【コラム 第25話】グループクラスでインストラクターが注意するべき点とは

Stottt_pilates

皆様こんにちは。
ZONE by Bcube®のAkatsukaです。
Akatsuka

グループティーチング連載第7回目のテーマは、
「グループクラスでインストラクターが注意するべき点」について。
修正の際にいるべき場所と注意点について確認していきましょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※第1回目のブログはこちらから
【コラム 第11話】
  「マット・グループクラスのための指導方法とプログラミング」

※第2回目のブログはこちらから
【コラム 第14話】
  グループクラスのティーチング・ビジュアルキューイングについて

※第3回目のブログはこちらから
【コラム 第17話】
 マットグループクラスのプログラミング

※第4回目のブログはこちらから
【コラム 第19話】
 グループクラスのティーチング・ウォーミングアップ編

※第5回目のブログはこちらから
【コラム 第21話】
 グループクラスのティーチング・メインエクササイズ編

※第6回目のブログはこちらから
【コラム 第23話】
 グループクラスでの修正ポイント

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

前回お伝えした内容ですが、修正を行う優先順位として
「安全に配慮がしにくい方」
「スタビリティに不足がある方」
を挙げたのを覚えていますか?

修正を行うべき方が明確になれば、
スタートポジションをお伝えする際にその方の近くで
キューイングしながら準備のお手伝いをしてあげます。

この際に気をつけるべき点として
「キューイングはクラス全体に向けて行う」ことです。

この手法を用いることにより、
修正しているクライアントの方には、
インストラクターが手伝いながら動いてもらうことで、
全体に対してはビジュアルキューイングとして
動きを説明することができます。

インストラクターの「手は個人に」「目と声は全体に」向けて
行うことを心がけましょう。

IMG_0392

後は「どこまで修正を試みるか」という点。
ここはグループクラスを担当しているインストラクターが
必ず悩む、難しいポイントだと思います。

グループクラスで陥りやすい誤りとして、
修正が必要な個人に目が向きすぎるがあまり、全体のペースが乱れたり、
1つのエクササイズばかり反復回数が多くなることがあります。

エクササイズがうまく伝わっていない、できていないと感じている
クライアントがいる場合の最終的な判断としては、
多少のエッセンスが獲得できていなくても、
基本的に安全面に不全がなければ、クラスを進めていくことです。

できていない方には「安全にクラスに参加してもらうこと」
できている方には「効果が出るクラスにすること」
両方をバランスよく考えていきましょう。

IMG_0156

あとは、キューイングに対してリアクションしていただけたら、
必ずフィードバックをしましょう。
できているところを明確に表現することで、
クライアントとしては「何ができた」のかを言われたほうが、
終わった後の達成感が全然違うはずです。

その際に信頼関係を構築する上で、ボディタッチも大変有効です。
「肩」「腕」「腿」この3つが触れると良いとされている場所です。

「いいですね!」「その調子!」「頑張って!」
こんな言葉とともにコミュニケーションを機会を作りましょう。

上記のように修正をうまく行うことで、
クライアントとインストラクターとの信頼関係を構築できる大変良い機会です。
上手に活用していきましょう。

次回のコラムについてはアイデアがまだ浮かばないので、
とりあえず予告はしないでおきます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第26回は5月30日(水)アップ予定。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【コラム 第24話】「骨盤ニュートラルに関わる筋肉」

Stottt_pilates

皆様、こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®のJacquinです。

Jacquin

前回のコラムの話題は「骨盤」でしたね。
みなさん、骨盤の前傾、後傾、ニュートラルのテストをしてみましたか?

ブログの内容に気を付けることで
自分の骨盤を意識しやすくなったのではないでしょうか?

※前回のブログはこちらから
【コラム 第22話】骨盤の役割

今日は普段あんまり話されることが少ない
「骨盤ニュートラルに関わる筋肉」についてお話しします。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

いきなりですが、みなさんに質問です。

毎日、起き上がってから寝るまでの間、
一番使っている関節と動きはなんでしょうか?
(ヒント:その関節の動きがないと人間は移動できないです。)

答えは・・・・、「股関節の屈曲」です。

ベッドから起き上がる時、必ず股関節は屈曲します。
体を移動させる時(歩く、這う、走る、ジャンプ…など)も
屈曲しないとできないです。

そう思うと、股関節の屈筋群はとっても働き者ですよね。
それでは屈筋群について、詳しく説明していきましょう。

股関節屈曲の主動作筋は:腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)
補助筋は:大腿直筋、縫工筋、大腿筋膜張筋…などです。

ですので、腸腰筋の役割は非常に重要になります。

次に、腸腰筋を解剖学的にみていきましょう。

左側の図を見てください。
腸腰筋は大腰筋腸骨筋という二つ筋肉を合わせた名前です。

 

————————————————————-

【大腰筋】

起始:胸椎の12番から腰椎4番横突起と間の椎間板

停止:大腿骨の小転子

【腸骨筋】

起始:上2/3の腸骨窩

停止:大腿骨の小転子

————————————————————- 

二つの筋肉の起始は別々ですが停止が一緒なので
支配される関節は股関節です。

大腰筋は多関節の筋肉、腸骨筋は単関節の筋肉ですが、
脊椎と関係あるの筋肉は大腰筋だけです。

さらに、普段あんまり討論しない大腰筋側面の解剖写真、
右側の図に注目してください。


大腰筋は真っすくの筋肉ではなくて、
脊柱みたいにカーブしているのがわかるでしょうか。

ですので、骨盤をニュートラルしている時、
大腰筋のテンションは一番少なくなります。
いわゆる、最も働きやすいポジションとなるわけです。

前回のコラムでお話した骨盤テストを思い出してください。
骨盤の前傾、後傾、ニュートラル・・・、その動きに関係してきます。

以上から大腰筋は股関節を屈曲だけではなく、
骨盤と腰椎安定にも深く関係することになります。

ISP(傷害と特殊条件)コースを受講したみなさんに質問です。
「腸腰筋」は筋肉の3つのグループのどれになると思いますか?

==========================

①グローバルスダビライザー(GS)

②ローカルスタビライザー(LS)

③グローバルモビライザー(GM)

==========================

答えは:グローバルスダビライザー(GS)とグローバルモビライザー(GM)。
①と③、2つ選んだ方が正解です!

グローバルモビライザー(GM)として働く前に、
先ずグローバルスダビライザー(GS)が役割を果たす必要があります。

最後は、やっはり喰いしん坊な話題です(笑)

とんかつを食べに行く時、よく頼む「ヒレ」
あれは「腸腰筋」です。
脂は少ないし、栄養値も高いのが「ヒレかつ」です。

最近ブームなっている「幻の肉:シャトーブリアン(牛の3%しかないみたいです)」
実は「大腰筋」なんですよ!

赤身ですけと、不思議柔らくで食べやすいのは、
毎日ちゃんと筋肉が動いてる証明だからなんですね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第25回は5月15日(火)アップ予定。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

【コラム 第23話】グループクラスでの修正ポイント

Stottt_pilates

皆様こんにちは。
ZONE by Bcube®のAkatsukaです。
Akatsuka

2017年よりスタートさせた
「グループティーチング」に焦点を当てたこちらの連載も、
気がつけば、かなり長期にわたってきています。

グループクラスを担当しているインストラクターの皆様、
実際のクラスに試してみて、いかがでしょうか。
お客様が楽しく、効果の出るグループクラスになりましたか?

これからグループクラスを担当する予定の方、
しっかりした準備をするためにも、もう一度ブログを読んでみてください。

第6回目となる今回は、
グループクラスでの修正についてお伝えしようと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※第1回目のブログはこちらから
【コラム 第11話】
  「マット・グループクラスのための指導方法とプログラミング」

※第2回目のブログはこちらから
【コラム 第14話】
  グループクラスのティーチング・ビジュアルキューイングについて

※第3回目のブログはこちらから
【コラム 第17話】
 マットグループクラスのプログラミング

※第4回目のブログはこちらから
【コラム 第19話】
 グループクラスのティーチング・ウォーミングアップ編

※第5回目のブログはこちらから
【コラム 第21話】
 グループクラスのティーチング・メインエクササイズ編

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

グループクラスで修正を行うときの最初のポイントは、
「誰から修正を行うか」
という部分です。

グループクラスといえど、安全面の管理が非常に重要です。

最初に修正を行うのは「安全に配慮がしにくい方」に対して、
というのが良いでしょう。

みなさんなら、どのように見極めますか?

IMG_0154

グループクラスでのキューイングの際には
「参加者の動きや身体の特徴に合わせたキューイングができるか」が、
クラス成功のカギを握ります。

その為に、部屋全体をくまなく動き回り、様々な角度から見るようにしましょう。

「脚と首をよく動かすこと」
グループクラス担当のインストラクターに必要なスキルになります。
僕の場合そういう点で、サッカーやってて良かったなと思います(笑)。

まず参加者の様子を「見る」ことができていないと
修正にも至れないし、参加者に合わせたキューイングが難しくなります。IMG_0156

何を「見る」かが重要です。
行っていただくエクササイズのスタビリティに焦点を当てて観察しましょう。

スタビリティに不足がある中で動くと、

インストラクターとしても安全面の配慮が難しくなります。

その配慮が難しい方の近くでキューイングを試みましょう。

動いていないところがある方や、動きが遅れている方に目を奪われないように
気をつけましょう。

その視点で参加者を観察すると、
キューイングする場所が変わってくるのではないでしょうか?

次回は「修正を行う際にいるべき場所と注意点」に関してお伝えしていきます。
お楽しみに!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第24回は4月30日(月・祝)アップ予定。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【コラム 第22話】骨盤の役割

Stottt_pilates

皆様、こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®のJacquinです。

Jacquin

前回のコラムの話題は「横隔膜」でした。
そのあと、美味しいハラミを食べにいきましたか?(笑)

※前回のコラムはこちらから
【コラム 第20話】「呼吸」と「横隔膜」の関係性

今日は五原則の2番目のトピックである
「骨盤」について話したいと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

骨盤は複数の骨で構成されてます。
真ん中は仙骨と尾骨、左右は寛骨です。
寛骨の中で、上からは腸骨、坐骨、恥骨です。

「骨盤 骨の構成 無料画像」の画像検索結果

平らで厚い骨が集まり、一体化した椀状をしてますが
非常にしっかりした構造になっています。

寛骨の臼蓋は、大腿骨と接続して股関節になります。
骨盤の空間は膀胱、子宮、直腸など臓器があり、上半身を繋いでます。

ですから、骨盤は地面から両足に受けた衝撃を吸収したり、
上半身から両足に掛けてる重さも伝達したりするので、
非常に大きな役割を担っています。

上記の理由から、ニュートラルの骨盤は、身体にかかる負荷を分散する
とてもお勧めのポジションとなるわけです。

では、簡単な実験をしましょう♪

まず、安定している床に腰幅で立ってみて、
身体をニュートラルにして、片足ずつ持ち上げてみて下さい。

IMG_5759

次に、骨盤を前傾し、 片足ずつ持ち上げて見て下さい。
ニュートラルの時とどんな違いがありますか?

IMG_5766

最後は、骨盤を後傾し、 片足ずつ持ち上げて見て下さい。
さあ、どうでしょう?

IMG_5779

「片足を上げる」という同じ動きですが、
骨盤の位置が変わることで、どのような違いが発見できますか?
実際にやってみると、どうでしょうか。

ニュートラルにして片足を上げることが、
一番やりやすく感じたのではないですか?

骨盤がうまく安定できると、身体の動きもしやすくなり、
余分の筋力を使わないで、体の可動域を大きくすることができます。

骨盤は大腿動脈と大腿静脈が通っているので、
骨盤の位置を良い位置にキープができると
周りの膜や筋肉を綺麗に働かせると、下半身の循環も良くなります。

骨盤の役割は想像以上に大きいので、
ピラティスする時だけではなくて、普段生活の時も意識しましょう!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第23回は4月15日(日)アップ予定。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【コラム 第21話】グループクラスのティーチング・メインエクササイズ編

Stottt_pilates

皆様こんにちは。
ZONE by Bcube®のAkatsukaです。
Akatsuka

2017年よりグループクラスのティーチングについて連載しています。

グループティーチ第5回目は、
メインエクササイズのプログラミングをお伝えしようと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※第1回目のブログはこちらから
【コラム 第11話】
  「マット・グループクラスのための指導方法とプログラミング」

※第2回目のブログはこちらから
【コラム 第14話】
  グループクラスのティーチング・ビジュアルキューイングについて

※第3回目のブログはこちらから
【コラム 第17話】
 マットグループクラスのプログラミング

※第4回目のブログはこちらから
【コラム 第19話】
 グループクラスのティーチング・ウォーミングアップ編
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

まずは使用するプロップを決めましょう。
参加者によって難易度の調整を行う必要がありますね。
以前のプログラミング「三面」を思い出していただくと良いです。
(「三面」・・・支持面、接地面、運動面)

特に難易度の調節になれば、接地面でしょう。
—————————————————
安定・簡単 (例) アークバレル

ST01012

不安定・難しい (例) スタビリティクッション

ST06071

—————————————————

例えば同じ仰臥位をとっていても、アークバレルに背中を預けるのか、
スタビリティクッションに預けるのかによって安定感が変化しますよね。
このような考え方に基づけば、簡単に
目的は同じでも、参加者のレベルに合わせて使用するプロップを
変化させることができますね。

同じ形をしているものでも難易度は変化します。
スタビリティボールvsミニスタビリティボール
さて、どちらが難易度が高いでしょう・・・。

Stability Ball™ with pump -  55cm (blue)

     VS

ST06045

正解はミニスタビリティーボール。
同じ丸くて弾む素材でも、大きければ大きいほど不安定度合いはマイルドになり
小さい方が、少しのリアクションでも乱れが大きくなる分、難易度が高くなります。
こちらも考慮に入れて選択してみてください。
————————————————————-

次にエクササイズの順番です。
最初は、マットワークのチャートを元に組んでいくのがオススメです。
すでにプログラミング三面の考え方を元に、順番が決められています。

そこにそれぞれのプロップを付け加えていけば
オリジナルのワークアウトチャートが完成します。

グループクラスの場合、特に重要なポイントが「トランジッション」です。
「いかに素早く次のエクササイズに移行できるか」がポイントです。
その点で形が安定している物はトランジッションが簡単に説明しやすく
ポジションが乱れにくい特徴があります。

インストラクター目線から見てみると、接地面が安定していて、
大きいものはトランジッションの説明がしやすいということです。

<簡単な物>
アークバレル、スタビリティボール、フィットネスサークル
ビックブルークッション、ハンドウエイト

Arc BarrelStability Ball™ with pump -  55cm (blue)Fitness Circle  Lite

Stability Cushion™ - Large (Blue)Mini Handweights - 1.1 lbs ea (Pink)

<難しいもの>
フレックスバンド、ミニスタビリティボール
スタビリティクッション、トーニングボール

Non-Latex Flex-Band® - RegularMini Stability Ball™ - Small (Blue)

Stability Cushion™ - Small (Green)Toning Ball™ Two-Pack - 2 lbs (Lemon)

ですので参加者の情報の処理能力も考慮に入れながら
プロップを選択してみることで、トランジッションがスムーズになり、
フローが途切れずにクラスを行うことができます。
一番重要なことは参加者に合わせたプログラミングが
提供できたかどうかです。

そのために万全の準備をする必要がありますね。
様々なことを想定して、エクササイズのボリュームは多めに
用意しておくことで、クラス時に調整を行うことができます。
グループ前の準備の参考にしていただければ幸いです。
次回は、グループクラス時の修正についてお伝えしようと思います。
ぜひご期待ください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第22回は3月30日(金)アップ予定。
Jacquinインストラクタートレーナーが担当いたします。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【コラム 第20話】「呼吸」と「横隔膜」の関係性

Stottt_pilates

皆様、こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®のJacquinです。

Jacquin

前回の「呼吸」については、ちょっとマニアックな内容でしたが、
コラムを読んでくれた方から、たくさんの反響をもらいました。
とっても嬉しかったです!

※前回のコラムはこちらから
【コラム 第18話】「呼吸」について

コラム内の動画を見た方からの質問で
「肺の下にある黄色い部分は何?」というのがありました。

【動画】
https://www.facebook.com/Surgery.pak/videos/1273015322736628/

呼吸をしている時などに一番動いている筋肉は、「横隔膜」です。
今日は普段あんまり語られることのない「横隔膜」について
話したいと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

まずは前回の動画をもう一度、黄色い部分に注目して見ていきましょう。

【動画】
https://www.facebook.com/Surgery.pak/videos/1273015322736628/

もう気つきましたよね?
動画の中で、いつも動いてる黄色い部分は「 横隔膜 」です。

呼吸する時には必ず「横隔膜」が動いてるので、
寝ている時も、仕事をしている時も、ご飯を食べている時も・・・、
私たちが意識していないところで「横隔膜」はとても頑張っているんです。

焼き肉屋さんへ行った時、メニューによくあるハラミ
あれは実は牛の「横隔膜」になります。
他の部位の肉を比べると脂肪が少なく、すじが付いていますが、
とても柔らかいです。

「牛 はらみ」の画像検索結果「牛 はらみ」の画像検索結果

前回、「呼吸」の話題の中で
「呼吸をうまく整えることができたら、 自律神経のバランスは乱れにくいし、
横隔膜も綺麗な上下の動きが出来て、コアは働きやすくなる 」
という話をしました。

なので、ストレスをあんまりためてない牛の「横隔膜」は
とても柔らくて、美味しいです(笑)!

これは人間も同じです。
理想な筋肉は柔らかくて自由に収縮が出来て、綺麗な動きが出せます。

解剖学の視点から解説します。
これは真正面からの「横隔膜」の図です。

次にお臍から頭にむかっての「横隔膜」です。

 

哺乳類にある横隔膜は、胸腔と腹腔の間にある膜状の筋肉です。
上は心臓と肺臓に、下は胃や肝に接してます。
胸郭下部と腰椎前面を一周回って、真ん中が高くドーム状の構造です。

大きい動脈と静脈、そして食道は横隔膜を貫いてます。
支配している神経は隔神経です。
横隔膜、腹横筋、骨盤底筋と多裂筋一緒に合わせて、腹腔の壁になります。
一般的に「コア」と呼ばれてる所です。

なので、息を吸う時、横隔膜が下がり、胸郭は外と上に広がり、
腹腔内圧高まり、腰椎が守られます。

横隔膜がしっかり動けていると、綺麗な3D呼吸も出来るようになりますよ。

さあ、もう一度動画を見てみましょう。
今度は「横隔膜」の動きをイメージしながら、「呼吸」の練習をしてみましょう!

【動画】
https://www.facebook.com/Surgery.pak/videos/1273015322736628/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第21回は3月15日(木)アップ予定。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【コラム 第19話】グループクラスのティーチング・ウォーミングアップ編

Stottt_pilates

皆様こんにちは。
ZONE by Bcube®のAkatsukaです。
Akatsuka

2017年よりグループクラスのティーチングについて連載しています。

グループティーチ第4回目は、前回のプログラミングの話をより
具体的にお伝えしようと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※第1回目のブログはこちらから
【コラム 第11話】
  「マット・グループクラスのための指導方法とプログラミング」

※第2回目のブログはこちらから
【コラム 第14話】
  グループクラスのティーチング・ビジュアルキューイングについて

※第3回目のブログはこちらから
【コラム 第17話】
マットグループクラスのプログラミング

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

プログラミングの概要は前回の通りです。

こちらを元に実際のエクササイズとモディフィケーションの選択
をご紹介します。
サポートマテリアルをお持ちの方は26ページと53ページを
参照しながらご覧ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

「ウォーミングアップエクササイズ」
ウォーミングアップの目的をおさらいしましょう。
①筋温の上昇による関節粘度の向上
②心拍数の上昇
③メインエクササイズに向けての準備
④深層筋の活性
そしてこれがピラティスの場合、非常に重要です。
⑤頭のウォーミングアップ

つまり、身体だけではなく
頭の中もウォーミングアップしていただくことにより
意識と身体を結びつけ、より精度高い動きと集中力を
引き出すことができます。

手段として、キューイングに含まれるべき内容が重要です。

a:五原則を意識づけるためのキューイング
例)
・息を吸っている時に動いている場所はどこですか?
・肩甲骨が動いている時に、頭と頸はどうなっていますか?
→このように状態を問いかけることにより、
意識を身体に向けていただくことが可能になります。

b:クラスの目的に話を戻す
例)
・今日のO脚、X脚予防には、今頑張っている内腿の働きが重要ですよ。
・腰痛の予防には、動く前に骨盤と腰が安定していることが大事でしたね。
→情報を振り返ることで、より動作と意識の精度を増す事ができるようになります。

c:プロップの使用目的、使用方法をキューイングに含める
例)
・持っているサークルに対して圧を加えることにより、
肘、手首が安定し肩甲骨に意識を向けやすくなりますよ。
・ボールの上に座ってる事により、すでに骨盤底筋は働いているんです。
→プロップの【通訳】になるように使用するものの役割を説明します。

サンプルとして3つほどエクササイズを例に挙げてみます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

【フレックスバンドを使用したワークアウトのウォーミングアップエクササイズ】

・ブリージング
胸郭の下部にバンドを巻いて
a:呼吸が巡っている場所はどこですか?
b:バンドの伸び縮みをコントロールする事により可動性が身につくんでしたね。
c:触れているものに対しての身体の感覚って非常に敏感になるんです。
なのでハリが感じられる長さで持ちましょう。

P1350495 ブログ

——————————————————————————-
・インプリント&リリース
腰椎下にバンドを敷き、横に引っ張る
a:腰が曲がる際に少し骨盤が傾くのがわかりますか?
b:可動性の為にはまず安定性を高める事が重要でしたね。
c:バンドを横に引っ張っているのは、支えてくれている筋肉の働く方向なんです。
そのような方向に収縮して欲しいです。

P1350497 ブログ

——————————————————————————-
・ヒップリリース
上記と同様のスターティングポジション
a:脚が動いた際に骨盤と肩甲骨は安定していますか?
b:可動性の為にはまず安定性を高める事が重要でしたね。
(あえて同じ情報を投げかける事により、情報を少なくする効果や、重要性を
高く感じていただける効果があります)
c:脚が動いた際にバンドが触れている場所の圧が高まっている事を確認しましょう。

P1350498 ブログ

P1350499 ブログ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ぜひご自身でも動きを体感してみてくださいね。

プログラミングを組んだ目的が正確にお客様に伝わる事が重要です。
それにより今後の継続への意識を高める事ができます。
また日常動作で、ふとクラスで動いた経験を活かして動いていただくことができる
ようになるので、効果を感じていただきやすくなります。

次回はメインエクササイズの考え方やサンプルエクササイズを中心に
お届けしようと思っています。
お楽しみに!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第20回は2月28日(水)アップ予定。
Jacquinインストラクタートレーナーが担当いたします。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【コラム 第18話】「呼吸」について

Stottt_pilates

皆様、こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®のJacquinです。

Jacquin

2018年最初のコラムの話題は「呼吸」です。
日ごろ何気なく息を吸い、はいているわけですが、
この「呼吸」もちょっとした知識と意識をするだけで、
身体に素敵な変化が表れますよ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

まず、こちらのビデオを見ていきましょう。

【動画】
https://www.facebook.com/Surgery.pak/videos/1273015322736628/

ピラティスを受けたことあるの皆さん、思い出してください。
毎回セッションが始まる時、インストラクターが必ず最初に
「呼吸」の話をしませんか?

インストラクター養成コースでも、
初日の授業でSTOTT PILATES®の基本となる5原則から学びますよね。
これも一番最初のトピックスは「呼吸」です。

今回は、「呼吸」を生理解剖学からの視点で、深く話したいと思います。

IMG_0511

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

さっそく質問です。
人間が無意識に呼吸している回数は一分間に何回だと思いますか?

・・・・・・・、いろんな答えが出ているのでは、と思いますが、
正解は平均して14〜16回ぐらいです。

ただ、自分に危険を察した時や戦う時など、
自分自身にストレスを強く感じた時には、
自律神経の交感神経が優位に働きます。

そうすると、人類の身体は不思議なことに、
呼吸が浅くなったり、心拍数が上がったり、筋肉が緊張したり・・・、
身体のいろんな変化が自然におこります。

ただ、長時間、交感神経が優位に働き続けると
自律神経のバランスを崩してしまいます。

呼吸は、交感神経と副交感神経両方が、絶妙なバランスを取っています。
「吸気時には交感神経が優位に、呼気時には副交感神経が優位に働く」
と言われています。

だから、「呼吸」をうまく整えることができたら、
自律神経のバランスは乱れにくいし、横隔膜も綺麗な上下の動きが出来て、
コアは働きやすくなります。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

先ほどの同じ動画をもう一度、
今度は呼吸する時の横隔膜の動きに注目して見てみましょう!

【動画】
https://www.facebook.com/Surgery.pak/videos/1273015322736628/

息を吸う時、横隔膜の非常に重要な役割で、
横隔膜が収縮して胸郭の垂直方向の大きさが増大します。
外肋間筋が収縮して肋骨を持ち上げることで、
胸郭は横径と前後径が増していきます。

胸郭の増大が胸腔内圧を大気圧より低い陰圧になることにより、
肺に空気が取り込まれていきます。
吸気補助筋には斜角筋、胸鎖乳突筋などがあります。

斜角筋は第一と第二肋骨を上げ、胸鎖乳突筋が胸骨を上げます。
これらは安静呼吸時にはほとんどは働かないのですが、
運動時や努力性の肺機能検査時には活発に収縮します。

息をはく時は真逆です。
内肋間筋が収縮する事によって胸郭が小さくなり、
また腹壁の筋群の収縮によって横隔膜が挙上すると胸腔内の容積が小さくなります。
拡張した肺自身も縮小しようとするので、肺が収縮して空気が排出されます。

呼吸運動は鎖骨から恥骨までの広い範囲で行われています。
一番動いてる所はやばり肋骨下部で、腹部は少なめ、胸部は一番少なくなります。

お客様に呼吸のイメージをしてもらうのに、
風船をイメージしてもらったら、とてもわかりやすいです。
風船の真ん中、いわゆる肋骨下部は一番膨らんている所であり、
3D呼吸ができます。

では、今のことを頭にイメージしながら、
再度、動画を見て呼吸の練習をしてみましょう!
最初にこの動画を見たときよりも身体をより意識した
「呼吸」になっているはずですよ!

【動画】
https://www.facebook.com/Surgery.pak/videos/1273015322736628/

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第19回は2月15日(木)アップ予定。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【コラム 第17話】マットグループクラスのプログラミング

Stottt_pilates

皆様こんにちは。
ZONE by Bcube®のAkatsukaです。
Akatsuka

2017年よりグループクラスのティーチングについて連載していましたが、
このブログで第3回になりました。

※第1回目のブログはこちらから
【コラム 第11話】
  「マット・グループクラスのための指導方法とプログラミング」

※第2回目のブログはこちらから
【コラム 第14話】
  グループクラスのティーチング・ビジュアルキューイングについて

今まではティーチングがメインでしたが、
今回はプログラミングに関してお伝えします

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

グループクラスの場合、参加者の運動経験や体力レベルが
様々な為に、プログラミングが難しくなります。

ここで重要となるのがクラスの「目的」を明確にすることです。
その為にはクラスの「テーマ」を決定してはじめに説明しておくと、
その後のキューイングがスムーズに行うことができます。

テーマの例として、僕がいつもグループクラス時に行っているものを
いくつかご紹介します。
——————————————————————–
・5原則のうち1つをより特化してテーマとして使用する
(例)呼吸の中でも吸い方を特に強調して伝える  などなど・・・

・姿勢分析で行う内容のうち一つをピックアップし、
 チェックを行ってからエクササイズを実行する。

・目を閉じてその場で30歩歩き、乱れの確認をする
——————————————————————–

いずれも動いてみたり触ってみたりすることで、
身体のチェックを行うことにより、参加者自身が
身体に興味を持っていただくメリットもあり、
これが今後の継続にも役立ちます。

ビーキューブ®のグループクラスでは
様々なテーマによるチェック方法を行っています。
参考に受講していただくこともオススメです。

テーマが明確になれば
その後のプログラミングもスムーズに行うことができます。
下記にプログラミングの概要をまとめてみました。

——————————————————–

【ウォーミングアップ】

単関節運動/少しの関節の動き
ローカルマッスルの活性/低負荷で行うこと
(自重またはフロップにより重さを軽減)
筋神経伝達の活性/頭の中で描写した動きが正確に表現できるか

【メインエクササイズ】

支持面 多→少/身体が支持されている面積のことです。
接地面 安定→不安定/身体が触れている物の状態を示します。
例)マット→安定 スタビリティボール→不安定
運動面 単面→多面/矢状面、前額面、水平面のことです。

——————————————————–

難易度を簡単なものから難しいものに組み立てる際には、
このようにエクササイズの情報をまとめると良いでしょう。

次回はこの考えをもとに実際のエクササイズを
どのようにグループのバリエーションとして取り入れていくか、
お話をしたいと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第18回は1月30日(火)アップ予定。
Jacquinインストラクタートレーナーが担当いたします。
次のコラムもお楽しみに!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【コラム 第16話】結合組織について~パート2~

Stottt_pilates

皆様、こんにちは。
ZONE by Bcube®のWataruです。

Wataru

今年も残すところあと数日ですね。

2018年は「こんな年にしたい!」という目標も
見えてきた頃ででしょうか。

僕自身も真っ白な手帳を前に
「さぁ、どんな一年にしようか」と思案中です。。。

前回に引き続き,「結合組織」について書いていこうと思います。

※前回のコラムはこちらから
→ZONEブログ:【コラム 第13話】「結合組織」について

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

結合組織には弛緩性結合組織というのがあります。

例えば、日常生活でこんな形状のものを目にしますよね。

こんなものとか・・・

IMG_0115 ブログ

こんな感じのもの・・・

IMG_0116 ブログ

今からお話しする組織はこういう形状をイメージしながら読んでください。

【疎性組織】

結合組織のひとつのタイプで、組織をつくっている
線維細胞(コラーゲン線維など)の量が比較的少ないものです。

全身に分布する最も一般的な緩い結合組織で、
表皮組織の直ぐ下で、臓器を包んでいるものです。

緩く、不規則な配列をなし、少数の線維芽細胞により
線維を構成している、弛緩性の結合組織です。

顕微鏡レベルでコレを観察すると、最も特徴的な状態として
沢山の空きスペースがあることが分ります。

これが疎性結合組織が周辺の組織から引き出される
水分を多く含んだ、基質を保持するのに役立っている理由です。

——————————————————————

【脂肪組織】

脂肪組織にも弛緩性の結合組織が含まれます。
基質ではなく、ほとんどを細胞で構成しています。

脂肪細胞は脂質を蓄えて、熱の消失から身体を
保護する役割をもちます。

平均的な人の場合で、脂肪組織は体重の18%を占めます。
飢餓にあるとき、この脂肪の貯蔵が生命を維持します。

これがなければ数日以内に死に至るでしょうね。

——————————————————————

【網状組織】

疎性結合組織のようでいて織り混ざった網状線維です。

レチクリンとも言われるこちらは、
コラーゲンやエラスチン線維とは異なります。

この組織は、脾臓、リンパ節および骨髄の軟性の内部骨格や
間質を提供し、多くの発生中の血液細胞を支持します。

疎性組織が基質の水分を含んだスポンジ状の組織で
あるのに対して、網状組織は多くの臓器において
血液を保持するものです。

風通しの良い、分散した線維という共通点をもつ
弛緩性結合組織をご紹介しました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

第17回は1月15日(月)アップ予定。
Akatsukaインストラクタートレーナーが担当いたします。
次のコラムもお楽しみに!

※過去のITコラムはこちらから
ZONEブログ:IT(インストラクタートレーナー)のひとりごと

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー