チャリティーセッション

Profile photo of bbbblog02

Bcube Prayer
「ビーキューブの祈り」と題して今回の大震災で被害をうけられた方々への
義援金を募る取り組みとして
ピラティスのグループクラスをチャリティークラスとして開催することにしました。
一人ひとりの力は決して大きくなくても、それを集めたときには大きな力となってはたらく気がします。
連日のニュースには確かに衝撃をうけます。
でも、心までが一緒に被災してしまったら、困っている方々のために何かはできない。
と感じます。
こんな時だからこそ、元気に笑顔で動ける自分達だからこそ
届けられるものがあると思って、皆さんと集いたいと思います。
共感していただける方に、お一人でも多くご参加いただければと思います。
私たちインストラクターも頑張って、いいセッションをします。
3/21(祝月):with Akatsuka
11:00~12:00
Pilates Group
フレックスバンド&スタビリティークッション


3/23(水):with Wataru
11:00~12:00
Pilates Group
アークバレル チャレンジ
3/24(木):with Ai
10:00~11:00
Yoga Group  (レストラーティブヨガ)
3/25(金):with Akane
19:00~20:00
Rebounder
リバウンダー&マットワーク

参加費:各クラス \3,000
お申込:☎ 06-6241-6362
メール info@bbbcube.com
ご来店時にスタジオでもお申込みいただけます。

各クラスとも定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。
皆様の善意として収益は全額、災害復興のための義援金として寄付させて頂きます。
どなたでもご参加いただけます。(会員様以外も可)
ご協力お願いします。

故郷の大震災

Profile photo of bbbblog02

出張先の福岡で知りました。
今回、故郷の仙台が被災し、スタジオへもお気遣い下さって、ご連絡を下さった皆さんありがとうございました。
国内そして世界各国の友人達からのメールなど、皆さんのあたたかい言葉には感謝です。
変り果てた故郷の景色を呆然とTVで眺めているだけ。我が目を疑いました。
つながらない電話。
必死で連絡を取り、家族の声が聴けた時の安堵感。良かった。
今も、家族から親戚、知人の無事が連絡されてきました。
でも、この瞬間も大切な方との再会を待ち、避難されている方は45万人。
見慣れた街並み、知人や友人の住む町の惨状。。。何も出来ずに歯がゆい思いをしています。
人類が経験したことのない規模での震災。
被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。
また大切な方の命を奪われた皆さんには、心からお悔やみを申し上げます。
友人の安否を確かめるべく、ツィッターで探していて勇気づけられる言葉たちに出会いました。
[emoji:e-141]心に残るつぶやき
寒空の下、本当に大変でしょうけど皆さん、頑張って下さい!!
何かできることがある!何ができるか?
今日からスタジオに義援金BOXを設置させて頂きました。
ビーキューブに足を運んでくださる皆さんとなら、きっと力を合わせて何かお役に立てる気がしています。
責任をもって大切にお預かりして、有効に、確実に活用される団体、窓口にお送りします。
その詳細は今後スタジオに掲示してお知らせします。
皆さんのご協力をお願いします。

STOTT PILATES チャンネル

Profile photo of bbbblog02

120を超えるコンテンツ、タイトルを誇る
ストットピラティスのDVDシリーズ。
プロフェッショナルからホームユーズシリーズまで様々あります。
今も進化を続けています。
ボリューム、クオリティー共に高い評価をうけています。
そんな豊富な動画をクリックひとつで楽しめるチャンネルが開設されました!!!
ビーキューブでのセッションの続きを自宅でも楽しめますよっ。
[emoji:v-55]  こちらから STOTT PILATES Channel へ [emoji:v-55]

そのなかから今回は  「ブレストストローク プレップ」
胸椎上部を伸展させる動きで姿勢を保持する
脊柱起立筋を強化するエクササイズ。

輝く人の共通点

Profile photo of bbbblog02

之れを知る者は之れを好む者に如かず。
之れを好む者は之れを楽しむ者に如かず。
頭のいい人はよく知るけれど、好きなでなければそのうち忘れてしまう。長い目でみれば、好む人の方が強い。
さらに長い目でみれば、楽しむ人が一番である。楽しみながら出来るようになれば本物である。
という意味の言葉だそう。
輝いて、高い評価をうける人を見ていて共通するのは
猟奇的?なまでに、自分がやしていることが好きで、それを楽しんでいるということ。
技術や知識という方法が備わることは勿論大事だが
好きであること、楽しんでいる!っという気持ちは誰にも負けない。。。
そんな人は何をしている人も素敵に輝いている気がします。
リフォーマーの養成コースのみんなとの10日間が今日終わったり
神戸女学院の舞踊専攻の発表があったりと
今週は大好きなことに夢中に打ち込む姿に元気をもらった週になりました。
舞台いっぱいに躍動する、卒業していく生徒の姿に思い出す言葉でした。

「感覚」とピラティス

Profile photo of bbbblog02

エクササイズに目的があるのではなく
それを手段として、あらゆる「感覚」を刺激し活性化させる。
そこに自らの身体をコントロールする能力が生まれる事を
助けていくのピラティスを活用する大きな意味だと考えています。
体の各部分の位置、運動の状態、体に加わる抵抗、重量を感知する感覚を
深部感覚又は、固有受容感覚などと呼びます。
関節、筋、靭帯などによる身体の深部から中枢に伝えられ情報で無意識の感覚。
これが関節の機能的な安定を確保したり、適切な圧力を筋から引き出す情報として活用され
様々な動きの要求に適応して怪我から身体守ります。
この感覚が自動化され無意識下で機能する為にはそれを刺激し
反復される必要があります。
その主なものが
視覚、聴覚、触覚(運動感覚)、支持基底面、反射。
これらの感覚への刺激を念頭に、コンスタントに
指示、情報が与えられ、それを意識的に反応または処理しながら
動きを行い、反復していく。
ピラティスのセッションがまさにこのプロセスです。
反復がまさに重要なポイントでもあります。
指導者としては
効果的ピラティスプログラムとして
バランスよくそれぞれの感覚を刺激する工夫や、対象者の情報処理の傾向を把握して
キューイング(合図、投げかけ、指示)を選択していることも大事だと思います。
こうした感覚刺激で「意識」に働きかけることで、「無意識」の感覚を誘発することができると考えられます。
論理的に段階的にエクササイズを展開するストットピラティスが
「インテリジェントエクササイズ」と評される理由もこうしたところにあると感じます。