福岡県福岡市南区大橋にあるSTUDIO BREATHING(スタジオ ブリージング)
国松ビルの2Fにあります。
ビーキューブ®主催のワークショップや養成コースを開催しているスタジオです。

img_2190-%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

IMG_3432

IMG_3430

白を基調とした広々としたスタジオ内で、普段はストットピラティスSTOTT PILATES®の
マットグループやリフォーマークラス、器具を活用したプライベートセッションが行われています。
キッズクラスがあるのも特徴的なスタジオです。

主催の坂井陽子先生は、スタジオ以外のクラスも担当されているなど、
スタジオを飛び出しての活動にも積極的に取り組まれています。
ストットピラティスSTOTT PILATES®を多くのお客様に楽しんでいただいている、
福岡で最もお客様に近いスタジオです。

IMG_3374

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

<坂井洋子先生へのインタビュー>

IMG_3373

【Akatsuka】
Bcube® on Tour 福岡でのピラティスワークショップ、インストラクター養成コースでは
いつもありがとうございます。
STUDIO BREATHING(スタジオ ブリージング)の特徴や強みを教えてください。

【坂井先生】
スタジオのコンセプトは「すべての方にピラティスを!全ての方にPain Free を」です。
ストットピラティスSTOTT PILATES®はクライアントへの対応の幅が広いので、
健康や美容の意識の高い方、スポーツをされているアスリートの方や
リハビリ目的の方など、さまざまなな方がセッションにお越しになります。
車椅子の方や脳血管疾患などの障害をお持ちの方も来てくださっています。

【Akatsuka】
お客様、クライアントではどんな方が多いですか?

【坂井先生】
私が障害者スポーツセンターや福祉センターなどでもエクササイズを教えている関係もあり、
リハビリ目的の方も多いですね。

【Akatsuka】
福岡は特にピラティスが盛り上がっている地域のひとつだと思っているのですが、
実際はどんな感じですか?

【坂井先生】
Akatsuka先生のおっしゃるとおり、とても盛んです。
いろいろなメソッドのピラティスがありますね。
健康に意識が高い方が福岡には多いのでしょうか、ピラティスを取り入れている方が多いですね。

IMG_3369

【Akatsuka】
STUDIO BREATHINGのイメージはどんなものを意識しておられるのでしょうか?

【坂井先生】
イメージカラーをオレンジにしています。
STUDIO BREATHINGに来たお客様が明るい気持ちになるように、という想いが込められています。

【Akatsuka】
スタジオで人気のクラスはズバリなんですか?

【坂井先生】
リフォーマーのグループクラスですね。
参加されるお客様がいつも違っていて、本当にたくさんの方に楽しんでいただいています。
実は参加しているメンバーでエクササイズを変えているんですよ。
慣れた方が多いときは、思い切って上級リフォーマーのエクササイズをすることもあります。

【Akatsuka】
上級リフォーマーのエクササイズですか?!すごいですね!
それでは最後にこれから後に続くインストラクターの皆様へのメッセージをお願いします。

【坂井先生】
自信を持ってお客様とのセッションを行うためには、経験を積んで勉強することがとても大切です。
新しい情報を学び、自分のものにしてどんどんアウトプットして欲しいと思います。

【Akatsuka】
坂井先生、お忙しい中、ありがとうございました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

いかがでしたか?
ZONE by ビーキューブ®で学び、その知識と経験を活かして活躍されている方が
世界各国、日本各地にいらっしゃいます!

今後も卒業生の活動報告をZONEブログで紹介していきます。
お楽しみに!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

※卒業生の皆様にお願いします※
ZONE by ビーキューブ®は、2017年現在約1, 000名以上のインストラクターを輩出し続け、
全国からたくさんの方にお越しいただいております。
そして、ビーキューブ® アカデミー卒業生のスタジオを全国よりお問い合わせいただいております。

こういったお声を沢山いただいていることを受けて、
ビーキューブ®アカデミーで学んだ方々のスタジオ情報等を、
ご紹介させていただくための登録フォームを作成しました。
ご自身のスタジオや、活動情報をぜひお知らせください。

インストラクター スタジオ&活動状況 登録フォーム
 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

マットインストラクター、コース受講生必見!10月秋のワークショップ 開催します

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by Bcube®の小田原です。
 
マットインストラクター必見!
ピラティスマット・グループクラスで多くのお客様を指導されている皆様へ、
こんなお悩みはありませんか?
 
・ピラティスグループクラスの指導のバリエーションがたくさんほしい
・お客様にもっと効果的で楽しんでもらえるセッションをしたい
・エクササイズがうまくできない方へのアプローチ方法を学びたい
などなど・・・。
 
養成コースで学んだグループクラスのティーチングをベースに
もっとレベルアップさせた実践的な内容を学んでみませんか?
マットインストラクター、コース受講生におすすめのワークショップの
10月開催が決定いたしました。
 
現在、ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コースを受講中の方におすすめです。
インストラクターとしてのスキルアップ、マットエクササイズの学びを深められますよ!
お申し込みは8月31日(木)昼12時から開始します。
Akatsuka先生の実践的なティーチングスキルを学べるこの機会、お見逃しなく!
日頃の疑問、質問をAkatsuka先生と一緒に解決する機会としてぜひご参加ください!
皆様のご参加、お待ちしております。
201710ws ブログ
 
【日程】
~ティーチングスキルアップのためのワークショップ~
2017年10月3日(火)
13:00~15:00 中級マットワーク:機能解剖学、キューイングと修正
15:30~17:30 マット・グループクラスのための指導方法とプログラミング
 
2017年10月31日(火)
10:00~12:00 試験対策ワークショップ・マット」
13:00~15:00 Program Design/プログラムデザイン
         *こちらはSTOTT PILATES®のCEC対象外です。
15:30~17:30 姿勢分析の復習
         *STOTT本部の変更により2時間のワークショップとなります。
【担当】
Akatsuka
赤塚貴之 (アカツカ タカユキ)【場所】

STOTT PILATES®ライセンストレーニングセンター
ZONE byビーキューブ® スタジオ
 
【参加費】
STOTT PILATES®2時間ワークショップ 12,000円
プログラムデザイン 7,000円
【CECポイント】
STOTT PILATES® CECポイントがつきます。
1タイトル STOTT PILATES®  0.2CEC
 ※10月31日(火)「プログラムデザイン」はSTOTT PILATES®のCEC対象外です。
 
【お申込み受付開始】
2017年8月31日(木)昼12:00~
※定員に達し次第、受付を終了いたします。
※ご返金、及び振替はいたしかねますので、予めご了承下さい。
※ご連絡がない15分以上の遅刻はキャンセル扱いとなります。
 
【ワークショップお申込み方法】 
(1)ビーキューブ®ホームページZONEブログ内の「2017年10月ワークショップ お申込フォーム」よりお申込みください。
2017年8月31日(木)昼12:00より、申込受付開始
ZONEブログ内のお申込みフォーム 
(2)ビーキューブ®より、【ご予約確認メール】をお送りいたします。
 【ご予約確認メール】が届いた方のみ、予約受付ができています。
 ※申込フォーム送信の時点では、ご予約完了ではございませんので、予めご了承ください。
 
(3)【ご予約確認メール】到着から1週間以内に受講料を銀行振込にてお支払いください。
 ※お支払の確認が取れ次第、受講枠を確保いたします。
 
(4)【受講手続き完了メール】お送りいたします。
※※※※※※定員に達した場合のキャンセル待ちについて※※※※※※
 
キャンセル待ちは承りませんので予めご了承下さい。
但し、一旦受付を終了したワークショップも、
定員に空きができ次第、予告なしにお申し込みを再開する場合がございます。
 
ワークショップの最新情報はアカデミーホームページZONEブログ 等を
チェックしていただきますようよろしくお願いいたします。
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
10月3日(火)13:00~15:00
「中級マットワーク:機能解剖学、キューイングと修正」 
STOTT PILATES® Intermediate Matwork: Functional Anatomy, Cueing & Correcting
0.2CEC
 
MERRITHEW™チームによって開発されたこの中級マットワークのワークショップでは、
キューイングに特化して、多くの複雑な動きを修正することに重点をおいています。
厳選したエクササイズを特定の関節動作、筋作用の観点から細分化し識別していきます。
的確なフォームを保ちつつ、中級の難易度が高まった内容を実行できる助けとなる、
キューイングのヒントと修正を学びます。
観察力とバーバルキューを見直し、クライアントの動作の本質的変化を見てください。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
★ 10月3日(火) 15:30~17:30
「マット・グループクラスのための指導方法とプログラミング」
STOTT PILATES® Group Matwork Classes: Teaching Skills & Programming Choices
0.2CEC
スペシャリティトラック:Group Matwork
グループクラスをリードするためにはインストラクターとして多くを求められます。
どのように多くのクライアントに安全で楽しいワークアウトを提供するのか、
このワークショップではマットワークのレパートリーを通して、
グループ特有のプログラミング、キューイングそして修正方法を学びます。
またクラス全体を統括しながら、個々へも目をくばり、特色に合わせてのモディフィケーションの選択と
スムーズなクラス展開を習得して頂けます。
[ フレックスバンド ]
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
2017年10月31日(火)10:00~12:00
「試験対策ワークショップ・マット」 
 Exam Preparation:Matwork
 0.2CEC
この2時間のワークショップでは、厳選したマットエクササイズの復習に焦点をあてて行います。
スターティングポジションなどを含む詳細を、再度確認し実技試験に備える内容になっています。
主に個別の効果的な修正、キューイングの手法や試験で重視されるポイントなどを確認していきます。
また、姿勢分析とプログラミングの観点からの、プロップの使用とモディフィケーションの活用についてもお話します。
試験への対策に限らず、マットの復習を希望する全ての方に最適なワークショップです。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
★2017年10月31日(火)13:00~15:00
 「Program Design/プログラムデザイン」
 *こちらはSTOTT PILATES®のCEC対象外です。

プログラミングをする上での、必要な情報の取り方と効果を高めるスキルを集中的に学べます。
静的姿勢(姿勢分析)にプラスして動的姿勢からの情報をもとに、
プログラミングを組む方法を取り上げる実践的な内容となっております。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
・モディフィケーションを導入の際のポイントの詳しく解説。
・より深いエクササイズへの知識の獲得。
・修正の視点を明確にする。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ケーススタディー(事例)を基に実際にプログラミングもしてみます。
皆さんの観点からの意見も聞ける機会にもなります。
基本的なマットエクササイズのプログラミングですので、
全てのレベルの顧客に応用できるポイントも多いはずです。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
2017年10月31日(火)15:30~17:30 
 「姿勢分析の復習」
 Postural Analysis Review
 0.2CEC
 *STOTT本部の変更により2時間のワークショップとなります。
こちらの実技を交えたワークショップではSTOTT PILATES®の
ワークアウトのプログラム構成における姿勢分析の重要性を確認する概要です。
静的と動的姿勢の双方に触れ、そのそれぞれが、
どのようにエクササイズやモディフィケーション選択に影響するかを考えていきます。
姿勢の概念との関係から、固有の姿勢の筋長や筋力への影響を復習します。
また姿勢分析の実践を練習します。
骨格の指標となる部位の触診の方法や、分析の手順をおって行うスキルを学習します。
姿勢上の問題を、エクササイズのプログラミングにどう考慮していくかをお伝えします。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
インストラクターとして活動している方、現在コースで勉強中の方に、おススメのタイトルです。
日頃の復習の機会として、実技試験へ向けた勉強の場としてぜひご参加下さい。
お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【コラム 第7回】「練習」と脳の関係について

Stottt_pilates

こんにちは、Wataruです。
Wataru

昨日も沢山の方がZONEに練習にいらしていました。
熱意をもって練習を重ねる様子は見ていても素敵です。

P1320844 ブログ

ピラティスも正確な動作反復から効率よい動きを学習するトレーニングですよね。
効率よい身体の使い方の「練習」をしている訳です。
日々クライアントの方々とインストラクターとしてそのプロセスを行っているとも言えます。。

僕は以前、大きなプレゼンテーションを前に、とてつもなく緊張していた時期に恩師に相談した時のことを思い出します。。。

「周囲の期待に応えようとする心構えの表れ」と言われ、浮かれた気分になったもの束の間。
まだ続きがあって。。。あともう一つズバリ!「準備不足」。
つまり練習が足りないから当然緊張をするのだと言われたのでした。

 

「練習は嘘をつかない」

などなどと言われます。体験的に感じたことがありますよね。
物理的なスキルを習得するには練習が必要です。
練習とは、改善を目標にした行動の繰り返しであり、効率良くかつスピーディーに自信を持って行動するのに役立ちます。
今日は精神論や根性論とは違う角度から「練習」というプロセスを考えたいと考えています。

意識を動作に反映させたり、環境に適応する為には二つの回路による常にコミュニケーションが繰り返されています。
遠心性神経伝達路(中枢から末梢へ)求心性神経伝達路(末梢から中枢へ)の二つです。

神経の伝達回路の開発が動作を洗練させると考えられます。
末梢の正確な情報収集によって効率良い、最適な戦略の選択を中枢が行えます。

また脳は過去の経験やデータから独自のストーリーを構成し判断します。
同じ事象でも、肯定的や否定的感情をもつのはこの影響です。

 

神経伝達のコミュニケーションの発達と、意識や感情が動作の最適化には欠かせません。
イメージトレーニングの効果や重要性をこうしたことからも知る事が出来ます。
ある程度習得された動きは、イメージによって洗練させることが可能だと言われます。
筋肉が動きを記憶することはなく、脳の働きによる神経伝達の「スーパーハイウェイ」がつくられることが動作の記憶に結びつきます。
反復こそがまさにその過程であって「練習」とよべるものでしょう。

 

習得された能力が体現できることを英語では 「embodiment」と言います。
よくインストラクターの所作などを評価する際に耳にする言葉です。
理屈だけでなく、骨に身にしみた事柄こそ本当に理解したと言うべきなのかもしれません。
量だけではなく、良質で効率の良い練習こそ、可能性を最大に高めてくれるはずです。

 

練習は実際にどんな影響を与えているか? Annie BoslerとDon Greeneが練習が脳の内部の働きにどのように影響するかを説明します。アニメーションと共に解説された動画をご紹介します。
またスタジオで「練習」する皆さんとお会いするのを楽しみしています。

 

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛知県春日井市で学べるSTOTT PILATES(R)ワークショップご紹介!

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®の小田原です。

9月に愛知県春日井市で開催されるBcube® on Tour 名古屋のお申込みがスタートしています。
皆様、もうお申し込みはされましたか?

こちらのワークショップは
・ピラティスインストラクター
・フィットネスインストラクター
・パーソナルトレーナー
・医療従事者
・これからピラティスを学びたい方
にご参加いただける内容になっております。

当日にワークショップの資料をお渡し、道具やマットはこちらで準備します。
動きやすい服装とタオル、筆記用具があればご参加できますので、
初めてワークショップに参加する方もご安心ください!

※お申し込みはこちらから→2017年9月 Bcube® on Tour 名古屋申込フォーム

※ワークショップの詳細はこちらをチェック→2017年9月Bcube® on Tour 名古屋

今日は担当するAkatsuka先生より、
内容をちょっと先取り!おススメのワークショップをご紹介いただきます。

Akatsuka

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Akatuska先生 おすすめワークショップ その1

【9月8日(金)】
◆12:00~14:00 [SKYスタジオ]
リフォーマー&プラットフォームエクステンダー  定員まであと4名!

※お申し込みはこちらから→2017年9月 Bcube® on Tour 名古屋申込フォーム

リフォーマを購入すると一緒についてくる「プラットフォームエクステンダー」
フルに使ったエクササイズのバリエーションを学べる2時間。
マットとリフォーマー、または初級と中級のその間を補うようなエクササイズ満載なので、
プログラミングの幅がぐんと広がります。

今回は春日井市のピラティススタジオエス・ケー・ワイ(Pilates Studio SKY)様の
リフォーマースタジオをお借りして、特別に開催することができたワークショップです。

リフォーマーをすでにセッションで取り入れている方はもちろん、
これからリフォーマーを勉強する方にも楽しんでいただけるワークショップです。
リフォーマーに初めてチャレンジする方もぜひ受講してみてください。

【過去開催の様子】
<福岡会場~2016年~>
IMG_2465

<大阪会場>

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Akatuska先生 おすすめワークショップ その2

【9月8日(金)】 ◆16:00~18:00 [パレッタ] 定員まであと1名!お急ぎください!
【9月9日(土)】 ◆10:00~12:00 [パレッタ] 定員まであと3名!

中級マットワーク:機能解剖学、キューイングと修正 

※お申し込みはこちらから→2017年9月 Bcube® on Tour 名古屋申込フォーム

2017年春・大阪会場でのカンファレンス、7月のBcube® on Tour福岡でも
多くの方の受講いただいたこちらのワークショップ。
各地での次回開催の熱いご要望があるワークショップがBcube® on Tour名古屋にも登場です!

インストラクターがレベルアップした中級エクササイズをクライアントに伝える際の
キューイングや修正に重点をおいて、確認していくワークショップです。

5原則が理解できて、それを伝えられているか、
機能解剖学的に、大切な点を踏まえてキューや修正が行えるか、などなど。
適切な関節、筋、筋収縮、値、タイミング、この情報を用いて、キューや修正を行っていきます。

ピラティスインストラクターコース生はもちろん、
すでにインストラクターとして活動されている方に是非おススメです!
よりレベルアップしたエクササイズをクライアントに伝える方法を、新たな視点を交えて深めていきましょう。

【過去開催の様子】
<福岡会場~2017年7月~>

IMG_3519-s

<大阪会場~2017年3月~>

IMG_0062
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Akatuska先生 おすすめワークショップ その3

【9月9日(土)】
◆15:30~17:30 [パレッタ]
フィットネスサークルを活用した アスレチック・コンディショニング

※お申し込みはこちらから→2017年9月 Bcube® on Tour 名古屋申込フォーム

2017年春のカンファレンスで初登場したこのワークショップ。
グループクラスでも人気のプロップ・フィットネスサークル。
この特性を最大限に活用し、プライベートで、グループで活用できるエクササイズをご紹介します。

最新のストットピラティスSTOTT PILATES®の情報とともにお届けいたしますよ!
身体への負担も考慮しながら、よりレベルアップしたフィットネスサークルの
チャレンジエクササイズを楽しみながら学べますので、楽しみにしていてください。

【過去開催の様子】
<大阪会場~2017年3月~>

P1300539

P1300543

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

ストットピラティスSTOTT PILATES® の魅力たっぷりのワークショップを受講できるチャンスです。
ピラティスを学んだことがある方、これから学ぼうと思っておられる方にもおすすめします!
また、ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コース受講をお考えの方、
まずは興味のあるタイトルのワークショップに参加してみるのもいいですよ!

Bcube® on Tour 名古屋、ぜひご参加ください。
定員間近のワークショップもございますので、参加ご検討の場合はお急ぎください!

※お申込はこちらから→2017年7月 Bcube® on Tour 福岡

※詳しいタイトルはこちらをチェック→ホームページ「7月 Bcube® on Tour 福岡

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

レビュークラス 【2017年8月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ピラティスインストラクター養成コース受講生限定クラス「レビュークラス」
こちらは、コースの教材に沿って、内容をグループクラス形式で復習できる内容です。

「久しぶりにピラティスを自分が動きたい!」というすでにインストラクターとして活動している方、
「8月、11月の試験のためにもう一度動きを思い出したい!」という試験前の受験生、
「コースが終わったばかりなので、とりあえずピラティスをしたい!」というコース受講生など
多くの方が何回も受講される「レビュークラス」

8月5日(土)にマット、リフォーマーの各レビュークラスを満員御礼で開催
今日はその様子をご紹介いたします。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

まずはマットレビュークラス
IMP(初中級マット)コースで使用したフィットネスサークル、アークバレル、バンドをふんだんに活用し、
コースで学んだエクササイズの内容、呼吸やターゲットマッスルで間違いやすいポイントなどの確認、
コースで取り上げられた調整方法(モディフィケーション)へのチャレンジ、
スタートポジションからエクササイズまで、次々と流れるようなテンポの良い1時間のクラス。
担当のAkatsuka先生の的確な指示のもと、動きも知識も同時に復習できる内容に、
参加者も必死についていきます!

スタジオで実施しているピラティスマットグループクラスとは違い、
専門用語でのキューイング、3つのプロップを調整(モディフィケーション)に合わせて使用、
スピートよくエクササイズが行われるので、まるでコースを思い出すような独特の雰囲気のクラスとなります。

また、行うエクササイズもちょっと難易度が高い中級レベルや
普段のグループクラスでは行わないものも、レビュークラスではあえて行うのもいいところ。

P1320693

P1320699

P1320705

P1320716

P1320717

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

マットレビュークラス終了後は「リフォーマーレビュークラス」へ。
こちらも中級レベルのエクササイズにどんどんチャレンジ!
素早くリフォーマーのセッティングを変更し、アクロバティックなエクササイズも行います。

特にセッティングは、バーの高さやスプリング1つ間違うと怪我をする危険性もあるので、
正しく覚えてセットできているかどうか、特にAkatsuka先生からの厳しいチェックがありました。

エクササイズ中に動きやターゲットマッスルの確認があり、正解しないと終われないという時間もあり、
しんどいながらも要点良く内容が復習でき、リフォーマーの多彩な活用方法を改めて実感できた1時間。
マットから連続して受講している方がほとんどだったこともあり、最後はみんなで力をふり絞った感じ!

P1320720

P1320727

P1320737

P1320739

P1320750

P1320756

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

今回の「レビュークラス」にご参加いただいた皆様、いかがでしたか?
コースの内容を思い出したり、深めたりできたことと思います。

いつもアツい開催のご要望がある「レビュークラス」
次回開催に向けて、現在インストラクタートレーナーとスケジュールを調整しています!

決定次第、ホームページ、メルマガ、ZONEブログでご案内しますので、
楽しみにお待ちください。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

解剖学集中コース 【2017年8月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

皆様の一番関心のある身近なトピックとして「健康」があります。
誰もが元気に、はつらつと毎日を過ごしたい、と思っています。
でも実際は身体の怪我、不調やトラブルを感じている方がほとんどではないでしょうか。

「自分の身体を知ること」は、これからの自分の健康のためにとても大切なこと。
身体の仕組みを機能解剖学的視点から学んでみませんか?

ZONE by ビーキューブ®の「解剖学集中コース」では
骨や筋肉の名前、その働きをわかりやすく学べるコース。
初めて解剖学を勉強する方に、楽しく、わかりやすい内容にしています。

今日は8月に開催された「解剖学集中コース」の様子をご紹介します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ZONE by ビーキューブ®の「解剖学集中コース」の様子はこんな感じ。
会場となるスタジオには、机もイスもありません。
「解剖学集中コース」と聞いて、座って講義を受けるイメージを持っている方もいるかもしれませんが、
動きを通して解剖学を勉強するスタイルなので、じっと話を聞く時間が実は意外と少ないんです。

P1320603

次にスタジオの様子をみにいったら、みんながペアになって動いていました。
これは腹斜筋の作用の一つである体幹の「回旋」を実感しているところです。
名前から体幹前面にあるイメージもありますが
体側にあって上肢と下肢をつないでいるとも言える筋です。
動作以外にも、動く四肢に対する体幹と骨盤の「安定」への役割もあります。

自分で動くことだけでなく、相手の動きを観察することも身体を知ることになります。
ゆくゆくはピラティス養成コースに進んでインストラクターになりたい方は、
今後、相手の身体の動きを見る目も、大切なスキルとなっていきます。

P1320616

こちらは腹横筋の確認。
日頃「腹筋」といわれる部分には、先ほどの腹斜筋、腹横筋のほかに外腹斜筋、内腹斜筋と
大きく全部で4つの筋肉があります。

ぽっこりお腹を改善するために行う「腹筋」も、4つの筋肉の特徴を踏まえて行うことで
より効果的なアプローチができます。

P1320619

スタジオにある骨格標本を使って、骨の形の確認も行っていきます。
写真は大腿骨を触っているところ。
実は前面がなめらかなのに対し、後面はざらざらしています。
ざらざらした部分には筋肉が付着しているからなんです。

骨もそれぞれの動きに応じて、その形が形成されています。
「身体が動くために骨がデザインされている」と考えると、不思議な感じがしますね。

P1320621

「解剖学集中コース」は1日6時間、2日間で実施されます。
1日目は「脊柱などの身体の中心部分」、2日目は「四肢」がテーマ。

1日目終わってから受講生に感想を聞いたところ「難しかった」「全然覚えられない」というお声が。
明日大丈夫かな・・・、ちょっと心配していたのですが、翌日朝に行う復習テストでは見事全員正解!
コース終了後におうちで復習した成果が早速あらわれてきましたね。

コース内で解説される難しいと思っていた専門用語にも慣れてきた様子。
先生への質問にも解剖学用語が出てくるようになってきました。

写真は「肩甲骨の上方回旋と下方回旋」について。
肩甲骨と上腕骨の動きの関係(肩甲上腕リズム)を確認しています。
手をこぶしを握って挙げている人の肩甲骨と上腕骨の関係がいい割合の位置にあった時、
もう1人の人が上からこぶしを押しても、手を挙げている人の身体がぐらつかないんです。

言葉での解説がちょっと難しいのですが、実際にやってみると受講生からは驚きの声が!
気になる方、ぜひコースに参加してみてください。

P1320640

 

最後は上腕二頭筋、上腕三頭筋の働きについて。
フレックスバンドを引っ張る動作から筋肉の動きがわかります。
腕の筋肉も実際は肩あたりからついていたりするので、一つの動きを取っても、
広範囲で関わっていることがわかります。

P1320644

=======================================
【受講生のコース終了後の感想をご紹介!】

★ダンスをしていますが、けがが多くて自分でこれが原因かな、と思っていたことが、実は違うことがわかりました。
左足がぐらぐらするのは足指ではなく、胸椎や頭の位置の関係もあるのは本当に驚きでした!

★肩コリがひどくて病院にも言っていましたが、治療だけではなく、
「自分の身体の原因」に早く気付いてケアすることが大切だと気付きました。

★いつも背中が固いとおもっていて、ストレッチポールで運動していましたが、
コースで習った「呼吸」の方法を変えるだけで、背中の筋肉がこんなに動くんだ、とびっくりしました。

★2回目のコース受講で、1回目よりも深いところまで聞くことができました。
筋肉、骨のほかに筋膜も身体に関係しているのは新たな発見でした!

★今まで身体の興味があって雑誌をみたりしていましたが、全然わからず困っていました。
解説してもらうことで身体を立体的に考えたり、奥が深いな~と思いました。
=======================================

コースにご参加の皆様、ありがとうございました。
2日間の解剖学集中コースの内容で、新しい身体の見方、付き合い方を知っていただけたと思います。
これからも身体へのなぜ?とその知識をどんどん深めていって下さいね!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「身体のこと、もっとよく知りたい!」と思った方、是非次回の「解剖学集中コース」に参加しませんか?
ひとの身体の動きを知っている人でも、さらに理解を深めていただける内容です。
日常生活では馴染みがなく、難しく感じる解剖学用語や筋肉、骨の名前も、
ZONE by ビーキューブ®の「解剖学集中コース」2日間で楽しみながら学んでみましょう!
受講後は、身体の不思議をもっともっと知りたくなるはずですよ!

2017年開催スケジュールはこちら!!
————————————————————

・ 9/23(土・祝)、24(日) 9:30~16:30

・11/7(火)、8(水) 9:30~16:30
————————————————————-

★コースのお申し込みフォームはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込書

ピラティス養成コース受講の事前学習としてはもちろん、
身体に携わる仕事をされている方の更なるスキルアップとして、
趣味の運動やスポーツ、日常生活を楽しむ上で知っておきたい身体のことを
「解剖学集中コース」で一緒に学んできましょう。
みなさまのご参加、お待ちしております。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー