STOTT PILATES®RMRコースお申し込み締め切り間近です

Stottt_pilates

こんにちは、ビーキューブ®の小田原です。

8月31日(日)から始まる医療従事者対象のRMR1(リハビリテーションマット&リフォーマーコース)の
お申込み期限が8月17日(日)と迫ってまいりました。

 

今回は、6月29日(日)に開催された、「STOTT PILATES®リハブ・プログラム説明会 & 勉強会」の
様子をご紹介いたします。 

ストットピラティス®を医療分野でも臨床に活用させていくコースの説明会&勉強会とあって、
お忙しい中、たくさんの先生方に参加していただきました。

 

最初にエデュケーションコーディネーターよりビーキューブ®の名前の由来や
STOTT PILATES®の歴史、Wataru先生の紹介がされました。

次にWataru先生より、リハビリテーションプログラムの内容が説明され、実際に身体を動かして、
STOTT PILATES®を
 体感してもらいました。

RMR1の特徴として、

・ストットピラティス®5原則を基に、90以上のエクササイズ、モディフィケーションを学ぶことができる
・マニュアルにとらわれず、患者様に合わせた動きに発展させることができる
・イメージで表現していくので、運動をする人に伝えられやすい
・バンドやボール、サークル、フォームローラーなどの器具を使ってサポートできる

が挙げられます。

 

まずは、マットでの動き。実際に動作をするだけでなく、観察することも大切になります。

 

こちらはプロップ(フレックスバンド)を使った動きです。
バンドの持つ距離によって強度が調節できるほか、身体の動きを意識しやくすなります。

 

こちらはキャデラックという器具を使ってのレクチャーです。
キャデラックは一番大きな器具で、名前の由来は自動車の「キャデラック」からきています。

 

そして、こちらはリフォーマーでのエクササイズの説明です。
勉強会終了後にもリフォーマーを体験される方がいたり、と 関心の高さを感じました。

 

解剖学や生体力学に基づいたストットピラティス®の知識は医療現場にも活かすことができるスキルです。
ストットピラティス®を多くの方が取り組まれることで、たくさんの元気につなげることができたら素敵だな、と思いました。

RMR1コースではプロップなどを活用したマットでのセッションと、リフォーマーを利用したエクササイズを提案できる
コース内容となっております。

RMR1コースの日程詳細はこちらから。
お申し込みの方はこちらからアクセスください。

ご質問、お問い合わせはメール、お電話(06-6241-6364)で随時受付しております。
ご興味のある方、お気軽にお問い合わせください。

 

 

Master Class Mat & Reformer

Stottt_pilates

こんにちは、
アカデミー担当の崎村ですe257

ひまわりが日に日に背を伸ばすこの頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さてビーキューブでは、7月27日(日)にIRコースを別会場で行っているさなか、マスタークラスを開催しました!
今回は、このマスタークラスの為だけに名古屋からかけつけてくださった方や、5月の試験に合格された方など、
ご参加いただきました。

今回のマスタークラス(Mat)のプロップは。。。
スタビリティークッション

このスタビリティークッションは、ご自身の体幹が整っているかわかるため、
ぐらつく身体を保つのはとても大変そうでした!

続きまして、11時からはリフォーマークラスを行いました。
もともとこのマスタークラスは少人数制で、今回はお二人にご参加いただけました!

コースのテキスト内容に沿って展開しつつ、カーディオトランプを使用したり、
メープルポールを使ってのアレンジをしたエクササイズなど行いました。

参加していただいたみなさんの感想は。。。

「ちょうど、スタビリティークッションを使ってレッスンを行っているので、とても勉強になりました!」

「いいアイデアばかりで、さすがWataru先生だな。と実感しました!」

「忘れないように、早速ノートにメモります!」

「滅多にWataru先生のクラスを受けれる事が出来なかったので、今日は満喫した1日になりました!」

このようなお声をいただきました。

 

早速、スタビリティークッションをご購入希望いただいた方もいらっしゃいました。
私共も、皆様に大変喜んでいただけてとても嬉しかったです!

皆様、本当にご参加いただきありがとうございました
このマスタークラス、またぜひ開催したいと思います。
次回をお楽しみに 

解剖学コース開催いたしました!

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®の小田原です。

夏の日差しとなり、海や山へ出かけたくなる、そんな季節になってきました。
体調には充分気をつけて、楽しい夏を過ごしたいですね。

 

ビーキューブ®では,7月24日、25日の2日間で、「解剖学コース」が開催されました。


「解剖学コース」はこれからストットピラティス®を勉強される方はもちろん、身体のしくみ
について興味のある方、美容や健康であるために自分の身体をもっと知りたいという方

参加されるコースです。
 

知っているようで知らない自分の身体のことを、テキストや標本、事例を基にわかりやすく
解説します。

1日目は「脊柱などの身体の中部分」、2日目は「四肢」について の内容になります。

 

 この写真は骨格標本と筋肉にみたてたフレックスバンドをつかって、筋肉がどのようについているのか
を解説しています。脚の筋肉は、実はおしりの上あたりからついているんです。

 

ペアになってお互いの脊柱をさわって場所を確認しているところです。
肩甲骨のでっぱっているところから背中の真ん中あたりの骨が7番目・・・といったように一つずつ位置を
確認していきます。

 

脚の「過伸展」、「屈曲」について説明をしている風景です。
まずは普通に立ってもらって膝がどの位置にあるか確認します。
膝の位置が後ろにあれば「過伸展」、前にあれば「屈曲」という状態になり、その人の怪我の有無や癖を
見つけることが出来ます。

 

こちら目の動きと首の筋肉との関係をペアで確認している様子です。
目を動かすだけで、首の筋肉がピクピク動く!とびっくりの発見がありました。
目が動くたびに首が頭を重さを支えようと、少しずつ動いてバランスをとるようになっています。
日頃目が疲れると首や肩が凝って疲れを感じるのは、このメカニズムによるものなんですね。

 

 

参加されたみなさまからは

「筋肉や身体の仕組みは複雑なようで単純なようで・・・不思議ですね」
「自分の身体がすごいパワーで動いているんだ!とびっくりしました」
「筋肉がたくさんの層になっていることが発見でした」

などなど、身体の世界の奥深さを体感できた2日間となりました。 

 

次回の解剖学コース開催は、9月27日(土)、28日(日)9:30~16:30 となります。
みなさまも自分の身体をもっともっと知ってみませんか?
いろいろな発見ができる素敵な2日間になりますよ!

お申し込みフォームはこちらから。 

 

 

 

 

2014年夏カンファレンス

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。

暑い日差しを感じる日が続き、夏本番となってまいりました。

7月19日~21日の3日間、ビーキューブ®で「夏のカンファレンス」が
開催されました。

今回は「腰部骨盤帯の機能と安定」などの”ポスト リハビリテーション コンディショニング”から始まり、
ゲスト講師を迎えての講義、また「産前産後」などの特殊条件対象のお客様へ向けた内容などを含めた全14タイトルのワークショップを行いました!

それでは、ワークショップ風景をご覧ください

 

【7月19日(土)】

腰部骨盤帯の機能と安定 (講義形式) 

腰部は上肢や下肢の動きの代償をしている事が多いので、股関節の動きを通して腰部の動きを見ている様子です。
色々なケガや問題が起りやすい腰部と骨盤帯について、構造や働きを見直す事もできるワークショップです。


肩甲帯:安定と機能 (講義形式) 

肩甲骨の動きや上腕骨の動き、また関連する筋肉の動きに分類し分析を行います。
典型的な異常や機能不全のムーブメントパターンについて学び、 正常な筋肉の動きやムーブメントパターンを再構築し、
特定の動きやパフォーマンスを高める事を可能にする肩甲骨のエクササイズについても学びます。

 

【7月20日(日)】

アームチェア ピラティス プラス

バンドを椅子に引っ掛けることで、上腕三頭筋と背筋を一緒に強化できるエクササイズを行っている様子です。
通常の椅子を利用して行える為、医療現場や施設などでも活用できるエクササイズが学べます。


メディスン・ボールを活用したピラティス

いつものプランクポジションをメディスンボールに手をついてエクササイズを行っています。
メディスンボールは重さと硬さがある分、ある程度の安定感を残しつつチャレンジができます。
また、その重さを利用して、筋力UP効果も期待「大」!


高齢者のためのリフォーマー・エクササイズ

リフォーマーは、バリエーション豊かなスプリングによって、コアのみならず上肢下肢も強化できます。
限られた可動域や筋力を考慮しながら、コアの安定・しなやかな筋肉量の増加・可動域の増大、
身体感覚を改善するモディフィケーションについても伝えます。

 

スタビリティクッションを活用した初級マットワーク

二個一組のクッションにより、従来の初級エクササイズを全く新しいスタイルに変化させています。
不安定な空気の入ったディスクを活用することで、体幹、肩や股関節の安定筋を活性化させます。
スタビリティクッションにより、コーディネーション能力とコントロールを要求されます。


高齢者へのスタビリティ・チェアの活用

チェアの特性を活かして、コアの筋力・安定性・姿勢保持の意識とアライメント、関節の柔軟性とバランス等の要素に対して、
いかにして焦点をおくかを学びます。


ゴルファーのためのリフォーマー

ゴルファーのコンディショニングに必要不可欠な要素を理解して展開されるワークアウトによってバランス、柔軟性、全身状態を高めていきます。
リフォーマー特性を活用し、 様々なレベルのアスリートの身体意識の向上やコアの安定性の獲得のためのプログラミングを学びます。

 

【7月21日(月・祝)】

妊娠と身体の変化
ゲスト講師の高須賀千絵先生を迎え、妊娠中の各周期の区別、生理学的な変化、特有のリスク、
留意点を具体的事例などをわかりやすく解説いただきました。


産前のピラティス スタビリティ・ボール&フレックスバンド

解剖学、生理学的な変化、リスク、留意点について話しあい、妊娠の各段階において、
安全で効果的なワークアウトを構築、継続できるようにします。


プロップを活用したマットワーク:10代の筋力と持久力強化

トーニング・ボールとフィットネスサークルを加えた、10代の集中力を惹きつける飽きさせない、
シンプルなファンクショナルエクササイズ。
安定性、バランス、柔軟性に焦点をおいた構成になっており、 10代特有の問題に対応できるようエクササイズを学びます。


産前のマットピラティス

妊婦さんが病院の先生より勧められるスクワットを安全に正しく行えるようにレクチャーしています。
このワークショップでは、プロップを何も使わず、どこでも行える内容を学ぶことができます。


ピラティス マットワーク フォア メン

男性や運動強度の高いレベルをお持ちのクライアントの為のワークアウトです。トーンボールを使い、筋力UPと、
しっかりとした運動量を感じてもらうためのアドバイスを受けることができます。


産後のためのピラティス ~トーニング・ボールを使って~

産後に必要な筋力に向けて、肘や手首を痛めやすい女性の為に、
柔らかいトーニングボールを利用しサポートしながら、上肢の筋力を鍛えます。


スタビリティ・ボールチャレンジ レベル5

上下半身の強化、コアの安定、バランスとコントロールに挑戦する革新的なエクササイズが豊富!
こちらは、スタビリティーボールを使用しバランスにチャレンジしながら、ICCBコースで学ぶバレエストレッチを行っています。

皆様より、このような感想を頂きました!

「改めてピラティスの気持ちの良さ、そして日常の生活につながる大切さを再確認できました!」
「すごく参考になりました!早速、習ったことをお客様に伝えていきます!」
「特別講義が産前産後のワークショップの前にあった為、とてもイメージしやすくわかりやすかったです!」
「また、産前産後のワークショップを行って欲しいです!」

たくさんの皆様のご参加、
スタッフ一同心から御礼申し上げます。

これからも、皆様からいただいたアンケートをもとにワークショップを開催してまいります!

 

 

すでにご案内しているワークショップとしては、
トロント本部よりリードインストラクタートレーナーのサラ・ジャービス氏を迎え、
8月に「ビーキューブ®ピラティスカンファレンス+(プラス)」を開催します!

ワークショップは、全て日本初のタイトルばかりを取り揃えました!
昨年のワールドツアー以降に誕生したタイトルも含んだ充実のラインナップです。
皆様のご参加お待ちしております f3a1.gif

 

お申し込みはコチラ
  ↓↓↓
ビーキューブ®ピラティスカンファレンス+(プラス) 申し込みフォーム

 

また、 ビーキューブ®スタジオでは、養成コースやワークショップ以外に、サラ・ジャービス氏によるグループクラスも開催いたします

 詳細はこちら

皆様のご参加をお待ちしております!

7月 Bcube on Tour 福岡 開催しました!

Stottt_pilates

こんにちは、ビーキューブ®の加藤です

『Bcube on Tour 福岡』、
STOTT PILATES®認定フルインストラクターとして長く福岡で活躍されている坂井陽子様が主催するスタジオブリージングにて
渉先生によるSTOTT PILATES®ワークショップを開催いたしました。

九州各地から多数のインストラクターの皆さんにご参加いただき、
7月5日(土)は、プロップを使用したマットエクササイズを紹介するワークショップ3タイトルを行いました。  

「スタビリティ・ボールを活用したワークアウト・レベル1 / コア・バランス」
スタビリティボールを使用してのエクササイズの様々なバリエーションを紹介しました。
グループクラスにも最適とのことで、質問も多く飛び交っていました。
大きな球面を使ってのエクササイズは安全にかつ、バランス感覚向上やコアの強化にもつながります。
フィットネス・サークル フロー/グループクラスへの活用」
マットコースでも使用したフィットネスサークルをマットの上で様々に変化させて行われていきます。
このワークショップの内容も早速クライアントさんへ提供していきたい、とのお声が多かったです。
「インテンス スキャルプティング チャレンジ, フレックスバンド レベル4」
フレックスバンド レベル4は、とてもハードなエクササイズが多く紹介されます
バンドの良さは持ち方によってテンションが変えられることにあり、その良さを渉先生はアツく伝えていました。

タクタイルキューイングのコツなど渉先生からクライアントに提供する際の細かいポイントが伝えられ、
二人一組になりながら、実際のインストラクターとしてみる場所、かける言葉なども確認していきました。
翌7月6日は、福岡では初のリフォーマーを使用したワークショップも行いました。
あいにくの雨の降る中ではありましたが、坂井さんのスタジオブリージングは、熱気と笑い声にあふれていました。
「高齢者のためのリフォーマー・エクササイズ」
このワークショップでは、高齢のクライアントに対して通常とは異なる視点での注意点も渉先生から多く伝えられました。
スタジオブリージングのイクイップメントはすべてブラウンの革で統一されていてとても素敵です。
それぞれのエクササイズが、日常生活のどの動作に関連しているのか、動けるようになった際のチャレンジの要素など、
クライアントに寄り添った内容が満載のワークショップです。
「産前のピラティス  スタビリティ・ボール&フレックスバンド」
妊娠期の女性の身体の変化や特徴についての話のあと、実際のエクササイズでの注意点を交えながらすすめられていきます。
絶えず変化のある身体のバランス感覚を感じながら、
スタビリティボール、フレックスバンドの両方、あるいはどちらか片方を使用して様々なエクササイズを行っていきます。
妊婦さんに対してのイメージキューイングについても渉先生ならではの多くの情報が伝えられていました。
「スタビリティ・クッションを活用した初級マットワーク」
初級のマットエクササイズにスタビリティクッションを活用して新しい動きを多くご紹介していきます。
すぐにでもクライアントに提供できる内容の即戦力ワークショップです。
スタビリティクッションを二つで、一つで、重ねて、などバリエーションも豊富です。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
今回も福岡でのワークショップ開催のお声をたくさんいただいております。
ぜひまた開催に向けて準備を進めていきたいと思います。
「Bcube on Tour」次回皆様の地域でお目にかかれるのを楽しみにしています

IR(初中級リフォーマー)コース 追加開催決定!!

Stottt_pilates

こんにちは、ビーキューブアカデミー担当加藤ですf3a1.gif

ビーキューブアカデミーでは、
多くの皆様より多数のご要望をいただいておりました
IRコース(初中級リフォーマーコース)の追加開催決定いたしましたv364

毎回すぐに定員に達する大変ご好評をいただいているIRコースですが、
赤塚先生は、受講することの利点について、このように熱く語っています。。。

*****************************

IMP(初中級マット)コース受講後に、IR(初中級リフォーマー)コースを学ぶことにより、
引き受けられるクライアントの幅を広げることが出来ますし、
リフォーマーを通して、より深くSTOTT PILATES®を勉強する事が出来るので、
マットの知識を活かし、理解も高まります。

IRコースで学ぶ内容は、
細かく下肢のアライメントを調整出来る能力や、肩甲骨周囲の筋肉により細かくアプローチが出来るテクニックも身につける事が出来るので
IRコース受講後に、
「マットの意味がようやく分かった!」
「動きの分析がしやすくなった!」   等の感想を頂く事が多いです。

今お持ちの知識と経験の点と点を線で結ぶことができ、今後のキャリアプランを広げることが出来ます。

赤塚先生 談

**********************************

受講生からも、このようなお声をいただいております。

「リフォーマーで5原則への理解をより深める事ができました!」
「疲れていたはずなのに、リフォーマーにのって動くことで、身体がどんどん調整されて元気になった」
「新たにエクササイズのレパートリーが増えたので、自分のものにする為にたくさん練習していきます。」
「マットではできなかったエクササイズが、リフォーマーを使用することで身体を動かせることが出来ました!」

キャリアアップをお考えの皆様、ステップアップに向けてこの機会にぜひご参加お待ちしております

 

STOTT PILATES®公認IR(初級・中級リフォーマー)コース

【日程】    11/3(月・祝)、4(火)、5(水)、13(木)、14(金)、17(月)、18(火)、19(水)、27(木)、28(金)

【時間 】  9:30~16:30

お申込はこちらから2014年後期コースお申込フォーム

 

皆様のお申込お待ちしております

 

2014年 7月 STOTT PILATES 体験&説明会

Stottt_pilates

皆さま、こんにちは!
アカデミー担当の崎村ですicon_biggrin.gif

やっと、梅雨らしく雨がシトシトと降り始めましたね。
ビーキューブ®では、7月6日(日)に体験&説明会を開催いたしました!

約2時間の体験&説明会では、
”STOTT PILATES®とは?”
”養成コースの全体の内容”
”ビーキューブ独自のサポートシステム”
”養成コースで学ぶこと”
と説明を進めたあと、実際にコースで学ぶSTOTT PILATES®のエクササイズを体験していただきました!

 

具体的には、
1.ストットピラティス®の由来や様式についてなど。
2.ストットピラティス®の基礎となる内容が加わっているIMP(初中級マットコース)の内容。
3.資格取得までにどのようなステップを進んでいくのか。
 

4.実際に使用している教科書をみながら、どのようなエクササイズを勉強していくか。
5.資格取得後はどのように活動していけばよいか。また、働く先のバリエーションなど。


そして、より良い成績で卒業して頂くために、ご用意している私たちのサポートとは?
など皆様の気になられている所を、詳しく説明いたしました。

そして、養成コースで学ぶエクササイズを体験し、
STOTT PILATES®ストットピラティスのメソッドの効果を実際に体感いただけました!
こちらの写真は、STOTT PILATES®ストットピラティスの基本となる5原則の内の1つ「呼吸」の中で、骨盤底筋群について
説明している様子です。 骨盤底筋群はどこにあるのか、どのような形なのか、どういった働きが望ましいのか解説し、
実際にご自身で体感していただきます。

参加された皆様は、コースを受講している気分になっていただけたでしょうか。

IMPコースに興味をお持ちの方ならどなたでも
お気軽にご参加いただける内容です。

「とにかく話しだけでも聞いてみたい」
そんな方のご参加も大歓迎です
また、体験&説明会終了後は個別にご質問もいただけます

次回の養成コースの体験&説明会は未定となっておりますが、
日程が決定次第、ご連絡させて頂きますので、 ご連絡希望の場合は、
こちらへ
e141e141e141 ピラティス養成コース 体験&説明会

 

皆様のたくさんのご参加、お待ちしておりますe69

 

ビーキューブピラティスカンファレンス+(プラス) お申込み受付開始!!

Stottt_pilates

みなさま、お待たせいたしました

 

ビーキューブピラティスカンファレンス+(プラス)のお申込受付を開始いたします。
ご希望の方はぜひお早めにお申込み下さい

 

お申込み方法

(1)専用の申込みフォームよりお申し込みください。

 

 ビーキューブピラティスカンファレンス+(プラス) 申し込みフォーム

 

※お申込の受付は、専用の申込みフォームのみとさせていただきます。

(2)ビーキューブより、<ご予約確認メール>をお送りいたします。
※ご予約確認メールが届いた方のみ、予約受付ができています。

(3)<ご予約確認メール>到着から1週間以内に受講料を銀行振り込みにてお支払い下さい。
※お支払いの確認が取れ次第、受講枠を確保いたします。

(4)<受講手続完了メール>をお送りいたします。

 

 

・・・・・・・・・・・・ 皆さまのご参加をお待ちしております・・・・・・・・・・・・

 

 

コース・ワークショップの詳細はこちらを御覧ください

 

姿勢分析の復習 & 試験対策WS[Mat]

Stottt_pilates

こんにちは。
ビーキューブ®の小田原です。
この度、アカデミーエデュケーションコーディネーターとして 6月よりメンバーとなりました。
皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

6月28日(土)、29日(日)に『姿勢分析の復習』と『試験対策WS[Mat]』を行いました。
8月の認定試験に向けて勉強されている方や姿勢分析を深く学びたい方が参加されました。
  

まず『姿勢分析の復習』では、Akatsukaインストラクターが1つずつ復習しながら、
2人ペアになって実際に相手の姿勢を確認していきます。

まずは脚を揃えて腰をニュートラルにしてもらって、脚の状態を観察します。
膝が内側になっていたらO脚で内転筋が弱いこと、外側になっていたらX脚で外転筋が弱いことを
観察し、判断していきます。

測定する人の立ち位置、座る位置などに注意して、姿勢を分析していきます。
特に膝の測定には前からだけでなく、横からも観察していきます。

測定後、注意すべきポイントがAkatsuka先生より説明がありました。皆さん素早くメモをとっておられます。

姿勢分析に参加された方からは
「知識がだいぶ抜けているところがあったので、それに気づけて良かったです。」
「姿勢分析を行う際の自分の立ち位置を、実際に行うことで理解することができました。」
「参加した方と今度一緒に練習する約束をして、スキルを高め合おうと思います。」 

といった感想がありました。

 

『試験対策WS[Mat]』では、Wataruインストラクターより試験に必要な知識と
ポイントが伝えられます。

ボディ役の方にバレルに乗ってもらうためにはどんな指示をしたらいいか、指導役の方が考えます。
3チームともバラバラの状態になってしまいました。
Wataruインストラクターからは「腰椎の屈曲をバレルに助けてもらいながら見るために、どのような状態に
なるのが正解ですか?」とヒントが。。。
 

 

アドバイスを受けて、お客様役の腰が平らになり、3チーム同じ状態にすることができました。

 ここでも「お客様に行ってほしい動きをしてもらうために、インストラクターがどのような動きをするのか、
立つのか、座るのか、後ろに回るのかなど、考えていく」ことの重要性が強調されていました。
『試験対策WS[Mat]』終了後も、Wataruインストラクターへの質問も沢山あり、
参加された皆様にはとても充実したものとなったようです。

今回の姿勢分析、試験対策で学んだ内容を踏まえて、日々の練習を積み重ねていってくださいね。 

 

ワークショップ開催のご希望がありましたら、どんどん下記メールアドレスにリクエストして下さい

 


ppro@bbbcube.com