初中級マット(IMP)コース 【2017年8月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コースで
一番最初に受講する基礎となるコースはIMP(初中級マット)コースです。

ZONE by ビーキューブ®では半年に3回(平日コース、土日コース、集中日程コース)で
IMP(初中級マット)コースを開催、皆様のニーズに合わせたスケジュールで実施しています。

8月IMP(初中級マット)コースは集中コース。
遠方でコースを受講する方、学生の方、早くインストラクターとなって活動したい方に
とてもおススメの日程です。

今日は、IMP(初中級マット)コースの内容をご紹介いたします。
養成コース受講をご検討の方、ぜひご覧ください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ZONE by ビーキューブ®で実施されるピラティスインストラクター養成コースを
担当する先生(インストラクタートレーナー)は3名。

※養成コース担当インストラクタートレーナー

Wataru
【Wataru】

Akatsuka
【Akatsuka】

Jacquin
【Jacquin】

ZONE byビーキューブ®でコースを受講する特徴の一つに
複数の講師による授業を受けることができることにあります。
インストラクタートレーナーのそれぞれのバックグラウンドからの視点や解説で、
より多角的にピラティスを学べる環境となっています。

——————————————————————–

【IMP(初中級マット)コースとは??】

IMPIntensive Mat-Plus™の略。
ストットピラティスSTOTT PILATES®のマットエクササイズを集中的に、
小道具(プロップ)の活用も交えて学べるコースのことです。

このコースで勉強するとストットピラティスSTOTT PILATES®の初中級エクササイズを学べ、
将来的にはマットインストラクターとして活動することができます。

コース内では、エクササイズの習得はもちろん、インストラクターとしての教えるスキル、
姿勢分析やそれを基にしたエクササイズの選択方法(プログラミング)も学習します。
リハビリからアスリートまで、プライベートセッションからグループクラスまで、
様々なお客様にストットピラティスSTOTT PILATES®を教えるインストラクターになることができます。

【どんな人が受講しているの??】
8月コースを受講されている方のバックグラウンドや受講動機をお聞きしました。

★ヨガインストラクターです。グループクラス以外に、パーソナルでの指導もしたいと思っています。
★運動は苦手なほうですが、ピラティスを勉強して教えたいと考えています。
★スポーツクラブでしたピラティスが面白く、深く学びたいのが志望動機です。
★バレエをしていて、自分の身体をピラティスで管理したいです。大人の指導にも活かしたい!
★老人の介護施設で勤務。介護の仕事にも、会社の同僚の身体のケアにもピラティスを使いたい!
★ダンスインストラクターで、正しい身体の動かし方の習得、怪我のない身体づくりをしたいです。
★自分が通っているピラティススタジオのインストラクターが素敵で、その人のようになりたいという目標があります。
★身体を動かすことが大好きで、スタジオ受付からインストラクターになりたいです。
★整骨院で柔道整復師として7年勤務、新しい知識を学びたくてピラティスを選びました。
★大学で舞踊を勉強中。将来は指導者としての活動も考え、ピラティスを勉強したいと思いました。

いろんな夢や希望をもってコースに参加されていますね。
スタジオ、コースにはピラティスに興味がある仲間がたくさん集まります。
コース受講、練習を通じて、受講生同士すぐに仲良くなれ、ピラティスの輪が広がっていきますよ!

【エクササイズの授業風景を大公開!!】
まずはインストラクタートレーナーがエクササイズの見本を見せ、
どんな動きなのかを解説します。
ターゲットマッスルはどこなのか、どこが動いて、どこが止まっているのか、呼吸はどのタイミングか・・・、
さまざまな角度から観察し、丁寧に確認をしていきます。

そのあと、実際に受講生全員でエクササイズを行います。
身体を動かすことで、エクササイズの意味や理解を深めていきます。

こちらの写真はハンドレッドというピラティスでもポピュラーなエクササイズ。
手を100回ふるからハンドレッド、という名前なんです。

P1320670

姿勢にあわせた小道具(プロップ)の活用方法も学びます。
写真はアークバレルを使ってのスタートポジションの取り方を解説中。

P1320676

インストラクター役とお客様役にわかれて、エクササイズにチャレンジ中。
インストラクターとして、お客様が動く中で、わかりやすいキューイングをする方法、立ち位置も学びます。

P1320776

Jacquin先生によるデモンストレーション。
先生の解説をメモしたり、動きを確認したり・・・。テキストもあっという間にメモだらけになります。

P1320811

コース中には全員で動く時間も多くあります。
ピラティスは自分の身体を動かすことで気づいたり、理解できることも多いです。
コーススタート前も、たくさんピラティスをしておくことが、コースをより理解できる準備になります。

P1320802

P1320810

【ティーチングにもチャレンジ!】
コース中にはインプットだけでなく、アウトプットすることもとても大切!
自分がどこまで理解していて、どこがわかっていないのかは、声に出して教えてみることでわかります。

IMP(初中級マット)コースでは、
さっそく2日目からストットピラティスSTOTT PILATES®5原則のティーチング、
5日目には初級エクササイズ、最終日には中級エクササイズのプライベートティーチング、
さらにグループティーチングにもチャレンジします。

ピラティスインストラクターは、見本を見せずにティーチングを行うスタイルをよくとります。
バーバルキュー、タクタイルなどを活用し、正しい動きをクライアントに伝える練習にも多く取り組みます。
最初はうまくできなくても、課題の指導実習やセッション見学を行うことで、
ティーチングスキルを磨いていくことができます。

P1320818

P1320828

P1330079

P1330089

P1330098

【ストットピラティスSTOTT PILATES®の最大の特徴・姿勢分析とプログラミング】
数あるピラティスメソッドの中で、
ストットピラティスSTOTT PILATES®の最大の魅力
インストラクターがお客様の姿勢やお身体に合わせてエクササイズを選べることにあります。

選ぶためには、お客様の正しいお身体の情報をインストラクターが知る必要があります。
セッション前のお客様との会話や事前の聞き取りはもちろんですが、
「姿勢分析」を行い、それを基にした「プログラミング」は、
ストットピラティスSTOTT PILATES®を学ぶ上で、とても重要なトピックです。

<姿勢分析>

P1320829

P1320834

<プログラミング>

P1320958

P1320957

【最終日には試験対策ワークショップ・ジェネラルオーバービュー!】

ZONE by ビーキューブ®で受講するIMP(初中級マットコース)では
9日目に試験対策ワークショップ・ジェネラルオーバービューを実施します。
これは資格取得認定試験に向けて、実技試験や筆記試験について
インストラクタートレーナーが詳しく解説をします。

姿勢分析の方法や5原則の10分ティーチングも振り返ることができるので、
コース最後にインストラクタートレーナーに質問ができるチャンスでもあります。

P1330105

P1330108

【コース終了後の受講生の声】
★解剖学からエクササイズ初中級をとっても詳しく学べて、
本当にIMPコースに決めて受講してよかったなあ、と心から思います。
コース前よりピラティスをするようになって身体が変わってきました!

★指導をしていく中で、身体の修正方法はとても勉強になった。
8月に解剖学を勉強したばかりですが、ピラティスエクササイズと関連してもっと勉強していきたいです。

★コース内容は難しいものもありましたが、理論的なので、勉強を進めていく中で、
理解が深まり、ピラティスの奥深さと魅力をますます感じることができました。

★自分がうまくエクササイズを行えるか不安でしたが、コースを受講していくうちにコツを掴んだ気がします。
やはり自分で動いてみることが大事だな、と指導実習をしていても思いました。
中級エクササイズに苦戦中ですが、がんばります!

★こんなにすてきなピラティスをたくさんの方に広めていきたいと思います。
新しいコースやワークショップもどんどんチャレンジしていきたいです!

★先生もわかりやすく教えていただき、すごく勉強になりました。
楽しく学ぶことができてよかったです、ありがとうございました。

P1330103

8月IMP(初中級マット)コース受講の皆様、お疲れ様でした。
たった1か月でストットピラティスSTOTT PILATES®のマットのスキルを勉強し、
受講生全員で練習やセッション見学されている姿がとても印象的でした。
これから次のコースに進む方、試験を受験する方、それぞれ進路は違いますが、
ZONE by ビーキューブ®で学んだ仲間として、これからもピラティスを極めてくださいね!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2017年後期スケジュールのIMP(初中級マット)コースは定員間近のコースもございます!
ストットピラティスSTOTT PILATES®のインストラクターとして活躍したい方、
ご自身のピラティスの知識を深めたい方などなど、
みなさまのご参加をお待ちしております。
※コースには定員がございます。定員になり次第、お申込受付を終了いたします。

2018年1月~6月の養成コーススケジュールは2017年秋ごろ発表を予定しております。
今しばらくお待ちくださいませ。

【IMP(初中級マット)コース】

9月30日(土)~10月29日(日)  【土・日曜日コース】 満員御礼!

11月13日(月)~12月14日(木)  【平日コース】 定員間近!

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

養成コースのことを知ってみたい方、まずは資料を見てみたい方、
ご不明な点や確認したいことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください

実際のコースについての説明も行っています。スタジオ見学も兼ねてぜひお越しください!

—————————————————————————-

【ピラティスインストラクター 養成コース 体験&説明会】

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

◆日時:2017年 9月 23日(土・祝) 17:00~19:00

◆参加費: 無料

◆場所:  ZONE by ビーキューブ®スタジオ

◆アクセス:
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F

・地下鉄 御堂筋線   「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 四ツ橋線   「四ツ橋」駅1-A番出口より徒歩5分

◆対象: STOTT PILATES® インストラクター養成コースにご興味のある方

◆お持ち物: 筆記具、動ける服装、タオル

—————————————————————————-

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
※まずは資料を見てみたい、質問したいことがあるという方、
お気軽にお問い合わせください。個別でも対応させていただきます!

【お電話】 06-6241-6364 担当:小田原
お問い合わせフォームはこちらからアクセスしてください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初中級マット(IMP)【2017年4月~5月】コース

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

最近、ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コースへの
お問い合わせがとても増えています。

資料請求してまずは何が学べるか調べている方、
養成コースにご興味ある方を対象にした説明会にご参加されている方
実際に勉強するピラティスを体感しようと、セッション体験やスタジオ会員になる方など
皆様、さまざまな方法でご検討いただいております。

ストットピラティスSTOTT PILATES®のインストラクター養成コースで
一番最初に受講いただくのが、IMP(初中級マット)コース
すでにインストラクターとして活動している方から
ピラティス初心者、インストラクター未経験の方、
また医療現場で勤務されている方が予防医学の観点から受講されています。

IMP(初中級マット)コースは全9日間。
講義のほかに3つの課題に取り組みながら、6ヶ月以内に実施される試験に向けて
ストットピラティスSTOTT PILATES®のマットエクササイズが教えられるように練習していきます。

試験に合格すると、ストットピラティスSTOTT PILATES®初中級マットインストラクターとして
ピラティススタジオやスポーツクラブ、カルチャーセンターなどで教えることができたり、
ご自身でピラティススタジオを始める方、訪問でピラティスを教えるなど
その活動範囲は広がりをみせています。

IMP(初中級マット)コース受講後にAM(上級マット)コースに進んで
ストットピラティスSTOTT PILATES®のマットのスペシャリストをめざしたり
IR(初中級リフォーマー)コースICCB(初中級キャデラック、バレル、チェア)コースといった
器具のコースに進んでストットピラティスSTOTT PILATES®の学びを深めることもできます。

IMP(初中級マット)コースにご興味のある方、
ストットピラティスSTOTT PILATES®で新しい自分になってみませんか?

今日はゴールデンウィーク期間を利用したIMP(初中級マット)コースの様子をご紹介します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
【IMP(初中級マット)コース1日目】
コース生同士の自己紹介からスタート。

ビーキューブ®の受講中のルールのひとつに「ニックネーム」で呼び合う、というのがあります。
これから一緒にピラティスを勉強する仲間として、長いお付き合いになります。
器具のコースに進んだ方からは、
「IMP(初中級マット)コースの同期とは一番連絡を取り合います!」
というお話もよく聞きます。

あともう1つのルールがあります。
それは「質問はコース中にみんなで共有する」ということ。
疑問点を残したままコースを進めてしまうと、どんどんわからないことが膨らんでしまいます。
みんなで確認しあう時間を大切にすることで、学びを深めるようにしています。

初日はピラティスの歴史の紹介後、
「ストットピラティスSTOTT PILATES®5原則」ウォーミングアップエクササイズを学びます。

<ストットピラティスSTOTT PILATES®>
①呼吸
②骨盤の配置
③胸郭の配置
④肩甲骨の動きと安定
⑤頭と頚部の配置
の5つの原則がなぜ大事なのか、どのような状態が正しいのかなどを学んでいきます。

P1310221

【IMP(初中級マット)コース2日目】

午前中は昨日学んだ「ストットピラティスSTOTT PILATES®5原則」を1対1で教える時間があります。
20分という限られた時間の中で、要点をまとめて5つのポイントを声に出して言ってみます。
「声に出して言う」ことで、理解の不足に気がついたり、どこまで自分がわかっているのかを整理できます。

「ストットピラティスSTOTT PILATES®5原則」のティーチングの後は、
早速初級エクササイズがスタートします。

写真はアークバレルを使ったスタートポジションの確認。
正しい位置でアークバレルに乗れていないとエクササイズの効果が無かったり
危ない姿勢で動作を行ってしまうことにもなります。
いろいろな角度からチェックしてみることもインストラクターの視点として重要なポイント。

このように、小道具(プロップ)を使って姿勢の調整や強度の変化をすることができるのも
ストットピラティスSTOTT PILATES®の大きな特徴です。

養成コースでは基本的なエクササイズとその活用方法を学びますが、
ワークショップにご参加いただくとさらに発展させた方法やバリエーションを学ぶことができますよ。

P1310228

【IMP(初中級マット)コース3日目・4日目】
初級エクササイズを学ぶカリキュラムとして、
①先生が見本を見せて動きを解説する
②受講生全員で動く
③多彩な調整方法の確認
という流れで進んでいきます。
一通りエクササイズが終わると、全員で最初から通してエクササイズにチャレンジする時間もあります。

自分の身体を動かすことでエクササイズの理解が深まります。
コース初日から取り組む3つの課題の1つ「自主練習」をたくさんすることで
自身の身体でエクササイズの意味を理解することができますし、
たくさん動くことで自分の身体がピラティスで変わってくることも感じることができます。

コースをより深く内容を楽しむためにも、コース受講前の皆様には
ぜひピラティスをたくさんしておく時間をとることをお勧めします!!

P1310280

P1310305

【IMP(初中級マット)コース5日目】
5日目になると、初級エクササイズを1対1で教えるティーチングの時間があります。
4日目までに学んだエクササイズをひとつひとつ教えていきます。
ティーチングには身体に触れる「タクタイル」や言葉がけ「バーバルキュー」などがあります。
「何を、どこに、どのくらい」といった的確な表現、「●●のように」といったイメージを持たせた表現・・・、
お客様が一番反応がいい方法を見つけて教える工夫も必要になります。

3つの課題のひとつ「指導実習」を行うことで、さまざまな方にお客様役になってもらい
表現方法やティーチングスキルを練習していくことができます。

どういった言葉がけをしたらいいのか、実際のセッションを見学する課題「セッション見学」
とても有効的な勉強方法です。
コース受講とともに「自主練習」「指導実習」「セッション見学」をすることで
総合的にストットピラティスSTOTT PILATES®を学ぶことができるようになっています。

P1310322

5日目午後は「姿勢分析」
人の身体の特徴を見る方法を学びます。
クライアントの日常生活やけがの有無など、10人10通りの姿勢があります。
1人1人にあったピラティスエクササイズを選ぶために、姿勢分析はその基本となるもの。
解剖学的な視点から、骨格の指標となる部位の触診の方法や、
分析の手順をおって行うスキルを学習します。

P1310346

【IMP(初中級マット)コース6・7日目】

コースも後半戦。
6日目午前中は「プログラミング」
5日目に実施した姿勢分析を基に「どんな姿勢の方にどんなエクササイズを提供するのか」を
選んでいく方法を学んでいきます。
グループになってそれぞれの案を出し合いながら、議論していきます。

P1310357

午後からは中級エクササイズに入ります。
初級エクササイズをベースにより発展させた内容になっています。
このころになると解剖学用語やエクササイズについての知識もあるので、
より専門的な質問もでてくるようになります。

P1310382

P1310420
【IMP(初中級マット)コース8日目】

IMPコース最終日は午前はプライベートセッションのティーチング
午後はグループティーチングにチャレンジ

1対1とは違うティーチングスタイルをとるグループティーチング。
様々なレベルの方に正しい動きを伝えるための表現方法には
特に気をつける必要があります。

数ヵ月後、受講生がピラティスをお客様に教えている姿が浮かびます!

P1310516

P1310521

P1310528

【試験対策ワークショップ・ジェネラルオーバービュー】

ビーキューブ®では9日目に試験対策ワークショップ・ジェネラルオーバービューを開催、
皆様に受講していただいております。
これは、コース受講後6か月の間に開催される試験に向けて、
実技試験ではどのようなポイントで評価されているのか、筆記試験にはどのような傾向の問題があるのか、
姿勢分析の復習時間や5原則のティーチングポイントなどのおさらいなどを解説していきます。
このワークショップを受講することで、明確な試験準備をしていただけるようになります。

P1310551

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2017年後期スケジュールのIMP(初中級マット)コースは下記のスケジュールで開催が決定!
定員間近のコースもございます!
ストットピラティスSTOTT PILATES®のインストラクターとして活躍したい方、
ご自身のピラティスの知識を深めたい方などなど、
みなさまのご参加をお待ちしております。
※コースには定員がございます。定員になり次第、お申込受付を終了いたします。

【IMP(初中級マット)コース】

8月3日(木)~8月26日(土)  【集中コース】

9月30日(土)~10月29日(日)  【土・日曜日コース】 満員御礼

11月13日(月)~12月14日(木)  【平日コース】

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

養成コースのことを知ってみたい方、まずは資料を見てみたい方、
ご不明な点や確認したいことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください

実際のコースについての説明も行っています。スタジオ見学も兼ねてぜひお越しください!

—————————————————————————-

【ピラティスインストラクター 養成コース 体験&説明会】

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

◆日時:2017年 6月 13日(月) 13:00~15:00

◆参加費: 無料

◆場所:  ZONE by ビーキューブ®スタジオ

◆アクセス:
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F

・地下鉄 御堂筋線   「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 四ツ橋線   「四ツ橋」駅1-A番出口より徒歩5分

◆対象: STOTT PILATES® インストラクター養成コースにご興味のある方

◆お持ち物: 筆記具、動ける服装、タオル

—————————————————————————-

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
※まずは資料を見てみたい、質問したいことがあるという方、
お気軽にお問い合わせください。個別でも対応させていただきます!

【お電話】 06-6241-6364 担当:小田原
お問い合わせフォームはこちらからアクセスしてください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

初中級キャデラック、チェア、バレル(ICCB)コース 【2017年4月~5月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

桜の季節も過ぎ、木々の新芽が青々としてくる、さわやかな季節になってきました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ZONEスタジオでは4月~5月にかけてICCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コースを開催。
多くの方に、特徴的な器具の魅力に触れていただく機会となりました。

Wataru先生、Jacquin先生の2名体勢で行われた今回のコース。
ZONE by ビーキューブ®の特徴の1つでもある
「複数の講師による養成コース担当」によるコースによって、
2人の先生のバックグラウンドからのピラティスのポイント、視点などを学ぶことができました。

今日は各コースの様子や器具の特徴をふまえてご紹介いたします!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【ICAD(初中級キャデラック)コース】 5日間 25時間

キャデラックの特徴は
立位のピラティスエクササイズができる
スプリングなど立体的な負荷をかけることができる
リフォーマーなどの器具でできる同じエクササイズを違った環境で行うことができる
など、非常に面白い内容になっています。

ICAD(初中級キャデラック)コースで学ぶエクササイズ数は125種類
より立体的な空間の中での身体のコントロール、意識が求められます。
キャデラックに付随しているプッシュスルーバー、ファジーハンギングストラップ、トラピーズなどを使って、
さまざまな環境に変化させることができます。

Wataru先生が特に強調していたのは、器具の取り扱いへの配慮
こちらの写真で使用しているプッシュスルーバーは鉄製でスプリングをかけて使用します。
インストラクター役がしっかりバーを補助していないと反動でバーが返ったりするなど、
器具ならではの危険もあります。
教えることだけに注意をするだけでなく、安全にお客様にエクササイズをしてもらう環境をつくることも
インストラクターとして学ぶべき点ですね。

P1300958

今回のICCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コース
Wataru先生、Jacquin(ジャクイン)先生の2名体制
複数の先生がコースを担当するのもZONE by ビーキューブ®だからこそできる教育環境。
こちらの写真はキャデラックを使用した「バレエ・ストレッチ」の様子。
細やかな身体のコントロールが必要になるこのエクササイズ、
Jacquin先生のキューイングにも身体の細部にわたる指示がとびます!

P1300981

コース4日目、中級エクササイズの最後を飾るのは「ハーフ・ハング」「フル・ハング」
白いファジーハンギングストラップを使用します。
両足をファジーに入れ、上体を上げるこちらのエクササイズ、
自分の頭と上半身の重さが加わるので、結構大変です!!

P1310017

「ハーフ・ハング」ができたら「フル・ハング」へ。
ファジーに足を入れる方法もコツがあるので、コース後の練習時間では
みんなが交替でこのエクササイズにチャレンジしていました。

P1310019

最終日。みんなで記念撮影!
キャデラックのエクササイズをぎゅっと詰め込んだ1枚になりました!

P1310055

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【ICHR(初中級スタビリティチェア)コース】 3日間 15時間

コンパクトなスタビリティチェアの特徴は
①接地面が少ないので、空間の中で身体の使い方が習得できる
②日常生活に近い機能的な立位のエクササイズが多い
③スプリングテンションの負荷が調整しやすい
などが挙げられます。
立って、座って、乗って・・・ICHR(初中級チェア)コースでは63種類のエクササイズを学びます。

★フットワーク★
コースの一番最初に学ぶエクササイズ。
ペダルを踏む足に意識がいきがちですが、
ターゲットマッスルは腰椎から骨盤部を安定させる腹横筋や腹横筋の収縮を促し補助する骨盤底。
後ろに壁があると思って上半身を空間で安定させる必要があります。

P1310149

★アダクター・プレス★
自身の左右差がわかるエクササイズのひとつ。ペダルをコントロールしながら上下していきます。
先ほどのフットワーク同様、ターゲットマッスルは腹横筋、骨盤底ですが、
ペダルを押し下げる時にコンセントリックに、戻るときにイーセントリックに働く上側の股関節内転筋群や
回旋を防ぐ腹斜筋群、多裂筋にも働いていきます。

P1310153

★バックワードステップアダウン★
階段の昇り降りのような体勢で片脚を動かす事により、骨盤の特に内と外についている
安定筋を強化し、また腿の前の筋肉の持久力を高める事が出来ます。

P1310177

★「ロールオーバー」★
マットエクササイズにもあるこの動き。
重たいペダルをコントロールしながら脊柱と股関節をコントロールしていきます。
上級のマットワークのエクササイズの前段階としても活用出来るエクササイズです。

P1310194

コース修了後の1枚。
コースがおわった達成感!皆様の笑顔が素敵ですね!
受講後の感想も「日常生活に使う動きをピラティスのセッションでクライアントに意識してもらえる」
「立体的な動き、下からの負荷・・・、リフォーマーにはない環境が新鮮」
「自分の身体の癖がよくわかりました」など、発見の多いコースとなりました。

P1310198

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【IBRL(初中級バレル)コース】 2日間 10時間

アークバレル、ラダーバレル、スパインコレクター3種類のバレルの特徴を活かした
ピラティスエクササイズを学べるこちらのコース。
曲線のカーブがそれぞれ違います。
同じエクササイズを3つのバレルの違いを体感することができます。

★アークバレル
IMP(初中級マット)コースでもモディフィケーション(調整)で大活躍したバレル。
「アーク=弧を描いた・バレル=樽」の意味。
ほかの2つに比べて高さが低く、バレルの頂点の面積が広いのが特徴。

★スパインコレクター
「スパイン=背骨・コレクター=修正する」という名前のこのバレル。
ハンドルが手を付く面積のオプションを提案することができます。
またステップ台があることで股関節への配慮ができる構造にもなっています。

★ラダーバレル
はしごが特徴的なこちらのバレル。
身体が接地するところがバレルとはしこ部分のみのため、支持面が狭くなります。
バレル部分が可動式なので、身長や手足の長さに合わせて調整が可能になります。

IBRL(初中級バレル)コースでは98種類のエクササイズが学べますよ!

P1310424

P1310445

P1310459

P1310472

P1310488

同じエクササイズもバレルを変えると身体への違いがよくわかります。
構造の違いで同じエクササイズでもアークバレルは初級、スパインコレクターは中級になったりします。
2日間でバレルの魅力いっぱいのコースとなりました。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

I CCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コースにもなると、
ストットピラティスSTOTT PILATES®のインストラクターとして活動している方、
スタジオを経営し、お客様のセッションに携わっている方など、
実践的な環境を経験している方も多く参加されます。
「この器具であのお客様にあんなエクササイズを・・・」といったイメージでコースに取り組まれていました。

ビーキューブ®では、コースで使用した器具を購入するにあたっての個人輸入のサポートも行っています。
コース受講した方に対して、本部とのやりとりや申請方法をご案内しています。
ビーキューブ®で器具のコースを受講された方で個人輸入の方法を知りたい方、
養成コース担当の小田原まで、電話、メールでお知らせください!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

2017年後期スケジュールのICCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コースの日程も決定!

【ICAD(初中級キャデラック)コース】 
満員御礼!現在キャンセル待ちでの受付です。
・日程 : 11/3(金・祝)、4(土)、5(日)、11(土)、12(日)
・時間:9:30~16:30
【ICHR(初中級チェア・)コース】
・日程 : 11/23(木・祝)、25(土)、26(日)
・時間:9:30~16:30
【IBRL(初中級バレル)コース】
・日程 : 12/9(土)、10(日)
・時間 : 9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

皆様のご参加、お待ちしております。
コースについての相談、ご質問などはお気軽にお問い合わせください。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初中級マット(IMP)コースmod1【2017年3月】 

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コース
2017年7月~12月のスケジュールが発表されました。
皆様、ご覧になられましたか?

以前から養成コースに興味があるけれど、
スケジュール調整が難しいと感じている方、いらっしゃると思います。

実は本部の規定で、初中級コースは「モジュール受講」ができます

IMP(初中級マット)コースの場合、
前半5日間(初級5日)後半4日(中級3日+試験対策ワークショップ・エグザム・ジェネラル・オーバービュー)
日程を分割して受講することができます。
短期間に9日間も予定を調整することが難しい方には「モジュール受講」がお勧めです。
(モジュール受講には別途定員があります。)

例えば2017年IMP(初中級マット)コースの中で、

8月コース前半受講 → 11月コース後半受講 という組み合わせができます。
<8/3(木)、4(金)、9(水)、10(木)、11(金・祝)、12/11(月)、12(火)、13(水)、14(木)>

現在発表のIMP(初中級マット)コースの場合だとこんな日程になります。
ご検討スケジュールを一度確認してください。
モジュール受講について詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせ、ご相談ください
—————————————————————–
【8月集中コース】 
前半 : 8/3(木)、4(金)、9(水)、10(木)、11(金・祝)
後半 : 8/22(火)、23(水)、24(木)、25(金)

【9月土日コース】
前半 : 9/30(土)、10/1(日)、7(日)、14(土)、15(日)
後半 : 10/21(土)、22(日)、28(土)、29(日)

【11月平日コース】
前半 : 11/13(月)、14(火)、15(水)、30(木)、12/1(金)
後半 : 12/11(月)、12(火)、13(水)、14(木)

—————————————————————–

今日は、3月~4月に実施した
IMP(初中級マット)コースの前半・初級の内容をご紹介します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
IMP(初中級マット)コースでは、

★63種類の初級、中級マットエクササイズの習得
★道具を使った調整方法(モディフィケーション)
★姿勢を分析する方法と、その特徴にあわせたエクササイズの選び方(プログラミング)
★プライベート、グループのティーチング方法
などを学べます。

今回のコースは
毎週日曜日に大阪・ZONEスタジオに通うスケジュール。
近畿圏を中心に、九州、四国、中部からもストットピラティスSTOTT PILATES®を学ぶために
12名の方がお越し下さいました。

すでにインストラクターとして運動していて、
ピラティスを学ぶことでさらなるスキルアップを目指す方、
ビーキューブ®スタジオやストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクターに
ピラティスを習っていて、その世界を勉強しようと思った方、
医療の分野で活動していて、ピラティスを治療に役立てたいとお考えの方、
これからピラティスを通じて健康に携わる仕事をしようと思っている方など、
コースで学ぶ知識を通じて、様々な可能性にかける皆様が学んでおられます。

P1300473

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コースでは
コースを受講するだけでなく、本部の規定により、3つの課題に取り組む必要があります。

—————————————————————————

課題①:セッション見学 (IMP(初中級)マット)コースの場合10時間以上)
ストットピラティスSTOTT PILATES®認定インストラクターのセッションを見学すること

課題②:自主練習  (IMP(初中級)マット)コースの場合30時間以上)
ストットピラティスSTOTT PILATES®を身体を動かして練習すること

課題③:指導実習 (IMP(初中級)マット)コースの場合15時間以上)
家族、クラスメイト、友人、クライアントにストットピラティスSTOTT PILATES®を教えること

—————————————————————————

講義での内容を3つの課題を取り組むことで、
内容の理解を深め、認定試験に合格すればすぐにでも
ストットピラティスSTOTT PILATES®が教えられるインストラクターになることができるカリキュラムになっています。

P1300908

P1300992

養成コースでは、遠方からZONEスタジオにお越しになる方もたくさんいらっしゃいます。
コースではない日にスタジオに来て、見学や練習をたくさんしていただける環境も
ZONE by ビーキューブ®では準備しています。
※養成コース修了後6ヶ月間はセッション見学、練習スタジオが無料で利用できます。

————————————————————————————-

【例:コース受講生の1日の練習スケジュール】

10:00~11:00 ピラティス・プライベートセッション見学 「セッション見学 1時間」
11:00~12:00 ピラティス・プライベートセッション見学 「セッション見学 1時間」
12:00~13:00 ピラティス・マットグループクラス見学 「セッション見学 1時間」
13:00~14:00 昼食
14:00~16:00 練習開放スタジオでの練習 「自主練習 1時間」「指導実習 1時間」
16:00~17:00 ピラティス・プライベートセッション受講 「自主練習 1時間」

※この日の課題
セッション見学 3時間
自主練習 2時間
指導実習 1時間
————————————————————————————-

初級コース最終日の5日目には「姿勢分析」についてのレクチャーがあります。
ストットピラティスSTOTT PILATES®でのセッションの特徴として
「お客様の姿勢に合わせてピラティスエクササイズを選ぶ」ことができます。

お客様の身体の状態を正しく把握するために「姿勢分析」はとても大切なチェック項目です。
解剖学的な視点から、骨格の指標となる部位の触診の方法や、
分析の手順をおって行うスキルを学習します。

「姿勢分析」はワークショップでも学ぶことができます。
※2017年4月開催のワークショップ・姿勢分析の復習の様子はZONEブログでご紹介しています。
ZONEブログ→2017年4月「試験対策ワークショッ・Mat」「姿勢分析の復習」

P1310002

こちらのIMP(初中級マット)コースの後半は5月28日(日)から再開します。
それまでの間に、「自主練習」「指導実習」「セッション見学」に取り組んでくださいね!
5月にコース生のみなさまにお会いできることを楽しみにしています!

中級コースの様子はこちらのブログで紹介します。お楽しみにお待ちください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
2017年後期スケジュールのIMP(初中級マット)コースは下記のスケジュールで開催が決定!
お申込みも受付いたしております!
ストットピラティスSTOTT PILATES®のインストラクターとして活躍したい方、
ご自身のピラティスの知識を深めたい方などなど、
みなさまのご参加をお待ちしております。
※コースには定員がございます。定員になり次第、お申込受付を終了いたします。

【IMP(初中級マット)コース】

8月3日(木)~8月26日(土)  【集中コース】

9月30日(土)~10月29日(日)  【土・日曜日コース】

11月13日(月)~12月14日(木)  【平日コース】

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

養成コースのことを知ってみたい方、まずは資料を見てみたい方、
ご不明な点や確認したいことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください

実際のコースについての説明も行っています。スタジオ見学も兼ねてぜひお越しください!

—————————————————————————-

【ピラティスインストラクター 養成コース 体験&説明会】

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

◆日時:2017年 5月 14日(日) 15:30~17:30

◆参加費: 無料

◆場所:  ZONE by ビーキューブ®スタジオ

◆アクセス:
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F

・地下鉄 御堂筋線   「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 四ツ橋線   「四ツ橋」駅1-A番出口より徒歩5分

◆対象: STOTT PILATES® インストラクター養成コースにご興味のある方

◆お持ち物: 筆記具、動ける服装、タオル

—————————————————————————-

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
※まずは資料を見てみたい、質問したいことがあるという方、
お気軽にお問い合わせください。個別でも対応させていただきます!

【お電話】 06-6241-6364 担当:小田原
お問い合わせフォームはこちらからアクセスしてください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初中級リフォーマー(IR)コース【2017年2月~3月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ストットピラティスSTOTT PILATES®のマットコースを学んだあとは、
器具のコースに進むことで、さらに深くピラティスを学べるカリキュラムになっています。

器具と聞くと、たとえばスポーツクラブのトレーニング用のマシンのイメージがあるかもしれません。
あれらの機械は負荷をかけて筋力トレーニングを行うものになっています。

ピラティスで使用する器具はトレーニングというよりは、
正しい動きができているかを教えてくれるものとして活用していきます。
また、ピラティスは精度のよい動きを回数少なく行うのも特徴です。
同じ動きをたくさん回数を行う筋力トレーニングとは、全く違うエクササイズと言えるかもしれません。

今日はIR(初中級リフォーマー)コースの様子をお伝えします。
リハビリから派生したエクササイズとして知られるピラティスの原点を感じるリフォーマー。
その特徴、コースの様子などをご案内します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

IR(初中級リフォーマー)コース初級6日間+中級4日間の全10日間のカリキュラム。
ストットピラティスSTOTT PILATES®5原則、マットコースの復習から始まり、
リフォーマーの器具の特徴とセッティング方法、
初級・中級のエクササイズ、姿勢分析やリフォーマーエクササイズのプログラミング、
プライベート・グループティーチングなど、
IMP(初中級マット)コースの内容も押さえながら、新しいスキルを学べる内容になっています。

初級エクササイズはリフォーマーに寝た状態で行うものからスタート。
背中がついているので、安定した中で身体を動かすことができます。

一番最初に学ぶフットワークは、自分の体重を気にすることなく脚のエクササイズができるので、
ひざに痛みがあるけれど、脚の筋力強化をしたい場合などには有効なものになります。

また足のポジションを変更するだけで、アプローチできる筋肉を変化できるのも特徴のひとつ。
足を開く、閉じる、つま先立ちになるなど・・・、気がつけば足に心地よい疲労感が。

足が動いているけれども、体幹も安定していないといけないので、身体への意識は全身へ!
頭で考え、意識しながら自分の身体の動きをコントロールする、ピラティスの醍醐味が味わえます。

P1300193

コースではティーチングの時間もあります。
器具のセッティング、安全面、正しく身体が使えているか・・・、さまざまなチェック項目があります。
リフォーマーコースを学ぶことで、身体の見方、キューイングバリエーションなどが格段に広がるので、
マットエクササイズを教えるときにそれが活用できる、との感想がありました。

リフォーマーを学ぶことは、新しい知識を得るだけでなく、今あるスキルアップにもなります。

P1300350

中級になると、リフォーマーの上での立位のエクササイズが登場します。
体幹への意識を踏まえて、よりバランスへのチャレンジが求められます。

こちらの写真は「シングル・サイ・ストレッチ」中級
初級で行うエクササイズに両手をバーから離し、腕を伸ばす動きがプラスされます。
キャリッジが動かないようにした状態で行うことがポイント!

P1300435

こちらは「サイド・スプリット」
体幹は安定させながら、動くキャリッジをコントロールしながら足を動かしていきます。
インストラクター役はエクササイズの前後のリフォーマーの乗り降りにも気をつけながら
エクササイズを教えていきます。

P1300444

こちらも中級、「バック・スプリッツ」
エクササイズ後には思わす「あ~~!!」と言ってしまうほど。
これらのエクササイズのほかにも、ボックスやメイプルポール、フィットネスサークルを活用したものや、
付属品のジャンプボードを使ってのエクササイズもコースで学びます。

ストットピラティスSTOTT PILATES®のワークショップには、
リフォーマーをさらに深めることができるタイトルも多数取り揃えています。
コースで学んだエクササイズを基に、さらに発展させることもできます。

P1300451

今回のコースは、みんな仲良し!
同じ目標を持つ、モチベーションの高いメンバーが集まりました。
これからZONEスタジオにたくさんリフォーマーの練習にきてくださいね!
皆様、お疲れ様でした。

P1300470

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2017年7月~12月のピラティスインストラクター養成コースのスケジュール
まもなく発表予定です!
3月下旬から4月初旬を予定しております。

もちろんIR(初中級リフォーマー)コースも開催を予定しております。
今しばらくお待ちください!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初中級マット(IMP)コース【2017年1月~2月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ZONE by ビーキューブ®では、
ストットピラティスSTOT PILATES®インストラクター養成コースを実施、
多くの方が学んでおられます。

一番最初に受講いただくコース・IMP(初中級マット)コースは、
半年で3回、さまざまなスケジュールで実施しています。

今日は1月~2月平日中心で開催されたコースの内容をご紹介します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

IMP(初中級マット)コースは、
初級5日間+中級3日間+試験対策ワークショップ・ジェネラルオーバービュー1日の計9日間

プライベートセッション、グループクラスのティーチング方法や
小道具(プロップ)の活用方法、姿勢分析の方法、エクササイズの選び方(ティーチング)など、
ピラティスインストラクターとして必要なスキルを学ぶことが出来ます。

初日はストットピラティスSTOT PILATES®5原則から。
「呼吸」「骨盤の配置」「胸郭の配置」「肩甲骨の安定」「頭と頚部の配置」の5つの項目を
なぜそれが大事なのか、これらを意識することで身体がどのようになるのかを学びます。
写真は骨盤の動き「インプリント」「ニュートラル」を確認中。

P1300037

エクササイズを学ぶ時間は
①先生が見本を見せながら動きを解説
②実際に受講生がエクササイズを行う
③調整方法(モディフィケーション)の解説
の順で行います。

IMP(初中級マット)コース63種類のエクササイズを学べます
調整方法(モディフィケーション)は1つのエクササイズに3〜多くて10種類以上もあるので、
お身体の状態に合わせてエクササイズの強度を調整できます。

P1300062

P1300067

小道具(プロップ)の活用方法が多いのもストットピラティスSTOT PILATES®の特徴。
IMP(初中級マット)コースでは
・アークバレル
・フィットネスサークル
・フレックスバンド
の3つを中心に、あるときは身体の調整や補助に、あるときはチャレンジするための強度変化に・・・。
多彩な道具の使い方と、なぜそのように使用するのかも学びます。

コース中はエクササイズをする時間もたくさんあり、その内容を身体で実感できます。
最初は初級エクササイズが難しいと感じていたのが、コースを進むにつれて
それができるようになり、中級にチャレンジできるようになります。

IMP(初中級マット)コース受講後にAM(上級マット)コース1日間のコースもあり、
ストットピラティスSTOT PILATES®のマットを極めることもできます。

P1300096

P1300124

P1300154

コースの中盤、5日目の午後に行う「姿勢分析」
ピラティスセッションを行う上で、安全に効果的な内容をするためには
お客様の今のお身体の状態を正確に把握する必要があります。

そのために、骨や関節の位置がどうなっているのか、身体の回旋などの状態を見るスキルは必要不可欠。
コース内でそれらの分析方法の解説、実際に分析し合う時間もあります。
自分の身近な人の姿勢分析をしてチャートを完成させる宿題も出るほど。
この授業の後は、「他人の姿勢」が気になるそうで、
街ですれ違った人を無意識に姿勢分析してしまうとか・・・。

P1300179

コース8日目。
最後を締めくくるのはグループティーチング
プライベートティーチングとは違い、同じ動きを複数の方に正しく伝えるのはとても難しいんです。
インストラクターが、みんなにわかりやすい表現でエクササイズを伝えていきます。

P1300333

今回のコースを受講されたメンバーは
ヨガやダンズのインストラクタとしてすでに活動されている方、
トレーナーとして運動指導をされていて、さらなるスキルアップを考えている方、
現役のダンサーやラグビーで活動されていて、自分の身体のメンテナンスに活用したい方、
ピラティスを習いだしてその魅力を深く知りたいと思った方・・・。
運動やインストラクターとは全く関わりがなかったけれど、
このコース受講を機会に新たなチャレンジをされている方もいらっしゃいます。

様々なバックグラウンドの方が集まってピラティスを学ぶ機会もとても貴重だと思います。
新しいことを新しい仲間とともに取り組むことで、新しい自分にも気付けます。

コース後に、皆様から多くの感想をいただきました。
その一部をご紹介。
————————————————————————————————–
「勉強熱心な仲間と頑張った9日間。コース後の練習も一緒にできて、ピラティス漬けの毎日でした。」
「短期間のコースでついていけるか心配でしたが、嫌になることなく頑張れました!」
「自分の身体のためにコースを受講しましたが、インストラクターの仕事にも興味が出てきました。」
「コースが進むにつれて、やり方が間違っていることに気づいたり、言われていた意味がわかってきました。」
「仕事との両立も大変でしたが、よい緊張感の中で勉強できました。あとは復習&練習あるのみ!」
「自分の得意な動き、不得意な動きがわかってきました。キューイングも自分の弱点に気づけたと感じまします。」
「コースの内容をお客様のセッションに取り入れて、お客様がわかってくれたときはとてもうれしかったです!」
————————————————————————————————–

1月~2月IMP(初中級マット)コース受講の皆様、お疲れ様でした。
これから試験に向けて勉強する方、次のコースを受講する方、
さまざまな進路に向かって進んでいくことになります。

ZONE by ビーキューブ®は皆様の頑張りをサポートしてまいります!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

現在、ピラティスインストラクター養成コースのスケジュールは
2017年6月まで発表されています。
IMP(初中級マット)コースは3月開催分、4月開催分ともに定員
キャンセル待ちでの受付をしております。

2017年7月~12月のスケジュール
3月下旬~4月上旬の発表を予定しております。
ホームページアカデミーブログなどでご案内しますので、今しばらくお待ちくださいませ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

※IMP(初中級マット)コース受講前の事前学習としておススメ※
ZONE by ビーキューブ®独自の「解剖学集中コース」

ストットピラティスSTOT PILATES®を学ぶ上で必要な
「解剖学」「生体力学」の知識。
コース受講前の事前学習として、「解剖学集中コース」がおすすめです!

こちらのコースは現在下記の2つの日程でお申し込みを受付中!
早めに受講しておくことで、コースまでにしっかり解剖学をおさらいできます。

———————————————————-

【解剖学集中コース】(2日間、各日休憩60分 )
 【日程】
①2/26(日)、3/5(日)
②4/22(土)、23(日)
 【時間】
①②ともに 9:30~16:30
【場所】
ビーキューブ®スタジオ(受付4F)
※お申し込みはこちらから→「STOTT PILATES®認定コース申込フォーム」

———————————————————-

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年11月~12月IMP(初中級マット)コース

Stottt_pilates

こんにちは。
ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

2016年も残りあとわずかとなってまいりました。
みなさま、どんな1年をお過ごしになられましたでしょうか。

ビーキューブ®は5月に大きくスタジオリニューアル。
ストットピラティスSTOTT PILATES®養成コースも
教育機関「Zone School of Fitness Education By Bcube®」の
ストットピラティスSTOTT PILATES®公認ライセンストレーニングセンター ビーキューブ®アカデミーとして
その傘下に属し活動しております。

今日は11月~12月に開催したストットピラティスSTOTT PILATES®の基礎となるコース
IMP(初中級マット)コースについて、コースの様子をご紹介いたします。

***********************************************
ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コースは
その授業の品質を保つために、各コース定員が設けられています。
IMP(初中級マット)コースは定員12名、今回は満員御礼の開催となりました。

【IMP(初中級マット)コースとは】

IMPIntensive Mat-Plus™の略。
ストットピラティスSTOTT PILATES®のマットエクササイズを集中的に、
小道具(プロップ)の活用も交えて学べるコースのことです。

このコースで勉強するとストットピラティスSTOTT PILATES®の初中級エクササイズを学べ、
将来的にはマットインストラクターとして活動することができます。

コース内では、エクササイズの習得はもちろん、インストラクターとしての教えるスキル、
姿勢分析やそれを基にしたエクササイズの選択方法(プログラミング)も学習します。
リハビリからアスリートまで、プライベートセッションからグループクラスまで、
様々なお客様にストットピラティスSTOTT PILATES®を教えるインストラクターになることができます。

【エクササイズの授業風景】

まずはインストラクタートレーナーがエクササイズの見本を見せ、
どんな動きなのかを解説します。
ターゲットマッスルはどこなのか、どこが動いて、どこが止まっているのか、呼吸はどのタイミングか・・・、
さまざまな角度から観察し、丁寧に確認をしていきます。

p1290161

そのあと、実際に受講生全員でエクササイズを行います。
身体を動かすことで、エクササイズの意味や理解を深めていきます。

p1290495

p1290552

こちらの写真では、ペアになって身体の動きをインストラクター目線で確認しています。
「自分で動く」こと、そして「動きを観察すること」がピラティスを理解する上で非常に重要な要素になります。

また、さまざまな小道具(プロップ)の活用方法も解説があり、
身体の特徴やクライアントの運動歴、既往歴を考慮して、その人にあった環境にする方法も勉強します。

p1290176

【姿勢分析の様子】

ストットピラティスSTOTT PILATES®のプライベートセッションでは、
まずお客様の姿勢の特徴を見る「姿勢分析」を行います。
セッション前にお客様からの健康状態や既往歴の聞き取りはもちろんですが、
骨や関節の位置を測り、左右差、筋肉の状態などを把握して、
お客様の今の状況を知り、インストラクター自身がエクササイズ構成を組み立てていきます。

「姿勢分析」を理解するには、「たくさんの人の姿勢をみる」ことが大切です。
この内容を学んだあとは、みんな「人の姿勢が気になる」そうで、
街行く人のファッションよりも「姿勢」に目が行ってしまうそうですよ。

p1290280

p1290283

【ティーチングにもチャレンジ】
インストラクター養成コースなので、コース内でもティーチングを行います。
2日目には5原則、4日目には初級エクササイズ、8日目にはプライベート、グループセッションと
「エクササイズを勉強する」インプットだけでなく、「人に伝える」アウトプットもしていきます。
自分の言葉で動きを伝えるのは、動きを理解していないとできないし、
相手に伝わる方法で伝えないと正しく動けないので、実はとっても難しいんです。
インストラクター経験者も、ピラティス独特のティーチングスタイルに戸惑う方もおられます。
みんなでペアを変えながら、いろんな人に教える練習を行っていきます。

p1290578

p1290627

コース終了後は資格試験を目指して、
「セッション見学」「自主練習」「指導実習」をたくさん行って、内容の理解を深めていきます。

担当のAkatsuka先生から受講生のみなさんに送った言葉、
「実はコース修了がインストラクターへのスタートである」!
この言葉を胸に、2月、5月の資格試験に向けて頑張ってくださいね。

インストラクタートレーナー、エデュケーションコーディネーターをはじめ
ビーキューブ®スタッフ全員で応援いたします!!

***********************************************

2017年前期スケジュールのIMP(初中級マット)コースは下記のスケジュールで開催が決定!
お申込みも受付いたしております!
ストットピラティスSTOTT PILATES®のインストラクターとして活躍したい方、
ご自身のピラティスの知識を深めたい方などなど、
みなさまのご参加をお待ちしております。

【IMP(初中級マット)コース】

1月17日(火)~2月14日(火)  【平日コース】→初級5日間のご参加のみ1名申込可能!

3月12日(日)~6月18日(日)  【日曜日コース】→早割お申込期限1月12日(木)!お急ぎください!

4月29日(土・祝)~5月18日(日)  【土日・祝日集中コース】

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

養成コースのことを知ってみたい方、まずは資料を見てみたい方、
ご不明な点や確認したいことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください

実際のコースについての説明も行っています。スタジオ見学も兼ねてぜひお越しください!

—————————————————————————-

【ピラティスインストラクター 養成コース 体験&説明会】

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

◆日時:2017年 2月 5日(日) 15:30~17:30

◆参加費: 無料

◆場所:  ZONE by ビーキューブ®スタジオ

◆アクセス:
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F

・地下鉄 御堂筋線   「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 四ツ橋線   「四ツ橋」駅1-A番出口より徒歩5分

◆対象: STOTT PILATES® インストラクター養成コースにご興味のある方

◆お持ち物: 筆記具、動ける服装、タオル

—————————————————————————-

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
※まずは資料を見てみたい、質問したいことがあるという方、
お気軽にお問い合わせください。個別でも対応させていただきます!

【お電話】 06-6241-6364 担当:小田原
お問い合わせフォームはこちらからアクセスしてください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年9月~10月 ICCB(キャデラック・チェア・バレル)コース

Stottt_pilates

こんにちは。
ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

本日はICCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コースについてご紹介します。

こちらのコースは、特徴的な3つの大型器具を使って、
ストットピラティスSTOTT PILATES®をさらに深く勉強していきます。

コースは全10日間ですが、
最近は各コースをわけて受講するモジュール受講もできるようになりました。
まずは興味のある器具から勉強することもできます!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【ICAD(初中級キャデラック)コース】 5日間 25時間

キャデラックの特徴は
①立位のピラティスエクササイズができる
②スプリングなど立体的な負荷をかけることができる
③リフォーマーなどの器具でできる同じエクササイズを違った環境で行うことができる
など、非常に面白い内容になっています。

p1280394

p1280434

p1280440

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【IBRL(初中級バレル)コース】 2日間 10時間

アークバレル、ラダーバレル、スパインコレクター3種類のバレルの特徴を活かした
ピラティスエクササイズを学べるこちらのコース。
曲線のカーブがそれぞれ違います。
同じエクササイズを3つのバレルの違いを体感することができます。

p1280585

p1280616

p1280604

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

【ICHR(初中級スタビリティチェア)コース】 3日間 15時間

コンパクトなスタビリティチェアの特徴は
①接地面が少ないので、空間の中で身体の使い方が習得できる
②日常生活に近い機能的な立位のエクササイズが多い
③スプリングテンションの負荷が調整しやすい
などが挙げられます。
立って、座って、乗って・・・200近いエクササイズを学びます。

p1280746

p1280756

p1280767

I CCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コースにもなると、
ストットピラティスSTOTT PILATES®のインストラクターとして活動している方、
スタジオを経営し、お客様のセッションに携わっている方など、
実践的な環境を経験している方も多く参加されます。
「この器具であのお客様にあんなエクササイズを・・・」といったイメージでコースに取り組まれていました。

ビーキューブ®では、コースで使用した器具を購入するにあたっての個人輸入のサポートも行っています。
コース受講した方に対して、本部とのやりとりや申請方法をご案内しています。
ビーキューブ®で器具のコースを受講された方で個人輸入の方法を知りたい方、
養成コース担当の小田原まで、電話、メールでお知らせください!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

2017年開催のICCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コースの日程も決定!

【ICAD(初中級キャデラック)コース】 
満員御礼!現在キャンセル待ちでの受付です。
・日程 : 4/12(水)、13(木)、14(金)、18(火)、19(水)
・時間:9:30~16:30
【ICHR(初中級チェア・)コース】
・日程 : 4/26(水)、27(木)、28(金)
・時間:9:30~16:30
【IBRL(初中級バレル)コース】
・日程 : 5/9(火)、 10(水)
・時間 : 9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

皆様のご参加、お待ちしております。
コースについての相談、ご質問などはお気軽にお問い合わせください。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年9月 IMP(初中級マット)コース mod2

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®の小田原です。

ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コース
2017年1月~6月のスケジュールが発表されました。
皆様、ご覧になられましたか?

以前から養成コースに興味があるけれど、
スケジュール調整が難しいと感じている方、いらっしゃると思います。

実は本部の規定で、初中級コースは「モジュール受講」ができます。

IMP(初中級マット)コースの場合、
前半5日間(初級5日)後半4日(中級3日+試験対策ワークショップ・エグザム・ジェネラル・オーバービュー)
日程を分割して受講することができます。
短期間に9日間も予定を調整することが難しい方には「モジュール受講」がお勧めです。
(モジュール受講には別途定員があります。)

例えば2017年IMP(初中級マット)コースの中で、

3月日曜日コース前半受講 → 4月土日祝日コース後半受講 という組み合わせができます。
<3/12(日)、26(日)、4/2(日)、9(日)、16(日)、5/6(土)、7(日)、13(土)、14(日)>

現在発表のIMP(初中級マット)コースの場合だとこんな日程になります。
ご検討スケジュールを一度確認してください。
モジュール受講について詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせ、ご相談ください
—————————————————————–
【1月平日コース】 
前半 : 1/17(火)、18(水)、26(木)、27(金)、30(月)
後半 : 2/9(木)、10(金)、13(月)、14(火)

【3月日曜日コース】
前半 : 3/12(日)、26(日)、4/2(日)、9(日)、16(日)
後半 : 5/28(日)、6/4(日)、11(日)、18(日)

【4月土日祝日コース】
前半 : 4/29(土・祝)、4/30(日)、5/3(水・祝)、4(木・祝)、5(金・祝)
後半 : 5/6(土)、7(日)、13(土)、14(日)

—————————————————————–

今日は、6月~7月に前半部分を終えていた
IMP(初中級マット)コースが9月に実施した後半部分の内容をご紹介します。

※前半コースの様子はこちらから→2016年6月~7月IMP(初中級マット)コース mod1

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

8月1ヶ月は先生からの宿題や課題に取り組む期間として過ごしていた受講生の皆様。
スタジオでの練習や見学、セッション受講にも熱心にお越しいただいていたので、
「久しぶり~」という感じがしませんでした。
9月1日からスタート、何だか夏休み明けの学生時代を思い出しますね。

エクササイズも中級レベルになるので動きもダイナミックになり、難しい内容も盛り込まれています。
初級エクササイズの発展もあるので、初級、中級レベルの動きの理解や気づきも増えてきます。
こちらは「スワン・ダイブ」

p1280360

8日目の午前中はプライベートセッションのティーチング
お客様役にエクササイズを声で、触れて・・・、様々な方法で伝えていきます。
必要なのはお客様を観察すること。
自分のティーチングが伝わっているかどうか、インストラクタートレーナーと丁寧に確認していきます。

p1280448

8日目午後からはグループクラスのティーチング
一対一とは違う視点、方法でピラティスを教えていきます。
ピラティスグループクラスのインストラクターとして活動する環境はとても多いです。
将来の受講生のインストラクターとしての姿が浮かびますね。

p1280461

【受講生からのコースを終えての感想】
★ティーチング経験がなくコース受講をしたので、人に教える難しさを感じました。
あとは実践あるのみ、練習頑張ります!

★コースが進むにつれて、できなかったエクササイズができるようになってきました。
自分の身体の使い方もわかるようになってきたので、自分の気づきが人に伝えられたらな、と思います。

★11月試験を目指しています。
これからめちゃくちゃ勉強しないと!と焦る思いもありますが、同期の仲間と頑張ります!

★最初はコースの情報量、周りのみんなに圧倒されて、実はピラティス嫌いになりそうでした・・・。
スタジオのプライベートセッションを受けたときに先生から「楽しんで!」と言われ、最近は楽しめるようになりました。

★ダンスインストラクターなので、動きの部分はコース中によくわかったのですが、
解剖学などの筋肉や体のつくりを頭で理解しようとすると混乱してしまうので、基本に戻って復習します!

コース修了時の記念撮影。達成感あふれる笑顔!
6月から9月という長期にわたるコース、お疲れ様でした。

p1280469

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2017年前期スケジュールのIMP(初中級マット)コースは下記のスケジュールで開催が決定!
お申込みも受付いたしております!
ストットピラティスSTOTT PILATES®のインストラクターとして活躍したい方、
ご自身のピラティスの知識を深めたい方などなど、
みなさまのご参加をお待ちしております。

【IMP(初中級マット)コース】

1月17日(火)~2月14日(火)  【平日コース】

3月12日(日)~6月18日(日)  【日曜日コース】

4月29日(土・祝)~5月18日(日)  【土日・祝日集中コース】

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

養成コースのことを知ってみたい方、まずは資料を見てみたい方、
ご不明な点や確認したいことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください

実際のコースについての説明も行っています。スタジオ見学も兼ねてぜひお越しください!

—————————————————————————-

【ピラティスインストラクター 養成コース 体験&説明会】

※お申し込みはこちらから→ピラティス養成コース体験&説明会

◆日時:2016年 11月 7日(月) 13:00~15:00

◆参加費: 無料

◆場所: ビーキューブ®スタジオ

◆アクセス:
〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F

・地下鉄 御堂筋線   「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅3番出口より徒歩5分
・地下鉄 四ツ橋線   「四ツ橋」駅1-A番出口より徒歩5分

◆対象: STOTT PILATES® インストラクター養成コースにご興味のある方

◆お持ち物: 筆記具、動ける服装、タオル

—————————————————————————-

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
※まずは資料を見てみたい、質問したいことがあるという方、
お気軽にお問い合わせください。個別でも対応させていただきます!

【お電話】 06-6241-6364 担当:小田原
お問い合わせフォームはこちらからアクセスしてください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23
南船場第二東洋ビル4F Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362 E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年8月 IR(初中級リフォーマー)コース mod2

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®の小田原です。

7月から8月にかけて開催していたIR(初中級リフォーマー)コースが修了しました。
今日は中級4日間の様子をご紹介いたします。

※初級6日間のコースの様子はこちらから→2016年7月 IR(初中級リフォーマー)コース mod1

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

【ストットピラティスSTOTT PILATES®の初中級コースはモジュール受講ができます】
コースお申込みには、全日程を受講できることを前提にお申込みいただくことになります。
お仕事や学業、プライベートなどお忙しくされている皆様には、
コースを分割して受講できるモジュール受講という方法があります。

IMP(初中級マット)コース 
→ 初級5日間+中級3日間・試験対策WSジェネラルオーバービュー1日間

IR(初中級リフォーマー)コース
→ 初級6日間+中級4日間

ICCB(初中級キャデラック、チェア、バレル)コース
→ キャデラック5日間+スタビリティチェア3日間+バレル2日間

———————————————————————————————————

8月はIR(初中級リフォーマー)コース 中級の内容。
7月に学んだ初級エクササイズを基礎として、より発展させたものになっていきます。
コース受講と併せて試験受験に向けて、下記の課題にも取り組みながら、内容理解を深めていきます。

「セッション見学」 10時間以上
→ ストットピラティスSTOTT PILATES®認定インストラクターのセッションを見学すること

「自主練習」 40時間以上
→ 自分の身体でストットピラティスSTOTT PILATES®を動いて練習すること

「指導実習」 25時間以上
→ 自分がインストラクター役となってストットピラティスSTOTT PILATES®を指導する練習をすること

———————————————————————————————————

【中級エクササイズをご紹介】

フロント・ローイング アーム・サークルズ

背骨をまっすぐ保つために、おなかの筋肉を常に使い続ける状態で
肩甲骨と腕を動かすエクササイズです。
ロープがうしろから引っ張っているので、より背中からの抵抗を受けるため
お腹の筋肉を止めておく必要があります。

P1280259

フィート・プリング・ストラップス ニーリング・ワン・レッグ・プル

お尻ともも裏の筋力を強化できるエクササイズです。
接地面が3点しかないので、空間の中で正しく股関節を動かせるかをチャレンジできます。
ロープでスプリングの負荷を片足でダイレクトにかけてくるので、
非常にしんどいエクササイズのひとつだといわれています。
この写真の後には、みんなからの悲鳴(!)も聞かれるほど!!

P1280271

最終日にはリフォーマーのプライベートセッション、グループセッションのティーチングも行います。
10日間のコースの集大成!受講生のティーチングにも熱が入ります!

P1280337

今回のIR(初中級リフォーマー)コースは和気あいあいとした中で、
皆さんのピラティスに対する強い気持ちを感じました。
すでにインストラクターとして活動している方、病院に勤務している方、会社員の方・・・、
全国各地から集まってピラティスを学ぶということも、とてもすごいことだと思います。
ストットピラティスSTOTT PILATES®のネットワークも全国に広がっていることを実感します。

コース受講の皆様、お疲れ様でした。
課題の「セッション見学」「自主練習」「指導実習」のサポートをはじめ、
リフォーマー購入の個人輸入サポートなど、ビーキューブ®は皆様の学びのお手伝いをいたします!

———————————————————————————————————

【大型器具個人輸入】
ビーキューブ®では当スタジオで該当コースを受講した方を対象に、
リフォーマー、キャデラック、スタビリティチェアなど、大型器具の個人輸入のサポートもいたしております。
器具の種類はストットピラティスSTOTT PILATES®本部Merrithew社のホームページをご覧ください。
お申込み方法は別途ご案内いたします。
ビーキューブ®でコースを受講した卒業生の皆様で購入を検討されている方は
エデュケーションコーディネーター小田原までお気軽にお問い合わせください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ストットピラティスSTOTT PILATES®マットコース受講された方、
ぜひリフォーマーも勉強してみませんか?

リフォーマーエクササイズを体験してみたい!とお考えの方、
スタジオグループクラスにぜひご参加ください。
9月からスタジオスケジュールが変更になります。
ピラティスリフォーマー・グループクラスも増枠されていますよ。

スクリーンショット 2016-08-18 20.13.18

次回のIR(初中級リフォーマー)コース
2017年1月~6月に開催予定です。
コーススケジュールは9月下旬から10月初旬発表で只今準備中。
発表はアカデミーHP、メールマガジン、アカデミーブログなどで行います。
今しばらくお待ちください。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23
南船場第二東洋ビル4F Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362 E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー