Haloトレーナーのポジションによって、いつもの「プランク」の効果が変わる!?

Stottt_pilates

みなさん、こんにちは!
インストラクターのYoshikoです😊
staff-yoshiko

前回のHalo(ヘイロウ)トレーナーのブログは読んでくださいましたか?

Haloトレーナーは、置き方を工夫したり、
専用のスタビリティボールと組み合わせることで、多様なエクササイズができる、優れたピラティス器具です。
st02209-halo-%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%a8

 

今日は、Haloトレーナーの数あるポジションの中から4つのポジションをお伝えしていきます。

みなさんがよく知るプランク
Haloトレーナーを使用して行ってみたことはありますか?

 

①スタンダードポジション

IMG_1234
Haloトレーナーを、ショートハンドルが上向きになるようにして使用します。
平面的なマットの上で行うより、傾斜によって腕や肩への負担が軽減されます。
それに加え、このHaloトレーナー特有のハンドル部分の構造が、肩甲骨の安定に大きく働きかけます。

 

②スタンダードVポジション

IMG_1236
Haloトレーナーを、逆向きにして、アルファベットのVの字の向きで使用します。
スタンダードVポジションでプランクポジションを取ってみると、
左右に不安定に揺れるHaloトレーナーを均等に保つために、
肩・肩甲帯の固有感覚受容器がスタンダードポジションよりも多く働くきます。
Haloトレーナーの回旋の負荷により、腹斜筋や多裂筋、殿筋、ハムストリングがより働きます。

 

このスタンダードVポジションは、Haloトレーナーの置き方を工夫してプランクポジションを取る事で、
身体に感じる働く筋肉の差が分かりやすい事が特徴的です。
IMG_1237
HaloトレーナーをスタンダードVポジションで斜めに置き、腕は平面にハンドルを握ってプランクをすると、
身体前面の腹斜筋をより感じる事ができます。
今まで、マットの中級エクササイズにあるレッグプルフロントのような脚を上げた時の感覚が、
ハンドルの向きを変えただけで働き、感じる事ができるのも、Haloトレーナーの特徴です。

 

HaloトレーナーをスタンダードVポジションで横向きに置き、
左右の腕でそれぞれ上下にハンドルを握ってプランクしてみましょう。
IMG_1242
広背筋を意識しやすくすることで、身体後面へ、よりフォーカスする事ができます。
Haloトレーナーは置き方を工夫することで身体に加わる負荷を変えていくことが出来ます。

 

ハンドルアップポジション

IMG_1239
IMG_1240
Haloトレーナーに専用のスタビリティボールをはめ込み、
Haloトレーナーがスタビリティボールの上側になるようにして使用します。

身体にスタビリティボール特有の円形上の負荷が伝わります。
ただ、スタビリティボールの高さがプラスされるので、下肢へ荷重がかけられる為、
肩や腕にかかるストレスは軽減した中で、肩関節周辺の筋強化をすることができます。

 

④ハンドルダウンポジション

IMG_1241
Haloトレーナーに専用のスタビリティボールをはめ込み、
Haloトレーナーがスタビリティボールの下側になるようにして使用します。

不安定なスタビリティボールに安定性を加えたプランクになります。
スタビリティボールからの反発が肩甲骨周辺の筋肉を刺激します。
空間に保つ骨盤の安定にもチャレンジができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまでご紹介したHaloトレーナーを利用したプランクは、ほんの一部にすぎませんが、
筋強化だけではなく安定性が獲得出来る「Haloトレーナー」にみなさん興味が湧いてきませんか?
実際にHaloトレーナーを使用してプランクをしてみたくなっていることと思います😆 🎶

Haloトレーナーと専用のスタビリティボールがあれば、
クライアントが抱える悩みや希望に答えていけること間違いなしです

3月にあるカンファレンスでも、初開催のHaloワークショップがあります。
私も興味があり、受けたいと思っています。

ご興味のある方は、スタジオへ是非お越しください。
ご希望に合わせてプライベートセッションもさせていただきます。

スタジオでみなさんにお会いできるのを楽しみにしていますv364f3a1.gifv353

 

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「Halo(ヘイロウ)トレーナー」ってみなさんご存知ですか??

Stottt_pilates

みなさん、こんにちは!!
インストラクターのYoshikoです😊
staff-yoshiko

「Halo(ヘイロウ)トレーナー」、
みなさんご存知ですか??

「Halo(ヘイロウ)トレーナー」
は、置き方を工夫したり、
専用のスタビリティボールと組み合わせることで、多様なエクササイズができる、優れたピラティス器具です。

 

st02209   st-02208b   st11047

 

元々は、理学療法士の方がリハビリや運動指導をしている中で
「ボールの不安定性を、安定した所で利用することはできないか?」
という思いから開発されたのが「Halo(ヘイロウ)トレーナー」です。

 

これまでにも、
「腰部骨盤帯の機能と安定」
「Halo® レベル1 断続的なインターバルトレーニング入門編」や、
「CORE™インストラクター基礎コース レベル1」
「CORE™長距離ランナーのためのワークショップ Level 1」など

ワークショップでも取り上げられてきたプロップ(器具)で、
現在ストットピラティスSTOTT PILATES®本部でも非常に注目されています

 

私は、先月スタジオで開催した「ビーキューブ®フェスタ」の際
『Haloワークアウト』のタイトルで、グループクラスを担当しました。

Haloトレーナーを使用することによって、平面的なマットのエクササイズとは違って、
関節へのストレスを軽減しながら体幹をあらゆる方向から鍛える事が出来ます。

その特性から、より日常的に機能的な動きの獲得が出来たり、
肩や首に負担をかけることなく四肢の強化が可能で、体幹によりフォーカスすることができるのが魅力です💪

halo15
halo2

ビーキューブ®フェスタ『Haloワークアウト』を受講されたお客様からは、

『エクササイズをしている時は「しんどい」と思う事もあったけど、動き終わってみると、
肩や首に無理がなく、自然と体幹が鍛えられた感じがあって楽しかった!』

『Haloトレーナーとスタビリティボールの組み合わせや使い方が様々あって新鮮だった!』

『使っている筋肉が分かりやすい!常時グループクラスの中に取り入れて欲しい!』

と、嬉しいお声をいただきました😆 🎶

 

私がHaloトレーナーを勉強の中で知ったのは、3年前に受けた「腰部骨盤帯の機能と安定」のワークショップでした。

P1180152

P1180165

専用のスタビリティボールを組み合わせたり、Haloトレーナーそのものを使用する事で、
身体全体の筋強化だけでなく、安定性の獲得に優れた器具である事に感動を覚えましたv21

その後、Haloトレーナーを使用する内容のワークショップを受講していき、
スタジオ内のインストラクター研修でHaloトレーナーを知れば知るほど、
固定された器具とは違って、置く場所や方向や角度によって、より自身の身体に合った動きの獲得
出来る事に魅力を感じています✨

現在、プライベートセッションでもHaloトレーナーを使用したエクササイズをお客様へ提供し、
多くの方々に効果を実感頂き、喜んでいただいていますf3a1.gifv353

 

筋強化だけではなく安定性が獲得出来る「Haloトレーナー」に興味が湧いてきませんか?

次回はみなさんに、Haloトレーナーの置き方や、専用のスタビリティボールとの組み合わせ等の
Haloトレーナーの「ポジション」をご紹介していきたいと思います。

「ポジション」によって出来る動きや効果も様々です。

次回「Haloトレーナー」のブログ更新をお楽しみにお待ち下さいv364

 

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23  南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2017年春カンファレンス開催のお知らせ

Stottt_pilates

こんにちは、Zone by ビーキューブ®の小田原です。

お待たせいたしました!
春のカンファレンスのお知らせです。

2016年秋に開催されたCommunity of EXCELLENCE(STOTT PILATES®世界会議)で
発表された最新のワークショップタイトルが登場!
CORE™やHalo®トレーナーを活用した最新フィットネスの分野を
いち早くお届けいたします!

お申込みは2月10日(金)12:00~ビーキューブ®アカデミーブログにて受付します。

皆さまのご参加をインストラクター、スタッフ一同お待ちしております。

2017springconfe_web01-%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

2017springconfe_web02-%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

【日程】
3月19日(日)
3月20日(月・祝)

【お申込み受付開始】
・各タイトル申込受付:2月10日(金)12:00より申込受付開始
アカデミーブログ および、アカデミーホームページ より

【講師】

Wataru
・上泉渉(カミイズミ ワタル)

Akatsuka
・赤塚貴之(アカツカ タカユキ)

【参加費】
・ワークショップ 2時間 12,000円
・ワークショップ 6時間 33,000円

【お申込み方法】

(1)ビーキューブ®アカデミーホームページ内の専用フォームよりお申込みください。
2月10日(金)12:00より、申込受付開始

アカデミーブログ内のお申込みフォーム

アカデミーホームページ内のお申込みフォーム

(2)ビーキューブ®アカデミーより、<ご予約確認メール>をお送りいたします。
<ご予約確認メール>が届いた方のみ、予約受付ができています。
※申込フォーム送信の時点では、ご予約確定ではございません。
予めご了承ください。

(3)<ご予約確認メール>到着から1週間以内に受講料を銀行振り込みにてお支払い下さい。
※お支払いの確認が取れ次第、受講枠を確保いたします。

(4)<受講手続完了メール>をお送りいたします。

※※※※※※※※定員に達した場合のキャンセル待ちについて※※※※※※※※

キャンセル待ちは承りませんので予めご了承下さい。
但し、一旦受付を終了したワークショップも、
定員に空きができ次第、予告なしにお申し込みを再開する場合がございます。

カンファレンスの最新情報はアカデミーホームページアカデミーブログ 等を
チェックしていただきますようよろしくお願いいたします。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【3月19日(日)】

◆10:00~12:00
中級マットワーク:機能解剖学、キューイングと修正   NEW!!
STOTT PILATES® Intermediate Matwork: Functional Anatomy, Cueing & Correcting
0.2CEC
担当:Wataru

MERRITHEW™チームによって開発されたこの中級マットワークのワークショップでは、
キューイングに特化して、多くの複雑な動きを修正することに重点をおいています。
厳選したエクササイズを特定の関節動作、筋作用の観点から細分化し識別していきます。
的確なフォームを保ちつつ、中級の難易度が高まった内容を実行できる助けとなる、
キューイングのヒントと修正を学びます。
観察力とバーバルキューを見直し、クライアントの動作の本質的変化を見てください。

◆10:00~12:00
CORE™ 長距離ランナーのためのワークショップ レベル1
CORE™ Distance Running Workshop, Level 1
0.2CEC
担当:Akatsuka

早期に、効果的に目標を達成させる為に、正確なバイオメカニクスを重視し、適切な発展の段階へと導きます。
長距離ランナーを、動作訓練を通じて指導することで、ランニング運動時の股関節と骨盤の安定性が加わり、
運動効率が高まりパフォーマンスが向上します。
力と持久性の開発も可能にし、コアの安定性及び筋力の基礎を提供します。
ランナーの競技特性に適応し、ケガのリスク低下、パフォーマンス向上など、
アスレチック・コンディショニングの概念を効果的に提供することができるようになります。

[メディスンボール / ビッグブルースタビリティクッション / Halo® / スタビリティボール / ソフトダンベル]

※受講の際には室内用トレーニングシューズが必須となります。
 レンタルシューズはございませんので、必ず各自でご用意ください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆13:00~15:00
骨粗鬆症のためのプログラミング (講義形式)
STOTT PILATES® Programming for Osteoporosis Management
0.2CEC
担当:Wataru
スペシャリティトラック:Post–Rehabilitation Conditioning、Active for Life

骨粗鬆症を患う方が、適切なエクササイズを見つけるには困難を伴います。
MERRITHEW™チームによって開発された、この屈曲を含まないワークアウトは、
それぞれの異なる状態とそれが及ぼす影響とを考慮に入れています。
STOTTPILATES® の生体力学的基礎を活用して、この人口固有の特定のニーズに対処した、
効果的なプログラミング構成について考えます。
バランスの要素とプロップの抵抗により効果的にクライアントを修正する方法を学びます。
マットワークにおける豊富なモディフィケーションと、バリエーションを提供します。

[ バンド、フィットネス・サークル、ミニスタビリティ・ボール、アークバレル etc. ]

◆13:00~15:00
CORE™ スイマーのための陸上パフォーマンストレーニング  NEW!!
CORE™ Dryland Performance Training for Swimmers
0.2CEC
担当:Akatsuka

スイミングは、ダイナミックな動作であると同時に、運動訓練に機能的なアプローチを必要とする反復的なスポーツです。
筋力とパワーを共に最適化するために、プールトレーニングを補う、
陸上でのトレーニングから全てのスイマーは恩恵を受けることができます。
MERRITHEW™の専門家によって作成されたこのワークショップでは、
CORE™の基本原則の要素を用いて、水中での効率性の向上のための、上半身と下半身をつなぐコアを強化します。
このプログラムは、怪我や退行変性、妊娠中の女性、初心者から本格的なアスリートに至るまで、
さまざまな年齢や能力を問わずあらゆるスイマーにとって有益な内容になっています。

[スタビリティ・ボール / メディスンボール / ビッグブルースタビリティクッション / Strength Tubing]

※受講の際には室内用トレーニングシューズが必須となります。
 レンタルシューズはございませんので、必ず各自でご用意くださいください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆15:30~17:30
高齢者へのスタビリティ・チェアの活用
STOTT PILATES® Stability Chair™ for the Older Adult
0.2CEC
担当:Wataru
スペシャリティトラック:Active for Life

多くの高齢者が、年々より活動的なライフスタイルで生活をしています。
その基盤としてエクササイズは重要な役割をはたします。
筋力や、可動域の減少などにより、マットでのエクササイズや他の器具上での仰臥位が困難な場合に、
スタビリティ・チェアは最適の選択肢となります。
チェアの特性を活かして、コアの筋力、安定性、姿勢保持の意識とアライメント、
関節の柔軟性とバランス等の要素に対して、いかにして焦点をおくかを学びます。

[ スタビリティ・チェア / フレックスバンド ]

◆15:30~17:30
フィットネスサークルを活用した アスレチック・コンディショニング   NEW!!
STOTT PILATES® Athletic Conditioning with Fitness Circle®
0.2CEC
担当:Akatsuka
スペシャリティトラック:Athletic Conditioning、Group Matwork

フィットネスサークルは、その名の通り、フィットネスを基本にした運動に対して、四肢に抵抗を与えます。
MERRITHEW™チームによって開発されたこのワークショップでは、
ユニークなシーケンスを斬新に組み合わせた内容をお伝えします。
これらの組み合わせは、弾性あるリングの負荷によって更に強度が高まります。
肩、股関節、コアの安定化に焦点を当てたこれらの動きは、パーソナルトレーニングやグループフィットネスにおいて、
その強度を上げたり、また個別筋群に特化したトレーニングに加えることができます。
このシンプルなツールがもつ多様な応用性を活用することで、劇的な結果を得る方法が学べます。

[フィットネス・サークル]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【3月20日(月・祝)】

◆10:00~17:00
Halo® グローバルスタビリティ獲得への応用  NEW!!
Halo® Applications to Global Stability
0.6CEC
担当:Wataru

このワークショップでは、グローバルスタビライザーシステムを導引することで得られる動作パターンを誘発させる為に、
Halo®Trainerをどのように使用できるかを検証します。
筋機能における、グローバルスタビライザーシステム は、統合化されたスリングシステムとして機能します。
各スリングは、複数の筋肉および他の構造からなり、共に力を生成し、動作の制御に不可欠な負荷の伝達を助けます。
このワークショップでは、複数の筋群の神経筋トレーニングに焦点をあて、解剖学的連鎖にわたる動作パターンにより、
骨盤帯と肩甲帯から脊柱へと続く筋肉の機能性の向上をはかります。

[Halo® / スタビリティ・ボール / フレックスバンド/ トーニング・ボール]

※受講の際には室内用トレーニングシューズが必須となります。
レンタルシューズはございませんので、必ず各自でご用意ください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆10:00~12:00
プロップを活用したマットワーク:10代の筋力と持久力強化  
STOTT PILATES® Matwork with Props: Strength & Endurance for Teens
0.2CEC
担当:Akatsuka
スペシャリティトラック:Group Matwork

10代の若者の心と体の発育には、ピラティスがもつマインド&ボディーエクササイズとしての要素が不可欠です。
トーニング・ボールとフィットネスサークルを加えた、10代の集中力を惹きつける飽きさせない構成になっています。
良い姿勢は体型を改善し、呼吸の感覚とテクニックは、ストレスを軽減させます。
その他、10代特有の問題に対応しています。
シンプルなファンクショナルエクササイズでありながら、安定性、バランス、柔軟性に焦点をおいたプログラムです。
数多く10代の皆さんにピラティスを伝えてきたノウハウを交えてお伝えします。

[トーニング・ボール/ フィットネスサークル]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆13:00~15:00
ピラティス マットワーク フォア メン
STOTT PILATES® Pilates Matwork for Men
0.2CEC
担当:Akatsuka
スペシャリティトラック:Athletic Conditioning、Golf Conditioning、Group Matwork

男性クライアントを対象にデザインしたエクササイズ内容です。
アスレチックパフォーマンスを向上させ、コアを強化していきます。
トーニング・ボールを盛り込み、正確性とコントロールを重視した動きにより、全ての筋肉が刺激される構成です。
怪我の予防にも効果を発揮する内容です。機能的筋力の向上、持久性をともなった力、コンディショニングに対して、
このトータルボディワークアウトがいかに活用できるかを学んでいただきます。
近年のピラティスの対象層拡大のトレンドに対応できるプログラムをこの機会に勉強してみて下さい。

[トーニング・ボール]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆15:30~17:30
小道具(プロップ)を用いたピラティス レベル1
STOTT PILATES® Pilates with Props, Level 1
0.2CEC
担当:Akatsuka
スペシャリティトラック:Group Matwork

MERRITHEW™チームによって開発された革新的で爽快なマットベースのこのワークショップでは、
フレックスバンド、フィットネスサークル、トーニングボールなどの小さな小道具(プロップ)を用います。
インストラクターとクライアントの両方にインスピレーションを与える内容になっていますので、
充実したフルボディワークアウトを作成する方法を学びましょう。
3つの小道具全てを活用して、筋力と敏捷性に焦点を当て、
末梢抵抗を組み込んだ新しいバリエーションを従来のエクササイズに加えたプログラムをお楽しみ下さい。

[フィットネス・サークル/ フレックスバンド/ トーニング・ボール]

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
皆様のご参加、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23
南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー