春のカンファレンス 【2018年3月・4月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

春らしい暖かな日が続いています。
4月に入り、新年度となって皆様にとっても
環境の変化があったかもしれません。

ZONEスタジオでは春のカンファレンスとして
ワークショップを開催、全国各地から多くの方に
お越しいただくことができました。

ワークショップ受講生の感想をご紹介いたします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【3月30日(金)】
◆17:00~19:00
中級マットワーク:機能解剖学、キューイングと修正

<受講したMegumi先生より>
Megumi

一番心に残ったことは、「丁寧に人の身体を見る」ということ。
ウォーミングアップエクササイズから中級マットエクササイズまで、
たくさんの気づきがある2時間でした。
エクササイズのキューイングに意識がいきがちですが、
お客様からの身体から発見できる状態に気づき、
修正をしていくことが大切なんだと思いました。
コース受講生はもちろん、インストラクターとして活動している方にも
ぜひ知ってほしいポイント満載のワークショップです。

他の受講生からは
「中級を教えるのが難しく感じていたのは
キューイングのスピードが遅かったからだとわかりました。」
「ウォーミングアップエクササイズを見直したことで
なぜ行うのかなどの重要性を発見できました。」
というお声もいただきました。

P1350989

P1350999

P1360007

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【3月31日(土)】
◆9:30~11:30
Merrithew™ 膜・筋膜ムーブメントの紹介

<受講したYoshiko先生より>
Yoshiko

膜・筋膜ムーブメントの受講を検討している方はもちろん、
筋膜に興味のある方、これから勉強したい方に大変おすすめです。
筋膜の構造、ラインなどの知識のわかりやすい解説のあと、
1時間レジメ見ずにグループクラスを想定したエクササイズを行います。

今までやったことない非対称性の動きや楽しいテンポある動きが
筋膜を活性化させられるのは面白い発見でした。
筋膜へ刺激を与えるために、様々なプロップの素材、重みを
利用することもバリエーションを広げられると思っています。

筋肉、骨だけでない「筋膜」という新しい考えが得られます
キューイングに迷っているインストラクターの方には
新しい発見や視点が得られるはずです。

P1360011

P1360015

P1360022

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆12:00~14:00 NEW!!
膜・筋膜にフォーカスした初級マットワーク

<受講したKozue先生より>
Kozue
初開催となったこちらのワークショップは
ピラティスはもちろん、ヨガ、パーソナルのインストラクターなどに
活用できるエクササイズが紹介されています。
STOTT PILATES®のおなじみのマットエクササイズを
プロップを一切使わずにFascia(筋膜)にも働きかける
ポジション、動きにびっくりするかもしれません。
すべての方に活用できるエクササイズ満載ですよ。

P1360048

P1360052

P1360058

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆14:30~16:30
Halo® レベル1 断続的なインターバルトレーニング入門編

<受講生の感想>
「Halo®と専用スタビリティボールを組み合わせて使うことで
エクササイズのバリエーションが広がって面白かったです。」

「同じ動きを短い休憩をはさんでのインターバルトレーニングなので、
体力的に追い込むクラスや強度の高い運動を好む方に
提供できる内容になっています。
ランジをHalo®を使って行うなど、いつもの動きに楽しさをプラスできそうです。」

P1360089

P1360100

P1360114

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆17:00~19:00
上肢、殿部、大腿部を強化するマットワークの秘訣

<受講したKikumi先生より>
Kikumi

プロップを使用しないマットエクササイズのワークショップ。
グループクラスで活用するヒントやバリエーションが学べました。
特定の部位(腕、殿部と大腿部)をターゲットにしているので
グループテーマに選定しやすく、お客様のニーズに応える内容に
エクササイズを調整できるのも魅力的でした。
スタジオのピラティスマット・グループクラスでも登場させようと思っています。

P1360127

P1360131

P1360147

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【4月1日(日)】
◆9:30~11:30
アームチェア ピラティス プラス

<受講したFusako先生より>
Fusako
イスさえあればピラティスができる、そんなワークショップ内容です。
高齢者やリハビリ向けに強度を下げ、反復回数を増やしたり、
フレックスバンドの長さで強度を変化させ、
負荷を調整できるのもいいですね。
肩甲骨や体幹を座りながら鍛えられるアプローチ満載です。

他の受講生からは
「車いすの方にも提供できる内容なので、指導の幅が広がります」
「座位で行うので、脊柱のニュートラルを意識しやすく、
マットでニュートラルを意識しにくい人へのアプローチにも使えますね」
といった感想もお聞きできました。

P1360157

P1360166

P1360172

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆12:00~14:00
 脊柱屈曲のないエクササイズ

<受講生の感想>
「腰や背中に痛みがある人に対して、脊柱を曲げ伸ばしせず
ピラティスができるエクササイズを教えてもらったので、
明日のセッションに早速取り入れてみます

「スタビリティクッションやバンド、ソフトダンベルといった
プロップを活用することで、エクササイズの強度を変化できました
受講して楽しかったので、絶対お客様にも喜んでもらえると思います。」

P1360174

P1360182

P1360193

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆14:30~16:30
トータル・ボディ・トーニング

<受講生の感想>
「ダンベルにはない独特の感触のトーニングボールは、
マットエクササイズに適度な負荷もかけられるので
とても面白いプロップだと思いました。」

「片手で重たいな、と感じる時もあれば、
重みを利用してさらに効果が出る場合があり
うまく利用することでお客様にも楽しんでいただけると感じています。」

P1360211

P1360216

P1360222

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆17:00~19:00
 スタビリティ・チェアを活用した
アスレチック・コンディショニング レベル1

<受講したMayuko先生より>
Mayuko

上級チェアに近い強度のエクササイズが登場します。
チェアのエクササイズに変化をつけたり、
バリエーションを広げるには大変おススメのワークショップ。
スポーツの種目を選ばず、特性に合わせることができ、
身体を動かすことが好きなお客様に好まれるエクササイズにできます。
日常生活での空間の中での身体の使い方を
より発展させた形で活用することができると思いました。

P1360225

P1360228

P1360233

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【4月2日(月)】
◆14:00~16:00
 乳がん術後のマットワーク

<受講したSatomi先生より>
Satomi

乳がんの手術によって上半身、特に肩甲骨の動きに
不全が起こりやすくなります。
禁忌への説明や、やるべき動き、やらないほうがいい動きも
ワークショップの中で解説されます。
トーニングボールを活用した肩甲骨、上半身への
アプローチが多いエクササイズが紹介されました。
これらのエクササイズは、乳がんではない、
胸郭、肩甲骨の動きの不足のある方にも活用できます。
シンプルでベーシックな動きが多い中で、
バリエーションを自分で作れるのも、とても魅力に思います。

P1360240

P1360258

P1360274

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
次回のZONEで開催されるカンファレンスは夏!

詳細が決定しましたら、
ホームページ、メルマガ、ブログでお知らせいたします。

★興味のある分野、もう1回実施して欲しいワークショップなど、
ご要望はこちらまで!
ワークショップ アンケート

皆様にスタジオでお会いできることを楽しみにしています。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1【2018年3月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

近年、Fascia(筋膜)が身体に与える研究が進み、
「筋膜リリース」「筋膜はがし」などのような言葉が
よく聞かれるようになりました。

ネットで検索してみると
エステの施術メニューだったり、ストレッチにプラスするなど
Fascia(筋膜)へのアプローチは業種でも様々なようです。
ただ、Fascia(筋膜)をリリースする、はがすという表現が
一人歩きしている感じもして、何がいいのか、どういう人におすすめなのか
ピンとこない印象もしますよね。

■■□―――――――――――――――――――□■■

ZONE by Bcube ®で開催されている
「Fascial Movement Course=膜・筋膜ムーブメントコース」は、
最新の神経筋膜骨格系に関する研究成果から
バウンス、センス、エキスパンド&ハイドレートの4つを基に
エクササイズを通じてのアプローチ方法を学べる
Merrithew社の最新のコンテンツです。
※Merrithew社とは
世界で約5万人のインストラクターが在籍するSTOTT PILATES®をはじめ
様々なコンテンツを展開しています。

あらゆるレベルのクライアントに向けた内容ですので、
現在行っている治療、セッションやトレーニングにプラスして
Fascia(筋膜)へのアプローチができます。

パフォーマンス前や身体のメンテナンスにも活用できるので
お客様のニーズにあわせたFascia(筋膜)へ働きかけることができます。

今日は3月に開催されたコースのご紹介をいたします。

■■□―――――――――――――――――――□■■

【コース1日目】
初日は4時間かけて講義を行います。
Fascia(筋膜)が何なのか、その要素や役割についてを
Wataruインストラクタートレーナーから解説があります。

ピラティスなどの骨と筋肉から身体を見る生体力学的観点ではなく、
Fascia(筋膜)という新しい視点で身体を見ることができます。

最新のFascia(筋膜)研究が含まれた専門的な内容ですが、
Wataru先生のわかりやすい表現による解説なので
初めてFascia(筋膜)を学ぶ方にも理解しやすくなっています。
また過去にFascia(筋膜)を学んだ方からも
最新の情報が紹介されるので、今までの情報と比較しながら学べます。

P1350823

■■□―――――――――――――――――――□■■

【2日目】
エクササイズの実践スタート。
初日の講義で解説されたことを身体で理解していきます。

筋膜にアプローチする方法として4つの可変要素があります。
クライアントの目的や状況にあわせて
行うエクササイズやプロップ(小道具)も変えていきます。
————————————————
①Bounce バウンス
弾むような動き、ボールでたたくなど。
②Sense センス
ローラーやマッサージボールでの刺激。
③Expand エキスパンド
広げる動作、ループエクササイズ。
④Hydrate ハイドレード
振り子のように揺らす動き。
————————————————

P1350826

P1350848

コース内では、エクササイズを行うだけではありません。
明日からでもお客様に提供できるような
具体的なことにも取り組んでいきます。

小道具ごとの筋膜の感じ方をグループに分かれて体感したり
例になったお客様のご要望にこたえるアプローチを話し合って
実際のセッションのようにティーチングを行ったりする時間もあります。

P1350860

P1350857

P1350862

P1350863

■■□―――――――――――――――――――□■■

【3日目】
多くのFascia(筋膜)の知識とエクササイズを学び、
ケーススタディやロールプレイングも行ったことで
さらにFascia(筋膜)についての理解が深まった受講生。

3日目はよりアクティブなエクササイズにチャレンジです!

P1350871

P1350877

3日間のコースでのエクササイズ実践で
身体へのFascia(筋膜)が刺激されたのか、
「すっきりして、身体が軽くなりました。」
「古傷をリリーザーで刺激したら、癒着しているのがわかりました!」
「身体が重だる~い感じがします。」
といった実体験の感想が多く寄せられました。

「今まで学んだメソッドであったタッピングも
筋膜に影響していることにびっくりしました。」
「エクササイズとしての動きが筋膜にも
働きかけている動きになっているものがあることに気づきました。」
というような、新たな発見をした方もいらっしゃいました。

■■□―――――――――――――――――――□■■

気に入った道具を持っての記念撮影!
皆様お疲れ様でした。

今回は近畿圏を中心に北海道や神奈川、宮崎、埼玉と
全国各地からご参加いただきました。

全国各地のお客様に筋膜アプローチが届けられることを、
とてもうれしく思います。
今の治療、セッションにプラスして、新しい身体の可能性と発見を、
お客様・患者様と一緒に共有してくださいね!

P1350884

 

■□―――――――――――――――――――□■■

次回開催のお声を多数お寄せいただいております
「Fascial Movement Course=膜・筋膜ムーブメントコース」
近日中に次回開催のご案内を発表予定!
ご興味のある方、楽しみにお待ちください!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

~2018年、膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル 1開催決定!~

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Satomi先生おすすめ!筋膜エクササイズをご紹介!

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®アソシエイトインストラクターのSatomiです。
Satomi

Merrithewの新しいコンテンツ・Fascial Movement Course
最新のFascia(筋膜)研究を基に開発されたエクササイズが
3日間で学べるコースです。

昨年のコース受講以降、
STOTT PILATES®のエクササイズと組み合わせて
お客様にプライベートセッションで行ったところ、
身体の変化をすぐに感じていただけるなど、
とてもご好評をいただいています。

ピラティスだけでなく、医療現場やスポーツクラブでのトレーニングとも
組み合わせて取り入れるのに、とってもおススメのFascia(筋膜)
今日は、特にお客様に好評なエクササイズも交えてご紹介いたします。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

まず、膜・筋膜ムーブメントコースを「ぜひ受講してほしい!」のは、
「現在お持ちのスキルにプラスして、お客様にアプローチをしたい!」
考えていらっしゃる方です。

例えばピラティスインストラクターとしてセッションをする上で、
「なかなか結果につながっていない」、「別のアプローチで何かないかな?」
そんなクライアントに出会っている方、いらっしゃるかもしれません。

ピラティスは、じっくり考えて自分の身体を動かしていきます。
STOTT PILATES®5原則や身体を安定を意識して行うことを
エクササイズの中で習得していきます。
「自分の苦手なこの筋肉にアプローチする」
「安定したコアを意識して身体を動かす」
といったことは、ピラティスが得意とする分野になります。

ただ、筋膜は全身を意識した動きや内受容にも積極的に働きかけていきます
感覚へのアプローチが多いのも特徴です。
内受容への刺激からアプローチすることで身体の感覚が目覚め、
研ぎ澄まされていくようになります。

ですから、身体の感覚が鋭い方、鈍い方で
筋膜のエクササイズの感想も様々になります。
私は、筋膜エクササイズをしたセッションでは、
必ず感想をお聞きしています。
「自分がどう感じたか」というところも大切だからです。

実際の動きに対して「気持ちいい」「動きが楽しい」といった反応も多く、
身体をより大きく動かすための感覚を感じてもらえるようにもなります。

私の担当するピラティスを長年されている方たちに向けて行うと、
ピラティスではなかった身体への意識、発見を体感し、とても驚かれます。

例えば、ピラティスの視点で身体を見た時に、ねじる動作が苦手な方には
筋膜の斜めのラインにアプローチする方法を取り入れます。

ねじる動作にはZONE Loopを使用して、身体を螺旋のように動かしたり、
拡張の動きを取り入たところ、身体をねじることの感覚に
気づいてもらえることがありました。

筋膜への刺激を行うことは、年配の方を対象にした治療現場に携わっている方にも
有効なアプローチになると思っています。

P1320465

膜・筋膜ムーブメントコースは、
STOTT PILATES®のコースを受講したことがない方も参加できます。

1日目の講義で筋膜の最新情報をWataru先生が分かりやすく解説されるので、
初めて筋膜について勉強する方にも楽しんでいただける内容です。

2日目、3日目はエクササイズを通して、講義で学んだ内容を実践するので、
3日間通して、その全貌がわかるカリキュラムになっています。
ZONE by ビーキューブ®に初めてコースを受講される方もご安心ください!

P1320320

コースを受講したときの私自身の経験談をお話しすると、
最初は世間で取り上げられている「筋膜リリース」のイメージの
ゆっくりした動作やペースで行うものだと思い込んでいました。

コース受講後、「意外と動くし、けっこう疲れてる・・・」というのが
正直な感想でした。

STOTT PILATES®のコースではできないエクササイズは
調整方法(モディフィケーション)があり、お身体に合わせて
対応する方法がありました。

膜・筋膜ムーブメントコースでは、できないエクササイズは
無理にはせずに、段階を踏んで行うことになっています。
動きができる、できないというよりは「自分がどう感じているか」を
大事にしていきます。

P1320441

コース後に感じた私自身の身体の変化として、
足がよく動いて、歩きやすくなった感覚があり、
身体をねじる動きによって、脚の可動域も広がったように感じました。

また、バウンスの動きでアキレス腱の伸び縮みをしたところ、
足首がやわらかくなってきたのを実感し、とてもびっくりしました。

今年の私自身の目標に「バレエをしたい」というのがあります。
筋膜による効果はダンスパフォーマンスアップや、コンディショニングにも
おススメできる内容です。

最後に、私がおすすめする筋膜エクササイズを動画でご紹介します。
ボールを使った簡単な動きですが、バウンスというアプローチ方法です。

今のセッション、治療とプラスしてアプローチできる筋膜。
観点を変えてお客様に向き合えるスキルをぜひ学んでみましょう。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

Satomi先生も大絶賛のFascia(筋膜)を
最新の研究内容やエクササイズとしてのアプローチなど
明日にでもすぐに活用できる実践的な内容を学べる
Fascia Movement Course(膜・筋膜ムーブメントコース)!

担当講師のWataru先生のわかりやすい解説は
過去開催のコースの受講生から大変ご好評いただいております。
専門的な内容でありながら、多くの方への活用の可能性を秘める
こちらのコースにぜひご参加ください!

現在、3月大阪開催のお申し込みがスタート!
人気のコースですので、お申し込みはお早めに!
※お申込はこちらから
 →2018年 春のピラティスカンファレンス 申込フォーム

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【3月23日(金)~25日(日)】

膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル 1  
Fascial Movement Foundation Course level 1
1.6CEC
担当:Wataru
フィットネス、医療、および治療の専門家のためにデザインされた
MERRITHEW™ Fascial Movementコースは、
最新の神経筋膜骨格系に関する研究成果を探究していきます。
MERRITHEW™ Fascial Movementトレーニングは、
独自のMERRITHEW™ Fascial Movement Variables (FMV)を重視し、
強調すると共に、膜が何であり、何をし、どのように動くのかを考え、
様々な異なる 方法でどのように働きかける事が出来るかについての
理解に基づいて提供されます。
————————————————————————————-
※コースの目的※
・膜の構成要素を特定し、その役割と関連する動作を
 説明できるようにする。
・テンセグリティと伝統的な力とテコを基本にした
 従来型の生体力 学の違いを明確にする。
・MERRITHEW™ Fascial Movement Variables(FMV’s)を定義する。
 バウンス、センス、エキスパンド&ハイドレート。
・MERRITHEW™ FMVを使用して、
 あらゆるレベルのクライアント向けのプログラ ムを開発する。
————————————————————————————-
【日程】(全16時間)
3月23日(金) 12:00~16:30(内30分休憩)
3月24日(土) 10:00~17:00(内1時間休憩)
3月25日(日) 10:00~17:00(内1時間休憩)
【受講料】
128,000円 (教材費込)
【CEC】
1.6CEC

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春のカンファレンス開催のお知らせ【2018年3月~4月】

Stottt_pilates

こんにちは、ZONE by ビーキューブ®の小田原です。
お待たせいたしました!
春のカンファレンスのお知らせです
昨年大好評をいただた「膜・筋膜ムーブメントコース」をはじめ、
筋膜に関するワークショップが新たに登場。
皆様により広く、深いスキルを学んでいただけるよう
ご要望が多かったタイトルを中心に選定しました。
お申込みは1月30日(火)昼12:00~
ビーキューブ®ZONEブログにて受付します。
皆さまのご参加をインストラクター、スタッフ一同お待ちしております。
2018spconfe01 ブログ2018spconfe02 ブログ
~2018年春のカンファレンス概要~
【日程】
3月23日(金)、24日(土)、25日(日) 
 
3月30日(金)、31日(土)、 4月1日(日)、2日(月) 
【講師】
Wataru
・上泉渉(カミイズミ ワタル)
Akatsuka
・赤塚貴之(アカツカ タカユキ)
【参加費】
・コース 16時間 128,000円
・ワークショップ 2時間 12,000円
【会場】
〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 
南船場第二東洋ビル4F、3F
【お申込み受付開始】
・申込受付:1月30日(火)昼12:00より申込受付開始
ZONEブログ および、アカデミーホームページ より
【お申込み方法】
(1)ビーキューブ® アカデミーホームページ内の
  専用フォームよりお申込みください。
※1月30日(火)昼12:00より、申込受付開始
ZONEブログ内のお申込みフォーム
アカデミーホームページ内のお申込みフォーム

(2)ビーキューブ®アカデミーより、
 <ご予約確認メール> をお送りいたします。
<ご予約確認メール>が届いた方のみ、予約受付ができています。
※申込フォーム送信の時点では、ご予約確定ではございません。
予めご了承ください。

(3)<ご予約確認メール> 到着から1週間以内に
 受講料を銀行振り込みにてお支払い下さい。
※お支払いの確認が取れ次第、受講枠を確保いたします。

(4)<受講手続完了メール>をお送りいたします。
※※※定員に達した場合のキャンセル待ちについて※※※※※
キャンセル待ちは承りませんので予めご了承下さい。
但し、一旦受付を終了したワークショップも、
定員に空きができ次第、予告なしにお申し込みを
再開する場合がございます。カンファレンスの最新情報は
アカデミーホームページZONEブ ログ 等を
チェックしていただきますようよろしくお願いいたします。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【3月23日(金)~25日(日)】

膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル 1  
Fascial Movement Foundation Course level 1
1.6CEC
担当:Wataru
フィットネス、医療、および治療の専門家のためにデザインされた
MERRITHEW™ Fascial Movementコースは、
最新の神経筋膜骨格系に関する研究成果を探究していきます。
MERRITHEW™ Fascial Movementトレーニングは、
独自のMERRITHEW™ Fascial Movement Variables (FMV)を重視し、
強調すると共に、膜が何であり、何をし、どのように動くのかを考え
様々な異なる 方法でどのように働きかける事が出来るかについての
理解に基づいて提供されます。
————————————————————————————-

※コースの目的※
・膜の構成要素を特定し、その役割と関連する動作を
 説明できるようにする。

・テンセグリティと伝統的な力とテコを基本にした
 従来型の生体力 学の違いを明確にする。

・MERRITHEW™ Fascial Movement Variables(FMV’s)を定義する。 
 バウンス、センス、エキスパンド&ハイドレート。

・MERRITHEW™ FMVを使用して、
 あらゆるレベルのクライアント向けのプログラ ムを開発する。
————————————————————————————-
【日程】(全16時間)
3月23日(金) 12:00~16:30(内30分休憩)
3月24日(土) 10:00~17:00(内1時間休憩)
3月25日(日) 10:00~17:00(内1時間休憩)
【受講料】
128,000円 (教材費込)
【CEC】
1.6CEC
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 【3月30日(金)】
◆17:00~19:00

STOTT PILATES®中級マットワーク:機能解剖学、キューイングと修正
STOTT PILATES® 
 Intermediate Matwork: Functional Anatomy, Cueing & Correcting
0.2CEC
担当:Akatsuka
Merrithew™チームによって開発された
この中級マットワークのワークショップでは、キューイングに特化して、
多くの複雑な動きを修正することに重点をおいています。
厳選したエクササイズを特定の関節動作、筋作用の観点から
細分化し識別していきます。
的確なフォームを保ちつつ、中級の難易度が高まった内容を
実行できる助けとなる、キューイングのヒントと修正を学びます。
観察力とバーバルキューを見直し、クライアントの動作の本質的変化を見てください。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【3月31日(土)】

◆9:30~11:30
Merrithew™ 膜・筋膜ムーブメントの紹介   
Merrithew™ Intro to Fascial Movement
0.2CEC
担当:Wataru
包括的なMerrithew Fascial Movement Courseの予告編
Fascia(膜、筋膜)は体内の最も普遍的な結合組織で、
今フ ィットネスの世界でも熱い目を集めていますが、
Fasciaと一言でいってもそれが何かご存知ですか?
この予告編ワークショップでは、セルフ筋膜リリースだけに留まらず、
筋膜系を解明し、人体で果たす役割を定義します。
動作を用いてFascial Movement可変要素
(バウンス、センス、エキスパンド、ハ イドレート)を探求します。
これら可変要素をプログラミングに追加することで、可動性、強度、 持久性を
向上させる具体的な方法が見つかるはずです。
理論と実技応用で構成した内容で、筋膜の知識を深めたい方、
新たにこの分野に興味をもたれている全てのフィットネス専門家にお奨めします。
16時間のFascial Movement Courseの内容を、
2時間に凝縮して概要を簡略化したコース予告編です。
[ フレックスバンド、レジスタンスループ、ミニスタビリティボール 、ツイストボール ]
————————————————————————————-

◆12:00~14:00
STOTT PILATES® 膜・筋膜にフォーカスした初級マットワーク   
NEW!!
STOTT PILATES®  Essential Matwork with a Fascial Focus
0.2CEC
担当:Wataru
このワークショップでは、
STOTT PILATES®初級マットワークのレパートリーに、
最新の膜・筋膜研究の観点を組み込むためのツールを
インストラクターに提供します。
初級マットワークの順序に従いながら、
最新の膜・筋膜研究のコンセプトがどのように
各エクササイズのエッセンスを強調できるかを含め、
新たな運動体験を促す可能性を探求します。
Merrithew™のエキスパート達によって開発された、
シームレスで連続性ある流動的な動きの数々が、
複合的運動面での動きへと身体を導きます。
プログラミングの創造性を刺激し、本来身体が備える英知に
触れることで、個々の運動能力に最も適した代替バリエーションを
発見することができるでしょう。

————————————————————————————-

◆14:30~16:30
Halo® レベル1 断続的なインターバルトレーニング入門編
Halo® Intro to Interval Training, For a Level 1 Client
0.2CEC
担当:Akatsuka
インターバルトレーニング概念への理解を深め、その手法を
グループクラスやプライベートセッションにどのように活用するかを学びます。
多くのクライアントが 45~60 分のインターバルワークアウトを
実行することが困難であることを考慮し、期間をかけながら
ワークアウトの一部に導入していく方法を学びます。
革新的デザインの Halo Trainer と Stability Ball を活用しながら、
フローの要素を最大限にする、連続的エクササイズ展開の為に
一つのエクササイズから次の動きへのスムーズな移行を学んでいただけます。
インターバルトレーニングを理解し、発展させていくことで
クライアントがワークアウトから最大の効果を得る大きな可能性をもつ内容です。
[ Halo、スタビリティボール]
※受講の際には室内用トレーニングシューズが必須となります。
レンタルシューズはございませんので、必ず各自でご用意ください。

————————————————————————————-
◆17:00~19:00
STOTT PILATES® 上肢、殿部、大腿部を強化するマットワークの秘訣
STOTT PILATES® The Secret to Toned Arms, Buns & Thighs
0.2CEC
担当:Akatsuka
スペシャリティトラック:Group Matwork

STOTT PILATES®の概念を基に、
マットワークの中から特定の部位(腕、殿部と大腿部)をターゲットとした
エクササイズを厳選。
クライアントの継続につながるワークアウトの構成になっています。
より魅力的な筋肉へ向けて磨き上げ、筋力や身体的自信を得ることが出来ます。
動きのエッセンスやエクササイズのゴールを理解でき、
かつ安全で有効なキューイングの方法、
また修正を学ぶことができる内容になっています


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【4月1日(日)】

◆9:30~11:30
STOTT PILATES® アームチェア ピラティス プラス
STOTT PILATES®   Armchair Pilates™ Plus
0.2CEC
担当:Wataru
スペシャリティトラック:Active for Life
STOTT PILATES® の原則をもとに、可動性に制限のあるクライアントが、
よりよい状態でイスに座ったままワークアウトを行えるようにしたプログラムです。
坐位で身体を垂直に保ったなかでコアと四肢の両方に働きかける
内容が盛り込まれています。
多様なエクササイズをデモンストレーションと実践を通して学びます。
Flex-Band® フレックスバンドを多くのエクササイズに活用することで、
動きにバラエティーと軽度の負荷を加えたフルボディーワークアウトを可能にしています。
安全で効果的なキューイングと修正方法を学びます。
通常の椅子を使用して行えることから、医療現場や施設などでも活用できる
エクササイズが豊富で大変好評です。

[ フレックスバンド ]

————————————————————————————-

◆12:00~14:00
STOTT PILATES® 脊柱屈曲のないエクササイズ 
STOTT PILATES®  Flexion-Free Workshop
0.2CEC
担当:Wataru
スペシャリティトラック:Post-Rehabilitation Conditioning、Active for Life
骨粗鬆症、腰椎椎間板での問題をはじめとした様々な問題により
動作制限のあるクライアントは、いずれも脊柱の屈曲が禁忌とされる場合が多いです。
効果的なフルボディワークアウトを提供しつつも、屈曲を制限するトレーニング構成です。
高い強度レベル範囲内でピラティスのエクササイズを変化させる方法を学びます。
体幹がニュートラルの状態で上半身の安定性にさらなるチャレンジを与える負荷として、
Small handweights、Stability Cushions と Flex-Band を使用します。

[ ハンドウェイト、ソフトダンベル、フレックスバンド、スタビリティクッション ]

————————————————————————————-

◆14:30~16:30
STOTT PILATES® トータル・ボディ・トーニング
STOTT PILATES® Total Body Toning
0.2CEC
担当:Akatsuka
スペシャリティトラック:Golf Conditioning、Group Matwork、Active for Life

このワークショップは二つの特徴的かつエネルギッシュな
ワークアウトの組合せで構成されています。
手に持てるサイズの2つのボール:トーニングボールを用います。
まず最初のパートでは腕や上半身、その後後半では全身へと途切れることのない
構成でつなげていきます。
トーニングボールの抵抗と緻密なマットワークエクササイズの
コンビネーションが融合し、上肢やコアに対する、
意識と筋力が高められるプログラムになっています。

[ トーニングボール ]

————————————————————————————-

◆17:00~19:00
STOTT PILATES® スタビリティ・チェアを活用した
アスレチック・コンディショニング レベル1
STOTT PILATES®  Athletic Conditioning on the Stability Chair™, Level 1
0.2CEC
担当:Akatsuka
スペシャリティトラック:Athletic Conditioning
アスリートのコンディショニングワークアウトに、
スタビリティチェアは、絶大な効果を発揮します。
バランスの崩れた筋肉を鍛え直し、全身の筋力とアジリティー ( 機敏性 ) を高め、
どのレベルのアスリートも有効なエクササイズを学べます。
両側、一側、また交互に四肢を動かしながら、コアの安定性を高め、
スポーツ競技特有のパフォーマンスアップや日常生活の向上の為に、
スプリングの抵抗を利用したファンクショナルな動き ( トレーニング ) を学んでいきます。

[ スタビリティチェア]

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

【4月2日(月)】

◆14:00~16:00
STOTT PILATES® 乳がん術後のマットワーク
STOTT PILATES® Matwork for Breast Cancer Rehab
0.2CEC
担当:Wataru
スペシャリティトラック:
Post-Rehabilitation Conditioning

世界では多くの女性が乳がんの手術を受けた後に
その後遺症や不安と向き合っています。
STOTT PILATES® ではそうした多くの方のライフスタイルを、
ワークアウトを通じてサポートし、筋力や持久力を高める
ワークアウトプログラムを開発しました。
手術や回復過程の多様なタイプに合わせたエクササイズを選択します。
主に上肢帯(肩甲骨、肩を含む)の可動性、十分な柔軟性、姿勢の変化に伴う筋力の
左右差を機能的に調整し、コアや末梢部の筋への活動までアプローチします。

[ トーニングボール ]

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

STOTT PILATESストットピラティス®インストラクターはもちろん、
フィットネスインストラクター、パーソナルトレーナー、医療従事者にもおすすめです!
ピラティスに興味のある方、これから勉強しようかなと検討されている方も
ぜひご参加ください!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


冬のカンファレンス 【2017年12月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

2017年最後のZONEイベント・冬のカンファレンスが開催され、
全国から多くの方にお越しいただきました。

今日は各ワークショップの様子をご紹介します!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【12月2日(土)】
◆10:00~12:00
STOTT PILATES® 安定性の原則
担当:Wataru

STOTT PILATES®エクササイズの基礎となる5原則
身体が一番安定するために必要な5つのトピックス。
「呼吸」「胸郭」「骨盤」「肩甲骨」「頚椎」がなぜ重要なのかを再確認できます。
コース受講生はもちろん、日頃のセッションの中でクライアントに伝えている
インストラクターからも好評のワークショップです。

P1340479

P1340477

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆13:00~17:00
肩関節複合体の最適化  
担当:Wataru

2時間講義、2時間エクササイズで肩について学びます。
肩の不調を訴えるクライアントに対して、肩だけへのアプローチは
十分な改善方法にはならないそうです。
肩・肩甲骨と密接な関係があるのは実は・・・というお話があり、
身体のつながっていることを再認識できました。

P1340493

P1340516

P1340521

P1340530

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【 12月3日(日)】
◆10:00~12:00
筋強化と可動性のためのマットワーク
担当:Akatsuka

筋肉の伸び縮みを感じながらマットエクササイズを行うワークショップ。
Akatsuka先生のキューイングも「伸び」「縮む」が
意識できるようになってましたね。
道具を使わわないため、クライアントへのホームワークエクササイズとしても
活用できる内容です。

P1340553

P1340556

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆13:00~15:00
CORE™ スイマーのための陸上パフォーマンストレーニング
担当:Akatsuka

こちらのワークショップでは、年齢問わず誰にでも活用でき、
4泳法(平泳ぎ、クロール、背泳ぎ、バタフライ)の動きの特徴を理解して、
それぞれの泳法にあわせたエクササイズのプログラミングを学べます。

水泳を意識した陸上での効果的なトレーニングメニューを行うために、
目的別にあわせたサーキットトレーニングもご紹介!

P1340575

P1340583

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆15:30~17:30
脂肪燃焼のためのマットワークインターバルトレーニング
担当:Akatsuka

マットエクササイズの組み合わせを変えたり、複数セットを行うことで、
脂肪燃焼効果を高めていきます。

同じエクササイズを繰り返したり、テンポよくエクササイズが変化していくので、
短時間で強度の高い内容にチャレンジできます。
プロップを使わず、自分の身体に集中してエクササイズができますよ。

P1340596

P1340615

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【12月4日(月)】
◆10:00~12:00
Merrithew™ 膜・筋膜ムーブメントの紹介   NEW!!
担当:Wataru

3日間で学ぶ「膜・筋膜ムーブメントコース」の内容をご紹介する
こちらのワークショップ。
筋膜の解説を1時間、エクササイズを1時間実践します。

新しいプロップ「ループ」「ツイストボール」を使って膜にアプローチする
方法は、ピラティスとはまた違った、とても新鮮な内容です。

IMG_0111

IMG_0122

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆10:00~12:00
 リフォーマー&プラットフォームエクステンダー
担当:Akatsuka

マットとリフォーマー、または初級と中級のその間を補うような
エクササイズ満載の内容です。
プラットフォームエクステンダーとメイプルポールを組み合わせるだけで
面白いリフォーマーの活用ができます。

リフォーマーをすでにセッションで取り入れている方はもちろん、
これからリフォーマーを勉強する方にも楽しんでいただけるワークショップ。

P1340642

P1340652

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆13:00~15:00
スタビリティ・ボールを活用したワークアウト・レベル1 / コア・バランス
担当:Akatsuka

ピラティススタジオ以外でもよく見かけるスタビリティ・ボール。
グループクラスにも活用できるバリエーションをご紹介。
不安定なボールを、安全にかつ有効的に使用する方法も
お話しました。

IMG_0137

IMG_0139

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆13:00~15:00
高齢者のためのリフォーマー・エクササイズ
担当:Wataru

日常生活の「歩く」「押す」「遠くのものを取る」「座る」などの動きは、
年齢による筋力の低下によって大変になってきます。
高齢の方が日常生活の中で、どれだけ健康かつ機能的に動くことができるかを
サポートするリフォーマーエクササイズを学びました。

P1340668

P1340675

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
次回のZONEで開催されるカンファレンスは春!
2018年4月1日(日)、2日(月)を予定しております。

詳細が決定しましたら、
ホームページ、メルマガ、ブログでお知らせいたします。

★興味のある分野、もう1回実施して欲しいワークショップなど、
ご要望はこちらまで!
ワークショップ アンケート

皆様にスタジオでお会いできることを楽しみにしています。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏のカンファレンス 【2017年7月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

暑い夏がやってまいりました。
ZONEスタジオでも熱気あふれる夏のカンファレンスが開催!
全国のインストラクター、医療従事者、ピラティスにご興味のある皆様にご参加くださいました。

今日は各ワークショップの様子をご紹介いたします。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
7月17日(月・祝)
◆10:00~12:00
Halo® レベル 1 断続的なインターバルトレーニング入門編

海外の理学療法士が考案したプロップ「Halo (ヘイロウ)トレーナー」。
スタビリティーボールとフレームの組み合わせでできる無限のエクササイズの中から、
今回はインターバルトレーニング要素の強いものをご紹介。
「Halo(ヘイロウ) トレーナー」があれば、リハビリにもアスリートにも活用できますよ。

P1320496

P1320487

P1320500
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
◆13:00~15:00
ローテーショナル・ディスクを活用したマット

2枚のローテーショナルディスクを使ってのマットエクササイズが学べるこちらのワークショップ。
プライベートだけでなく、グループクラスでも活用することができますよ。
いつも行うピラティスマットエクササイズがローテーショナルディスクを使うだけで、
身体の環境がぐっと変化します。

P1320507

P1320509

P1320515

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
◆15:30~17:30
スタビリティ・クッションを活用した初級マットワーク

こちらは空気の入ったゴム製のスタビリティクッションを使用してのエクササイズをご紹介しました。
スタビリティクッションはビーキューブ®のスタジオグループクラスでも大人気のプロップ。
グループクラスを担当しているインストラクターには、新たなアプローチとしてぜひ取り入れて欲しいですね!

P1320516

P1320523

P1320529
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
7月18日(火)
◆10:00~12:00
マット・グループクラスのための指導方法とプログラミング ※講義形式

マットグループクラスを行うにあたって、エクササイズのプレゼンテーションスキル、
ティーチングマナー、個別に、全体にお客様を見るためのポイントを解説。
グループに分かれて実際のグループクラスの実践を行います。
インストラクターの立ち位置、マットの間隔などAkatsuka先生からのフィードバックポイントも細部にわたります。

P1320539

P1320542

P1320554
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
◆13:00~15:00
アルティメイト・ボディ・スカルプティング、フレックスバンド レベル 3

このワークショップを受講すると、フレックスバンドでリフォーマーエクササイズができるようになります。
バンドがリフォーマーのスプリングのような負荷、ロープのような役割をしてくれるんです。
持ち方を変えることで微妙な負荷の調整ができ、負荷がかかる方向も自在に変化できます。
リフォーマーを置くスペースが無くても、バンド1本で同じエクササイズができるのは、すごいですよね。

P1320564

P1320559

P1320567
お忙しい中、夏のカンファレンスにご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。
ワークショップで学んだスキルを実践し、お客様に喜んでいただけるピラティスセッションをしてください!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
次回のZONEで開催されるカンファレンスは冬!
2017年12月3日(日)、4日(月)を予定しております。
詳細が決定しましたら、ホームページ、メルマガ、ブログでお知らせいたします。

★興味のある分野、もう1回実施して欲しいワークショップなど、ご要望はこちらまで!
ワークショップ アンケート

皆様にスタジオでお会いできることを楽しみにしています。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本初開催!膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1 【2017年7月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

夏らしい気候となってまいりました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ZONEスタジオでは夏の暑さに負けない、さらにアツいコース
「膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1」が開催されました。

こちらのコースは
日本初開催!Wataru先生による日本語で開催も初!
申込開始からわずか3分で定員となった超人気のコースです。

Fascia(筋膜)について最新の研究に基づいた内容で、
より具体的、実践的な身体へのアプローチや視点を学ぶことができます。

フィットネス分野で活動している方はもちろん、
リハビリに従事している方に、ご自身のパフォーマンスに、あらゆる分野に活用いただけます。

今日は「膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1」の内容、
受講生の声などをご紹介いたします。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

「膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1」Merrithewのコンテンツのひとつ。
STOTT PILATES®やZen・ga、Core、Total Barreといったコンテンツと同様に独立した内容です。
Merrithewのコンテンツを勉強したことがない方でも受講できます。

今回集まった方がなぜこのコースを受講しようと思ったのか。
「筋膜に興味があって、まずは知りたかったから」
「ヨガのセッションに取り入れて、もっと別のアプローチをしてみたかったから」
「リハビリ目的の患者様に活用できる方法を勉強したかったから」
などなど、その想いや目的は様々です。

Fascia(筋膜)は一般的に
「筋肉や臓器を包んでいる膜」「全身にはりめぐらされている膜」などの表現がされます。
が、最近の研究で
「Fascial(筋膜)は筋肉にも入り込んでいる」ことや「筋繊維がなくても臓器の形成ができる」など
柔軟なただの膜というイメージからは大きく変わってきているんです。

P1320315

「膜・筋膜ムーブメント基礎コース レベル1」は3日間あります。

1日目は講義で、Fascia(筋膜)についての知識を学びます。
Fascia(筋膜)が何でできているか、その働きや特性などの解説があります。
コース前には事前に読んでおくべき文献の紹介もあり、
その本の内容のわからなかった点がこの講義で理解していけます。

2日目、3日目は講義内容をエクササイズも交えて、実際の動きの中で実践。
自身の身体の変化をエクササイズの前後で感じることができます。
Fascia(筋膜)を刺激するための道具(プロップ)も新しいものも多く、実に多彩です。
柔らかいフォームローラー、硬いローラー、いつもよりもさらに小さいスタビリティボールや
今回初登場の突起の付いたプロップなど、
その特性から引き出される筋膜へのアプローチは、とても斬新で面白いものになっています。

【受講生全員でエクササイズ】

P1320394

P1320402

P1320451
P1320462

【グループに分かれてプロップごとの筋膜の刺激の違いを体感】

P1320428

P1320430

P1320425

P1320431

【学んだ内容をさっそくティーチング】
P1320446

P1320448

3日間を終えての受講生のコースの感想をお聞きしました。

—————————————————————————————–

★とても楽しくワクワクしながら受講させて頂きました。
秋から週1回のピラティスレッスンを受け持つので、ぜひ取り入れられるようにしっかり復習したいです。
★ずっと気になっていた筋膜を勉強できて嬉しかったです。
最新の情報を最高の環境で学べるのでいつも楽しみです。
★3~4年前から筋膜という言葉は聞いたことがありましたが、ネットの情報ではあまりつかめずにいました。
ワークブックや実際に体を動かして理解を深めつつ、伝えていけるようになりたいと思います。
★とても難しい内容でしたが、筋膜へのアプローチが今までとは全然違うものになりそうです。
膜に対しての難しいという先入観が払拭できました。
★筋膜が注目され、情報が溢れる中で、分かりやすく情報を整理したものを学べて感謝しています。
こする、押すだけがリリースだと思っていたけど、アクティブな動きもあり、効果も実感できました。
★人間の体は奥が深いですね。いろいろなアプローチがあり、これからもさらに工夫がありそうです。
ますます目が離せませんね!

—————————————————————————————–

受講下さった皆様、3日間お疲れ様でした。
Fascia(筋膜)ムーブメントのファーストジェネレーションとして、
全国に、世界にFascia(筋膜)を多くのお客様、患者様に伝えて下さいね。

皆様の活躍を祈念しております。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

ご好評につき追加開催を決定しましたが、おかげさまで
8月コース、10月コース共に定員のためキャンセル待ちとなっております。

※詳細、キャンセル待ちの登録はこちらから→ホームページ 膜・筋膜ムーブメントコース

世界的にも最先端の内容を学べる「膜・筋膜ムーブメントコース」
今後も開催を検討しております。楽しみにお待ちください。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春のカンファレンス【2017年】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

大阪は春らしい、暖かな日が増えてまいりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

今年もこの時期がまいりました!
「ストットピラティスSTOTT PILATES®春のカンファレンス」

新しいタイトルも含め、2日間で10タイトルを開催。
今回は世界各地からZONEスタジオにお越しいただき、
さらなる魅力を感じていただけるイベントとなりました。

早速、ワークショップの内容をご紹介いたします。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【3月19日(日)】

◆10:00~12:00
中級マットワーク:機能解剖学、キューイングと修正   NEW!!
担当:Wataru

ピラティスインストラクターコース生はもちろん、すでにインストラクターとして活動されている方に
とても要望が多かったこちらのワークショップ。
よりレベルアップしたエクササイズをクライアントに伝える方法を、
新たな視点を交えて深めていきます。

IMG_0062

IMG_0068

——————————————————————————
CORE™ 長距離ランナーのためのワークショップ レベル1
担当:Akatsuka

ランニング時の身体の使い方のコツ、けがをしにくい身体づくりなど、
長く楽しむためのトレーニング情報満載のワークショップ。
今までの常識が実は・・・というトピックもたくさんあり、まさに目から鱗!
このワークショップ参加後、さっそくランニングをしてその効果を感じた方もいらっしゃしますよ。

P1300491

P1300505
——————————————————————————
◆13:00~15:00
骨粗鬆症のためのプログラミング (講義形式)
担当:Wataru

日常生活の中で「骨が弱っているな~」と実感することは意外と少ないもの。
実は日本の人口の10%弱の1100万人が骨粗鬆症、予備軍も含めると2000万人に達するかもしれないとのこと。
運動による骨折、腰痛などを防議たいものですよね。
こちらのワークショップでは「骨粗鬆症」についての知識、エクササイズの注意点などを講義形式で学びます。

IMG_0069

IMG_0073

——————————————————————————
CORE™ スイマーのための陸上パフォーマンストレーニング  NEW!!
担当:Akatsuka

初開催のこちらのタイトル。4泳法を網羅した陸上トレーニングの方法を学べます。
水中の特殊な環境の中で、コアの安定と骨格の粗い面と調整能力を向上させるための
エクササイズをたくさんご紹介しました。
水泳指導をされている参加者からは
「面白いトレーニング方法があって楽しかった。施設にある道具を応用して早速指導に取り入れます」
「今後のトレーニングに役立てる要素がいっぱい学べました。」
とのうれしい感想もいただきました。

P1300519

P1300520
——————————————————————————
◆15:30~17:30
高齢者へのスタビリティ・チェアの活用
担当:Wataru

養成コースの内容とは違い、より機能的な動き(立ち上がるために手をつくなど)のための
年配の方の日常動作を視野に入れた立位、座位のチェアエクササイズを学びます。
空間で身体を使うための体幹、重心移動を意識できるようにするためのヒントがいっぱい!

IMG_0086

IMG_0098
——————————————————————————
フィットネスサークルを活用した アスレチック・コンディショニング   NEW!!
担当:Akatsuka

グループクラスでも人気のプロップ・フィットネスサークル。
この特性を最大限に活用し、プライベートで、グループで活用できるエクササイズをご紹介。
身体への負担も考慮しながら、よりレベルアップしたフィットネスサークルの
チャレンジエクササイズを楽しみながら取り組んでいただきました。

P1300539

P1300543
——————————————————————————

【3月20日(月・祝)】

◆10:00~17:00
Halo® グローバルスタビリティ獲得への応用  NEW!!
担当:Wataru

Halo®(ヘイロウ)トレーナーはユニークな形状のフレームと専用スタビリティボールを組み合わせた
Merrithewの今一番お勧めプロップです。

Halo®(ヘイロウ)のエクササイズはもちろん、身体の機能的な使い方、つながり、全身への連動のさせ方を
筋膜、ISP(傷害と特殊条件)コースでの内容も踏まえた内容で、知識豊富なWataru先生が解説。

IMG_0135

呼吸を意識するためのHalo®(ヘイロウ)の活用方法。
うつぶせになれない方(高齢者など)のサポートとしても大活躍します。

また、インプリント、ニュートラルポジションも、Halo®(ヘイロウ)を使うことで
いつもと変化させた環境で、より意識してもらいやすくすることができます。

IMG_0116

フレックスバンド、トーニングボールも使ってのエクササイズ。
こちらの写真では、トーニングボールを持つことで背面を意識した環境を作ることもできます。
しんどい方には、手を挙げるだけのモディフィケーションもあります。
バリエーション豊かなHalo®(ヘイロウ)のエクササイズの新鮮な発見が!!

IMG_0122

IMG_0112

IMG_0147

Halo®(ヘイロウ)を使用すると、器具とは違った環境で、身体を意識させることができます。
特に側面へのアプローチは、マットエクササイズではバリエーションが少ないので、
Halo®(ヘイロウ)を取り入れることで、サイドへアプローチできる環境にすることができます。

IMG_0138

受講後の感想として
「受講前より身体がとても楽になった」
「関節がうごかしやすくなってびっくりした!」
「連動して身体が動くことを意識しながらエクササイズしたので、すっきりしました」
など、すぐに身体の変化を感じていただくことができました。

Halo®(ヘイロウ)のコース、ワークショップについては、今後も開催を検討中!
魅力あるHalo®(ヘイロウ)の今後の展開にもご期待ください!

——————————————————————————
◆10:00~12:00
プロップを活用したマットワーク:10代の筋力と持久力強化
担当:Akatsuka

若い世代にピラティスを教える方法を、プロップの活用方法も交えて紹介。
参加者からは
「10代に向けてのティーチングは難しいとかんじていたけれど、指導方法を変えてわかりやすい言葉がけが必要だと感じた。」
「自分のレッスンやエクササイズの振り返りにもなった。」
「シンプルに動いたときに感じる身体の感覚が、ストレートに伝わってきて気持ちよかったです。」
など、キューイングの見直し、気づきを感じていただけました。

P1300560

P1300568
——————————————————————————
◆13:00~15:00
ピラティス マットワーク フォア メン
担当:Akatsuka

使用プロップはトーニングボールのみ。
時にはその重みがチャレンジに、また身体へのサポートとなり、エクササイズのバリエーションを広げてくれます。
タイトルにある男性のみならず、柔軟性が少ない方へのピラティスエクササイズの応用にもなる内容なので、
いろんな方にこちらで紹介したエクササイズにチャレンジしたいただきたいです。

P1300578

P1300583
——————————————————————————
◆15:30~17:30
小道具(プロップ)を用いたピラティス レベル1
担当:Akatsuka

フィットネスサークル、フレックスバンド、トーニングボールを活用してのピラティスをご紹介。
普段のピラティスエクササイズに3つのプロップを織り交ぜることで、新たなバリエーションを加えられます。
筋力と敏捷性にフォーカスした内容になっています。

P1300590

P1300606
——————————————————————————

春のカンファレンスにご参加くださいました皆様、お疲れ様でした。
次回のカンファレンスは夏!
スケジュールは決定次第、ホームページ、メルマガ、ZONEブログでご案内します。

次回開催してほしいワークショップタイトルなどございましたら、ぜひ下記のフォームからご意見ください。
※ ワークショップ アンケート

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年 冬のカンファレンス

Stottt_pilates

こんにちは。
ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

12月に入り、急に慌ただしく感じる季節となりました。
スタジオ近くに御堂筋もイルミネーションが彩り、華やかな雰囲気になっています。

12月4日(日)、5日(月)の2日間、ZONE by Bcube®では、
今年最後のワークショップイベント「冬のカンファレンス」を開催!
全国各地から多くの皆様にご参加頂き、大盛況となりました。
今日はワークショップの様子をご紹介いたします。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【12月4日(日)】—————————————

◆10:00~12:00
ミニ・スタビリティ・ボールを活用したワークアウト

3種類の大きさの違うミニスタビリティボールは、
クライアントの体格やエクササイズの目的に合わせて選ぶことができます。
大きいミニスタビリティボールは接地面が大きいので、安定がしやすく、
ボールからのフィードバックもたくさん情報として伝わります。
特に体幹を意識しやすいエクササイズが満載で、さっそくクライアントに提供できますよ!

img_1232

—————————————
リフォーマーを活用したアスレチック・コンディショニング、レベル1

スポーツ全般のコンディショニングのために、動的安定性を獲得するエクササイズがリフォーマーで行え、
どんな競技のクライアントにもパフォーマンスアップができます。
メイプルポールとリフォーマーを組み合わせたエクササイズは、
リフォーマーコースにはない斬新なものが紹介されました。
写真のエクササイズでは、野球、ゴルフ、テニスなど道具を使う球技の方はもちろん、
サッカーなどの体重移動を行う全てのスポーツの方を対象に行えます。
怪我の予防にも大変おすすめのエクササイズです!

p1290338

—————————————
◆13:00~15:00
メディスン・ボールを活用したピラティス

メディスンボール4lbの重さは約1.8KG。
ちょうど日常的に持つバックの重さくらいになります。
程よい重さや硬さが動きを助けたり、チャレンジになったり・・・。
重さのコントロールで体幹の筋肉がより安定して働くことができるので、
いつものピラティスエクササイズをよりユニークなものにしてくれます。

img_1249

—————————————
高齢者のためのリフォーマー・エクササイズ

日常生活の「歩く」「押す」「遠くのものを取る」「座る」などの動きは、
年齢による筋力の低下によって大変になってきます。
特に手足の一側性の動きはバランスも必要となるため難しくなり、転倒しやすくなる場合もあります。
高齢の方が日常生活の中で、どれだけ健康かつ機能的に動くことができるかを
サポートするリフォーマーエクササイズを学べます。
リフォーマーは高さがあるので、エクササイズのトランジッションがスムーズにできます。
「フォームグリップハンドル」の活用は、手首に配慮し、
肩甲骨や肩周りのエクササイズをよりわかりやすくしてくれます。

p1290371

—————————————
◆15:30~17:30
アルティメイト・ボディ・スカルプティング、フレックスバンド レベル3

こちらのワークショップで紹介されたエクササイズは、リフォーマーで行うものが多く取り上げられました。
それは、フレックスバンドの長さやテンションといった特徴が、
リフォーマーのスプリングやロープの役割を果たすので、
マットの環境でもリフォーマーエクササイズが提供できるようになります。
バンドの持つ位置を変えることで微妙な負荷の調整にも長けているので、お客様に合わせやすいです。
バンドの接地しているところを意識してもらえたり、伸縮性が筋肉に伝わりやすかったり・・・、
負荷の方向も自在に変化できたり・・・、バンドの魅力いっぱいの内容です。

img_1259

—————————————
V2Maxリフォーマーを活用したアスレチック・コンディショニング、レベル1

v2MAXリフォーマーの特徴でもあるプーリシステムやレセプタクルシステムを活用し、
より三次元の負荷を加えたエクササイズを紹介するこちらのワークショップ。
細かなセッティングができるので、よりクライアントへのターゲットへのアプローチも調整できます。
強度としてはリフォーマーで行うCOREマットクラス、といったところでしょうか。
タワー部分のキャデラックの要素による直接的な負荷や、多面的な負荷により、
筋力やパワーをより多く使うワークアウトが多く、アスリート、競技者向けの内容になっています。

p1290401

【12月5日(月)】—————————————
◆10:00~12:00
トータル・ボディ・トーニング

トーニングボールだと、手のひらで立体的に手のひらで握ることができます。
この握り方で、ひじの安定や筋肉をつかうことができ、さらには肩の安定と動きの習得も獲得できます。
トーニングボールを使ったリハビリを目的にしたエクササイズは、より実践的な内容!
また重さを意識して動くことで、身体の可働域を広げることができます。
一側性の動きに取り入れた場合は、身体のねじれにアプローチ、強化、修正にも役立ちます。
使い方次第で無限の可能性があるトーニングボール!
その内容は、次回のワークショップに参加してみてください!

p1290437

—————————————
◆10:00~17:00
腰部骨盤帯の最適化

講義形式+実践の6時間のワークショップの中で、「腰部骨盤帯」のすべてがわかります。
講義では筋膜システムや骨盤の構造的な話題、力学的なトピックなどが解説された後、
腰部骨盤帯の制御を補助する筋膜スリングごとにエクササイズが紹介されます。

エクササイズは3段階に分かれていて、ローカルスタビライザー筋のトレーニングから始まり、
グローバルスタビライザー筋、グローバルモビライザー筋へと続きます。

バンド、ボール、フォームローラー、Haloトレーナーなどのプロップを多様に活用し、
腰痛の原因に対してアプローチしていきます。

ISP(傷害と特殊条件)コースやリハビリテーションコース、筋膜的にはZengaにも通じる内容にもなっています。

p1290418

p1290468

p1290482

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2017年も多彩なワークショップを開催してまいります!
1月・2月開催のワークショップタイトルも発表されております。

※詳細はこちらから→2017年1月、2月STOTT PILATES®ワークショップ開催決定!

次回のカンファレンスは春を予定しています。
どんなタイトルになるか・・・、楽しみにお待ちくださいね!

「こんなワークショップをしてほしい!」
「以前開催されたあのワークショップに参加できなかったのでもう一度してほしい!」
など、皆様のお声もぜひお寄せ下さい

これからもZONE by Bcube®は皆様の学びの場として
さまざまな活動を行ってまいります。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年夏のカンファレンス ~Thank you Melanie~

Stottt_pilates

みなさま、こんにちは。
ビーキューブ®の小田原です。

待ちに待ったMelanieを迎えての夏のカンファレンス
Zone school of Fitness of Education by Bcube®になって初めてのカンファレンスです。

MelanieはストットピラティスSTOTT PILATES®リハビリテーションのマスターインストラクタートレーナー
年1回海外でのワークショップを行っており、今年は日本・ビーキューブ®に来てくださいました。
Melanieの経験を基にしたワークショップは、
ご参加くださった皆様からは、
「Melanieパワフルかつ陽気な人柄が伝わる楽しいワークショップだった!」とのお声をたくさんいただきました!

今日は暑い5日間だった夏のカンファレンスについてご紹介します。

DSC02460

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

【7月14日(木)】—————————————

◆10:00~12:00
STOTT PILATES® 安定性の原則

ストットピラティスSTOTT PILATES®5原則の理論を再確認できるワークショップ。
実際お客様へのセッションで5原則を活用することで、
身体の改善を実感しているインストラクターも多くおられます。

P1270854

P1270867

◆13:00~15:00
ボディウエイト・トレーニング

プロップを使わずに自重のみでピラティスを行う方法を学べます。
5原則で身体の安定を意識してから、エクササイズを行うことでその関連性を実感。
Melanieの緩急あるキューイングが参加者のモチベーションを上げていきます!

P1270883

P1270907

◆15:30~17:30
スタビリティ・チェアを活用したアスレチック・コンディショニング レベル1

スタビリティチェアを使ってより高度なピラティスにチャレンジ!
パフォーマンスアップや日常生活の中での動きの向上のために、
ファンクショナルなトレーニングエクササイズが紹介されました。

P1270953

P1270956

【7月15日(金)】———————————–

◆10:00~12:00
骨粗鬆症のためのプログラミング (講義形式)

高齢化社会が進む日本でも推定1300万人が骨粗鬆症であるとも言われています。
骨密度を増加させ骨を強くするためには、適度なエクササイズが有効です。
骨粗鬆症の方にぜひ実践してほしいピラティスエクササイズ、
逆に行うにあたって注意が必要なものなど、Melanieの解説とともに学んでいきました。

DSC02237

DSC02243

◆13:00~15:00
脊柱屈曲のないエクササイズ

脊柱を屈曲させることが難しいクライアントに向けたピラティスを紹介する、こちらのワークショップ。
体幹がニュートラルな状態で上半身の安定性に負荷やバリエーションを与える
さまざまなプロップの活用で、よりダイナミックな動きにすることができます。

DSC02250
DSC02265

◆15:30~17:30
脊柱側弯症のためのプログラミング (講義形式)
脊柱側弯症の症例を交えながら、
ピラティスを活用してその状態にあわせた小道具を活用したプログラミングの方法を学びます。
脊柱側弯に悩んでいる方、少しでも改善させたいと思っている方に、
安全で効果的なピラティスを提供することができます。

DSC02281
DSC02287

【7月16日(土)】———————————–

◆10:00~17:00 (うち1時間休憩)
DPS™インストラクター基礎コース Level1

3日目はDPS™のインストラクター基礎コース
Mike&Wataruが担当。
イメージカラーの赤と黒のウェアやシューズで参加いただくのも恒例となってきました。

今までは講師としてカンファレンスに参加していたMelanieが今日は受講生となり、
DPS™の理論とエクササイズのバリエーション、その魅力を存分に学びました。

新しい発想を培っていくのもDPS™のいいところ。
参加者が持ち寄ったアイディアをみんなで実践していきます。

DSC02307

DSC02318

DSC02362

【7月17日(日)】———————————–

◆10:00~17:00 (うち1時間休憩)
足部と歩行のメカニズム
Melanieのオリジナルワークショップ。
まずは足部の筋肉や骨の構造やその働きについて、詳細な講義が行われました。
自分の脚に直接ペンで骨のある部分を書き込んで、その動きも観察していきます。
足部への理解が深まったところで、今度は歩行について話が進んでいきます。
実際にモデルに歩いてもらい、その歩き方がどのような特徴があるのかを細かく観察していきます。
毎日何気なく立ったり、歩いたりしている動作をフォーカスする内容だけあって、
Melanieの熱意あふれる講義内容に、受講生も真剣です!
DSC02490
DSC02521
DSC02679
DSC02572
DSC02663

【7月18日(月・祝)】———————————–

◆10:00~12:00 
ゴルフのためのマットワーク レベル1

近年増加傾向にあるゴルファーに対して、パフォーマンス向上を目的に
ピラティスエクササイズを考えるこちらのワークショップ。
メイプルポールをゴルフクラブにみたてて、実際のゴルフスイングを意識したエクササイズもご紹介!

DSC02754

DSC02762

◆13:00~15:00
フォームローラー・チャレンジ レベル2

フォームローラーを活用したピラティス・マットエクササイズを数多く取り上げました。
リフォーマーのエクササイズをフォームローラーを使うだけで、マットでもできるものにもチャレンジ。
ストレッチポールをお持ちのお客様に、ぜひしていただきたいエクササイズ満載です。

DSC02773

DSC02793

◆15:30~17:30
動きの精度とコントロール向上の為のフィットネス・サークル

養成コースでは見られないフィットネスサークルの使い方を取り上げる、こちらのワークショップ。
斬新な活用方法で驚きの連続です。
伸縮するサークルの特徴を活かして、時には身体の安定に、時にはチャレンジにできます。

DSC02804

DSC02816

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

夏のカンファレンスにご参加の皆様、ありがとうございました。
ワークショップの内容を活かして、ピラティスにぜひ取り組んでください!

次回、ビーキューブ®で開催するワークショップは
大阪を飛び出して福岡、名古屋で開催が決定!

Bcube® on Tour 福岡の詳細はこちらから→Bcube® on Tour 福岡

Bcube® on Tour 名古屋の詳細はこちらから→Bcube® on Tour 名古屋

これからも、ビーキューブ®では、さまざまなワークショップを開催してまいります。
開催してほしいタイトルなどのご要望はお気軽にお知らせください。

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 )

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23
南船場第二東洋ビル4F Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362 E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー