2016年7月 IR(初中級リフォーマー)コース mod1

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®の小田原です。

先日ビーキューブ®の近くにある難波神社では夏祭り「氷室まつり」が開催されていました。
浴衣を着た方や屋台で遊ぶ子供たちの姿をみて、夏到来を実感しました。
皆様、お元気でいらっしゃいますか。

ピラティスインストラクター養成コースとしては、
7月から8月にかけてIR(初中級リフォーマー)コースを開催中。
ストットピラティスSTOTT PILATES®のプライベートセッションでも
良く活用される器具のひとつでもあり、
リフォーマーを使ってグループクラスはとても人気があります。

今日はIR(初中級リフォーマー)コースの初級6日間の様子をご紹介、
リフォーマーの魅力をたっぷりお届けいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

IR(初中級リフォーマー)コースは、
IMP(初中級マット)コース、AM(上級マット)コースを勉強した方が
次のコースとして受講されることが多いコース。

初級6日間、中級4日間でリフォーマーの使用方法、セッティングやエクササイズの習得をはじめ
マットコースでも勉強した5原則、姿勢分析、プログラミングについても再度取り上げ、
インストラクターとしてのスキルもさらにアップできる内容です。

初日は5原則とマットエクササイズの復習から。
その後、リフォーマーの解剖学として、器具の仕組みを学んでいきます。
お客様に安全にエクササイズをしていただくための準備としても、とても大切なことです。
スプリングの種類やセッティング方法など、その特徴を解説。

P1270747

さあ、リフォーマーエクササイズにチャレンジ。
器具を使って行うピラティスは、個々の筋肉へのアプローチが感じやすいのもメリット。
マットエクササイズでできないことが、リフォーマーでならエクササイズができるようになったり、
ターゲットマッスルを実感しやすくなったりします。

———————————————————————————————-

ここからはIR(初中級リフォーマー)コースで学ぶエクササイズをちょっと紹介します!!

【ベンド・アンド・ストレッチ】
空中でフットワークを行います。
フットバーに足をつけるよりも、不安定な接地面で膝の曲げ伸ばしを行います。
大腿四頭筋と股関節伸筋群を使って、脚を伸ばすようにするのがポイント。
先生のエクササイズ解説の後には、受講生が実際にエクササイズにチャレンジします。

P1270767

【ヒップ・ロールズ】
お尻をあげた状態で膝の曲げ伸ばしをします。
膝から方が一直線のまま行うので、お尻が上下します。
写真の状態からさらに身体がまっすぐになるまで腰が下りていくんです。
スプリングの重さで調節することによって、ターゲットとなる筋肉を変えることができます。

P1270842

【サイドアーム・プレップス・シッティング】
体幹の形を変えずエクササイズを行うシリーズの1つです。
上級コースでも登場するエクササイズの基礎となる動きを確認しています。
三角筋、棘上筋がターゲット。
グループクラスでもおなじみのエクササイズです。

P1270995

【シングルレッグ】
フットワークを片足で行うこちらのエクササイズ。
ベンド・アンド・ストレッチ同様、大腿四頭筋と股関節伸筋群がターゲット。
リフォーマーのエクササイズは四肢にアプローチできるものが数多くあります。
マットでの環境をリフォーマーに変えることで、脚や肩甲骨への働きかけをより助けて、
ピラティスができる環境になります。

P1280010

【バック・ローイング・プレップス】
バック・ローイング・プレップスは、全部で8種類。
写真は1つ目「プラウ」、日本語で「耕す」という意味です。
身体の前から負荷がかかるので、背中が頑張らないと姿勢を保つことができません。
腕とともに身体が動かないように、体幹安定のための脊柱起立筋と腹斜筋を意識する必要があります。
腕を動かすことで広背筋、三角筋、大円筋へもアプローチできます。

P1280018

———————————————————————————————-

コースではエクササイズの習得だけでなく、
「姿勢分析の方法」「エクササイズの選択方法(プログラミング)」「ティーチング練習」もあります。

【ティーチング練習】
プライベートセッションのティーチング風景。
キューイングにも声のトーンや話す速さ、表現方法など、工夫する点はたくさんあります。
相手にうまく伝えるために、さまざまな方法を試して練習していきます。

P1280134

【エクササイズの選択方法(プログラミング)】
姿勢の特徴に合わせて、リフォーマーとお客様の身体をどう調整すべきか、
先生からその一例が紹介されています。
写真の体勢になったとき、脚が下がりやすいお客様へはどうしたらいいか・・・、
みんなで意見を出し合います。

P1280139

【受講生の方へインタビュー】
参加者の方にコースについて伺うと、
必ず一言目は「リフォーマー、楽しい!!」。

受講前はリフォーマーでエクササイズを教える環境がないことや、
10日間のコースについていけるかどうかの不安もあったそうですが、
ピラティスが正しくできているかどうか教えてくれるリフォーマーの素晴らしさ、
新しい知識や技術を勉強する楽しさなど、
コースがあっという間に進んでいく!という感じなのだそうです。

IMP(初中級マット)コースは初めての養成コースということもあり、
緊張や情報量の多さにしんどかった、という思い出だった方も、
IR(初中級リフォーマー)コースは、
「コースで学ぶ内容を楽しめるようになってきた」とのこと。

ストットピラティスSTOTT PILATES®の本当の面白さは、
もしかしたらIR(初中級リフォーマー)コースで実感できるのかもしれませんね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

実は、ビーキューブ®スタジオで行われている
「ピラティス・リフォーマー・バランス・グループクラス」の内容は、
IR(初中級リフォーマー)コースで勉強するエクササイズが中心となっています。

IMP(初中級マット)コースを勉強した方には、
ぜひ「ピラティス・リフォーマー・バランス・グループクラス」にご参加いただいて、
リフォーマーの良さをぜひ実感していただきたいです!

グループクラスのスケジュールはこちらからチェック

※セッションのご予約はこちらからどうぞ!

7月IR(初中級リフォーマー)コース中級は8月20日(土)からスタート
こちらの様子もアカデミーブログで紹介いたします。お楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364 Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年6月~7月IMP(初中級マット)コース mod1

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®の小田原です。

ストットピラティスSTOTT PILATES®にご興味のある方に
初めに受講するコースとしてお話しするのがIMP(初中級マット)コースです。

こちらのコースでは、
★63種類の初級、中級マットエクササイズの習得
★道具を使った調整方法(モディフィケーション)
★姿勢を分析する方法と、その特徴にあわせたエクササイズの選び方(プログラミング)
★プライベート、グループのティーチング方法
などを学べます。

ピラティスインストラクターとして活動をしたいとお考えの方をはじめ、
最近ではピラティス初心者、インストラクター未経験の方が
新たな自分の世界を広げるためにコースにチャレンジする方も増えています!

IMP(初中級マット)コース
初級コース5日間+中級コース3日間+試験対策ワークショップ1日の全9日間。
今日は初級5日間のコースの様子も交えながら、
ストットピラティスSTOTT PILATES®の世界の最初の扉を開いてみましょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

初日はコース受講生同士の自己紹介からスタート。
ビーキューブ®の受講中のルールのひとつに「ニックネーム」で呼び合う、というのがあります。
これから一緒にピラティスを勉強する仲間として、長いお付き合いになります。
器具のコースに進んだ方からは、
「IMP(初中級マット)コースの同期とは一番連絡を取り合います!」
というお話もよく聞きます。

あともう1つのルールがあります。
それは「質問はコース中にみんなで共有する」ということ。
疑問点を残したままコースを進めてしまうと、どんどんわからないことが膨らんでしまいます。
みんなで確認しあう時間を大切にすることで、学びを深めるようにしています。

P1270744

ピラティスの歴史についても触れたあとは
ストットピラティスSTOTT PILATES®5原則の解説と実技へ。

①呼吸
②骨盤の配置
③胸郭の配置
④肩甲骨の動きと安定
⑤頭と頚部の配置
の5つの原則がなぜ大事なのか、どのような状態が正しいのかなどを学んでいきます。

写真は頭と頚部の配置について、状態を観察、確認しながら
ピラティスパットを何枚頭の下にひくのかを決めていきます。
ペアになって実際に正しい位置になるように調整をしていきます。

インストラクターとしてセッションを行う上で、クライアントに5つの原則は必ずお伝えし、実践するもの。
2日目にはこの5原則を実際に教えあうティーチングの時間があります。

P1270712

2日目からは初級エクササイズを学びます。
コース受講前には、たくさんのピラティスをする時間をしておけば、
エクササイズのことを理解しやすくなります。

最初は自分でできないエクササイズがあったとしても、
コース受講初日からスタートする3つ課題のひとつ「自主練習」にしっかり取り組めば、
エクササイズのエッセンスがわかるだけでなく、自分自身の身体の変化も感じることができます。
また、スタジオのグループクラスやプライベートセッションを受講することで、
正しいストットピラティスSTOTT PILATES®の動きに触れたり、
インストラクターの先生に質問するコース受講生もたくさんいます。

ストットピラティスSTOTT PILATES®の特徴として
「いろんなお身体の特徴に合わせた調整方法」をインストラクターが選べます。
コースの中では、小道具(プロップ)などを活用して、
安全で効果的なエクササイズができるような知識と技術を習得できるんです。

IMG_0935

P1270965

P1270980

P1280080

こちらはプラベートセッションティーチングの様子。
インストラクター養成コースですので、エクササイズを人に伝える練習があります。
最近はインストラクター未経験でコース受講する方が増えてきています。
また、ダンスやエアロビクスのインストラクターとして活動している方からは、
「ピラティスのセッションの方法は独特なものだと感じている」というお声もいただきます。
課題の2つ目でもある「指導実習」は、
タクタイル(触れる)、キューイング(言葉がけ、表現)など、
コースで学んだ様々なティーチング方法を、自分の言葉で表現する練習にもなります。

課題の3つ目「セッション見学」は、
ストットピラティスSTOTT PILATES®認定インストラクターが行う
実際のお客様とのセッションを見る、というものです。
インストラクターがどのような表現でエクササイズを教えているのか、
楽しく、やる気が出るお声掛けがどのようなものがあるのか、
また安全にセッションを行う環境への配慮をどのように行うのかを発見できます。

コース期間中の講義を基に3つの課題に取り組むことで、
ストットピラティスSTOTT PILATES®を多角的に学ぶカリキュラムとなっています。

P1280112

初級コース最終日には「姿勢分析」の時間があります。
クライアントの日常生活やけがの有無など、10人10通りの姿勢があります。
1人1人にあったピラティスエクササイズを選ぶために、姿勢分析はその基本となるもの。
解剖学的な視点から、骨格の指標となる部位の触診の方法や、
分析の手順をおって行うスキルを学習します。

P1280117

中級コースは9月から再開となります。
8月1ヶ月の間、「自主練習」「指導実習」「セッション見学」に取り組んで、
この夏はピラティスとともに過ごしてください!
9月にコース生のみなさまにお会いできることを楽しみにしています!

中級コースの様子はこちらのブログで紹介します。お楽しみにお待ちください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2016年後期スケジュールのIMP(初中級マット)コースは下記のスケジュールで開催が決定!
お申込みも受付いたしております!
ストットピラティスSTOTT PILATES®のインストラクターとして活躍したい方、
ご自身のピラティスの知識を深めたい方などなど、
みなさまのご参加をお待ちしております。

【IMP(初中級マット)コース】

※お問い合わせの多いコースです、お申込みはお早めに!
11月3日(木・祝)~12月18日(日)  【土日・祝日コース】

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

養成コースのことを知ってみたい方、まずは資料を見てみたい方、
ご不明な点や確認したいことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください

実際のコースについての説明も行っています。スタジオ見学も兼ねてぜひお越しください!

—————————————————————————-

【ピラティスインストラクター 養成コース 体験&説明会】

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

◆日時:2016年 8月 21日(日) 16:00~18:00

◆参加費: 無料

◆場所: ビーキューブ®スタジオ

◆アクセス:
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F

・地下鉄 御堂筋線   「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 四ツ橋線   「四ツ橋」駅1-A番出口より徒歩5分

◆対象: STOTT PILATES® インストラクター養成コースにご興味のある方

◆お持ち物: 筆記具、動ける服装、タオル

—————————————————————————-

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
※まずは資料を見てみたい、質問したいことがあるという方、
お気軽にお問い合わせください。個別でも対応させていただきます!

【お電話】 06-6241-6364 担当:小田原
お問い合わせフォームはこちらからアクセスしてください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23
南船場第二東洋ビル4F Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362 E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年7月解剖学集中コース

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®の小田原です。

みなさま、「解剖学」「生体力学」と聞いて、どんなイメージがありますか?

「骨や筋肉の名前って、あまり聞きなれないし難しそう」
「腰が痛くて病院に行ったときに、先生にいろいろ説明されたけど、あまりよくわかっていないかも」
「ピラティスのグループクラスで、先生から筋肉の名前を言われたとき、自分のどこのことを言っているのか、ちょっと自信がない」

自分の身体のことでもあるのですが、日常生活を送る上でなかなかピンと来ない、ということもありますよね。
でもこの「解剖学」「生体力学」についての正しい知識を身につけると、
自分の身体への意識が変わったり、怪我のことや体の不調についての正しい認識ができるなど、
とてもいいことがたくさんあります。

ビーキューブ®で開催される「解剖学集中コース」は、
「解剖学」に初めて触れる方にも、わかりやすく解説していきますので、
難しい部位の名前も、先生の説明があるから自然と理解していけるんです。

今日は、解剖学のお話をご紹介します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

背骨と聞くと「背中にある骨」「胴体を支える1本の骨」と思われがちですが、
実際はたくさんの骨から構成されています。

上から頚椎7個+胸椎12個+腰椎5個+仙椎5個+尾椎4個の33個からなっています。
骨格標本でその形を確認した後は、ペアになって脊柱の場所を実際の身体で触って確認!

P1280034

お腹の筋肉にも実はさまざまな筋肉があります。主な筋肉の働きなどをまとめました。
字で解説すると・・・、ちょっとわかりにくいですね・・・。
解剖学集中コース内では、おなじみの腹筋運動をしながら、どこにこれらの筋肉があるのか、
トレーニングしながら(笑)お腹の筋肉の場所を確認していけます。

外腹斜筋
側腹部の表層部にある筋肉。体幹部分の回旋運動、屈曲、側屈ができます。
他の腹部の筋肉とともに腹圧を助けたり、内臓の位置の安定にも関わっています。

内腹斜筋
側腹部の深層部にある筋肉。
筋肉の運動作用や働きは外腹斜筋と同じです。

腹直筋
平たく長い筋で、白線の両側を縦走し腹直筋鞘に包まれています。
体幹部を前屈、側屈、回旋させる作用があります。

腹横筋
内腹斜筋に覆われ、最も深層部にある筋肉。
腹腔内圧を高めて腰椎の安定性を保つために関与しますが、脊柱の動きには関与しません。

P1280041

「解剖学集中コース」ではおなじみの一コマ。
腰部、骨盤帯の安定の仕組みをフレックスバンドを用いながら確認しています。
身体の中で安定を担う大切な場所は、適切な緊張と圧迫により機能します。
一人のバンドをゆるめると不安定になってしまうことが、わかりやすく体感できます。

P1280044

足の部分も複雑な構造になっています。
例えば「膝が痛い」場合、膝だけが原因でその痛みが出ているだけでなく、
その上の股関節、もしくは下の足首からの影響で痛くなる場合はあります。
自分の足が正しい位置(アライメント)にあるのかどうかも気になるところ。
身体の調整ができるエクササイズは・・・、実は「ピラティス」なんです。

P1280074

P1280067

参加者の皆様からは、
「2日間の情報は多いけど、楽しかったです。」
「なぜ痛いのか、どこが痛いのか、解剖学を知ることでとても理解できました。」
「身体をパーツで考えず、繋がりで見る、というのは新しい視点でした。」
という感想や、
「具体的に二の腕をひきしめるにはどうしたらいいか?」
「友達が言う身体の不調の原因はもしかしたらこれですか?」
といった解剖学がわかるからこそ!の質問が飛び出すまでになりました。

コースにご参加くださったみなさま、お疲れ様でした。
これをきっかけに「解剖学」について、どんどん興味を持っていってください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「身体のこと、もっとよく知りたい!」と思った方、是非次回の「解剖学集中コース」に参加しませんか?
ひとの身体の動きを知っている人でも、さらに理解を深めていただける内容です。
日常生活では馴染みがなく、難しく感じる解剖学用語や筋肉、骨の名前も、
ビーキューブ®の「解剖学集中コース」2日間で楽しみながら学んでみましょう!
受講後は、身体の不思議をもっともっと知りたくなるはずですよ!

2016年開催スケジュールはこちら!!
————————————————————
・10月29日(土)、30日(日) 9:30~16:30

————————————————————-

★コースのお申し込みフォームはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込書

ピラティス養成コース受講の事前学習としてはもちろん、
身体に携わる仕事をされている方の更なるスキルアップとして、
趣味の運動やスポーツ、日常生活を楽しむ上で知っておきたい身体のことを
「解剖学集中コース」で一緒に学んできましょう。
みなさまのご参加、お待ちしております。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364 Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年夏のカンファレンス ~Thank you Melanie~

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®の小田原です。

待ちに待ったMelanieを迎えての夏のカンファレンス
Zone school of Fitness of Education by Bcube®になって初めてのカンファレンスです。

MelanieはストットピラティスSTOTT PILATES®リハビリテーションのマスターインストラクタートレーナー
年1回海外でのワークショップを行っており、今年は日本・ビーキューブ®に来てくださいました。
Melanieの経験を基にしたワークショップは、
ご参加くださった皆様からは、
「Melanieパワフルかつ陽気な人柄が伝わる楽しいワークショップだった!」とのお声をたくさんいただきました!

今日は暑い5日間だった夏のカンファレンスについてご紹介します。

DSC02460

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【7月14日(木)】—————————————

◆10:00~12:00
STOTT PILATES® 安定性の原則

ストットピラティスSTOTT PILATES®5原則の理論を再確認できるワークショップ。
実際お客様へのセッションで5原則を活用することで、
身体の改善を実感しているインストラクターも多くおられます。

P1270854

P1270867

◆13:00~15:00
ボディウエイト・トレーニング

プロップを使わずに自重のみでピラティスを行う方法を学べます。
5原則で身体の安定を意識してから、エクササイズを行うことでその関連性を実感。
Melanieの緩急あるキューイングが参加者のモチベーションを上げていきます!

P1270883

P1270907

◆15:30~17:30
スタビリティ・チェアを活用したアスレチック・コンディショニング レベル1

スタビリティチェアを使ってより高度なピラティスにチャレンジ!
パフォーマンスアップや日常生活の中での動きの向上のために、
ファンクショナルなトレーニングエクササイズが紹介されました。

P1270953

P1270956

【7月15日(金)】———————————–

◆10:00~12:00
骨粗鬆症のためのプログラミング (講義形式)

高齢化社会が進む日本でも推定1300万人が骨粗鬆症であるとも言われています。
骨密度を増加させ骨を強くするためには、適度なエクササイズが有効です。
骨粗鬆症の方にぜひ実践してほしいピラティスエクササイズ、
逆に行うにあたって注意が必要なものなど、Melanieの解説とともに学んでいきました。

DSC02237

DSC02243

◆13:00~15:00
脊柱屈曲のないエクササイズ

脊柱を屈曲させることが難しいクライアントに向けたピラティスを紹介する、こちらのワークショップ。
体幹がニュートラルな状態で上半身の安定性に負荷やバリエーションを与える
さまざまなプロップの活用で、よりダイナミックな動きにすることができます。

DSC02250
DSC02265

◆15:30~17:30
脊柱側弯症のためのプログラミング (講義形式)
脊柱側弯症の症例を交えながら、
ピラティスを活用してその状態にあわせた小道具を活用したプログラミングの方法を学びます。
脊柱側弯に悩んでいる方、少しでも改善させたいと思っている方に、
安全で効果的なピラティスを提供することができます。

DSC02281
DSC02287

【7月16日(土)】———————————–

◆10:00~17:00 (うち1時間休憩)
DPS™インストラクター基礎コース Level1

3日目はDPS™のインストラクター基礎コース
Mike&Wataruが担当。
イメージカラーの赤と黒のウェアやシューズで参加いただくのも恒例となってきました。

今までは講師としてカンファレンスに参加していたMelanieが今日は受講生となり、
DPS™の理論とエクササイズのバリエーション、その魅力を存分に学びました。

新しい発想を培っていくのもDPS™のいいところ。
参加者が持ち寄ったアイディアをみんなで実践していきます。

DSC02307

DSC02318

DSC02362

【7月17日(日)】———————————–

◆10:00~17:00 (うち1時間休憩)
足部と歩行のメカニズム
Melanieのオリジナルワークショップ。
まずは足部の筋肉や骨の構造やその働きについて、詳細な講義が行われました。
自分の脚に直接ペンで骨のある部分を書き込んで、その動きも観察していきます。
足部への理解が深まったところで、今度は歩行について話が進んでいきます。
実際にモデルに歩いてもらい、その歩き方がどのような特徴があるのかを細かく観察していきます。
毎日何気なく立ったり、歩いたりしている動作をフォーカスする内容だけあって、
Melanieの熱意あふれる講義内容に、受講生も真剣です!
DSC02490
DSC02521
DSC02679
DSC02572
DSC02663

【7月18日(月・祝)】———————————–

◆10:00~12:00 
ゴルフのためのマットワーク レベル1

近年増加傾向にあるゴルファーに対して、パフォーマンス向上を目的に
ピラティスエクササイズを考えるこちらのワークショップ。
メイプルポールをゴルフクラブにみたてて、実際のゴルフスイングを意識したエクササイズもご紹介!

DSC02754

DSC02762

◆13:00~15:00
フォームローラー・チャレンジ レベル2

フォームローラーを活用したピラティス・マットエクササイズを数多く取り上げました。
リフォーマーのエクササイズをフォームローラーを使うだけで、マットでもできるものにもチャレンジ。
ストレッチポールをお持ちのお客様に、ぜひしていただきたいエクササイズ満載です。

DSC02773

DSC02793

◆15:30~17:30
動きの精度とコントロール向上の為のフィットネス・サークル

養成コースでは見られないフィットネスサークルの使い方を取り上げる、こちらのワークショップ。
斬新な活用方法で驚きの連続です。
伸縮するサークルの特徴を活かして、時には身体の安定に、時にはチャレンジにできます。

DSC02804

DSC02816

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

夏のカンファレンスにご参加の皆様、ありがとうございました。
ワークショップの内容を活かして、ピラティスにぜひ取り組んでください!

次回、ビーキューブ®で開催するワークショップは
大阪を飛び出して福岡、名古屋で開催が決定!

Bcube® on Tour 福岡の詳細はこちらから→Bcube® on Tour 福岡

Bcube® on Tour 名古屋の詳細はこちらから→Bcube® on Tour 名古屋

これからも、ビーキューブ®では、さまざまなワークショップを開催してまいります。
開催してほしいタイトルなどのご要望はお気軽にお知らせください。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23
南船場第二東洋ビル4F Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362 E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏のカンファレンス DPS養成コース開催!!

DPS

待ちに待ったMelanieを迎えての夏のカンファレンス
Zone school of Fitness of Education by Bcube®になって初めてのカンファレンスです。

MelanieはストットピラティスSTOTT PILATES®リハビリテーションのマスターインストラクタートレーナー
年1回海外でのワークショップを行っており、今年は日本・ビーキューブ®に来てくださいました。

DPS™のインストラクター基礎コース Level1 は、Melanieをまじえて
DPS™の理論とエクササイズのバリエーション、その魅力を存分に学びました。

バイオメカニクスの観点から、ポストリハビリテーションに活用できるエクササイズのバリエーションが誕生しました。内容も更に充実させていきます。早速、開発チームが一緒になって熱いディスカッションがされました。DPS™独自の原則の普遍性に更に磨きがかかるはずです。

コースでは新しい発想を培っていくのもDPS™のいいところ。
参加者が持ち寄ったアイディアをみんなで実践していきます。

DSC02290

DSC02307

座学で理論を学んだ後には、早速実践に入ります。

DSC02318

DSC02362

dsc

幅広いフィットネス人口に向けて開発された新しいトレーニングコース、DPS™
最大の魅力であるプログラミング創造性の開発、想定されるケースを題材にディスカッションしていきます。

今後ますます発展、展開していくDPS™。
グループクラス、養成コースのご要望も多く頂いております。
次回開催をお楽しみに!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
DPS ロゴ

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:zone@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/dps/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DPS™グループクラス、お客様に大盛況!

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®の小田原です。

6月から期間限定で開催しているDPS™グループクラス。
DPS™チーフインストラクタートレーナーのMike先生Wataru先生が担当しています。
定員のクラスあり、リピーターのお客様あり、皆様に楽しんでいただいております!

【DPS™グループクラスの様子をちょっとご紹介】

P1270708

P1270706

image

image (10)

P1270748

P1270763

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

DPS™は「The Diversified Pilates Strength 」の略。
「プランク」「プッシュアップ」「スクワット」の3種類のエクササイズを
いかに理論を踏まえたうえで、ダイナミックな展開をしていくかがDPS™の面白いところ。

お客様が楽しく、そして効果的なエクササイズを実践してもらうために、
ある時はピラティスでおなじみのプロップを使って、またある時は身近な道具も取り入れながら
60分のグループクラスを行っていきます。

お客様に提供できるための理論やエクササイズのバリエーションを学べるのが、
DPS™インストラクター養成コース
7月16日(土)10:00~17:00にレベル1のコースが開催、申込期限間近です!!

※養成コースレベル1のお申込みはこちらから→DPS™ Foundation Course Level 1 申込フォーム

※養成コースの詳細はこちらから→DPS™ Foundation Course Level 1 コースについて

※前回の養成コースレベル1の様子などはブログをチェック!!→DPS™ Japan公式ブログ

※DPS™の最新情報やエクササイズ動画はこちらからいいね!→DPS™ Japan Facebook

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

7月14日(木)から始まる「夏のカンファレンス」のお申込み締切も近づいております!!
ご興味のあるワークショップがありましたら、ぜひご参加ください。

※お申込みはこちらから→2016年夏のピラティスカンファレンス 申込フォーム

<<7月9日(土)現在 お申込み可能なワークショップ>>

【7月14日(木)】—————————————

◆13:00~15:00
ボディウエイト・トレーニング (あと4名!)
STOTT PILATES® Bodyweight Training
0.2CEC
担当:Melanie&Wataru
スペシャリティトラック:Athletic Conditioning・Group Matwork

—————————————————-

◆15:30~17:30 (あと1名!)
スタビリティ・チェアを活用したアスレチック・コンディショニング レベル1 
STOTT PILATES® Athletic Conditioning on the Stability Chair™, Level 1
0.2CEC
担当:Melanie&Wataru
スペシャリティトラック:Athletic Conditioning

【7月15日(金)】———————————–

◆10:00~12:00
骨粗鬆症のためのプログラミング (講義形式)  (あと1名!)
STOTT PILATES® Programming for Osteoporosis Management
0.2CEC
担当:Melanie&Wataru
スペシャリティトラック:Post–Rehabilitation Conditioning・Active for Life

【7月18日(月・祝)】———————————–

◆10:00~12:00
ゴルフのためのマットワーク レベル1 (あと4名!)
STOTT PILATES® Pilates Matwork for Golf, Level 1
0.2CEC
担当:Akatsuka
スペシャリティトラック:Golf Conditioning・Group Matwork

—————————————————-

◆13:00~15:00 (あと2名!)
フォームローラー・チャレンジ レベル2
STOTT PILATES® Foam Roller™ Challenge, Level 2
0.2CEC
担当:Akatsuka
スペシャリティトラック:Dance

—————————————————-

◆15:30~17:30 (あと4名!)
動きの精度とコントロール向上の為のフィットネス・サークル
STOTT PILATES® Precision & Control with the Fitness Circle®
0.2CEC
担当:Akatsuka
スペシャリティトラック:Athletic Conditioning・Dance・Group Matwork

—————————————————-

皆様にスタジオでお会いできることを楽しみにしています!
ビーキューブ®での暑いカンファレンスを、皆様と一緒に盛り上げましょう!!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364 Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年6月~7月RM2(リハビリテーション・マット2)コース

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®の小田原です。

夏の日差しを感じる日が続いてまいりました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

今日は医療従事者対象のストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コース、
RM2(リハビリテーションコース・マット2)コースの受講生の皆様が
コース終了後にリハビリテーションコースの感想などをご記入いただいた
アンケートの一部をご紹介いたします!

受講生の生の声をぜひご覧ください!!

P1270726

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

RM1(リハビリテーション・マット1)コースで勉強したことの復習と、
さらに実践的な内容のエクササイズを実際に体験して、
自分の中での知識の定着がはかれたのと、今後深めて勉強していくモチベーションが上がりました。
今回の内容は患者様への、特にセルフコンディショニング指導に役立ちそうです。
新たな視点が増え、自分の引き出しの中身が増えたと思います。
治療だけでなく、評価のスキルもあがると思います。

【理学療法士/病院勤務】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

患者様を診るポイント、指導ポイント、エクササイズの発展の仕方など、新しい発見がありました。
リハビリテーションコースの内容は、リハビリ以外の一般向けでも活用できます。
コースを受講し、新しいエクササイズをお客様や患者様に提供すると、
とても喜んで下さることを励みに、今後も頑張ります。

【理学療法士/ピラティスインストラクター】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

リハビリテーションコースに参加したメンバーが、いろいろな職種の方だったので、
それぞれの視点から意見が聞けたのが良かったです。
ピラティスの基礎である体幹の安定に、エクササイズが非常に有効であると感じています。
コース内ではエクササイズを自分で行う時間も多いため、思ったより筋肉痛になりました。

【医師/病院勤務】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

四肢疾患に対しての中軸機能の重要性を改めて認識する機会となりました。
エクササイズの内容はRM1(リハビリテーション・マット1)コースよりも、
ややレベルアップされていました。
工夫により若年者から高齢者まで応用の範囲は広いと感じています。
実際の職場で運動療法として患者様に伝えることで、患者様自分でも行ってもらい、
身体の状態をよくすることができたケースもありました。
「自立を促すリハビリ」としての観点からもピラティスは有効な手段だと考えています。

【理学療法士/整形クリニック勤務】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

前回のRM1(リハビリテーション・マット1)コースに引き続き受講してみて、
より日常の動きにつながるピラティスエクササイズやその意図が理解できたので、
大変興味深く、おもしろかったです。
今後は5原則に沿った動きをその人にあった方法で、良いエクササイズを提供したいです。

【理学療法士/水泳指導者】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

仕事上、普段は単関節など1か所に特化しての運動が多い中、
今回はより協調的なエクササイズ等、いろいろな組み合わせを学べました。
イメージや意識付けのヒントが多くあり、治療中、終了後のセルフエクササイズとしても
患者様に使用していただけると思います。
自分自身でもピラティスを体験してみて、いかに普段指導されている側が、
正しく動くことを言われた通りに理解し、実践することの難しさも感じました。

【理学療法士/病院勤務】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

最高にワクワクする日々でした。
様々なフィールドで活躍されている専門家との出会いが、とても刺激的でした。
これからも一緒に学び続けたいと思える仲間とも出会えて本当に楽しかったです。
コースでは臨床に対するいろいろな考え方や、どんな方にもピラティスを活かせることが学べました。
自分の患者様にアライメントの修正方法は、すぐに実践することができました。

【理学療法士/クリニック勤務】

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

<RM2(リハビリテーション・マット2)コースの様子をご紹介!>

P1270632

P1270635

P1270640

P1270650

P1270724

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

次回のリハビリテーションコースは、
RM1(リハビリテーション・マットコース)「脊柱、骨盤、肩甲骨の安定」コース
2016年9月に開催が決定しています。

~2016年追加スケジュール RM1(リハビリテーション・マット)コース~

・9月17日(土)、18日(日)、19日(月・祝)  9:30~16:30
※その他のリハビリテーションコースは2017年以降のコースで開催を予定しております。

—————————————————–

※今なら早割期間内でのお申込みが可能です!(7月17日(日)までのお申込対象)

◆RM1&2(リハビリテーション・マット1&2)コースの場合
受講料260,000円 → 250,000円  ・10,000円割引!

◆RM1(リハビリテーション・マット1)コースのみの場合は
受講料140,000円 → 135,000円  ・5,000円割引!

※ビーキューブで®初めて養成コースを受講される場合は別途初回登録料10,300円が必要です。

—————————————————–

→お申込みはこちら 「STOTT PILATES®認定コース申込フォーム」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

リハビリテーション分野でのストットピラティスSTOTT PILATES®の可能性を

皆様とともに広げていきましょう。
ご参加、お問い合わせ、お待ちしております。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364 Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年9月 『Bcube® on Tour 名古屋』 開催のお知らせ!

Stottt_pilates

こんにちは、ビーキューブ®の加藤です
Wataruインストラクタートレーナーによる『Bcube® on Tour 名古屋』 
9月にSTOTT PILATES®認定CEC単位取得ワークショップの開催が決定いたしました。
愛知県春日井市JR勝川駅前のスペースパレッタを会場として
922日(木・祝)全3タイトルのワークショップをお届けします。
STOTT PILATES® インストラクター技術向上、CECポイントの単位取得、
またご自身のスキルアップのためにぜひご参加ください。

81日(月)1200より、申込受付開始いたします。

みなさまのご参加、お待ちしております。

 2016 09_B3ontour_nagoya-FB

 

【日程】
9月22日(木・祝)
10:00~12:00 マットワーク・フロー・コンディショニング 連続的なワークアウト
13:00~15:00 スタビリティボールを活用したワークアウト レベル 3 / 3-D・バランス
15:30~17:30 筋強化と可動性のためのマットワーク

【場所 】
JR勝川駅前スペースパレッタ2階
アクセスはこちら  → http://www.machi-kachigawa.com/access.html
〒486-0945
愛知県春日井市勝川町7丁目37番地ネクシティパレッタ

【担当】
上泉渉(カミイズミ ワタル)

【参加費】
WS 1タイトル(2時間) 12,000円

【CECポイント】
STOTT PILATES® CECポイントがつきます。
1タイトル STOTT PILATES® 0.2CEC

【お申込み受付開始】
8月1日(月)12:00~

【お申込み方法】
(1)ビーキューブ® ホームページ内の「Bcube®  on Tour 名古屋 専用お申込フォーム」よりお申込みください。

8月1日(月)12:00より、ビーキューブ® ・アカデミーブログにて申込受付開始

(2)【ご予約確認メール】をお送りいたします。
※申込フォーム送信の時点では、ご予約完了ではございませんので、予めご了承ください。

(3)【ご予約確認メール】到着から1週間以内に受講料を銀行振込にてお支払いください。
※お支払の確認が取れ次第、受講枠を確保いたします。

(4)【受講手続き完了メール】お送りいたします。

【受付期間】
8月1日(月)12:00~
※定員に達し次第、受付を終了いたします。
※ご返金、及び振替はいたしかねますので、予めご了承下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【9月22日(木・祝)】
10:00~12:00
Matwork Flow Conditioning Sequence Workout
マットワーク・フロー・コンディショニング 連続的なワークアウト
0.2CEC
スペシャリティトラック:Group Matwork、Dance

MERRITHEW™チームが開発したワークアウトはエネルギーと流れの感覚をマットワークにもたらします。
呼吸の活用により集中力を高め、動きの質を向上させていきます。
斬新な動きの移行と連続性ある構成により、全身のコ ンディショニングとコントロールが高められます。
筋強化、柔軟性を兼ね備えた安定性と動きの自由度を向上させていくエクササイズプログラムとして選ばれています。

13:00~15:00
3-D Balance – Stability Ball™ Level 3
スタビリティボールを活用したワークアウト レベル 3 / 3-D・バランス
0.2CEC
スペシャリティトラック:Group Matwork

スタビリティボールを使用することで中級マットワークのエクササイズへ更なるチャレンジと効果を高めることができます。
スタビリティボールの動的性質により、固有感覚受容性を高め、身体全体における素早い安定化を促します。
このワークショップでは、効果的にコアに焦点をあてながら、筋強化とバランスを高めるエクササイズをお伝えしていきます。

15:30~17:30
Matwork Strength & Mobility
筋強化と可動性のためのマットワーク
0.2CEC
スペシャリティトラック:Active for Life、Group Matwork

シンプルで連続的な動きを凝縮させて、コアと四肢、安定性に挑戦する内容です。
自重のみを活用したエクササイズを展開。ピラティスの基本原則を動きに加えることで、
筋強化、アライメントとバイオメカニクスの修正に焦点をあてたものにしています。
シンプルな動きの連続がいかに機能性を向上させて、パフォーマンスを高めるために有効かを学べます。
特に股関節、膝関節と足関節といった下肢の筋バランスと可動性に注目した内容になっています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ピラティスのインストラクターはもちろん、
フィットネスインストラクター、パーソナルトレーナー、医療従事者…
これからピラティスを学びたい方ならどなたでも参加していただけます!
皆さまのご参加をお待ちしております

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F

Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月18日(月・祝)はAkatsuka先生ワークショップデー!

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ ®の小田原です。

「夏のカンファレンス」。みなさま、お申込みはお済ですか?

※詳細、お申し込みはこちらから→2016年 夏のピラティスカンファレンス お申込受付開始!!

ストットピラティスSTOTT PILATES®のインストラクターの方は資格更新のためのCEC取得に向けて、
また、他で活躍するインストラクターのみなさまや、これからピラティスを勉強する方にも
ご参加頂けるタイトルを多数取り揃えました!

7月18日(月・祝)はインストラクタートレーナーAkatsuka先生による
グループクラスにすぐにでも活用できるワークショップ3タイトルを実施します。

「お客様にすぐに喜んでもらえるエクササイズを勉強したい!」
「以前購入したサークルやフォームローラー(ストレッチポール)でできるエクササイズが知りたい!」
「ゴルフを趣味にしているお客様にお勧めのピラティスを教えたい!」

とお考えの方にはぜひ受講いただきたいものばかりです。
担当のAkatsuka先生より、各ワークショップの内容をみなさまだけに、ちょっと教えていただきました。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

Photo_011-small

こんにちは、ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクタートレーナーのAkatsukaです。
今日は「夏のカンファレンス」で、みなさまにお届けするワークショップについてご紹介します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【7月18日(月・祝)】
◆10:00~12:00
ゴルフのためのマットワーク レベル1
STOTT PILATES® Pilates Matwork for Golf, Level 1
0.2CEC
スペシャリティトラック:Golf Conditioning・Group Matwork

ワークショップではメイプルポールを使用してエクササイズを行いますが、
ゴルフ場でクラブを持ってウォーミングアップとして行えるエクササイズも紹介します。ゴルフのスコアをあげるには、身体をうまく効率よく使ってスイングするのが大切です。
理想的なスイングを行うことができる身体づくりの理論を学ぶことかできます。
ゴルファーのクライアントを自信を持って担当するためにもぜひ!

※お申込みはこちらから
2016年 夏のピラティスカンファレンス 申込フォーム

<前回のワークショップの様子>

IMG_9184

IMG_9186

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆13:00~15:00
フォームローラー・チャレンジ レベル2 
STOTT PILATES® Foam Roller™ Challenge, Level 2
0.2CEC
スペシャリティトラック:Dance

6月のピラティス・マット・グループクラスのプロップとしても取り上げられた「フォームローラー」
レベル2なので、少し難易度が高くなりますが、
メインエクササイズに目がけての段階の踏み方も一緒にご紹介します。
様々な身体レベルの方に適用できるので、広くグループクラスでも活用できるような内容を学んでいただけます。
ストレッチポールをお持ちのお客様にも、その活用方法やホームワークエクササイズを提供できます。

※お申込みはこちらから
2016年 夏のピラティスカンファレンス 申込フォーム

<前回のワークショップの様子>

IMG_1042

IMG_1068

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◆15:30~17:30
動きの精度とコントロール向上の為のフィットネス・サークル
STOTT PILATES® Precision & Control with the Fitness Circle®
0.2CEC
スペシャリティトラック:Athletic Conditioning・Dance・Group Matwork

ピラティス養成コースでもおなじみの「フィットネスサークル」
脚で挟んで、両手で持って、押さえる力で変形する 「フィットネスサークル」の特色を
最大限に活用したエクササイズを多数ご紹介いたします。
コースで学んだフィットネスサークルの使い方をより発展させたものもあるので、
グループクラスを担当するインストラクターの方にはぜひ受講いただきたいワークショップです。
全く新しい発想でクラスの幅が広がること間違えなし!

※お申込みはこちらから
2016年 夏のピラティスカンファレンス 申込フォーム

<前回のワークショップの様子>

P1180287

P1180292

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-+:-:-+:-

ビーキューブ®の夏のカンファレンス
7月14日(木)~7月18日(月・祝)の5日間。
さまざまなワークショップで、みなさまのお越しをお待ちしております。
すでに定員となっているワークショップもございますが、
ご興味のあるタイトルはお早めにお申し込みください!

※夏のカンファレンスの詳細はこちらから→2016年夏のカンファレンス

※お申込みはこちらから
2016年 夏のピラティスカンファレンス 申込フォーム

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F

Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年6月25日(土)ストットピラティス養成コース説明会

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®の小田原です。

6月25日(土)はビーキューブ®では、
ストットピラティスSTOT PILATES®インストラクター養成コースにご興味ある方を対象にした
説明会が開催されました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

11:00からは、ストットピラティスSTOT PILATES®の一番最初に受講するコース
IMP(初中級マット)コースにご興味ある方を対象にした「ピラティス養成コース体験&説明会」

今回話題になったのが、
「初心者でもコースの受講が可能かどうか?」ということ。

答えは「はい!可能です!!」

STOTT PILATESストットピラティス®インストラクター養成コースの中で、
IMP(初中級マット)コースを受講するにあたって3つの必要条件があります。
———————————————————-
①解剖学の知識(解剖学を学んだ事のある方)
②30時間以上のピラティスクラスの受講経験
③3年以上のスポーツ・ダンス・運動指導経験
———————————————————-

この3つの条件を満たしていれば、養成コースの内容が理解できる準備ができている、ということになります。
でも、3つすべてがクリアできる状態というのは難しい方もおられますよね。

でもご安心ください。
ビーキューブ®では、ピラティス初心者、インストラクター初心者の方でも
養成コース受講前にしっかり準備していただけるサポート体制があります。
———————————————————-
①解剖学の知識(解剖学を学んだ事のある方)
ビーキューブ®オリジナル「解剖学集中コース」の開催

ストットピラティスSTOTT PILATES®は「解剖学・生体力学」を基にしていることが特徴のメソッド。
コース内でも解剖学、生体力学で使用する用語や筋肉、骨の名前や働きを理解する必要があります。
解剖学の勉強の経験がない方にも、安心して学んでいただける「解剖学集中コース」を開催しています。

———————————————————-

②30時間以上のピラティスクラスの受講経験
ピラティス・プライベートセッション5回分プレゼント

インストラクター養成コースなので、ピラティスエクササイズは、たくさん経験しておくことをお勧めしています。
自分の身体で動いてピラティスを事前に知っておくことで、コースの学びがさらに深められます。
ビーキューブ®では、1対1でじっくりご自身の身体でストットピラティスSTOTT PILATES®を体験いただくために
IMP(初中級マット)コースお申込みの方の特典として、プライベートセッション5回をプレゼントしています。
※30時間は目安の時間です。

———————————————————-

③3年以上のスポーツ・ダンス・運動指導経験
初中級コース終了後1時間の「フォローアップ研修」

初中級コース終了後1時間、コース受講生同士で練習ができる「フォローアップ研修」の制度があります。
コース後すぐに自主練習、指導練習ができることで、試験に必要な課題「自主練習」「指導練習」に取り組むことができます。
コース前に指導経験がない方には、「フォローアップ研修」をはじめ、指導練習をたくさんすることで、
試験までに「人にエクササイズを教える」スキルを準備していただいております。
※運動指導の経験がない方でも、コース受講は可能です。
———————————————————-

P1270671

P1270672

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

14:00からスタートしたのは、医療従事者を対象にした「リハブプログラム説明会&勉強会」
全国各地の医療現場で活躍されている先生方にお集まり頂き、
ストットピラティスSTOT PILATES®が大切にしている「5原則」を中心に、
エクササイズにもチャレンジしながら、ピラティスとリハビリの可能性をご説明しました。

リハビリテーションコースを担当するのは、
ストットピラティスSTOT PILATES®インストラクタートレーナーのWataru先生。
柔道整復師として実際に患者様と向き合う中で、なぜ「ピラティス」を取り入れようと思ったのか・・・、
先生自身の体験も織り交ぜながら、ピラティスのリハビリテーションへの活用方法などを解説していきます。

2016年はリハビリテーションコースのお申込みやお問い合わせが多かったため、
9月にRM1(リハビリテーション・マット1)コースを追加開催することが決定しました!

リハビリテーションの分野でピラティスの活用をお考えの医療従事者の皆様、
ぜひリハビリテーションコースにご参加ください!

P1270680

P1270685

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

次回のピラティスインストラクター養成コース体験&説明会

8月21日(日) 16:00~18:00に開催いたします。

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

まずはお気軽にご参加ください。

みなさまにお会いできることを楽しみにしています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
※まずは資料を見てみたい、質問したいことがあるという方、
お気軽にお問い合わせください。個別でも対応させていただきます!

【お電話】 06-6241-6364 担当:小田原
お問い合わせフォームはこちらからアクセスしてください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364 Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー