ピラティス男子増殖中!!

Stottt_pilates

今年もいよいよ残りわずか。。。今年も皆様ありがとうございました。WATARUです。

毎年この季節になると楽しみにしているスポーツにアメリカンフットボールがあります。

留学当時は、週末のホームゲームには友達とサイドラインに陣取って応援したり、
トレーナーのお手伝いとしてかけずり回っていたのを思い出します。

時にはゲームそっちのけでお祭り騒ぎになったりと、アメリカ文化の良い思い出です。

TVの前に集まりピザとビールで大好きなチームを応援する。。。そんな夜も懐かしいです。
戦略的に何通りも複雑なフォーメーションから繰り出す頭脳戦の数々と
筋肉の鎧をまとった、屈強な選手達の激しいぶつかり合いは見応えがあります。

今回はそんなアメフトの世界にも浸透するピラティスのエピソードをご紹介します。

ワシントン・ポスト紙が地元NFLのレッドスキンズの選手をとりあげたものです。

Kedric Golston and Lorenzo Alexanderの両選手がオフシーズンに何と
ピラティスのインストラクターになった。という記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ピラティスはコアの強化と柔軟性を高める事ができるので、今から約5年前に始めました」 とGolston選手。「従来のフリーウェイトやそれらのトレーニングは、関節には酷なものです。NFLシーズンを終えた後は、体型を維持する必要がありますが、関節を回復させる必要もあります。だから私はピラティスをやり始めて、それが身体のためにもたらしてくれる影響と、まさに恋に落ちました 」

両選手は世間ではピラティスは、女性のためのものという認識があることは感じていますが、彼らはそれを変えたいと思っています。

「明らかにピラティスは汚名をきせられているところがあると思う。僕自身ものめり込み、それがいかに偉大なワークアウトであるかを知るまでは偏見がありました。」Alexander選手は話す。「だから私たち自身が実験モルモットとなって、ピラティスに取り組む姿を見てもうことで、世の中の男性に啓蒙しています。」

と記事で紹介されていました。
<ワシントンポスト紙 原文をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多くの男性アスリート達が、限界を高めて、ゲームでのパフォーマンス向上させる手段としてのピラティスの魅力に気付いて実践しています。

ゴルフ界のスターでいえばTiger Woods, Rocco Mediate, Phil Michelson。

NBAの選手では Greg Oden、Jason Kidd。

NFLでは Ruben Brown。

MLBではピッチャーのCurt Schillingなどがいます。

バスケットやフットボールのチームの中には、トレーニングの一環としてピラティスの器具を導入しているとこも多いのです。

様々な競技の動きの隅々までピラティスの感覚を活かしていくことができます。

姿勢を改善し、動きや集中力を研ぎ澄ますことが出来るワークアウトだからこそ
高いレベルでしのぎを削る彼らにも受け入れられていると思います。 

最近、さかんに言われ始めた”ファンクショナルトレーニング”という言葉。

身体の動きの機能性の追求といったところです。言葉だけが先行する傾向にあるようですが

その本質こそ 、STOTT PILATES®が20年以上に渡り提案してきたことのように思います。
そもそも 機能的な動きを求めないトレーニングが存在するのか?そうならば、その取り組みには
どれほど意味があるのか?と思います。

男女を問わず、機能美を追求する面白さを感じて下さっているのは嬉しいですし
ピラティス男子の増殖は嬉しい限りです。

感覚の鋭い男子のたしなみとして、日本でもピラティスが浸透していって欲しいです。

『型破り』

Profile photo of bbbblog02

去る12月5日に歌舞伎俳優の中村勘三郎さんがお亡くなりになりました。

以前東京で暮らした頃、日本文化の美しさにハマって
休みの度に、銀座の歌舞伎座に出掛けて観劇したのを思い出しました。

伝統を継承し探求する中に研ぎ澄まされた表現や光る個性をかもし出す
伝統芸能の世界に魅了され、道を究める美しさみたいなものを感じたものでした。

今、出張先のホテルでふとテレビをつけ
何気なく観ていたのが勘三郎さんの追悼番組。。。

生前、ニューヨークでの英語での公演や、演劇の演出家をまねいて歌舞伎をつくるなど
革新的取り組みの数々から、しばしば「型破り」な役者と言われたことについて
彼がこんなことを言っていました。

ラジオの子供相談室で無着成恭が
「型破りと型無しとでは何が違う?」との質問に非常に明快に答えていたのを大事に覚えていると語っています。「型のある人が型を破るから型破り、型のない人が型を破るとただの型無しになってしまう」

誰よりも伝統の中にいきずく「基本」を大切にしてきたからこそ出来た「型破り」な表現だったのでしょうね。

私達ピラティスインストラクターは日々、真剣に身体と向き合います。
永遠のテーマである身体の不思議と魅力の追求のなかで
様々な考えやアプローチに出会います。
時にそれは斬新で合理的に感じることもあります。

しかし、信じる道を深め、極める努力の中に実は更なる展望が開けてくるのだと思っています。
「基本」をしっかり身につけたからこそ魅力がわかり、その先に優れたイノベーションやインスピレーションがあるのだと思います。

不器用なまでに、忠実に基本を追求する。。。
それは非効率かもしれないが、王道なのだと思います。

来る歳も、皆さんの「基本」の追求の力になれるよう頑張ります。

その魂を伝えてくれた勘三郎さんのご冥福を祈ります。
Wataru

ARコース

Stottt_pilates

こんにちは、エデュケーションコーディネーターの加藤ですe257

12月も半ばとなり、街の中はすっかりクリスマスムードいっぱいですねe489
御堂筋のイルミネーションも12月14日(金)よりはじまります。
大阪を美しい光のまちとして、人々をひきつけるこのイベントは、来年1月20日(日)までだそうですe69

ビーキューブでは今年最後の養成コースとなったARコースが終了いたしました
九州や名古屋と遠方の方も参加して総勢14名での活気あふれるコースでした。

ではコース風景をご覧くださいe320

まずは赤塚インストラクタートレーナーがエクササイズを実際に行いながら説明。

続いて、ペアになってインストラクター、エクササイズをする人、と交代しながらエクササイズを行っていきます。

 

このARコースでは、3日間で70種類の上級プログラムのリフォーマーエクササイズを学びます。

リフォーマーの上で様々な動きが展開されていきます。
最終日には、筋肉痛が。。。等の声も聞こえてきました e454
みなさん、STOTT PILATES®インストラクターとしてますますの活躍が楽しみです

 

では、恒例のコース終了記念撮影ですe94

ARコース参加者の皆さま、おつかれさまでしたe257

 

ビーキューブは、年始は1月5日(土)から 通常通り営業となります。
アカデミー練習スペースも1月5日(土)よりスタジオ開放いたします。

2013年もみなさまにスタジオでお目にかかれるのを楽しみにしていますe343

2012 冬の PILATES CONFERENCEへのご参加ありがとうございました。

Stottt_pilates

12月2日、3日と2日間にわたって開催された
2012 冬の PILATES CONFERENCE

遠方からお越しいただいた方、
普段からよくスタジオにお越しいただいている方、
たくさんの皆様にご来店いただき
合計12タイトルのワークショップを無事終了することができましたe454

寒かったり、雨がぱらついたりの2日間でしたが、
スタジオは熱気に包まれていましたよ

 

それでは、ワークショップ風景をご覧ください

 

12月2日

マットワーク・インターバル・トレーニング レベル2

 

筋強化と可動性のためのマットワーク

 

フィットネスサークルを活用したファンクショナルトレーニング

 

上肢、殿部、大腿部を強化するマットワークの秘訣

 

肩甲帯:安定と機能 

 

リフォーマー&プラットフォームエクステンダー

 

12月3日

コンディショニングタオルを活用した可動性と筋強化のピラティス

 

リフォーマー&プラットフォームエクステンダー

 

マットワーク・インターバル・トレーニング レベル2

 

リフォーマーを活用したアスリートコンディショニング レベル1

 

肩甲帯:安定と機能

 

小道具(プロップ)を用いたピラティス レベル2

 

たくさんの皆さまのご参加、
スタッフ一同心から御礼申し上げます。

次回は、2013年3月31日(日)、4月1日(月)の開催を予定しています。
みなさまのアンケートをもとに
更に充実した内容でお届けしたいと思います

開催ご希望のワークショップがありましたら
どんどん下記メールアドレスにリクエストして下さい

 ppro@bbbcube.com