上級マット(AM)コース【2018年4月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

暖かな日差しがふりそそぐ季節となってまいりました。
街の街路樹にも、青々とした若葉が芽吹いているのを感じますね。

2018年に入り、IMP(初中級マット)コース受講生の多くが
AM(上級マット)コースへチャレンジしています。
——————————————————
【AM(上級マット)コースを受講するメリット】
①初中級のエクササイズの復習ができる
コース前半にウォーミングアップエクササイズから初級の
エクササイズを振り返ります。
一通り動くことでマットの復習ができます。

②初中級、特に中級エクササイズの理解が深まる
IMP(初中級マット)コースの時にも、
「中級エクササイズを行うことで初級エクササイズが理解できた」
というお声はたくさんいただいています。
上級エクササイズを学ぶことで、中級の内容理解を深めることができます。

③初中級、上級あわせた試験を受験できる
IMP(初中級マット)コース受講後はMat Level1の試験を受験できますが、
AM(上級マット)コースを受講することでMat Level1&2として
試験科目をまとめて1回で受験できます。
——————————————————

今日は4月6日(金)に実施されたAM(上級マット)コースについて
エクササイズを中心にご紹介いたします。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

【バイシクル・イン・エア】

脚の動きが複雑な上、ジャックナイフポジションを取った中で行うので
バランスへのチャレンジと体幹の安定が非常に大切になります。

また、首に体重が乗りすぎないようにするために、
普通に声が出せたり、唾が飲み込めたりできるポジションを
見つける必要があります。

インストラクターとしての指導で注意したいのは、
クライアントが首を動かしてしまうようなキューイングをしないこと。
インストラクターを見ようとしてクライアントが左右に顔が向くことで、
首への負荷がかかり、危険な状況にもなります。

P1360289

【ブーメラン】
マットスペースいっぱいいに身体を動かすこちらのエクササイズ。
体勢をキープする間の肩甲骨の位置、首や頭の位置にも注意が必要。
自分の身体に向き合う集中力が高まります。

P1360301

【コルクスクリュー】
上級エクササイズの特徴の一つ、背中の床への接地面が少ないですね。
バランスと筋力の強化にチャレンジするためです。

今回の受講生は、IMP(初中級マット)・IR(初中級リフォーマー)コースを
昨年から今年にかけて受講しているメンバーなので
強度の高いエクササイズもきれいに動けていますよね。
日頃の練習の成果が出ています!

P1360314

【ティーザー・シリーズ】
中級で「レッグス・ダイアゴナル」が取り上げられたティーザー。
・「ローワー・アンド・リフト・レッグス」
・「レッグス・ダウン」
・「フィギュア・エイト」
と上級は3つの種類があります。

一番難しいのは「フィギュア・エイト」
バランスに手足の動きも加わって、より強度が増すエクササイズ。

両腕、両足をそれぞれ逆の方向に動かして水平方向に8の字を描きます。
このエクササイズのターゲットマッスルは
「腹横筋」とそれの収縮を促す「骨盤底」。
それ以外にも「腹直筋」、「腹斜筋」、股関節の屈筋群など、
さまざまな部分をターゲットにしています。

P1360331

【ツイスト】
中級エクササイズ「サイド・ベンド」の発展した形です。
骨盤を持ち上げた状態から天井方向に回旋したあと、床方向に回旋します。
ターゲットマッスルは「サイド・ベンド」と一緒ですが、
肩甲骨、肩、腕(の安定)が回旋によりチャレンジされます。

P1360350

【ロッキング】
両手で足の甲を持ち、息を吸いながら
腹筋のサポートを維持しながら脊柱を伸展、
息を吐きながら上体をマットに下ろします。
ロッキングの調整方法には「フレックスバンドを使用する」、
呼吸を逆にする「リバースブレス」や
前後に転がる「ロッキング・イン・シェイプ」があります。

P1360355

AM(上級マット)コース受講の皆様、お疲れ様でした。
5月、8月の試験に向けてしっかり練習しましょう!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

2018年開催のAM(上級マット)コースの日程が発表されています。
マットのスペシャリストを目指して、ぜひチャレンジしてください!
受講をご希望の方、お手続きはお早めに!

①2018年6月10日(日) 9:30~16:30 【満員御礼】
②2018年7月1日(日) 9:30~16:30
②2018年8月31日(金) 9:30~16:30
②2018年10月28日(日) 9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

皆様のチャレンジ、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級キャデラック・チェア・バレル(ACCB)コース【2018年2月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

もうそろそろ暖かい日も恋しくなる、そんな季節でもありますね。
テレビではオリンピックの話題が大きく取り上げられ、
連日、熱い戦いが繰り広げられています。

ZONEスタジオでは
ACCB(上級キャデラック、チェア、バレル)コースが開催され、
STOTT PILATES®のFULL認定を目指すメンバーが集まりました。

高いピラティススキルの習得のために奮闘した2日間の様子を
お伝えいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
1日目のカリキュラムは「上級キャデラック」
空間の中で身体をコントロールしたり、筋力の強化を目的に
キャデラックの特性を最大限に活かしたエクササイズが続きます。

こちらは「エア・プレーン」
脊柱のアーティキュレーション、股関節の屈筋新筋群にアプローチできます。
膝でしっかりバーを挟むことで、ハムストリングスも意識しやすくなります。
スプリングの負荷に負けないように、身体をコントロール!

P1350447

上級キャデラックのエクササイズの中で、
もっともアクロバティックでダイナミックな「ウォークオーバー」
空中で1回転するので、エクササイズをしている人はもちろん
インストラクター役の方も安全に実施できるようサポートするので
緊張の時間が続きます。

怖い意識がでないように、目線をどこに向けておくかが
大事なポイントになります。

P1350465

P1350464

2日目はラダーバレルから。

「ラウンドバック」はラダーバレルのラダーに脚をかけて
上体をバレル部分にあずけていきます。
「今までのピラティスでは見たことがない景色が見えた!」という感想も。

P1350506

写真は上級の「リーン/キャスト・ア・スペル」
メイプルポールを魔法使いの杖のように伸ばしてポーズをとります。

2回、3回とエクササイズをするにつれ、
体力とともに強い気持ちも培われます。
しんどいクライアントに頑張ってもらうためのキューイングをして、
最後までチャレンジする気持ちを継続させることも、
エクササイズの中で気づかされます。

P1350518

2日目午後は受講生の体力勝負!
ハイレベルなエクササイズにみんな必死です!

スタビリティチェアの「テンドン・ストレッチ」
チェアのペダルの動きを片足でコントロールしながら、
上にあがっていくエクササイズです。
体勢のキープとペダルのコントロールが大変ですが、
スタビリティチェアらしい動きです。

P1350525

「サイド・ボディ・ツイスト」はキャデラックでも行ったエクササイズ。
キャデラックでは広かった身体との面が、
スタビリティチェアではより狭い環境で行うことになります。

ACCBコース受講の皆様、筋肉痛と戦いながらの2日間、
お疲れ様でした。

スタジオでの上級エクササイズの練習には
十分注意をしてください。
FULL認定の試験に向けて、準備をすすめてくださいね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

上級コースは、初中級コースの内容をまとめる絶好の機会!
現在、スケジュールしているすべての上級コースが定員です。
キャンセル待ちをご希望の方はご連絡ください。

———————————————————————-

【AM(上級マット)コース】
①2018年4月6日(金) 9:30~16:30 【満員御礼】

②2018年6月10日(日) 9:30~16:30 【満員御礼】

———————————————————————-

【AR(上級リフォーマー)コース】
→2018年6月1日(金)、2日(土)、3日(日)  9:30~16:30 【満員御礼】

———————————————————————-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級マット(AM)コース【2017年12月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

2017年も残りわずかとなってまいりました。
ZONEスタジオでは、今年最後のコース・AM(上級マット)コース
満員御礼で開催しました。

マットスペシャリストを目指す受講生の様子を
御紹介いたします。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

ピラティス氏が考案したエクササイズは、
実は上級エクササイズのレベルのものがたくさんあります。

ストットピラティスSTOTT PILATES®では、
段階的に初級、中級、上級とレベル分けすることで
多くの方に安全に効果的なエクササイズを行うことできるようになりました。

ピラティス氏の考えたマットエクササイズの真髄を知るには、
AM(上級マット)コースは、ぜひ受講しておきたいところ。

AM(上級マット)コースでは、初級、中級エクササイズを振り返り、
上級エクササイズ13種類の解説、実践のあと、
全部のエクササイズを動いて復習するカリキュラム。
1日6時間のコースでたくさん動く内容です。

【コース序盤は初級・中級の復習】

P1340928

P1340937

——————————————————-

上級コース受講のメリットとして
「初級・中級コースの内容をさらに理解、整理できる」
ことが挙げられます。

インストラクターとして活動する中で、
クライアントへ上級エクササイズを提供することが
少ないと思っている方にも、
上級エクササイズという最終段階を知っていることで、
クライアントにその動きができるようになるための
目標にすることができたり、
チャレンジエクササイズとしてプログラミングすることで、
強度を上げることもできるようになります。

※ITコラムでJacquin先生
「上級マットエクササイズ」の特徴をアツく語っています!
貴重なピラティス氏のエクササイズする様子も
動画でご覧いただけます!
【コラム 第6回】「上級マットエクササイズ」

——————————————————-

【上級マットエクササイズをご紹介】

 ★ロッキング

P1340954

★レッグ・プル

P1340963

★コルク・スクリュー

P1340975

★サイド・キック・ニーリング

P1340989
——————————————————-
【AM(上級マット)コースを終えての感想】

★初めて上級コースを受講しましたが、やはり難しかったです。
が、初中級の振り返りがしっかりできて、今後の課題も見つかりました。

★先生のお話がわかりやすく、面白い内容で楽しかったです。
ありがとうございました。

★上級コースは私にできるか不安でしたが、
「今できなくても、今後できるようになればOK!」というお言葉があり、
とても安心しました。
たくさん練習してできるようになりたいです。

★コースがテンポよく進んだのでわかりやすかったです。
終盤はとても疲れましたが楽しかったです。
——————————————————-

AM(上級マット)コース受講の皆様、お疲れ様でした。
バランスや筋力へのチャレンジも多い上級マットエクササイズ、
実践、指導ができるようにたくさん練習をしてくださいね!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

2018年開催のAM(上級マット)コースの日程が
発表されています。
マットのスペシャリストを目指して、ぜひチャレンジしてください!
受講をご希望の方、お手続きはお早めに!

①2018年4月6日(金) 9:30~16:30 【定員間近】
②2018年6月10日(日) 9:30~16:30 【定員間近】

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

皆様のチャレンジ、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級マット(AM)コース【2017年9月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コースの
基礎のコースでもあるIMP(初中級マット)コース

IMP(初中級マット)コース修了後、3つの進路があります。
————————————————————————–
①「ストットピラティスSTOTT PILATES®初中級マット」インストラクターになるために試験を受験する。

②IR(初中級リフォーマー)コース、ICCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コースなど、器具のコースに進む

AM(上級マット)コースに進んでストットピラティスSTOTT PILATES®マットのスペシャリストを目指す
————————————————————————–

今日は③AM(上級マット)コースの内容をご紹介いたします。
9月4日(月)に満員御礼で開催された、活気あふれるコースの様子をご覧ください!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

今回、AM(上級マット)コースは、
大阪、兵庫、滋賀の近畿圏を中心に、神奈川、熊本、岡山、愛知から、と全国各地からお越しいただきました。

また、早い方は2017年8月にIMP(初中級マット)コースを修了したばかりの受講生、
すでにIR、ICCBコースといった器具コースを受講してから参加された方、といったように、
AM(上級マット)コース受講のタイミングはさまざま。

それぞれのストットピラティスSTOTT PILATES®の習得内容から、
上級マットのエクササイズを考える1日ともなりました。

——————————————————————

今回の担当はWataru先生

上級コースを受講することで、自分へのチャレンジはもちろん、
初級・中級コースの内容をさらに理解できたり、整理できたりします。

インストラクターとして活動する中で、
クライアントへ上級エクササイズをすることが少ないと思っている方にも、
上級エクササイズという最終段階を知っていることで、
クライアントにその動きができるようになるための目標にすることができたり、
チャレンジエクササイズとしてプログラミングすることで、強度を上げることもできるようになります。

朝はIMP(初中級マット)コースの復習から。

写真は初級のエクササイズは「シザーズ」「バイシクル」をアークバレルを骨盤にのせて。
実は、上級エクササイズには「シザーズ・イン・エアー」「バイシクル・イン・エア」があります。
初級を発展させた最終形のエクササイズをこの後チャレンジしていきます!

【シザーズ】

P1330164

【バイシクル】

P1330175

——————————————————————

エクササイズの復習で身体のスイッチも入ったところで、さっそく上級エクササイズへ。
こちらはティーザーシリーズの「フィギュア・エイト」
バランスに手足の動きも加わって、より強度が増すエクササイズ。
両腕、両足をそれぞれ逆の方向に動かして水平方向に8の字を描きます。
このエクササイズのターゲットマッスルは「腹横筋」とそれの収縮を促す「骨盤底」。
それ以外にも「腹直筋」、「腹斜筋」、股関節の屈筋群など、さまざまな部分をターゲットにしています。

【ティーザーシリーズの「フィギュア・エイト」】

P1330210

P1330230

<まだまだあります!上級エクササイズ!>
【レッグ・プル】

P1330221

P1330241

【スワン・ダイブ】

P1330237

ピラティス氏が考案したエクササイズは、実は上級エクササイズのレベルのものがたくさんあります。
段階的に初級、中級、上級とレベル分けすることで
多くの方に安全に効果的なエクササイズを行うことできるようになりました。
姿勢の再教育とムーブメントパターンの獲得ができるのが、ストットピラティスSTOTT PILATES®。

※ITコラムでJacquin先生が「上級マットエクササイズ」の特徴をアツく語っています!
貴重なピラティス氏のエクササイズする様子も動画でご覧いただけます!
【コラム 第6回】「上級マットエクササイズ」

受講生からは
「上級コースを受講することで、初中級のコース内容がまとまってきました。」
「中級もまだ十分できる状態でない中で受講しましたが、エクササイズの内容が深まってよかったです。」
というお声や、
「最近は器具の練習が中心になってきていたので、マットでのエクササイズの復習になりました。」
「器具で動きをサポートした環境に慣れていたので、身体のコントロールの難しさを感じました。」
という感想をいただきました。

受講された皆様、ありがとうございました。
マットのスペシャリストとして、今後もストットピラティスSTOTT PILATES®の学びを深めてくださいね!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2017年開催予定AM(上級マット)コースあと1回。定員間近となっております!
受講をご希望の方、お手続きはお早めに!

①2017年12月17日(日) 9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

皆様のチャレンジ、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級リフォーマー(AR)コース【2017年7月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

今日は年1回開催されるAR(上級リフォーマー)コースについてご紹介です。
中級からより発展させたエクササイズとあって、チャレンジ要素ももりだくさん!
活気溢れる様子をお伝えいまします。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

今年のAR(上級リフォーマー)コースは3日間連続日程での開催。
遠方の方が参加しやすいスケジュールだったこともあり
近畿圏はもちろん神奈川、熊本、福岡、高知・・・、
と全国各地からリフォーマーのスペシャリストとなるべく、ZONEスタジオに集まりました。

担当はAkatsuka先生。

上級コース受講で受講生が必ずおっしゃるのが
「初級と中級の理解がより深まった」ということ。
AR(上級リフォーマー)コースも中級のおさらいから、上級レベルのエクササイズを学んでいきます。

エクササイズ名にある「○○プレップ」は、完成形のエクササイズの前準備のレベル。
プレップがない「○○」のエクササイズを知ることで、
必要としているクライアントの筋力やその段階を判断する基準が理解できるようになります。

また、マットエクササイズをリフォーマーの上で行うことも多く、
より身体の使い方、ターゲットマッスルへのアプローチもダイレクトに伝わります。

上級エクササイズはより不安定なリフォーマーの上でチャレンジする機会が増えます。
エクササイズを行うのはもちろん、インストラクターとしてのサポートは細心の注意が必要です。
リフォーマー周辺の立ち位置、クライアントへの声かけ、補助など、
気を使うポイントもぐんと多くなります。

—————————————————————————————
<上級エクササイズをご紹介!>

【バックストローク】

P1320173

【ストマック・マッサージ ⑤トライセプス・プレス】

P1320185

【ロッキング】

P1320194

【フィート・スプリング・ストラップス】

P1320206

【ショルダー・ブリッジ】

P1320214

<上級エクササイズをちょっと解説!>

【サイドスプリット ⑧クロスタッチ】
エクササイズの動きを簡単に解説すると下記のようになります。
—————————————————————–
息を吸って両足を正中線から均等に外転させ、キャリッジを押し出します。
息を吐きながらキャリッジを静止させたまま、
同時に股関節から骨盤を前方に傾け、トルソを回旋、屈曲させながら、
フットバー側の手をキャリッジ側の足へ伸ばします。
息を吸ってトルソを垂直に戻し、顔を正面に向けます。
息を吐いてキャリッジを静止させたまま逆の向きに回旋、屈曲します。
息を吸ってトルソを垂直に戻し、顔が正面を向いたら
息を吐いて両足を正中線に向かって内転し、キャリッジを戻します。
—————————————————————–

開いたキャリッジを動かさないようするためには、両脚の間に骨盤を常にキープしておく必要があります。
クロスタッチをしている時に、キャリッジの音がならないようにコントロールすることも大切です。
そのためには足部がどう踏んでいるかがポイントになります。
動くキャリッジに立位で行うエクササイズ、バランスとコントロールがより要求されます。

P1320218

【コントロール・バック】
こちらのエクササイズは
息を吸って肩甲骨の安定を維持したまま、両肩を進展させ、キャリッジを押し出します。
同時に骨盤を後傾させて、腰椎と胸椎下部を屈伸します。
一側の股関節を屈伸させて、脚を天井に向かって伸ばします。
息を吐きながら、肩甲骨の安定を維持したまま、両肩を屈曲させ、キャリッジをコントロールしながら
両手を肩の真下に引き込みキャリッジを戻します。
同時に脊柱をニューロラるに戻し、足をフットバーに下ろします。

コントロール・バックのポイントは手でキャリッジを動かすのではなく、
股関節と脊柱の動きで行うこと。
広背筋と前鋸筋が安定にかかわるエクササイズです。
レッグプルと似ていますが、呼吸が逆になりますので、
呼吸の覚え方も気をつける必要があります。
モディフィケーションとしてレッグサークルをプラスすると難易度をさらに上げることができます。

P1320236

AR(上級リフォーマー)コース受講の皆様、本当にお疲れ様でした。
3日間、難易度の高いエクササイズへのチャレンジで心身ともに大変でしたね。
リフォーマーのスキルアップ、レベルアップを行うとともに、
ストットピラティスSTOTT PILATES®の7つのコースのスペシャリストとしても
ぜひチャレンジしてくださいね!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

AR(上級リフォーマー)コースは年1回の開催のため、
次回は2018年7月以降の開催を予定しています。

コース受講をご検討の方は、今から準備をしっかりできます!
日々の練習を大切に、ぜひコースにチャレンジしてください!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級マット(AM)コース【2017年6月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

IMP(初中級マット)コースを受講された皆様へ、
AM(上級マット)コースにチャレンジしてみませんか?

「上級マットのエクササイズなんで自分にはできないかも・・・」
「クライアントに上級エクササイズを教える機会があるのかな?」」
などのお声をよく聞きます。

AM(上級マット)コースは、たった1日
「初中級マットエクササイズの復習」「上級エクササイズの習得」できます!

受講された方からは、
—————————————————————————————–
「上級を知ることで初中級マットのエクササイズの強度が理解できました!」
「受講前は難しいかなと思ったけど、上級にもチャレンジできて自信になった!」
「せっかく試験を受けるならマットのスペシャリストを目指します!」
—————————————————————————————–
といった感想をいただいています。

今日は6月25日(日)に開催されたAM(上級マット)コースの様子をご紹介します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

<上級マットエクササイズを深く解説!>
「バイシクル・イン・エアー」

こちらは、初級の「シザーズ」のモディフィケーションにある
アークバレルを骨盤に乗せて行う動きの完成形のエクササイズ。

脚の動きが複雑な上、ジャックナイフポジションを取った中で行うので
バランスへのチャレンジと体幹の安定が非常に大切になります。

また、首に体重が乗りすぎないようにするために、
普通に声が出せたり、唾が飲み込めたりできるポジションを見つける必要があります。

腰に手を当てていますが、あくまで触っている程度の力です。
手で上体を支えるのではなく、体幹を安定させることで体勢をキープしていきます。

インストラクターとしての指導で注意したいのは、
クライアントが首を動かしてしまうようなキューイングをしないこと。
インストラクターを見ようとしてクライアントが左右に顔が向くことで、
首への負荷がかかり、危険な状況にもなります。

【Akatsuka先生の動きを動画でチェック】

【まずはバレルありで脚の動きを確認】

P1320084

P1320088

【バイシクル・イン・エアーにチャレンジ!】

P1320097

P1320116

<まだまだあります!上級マットエクササイズ>
「ティーザー→フィギュア・エイト」

P1320133

P1320136

「スワンダイブ」

P1320146

ピラティス氏が考案したエクササイズは、実は上級エクササイズのレベルのものがたくさんあります。
段階的に初級、中級、上級とレベル分けすることで
多くの方に安全に効果的なエクササイズを行うことできるようになりました。
姿勢の再教育とムーブメントパターンの獲得ができるのが、ストットピラティスSTOTT PILATES®。

ピラティス氏の考えたマットエクササイズの真髄を知るには、
AM(上級マット)コースをぜひ受講してみてください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

2017年開催予定AM(上級マット)コース下記のスケジュールから選べます!

①2017年9月4日(月) 9:30~16:30

②2017年12月17日(日) 9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

皆様のチャレンジ、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級マット(AM)コース【2017年4月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

4月4日(火)ZONEスタジオにてAM(上級マット)コースが開催され、
近畿にお住まいの方、東京、熊本、名古屋、福井など
全国各地からマットのスペシャリストとなるべく、受講生が集まりました。

今日はコースの様子をご紹介いたします!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

今回の担当はWataru先生

上級コースを受講することで、自分へのチャレンジはもちろん、
初級・中級コースの内容をさらに理解できたり、整理できたりします。

インストラクターとして活動する中で、
クライアントへ上級エクササイズをすることが少ないと思っている方にも、
上級エクササイズという最終段階を知っていることで、
クライアントにその動きができるようになるための目標にすることができたり、
チャレンジエクササイズとしてプログラミングすることで、強度を上げることもできるようになります。

最初は初級エクササイズの復習から、ウォーミングアップもかねて動いていきます。
ウォーミングアップが終了すると、早速上級エクササイズへ。
マットの上級エクササイズは全部で13種類

こちらは「ティーザー・シリーズ」
中級でもあった「ティーザー」がより発展したエクササイズとして登場。
床との支持面が少なく、バランスや筋力へのチャレンジ要素が強くなります。
手足の動きも入り複雑になるので、ティーチングで動きを伝える時には工夫が必要。
複雑なエクササイズをぜひ動画でご覧ください!

もうひとつ動画で「レッグ・プル」をご紹介。

コース最後は、中級から上級のマットエクササイズの総復習!
ストットピラティスSTOTT PILATES®マットのすべてを1日でやりきりました!
参加された皆様、お疲れ様でした。

P1300863

P1300867

P1300876
AM(上級マット)コースでは、初級や中級のエクササイズの段階を踏みながら
上級エクササイズをチャレンジをしていくコースデザインになっています。
初級、中級マットのエクササイズの復習、13種類の上級エクササイズの習得
1日6時間のコースでできます

エクササイズの最終段階を学習する事で、プログラミング的観点をより強化でき、
またダイナミックな動きの修正が出来ればそれまでのエクササイズの修正がより簡単になります。
迷われている方はマットを良く理解する為に受講は大変お薦めです!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

2017年開催予定AM(上級マット)コース下記のスケジュールから選べます!

①2017年6月25日(日) 9:30~16:30

②2017年9月4日(月) 9:30~16:30

③2017年12月17日(日) 9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

皆様のチャレンジ、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級キャデラック、チェア、バレル(ACCB)コース【2017年3月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

今日はACCB(上級キャデラック・チェア・バレル)コースの紹介です。
こちらのコースは年1回開催、今年も定員開催となりました。

ストットピラティスSTOTT PILATES®のフル認定を目指す皆様が参加するこのコース。
筋肉痛と闘いながらのレベルの高い、内容充実の2日間をご紹介します!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

1日目は「上級キャデラック」から。担当はWataru先生。

キャデラックを空間でダイナミックに使うエクササイズ「ウォーク・オーバー」
大事なのは目線。
宙返りの体制になることで怖さがでてしまうこともありますが、目線をどこにしておくかで体制が安定するので、
周りで補助するインストラクターは安全面とともに目線のキューイングも行います。

P1300683

P1300685

こちらは「マジシャン・サークルズ」
リフォーマーと違って、キャデラックのスプリングは固定された中でエクササイズを行うので、
左右差がわかりやすいのも特徴のひとつ。

P1300712

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
2日目の朝は「上級チェア」から。担当はAkatsuka先生。
写真は「トルソ・プレス・シッティング」
チェアの特徴でもある接地面の少ない中で、身体のバランスをコントロールするのは
とても難しいですね。
体幹の安定を図るとともに四肢の動き、正しい位置にも気を配ります。

P1300727

こちらは「テンドン・ストレッチ」
チェアのペダルの動きを片足でコントロールしながら、上にあがっていくエクササイズです。
体制のキープとペダルのコントロールが大変!

P1300735

「ツイスト」も上級エクササイズ。

P1300742

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

午後からは「上級バレル」
こちらは「ツリー」の上級エクササイズ。
ラダーバレルの形状を活かしたエクササイズです。

P1300758

こちらは「コルク・スクリュー」
ラダーバレルへの乗り降りには十分な配慮が必要です。
一つ間違うと大変なことになるので、受講生の雰囲気もいつも以上に緊張感があります。

P1300774

バレルの最後のエクササイズは、なんと逆立ち!!
「ハンドスタンド」というエクササイズです。
エクササイズを行う前にまずは壁に向かっての逆立ちの練習から。

P1300788

ダイナミックなエクササイズの連続だったACCB(上級キャデラック・チェア・バレル)コース。
受講生からは
「難しいエクササイズも多かったけで、身体がすっきりした」
「できないエクササイズもあったので、これから試験に向けて練習していきます!」
「一番面白かったコース。2日間とても楽しかった!」
など、充実したコース内容だったことがうかがえる感想をいただきました。

ご参加くださった皆様、お疲れ様でした。
Full認定試験に向けて、十分に気をつけて練習をしてくださいね!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2017年後期スケジュールでは上級コースはマット、リフォーマーで開催いたします!
皆様のチャレンジ、お待ちしております!!

———————————————————————-

【AM(上級マット)コース】
今なら3つの日程から選べます!
①2017年6月25日(日) 9:30~16:30

②2017年9月4日(月) 9:30~16:30

③2017年12月17日(日) 9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

———————————————————————-

【AR(上級リフォーマー)コース】
定員間近!ご参加希望の方はお急ぎください!
→2017年7月5日(水)、6日(木)、7日(金)  9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

———————————————————————-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年12月AM(上級マット)コース

Stottt_pilates

こんにちは。
ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

今日はクリスマス。
華やかに街が彩られる季節ですね。

ZONE by ビーキューブ®では、
2016年最後を締めくくるコース、AM(上級マット)コース
12月23日(金・祝)に開催されました。

ストットピラティスSTOTT PILATES®マットのスペシャリストを目指すための
最後のコースの様子をお届けいたします。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

IMP(初中級マット)コースでは63種類のエクササイズを8日間かけて学びますが、
AM(上級マット)コースは11種類をたった1日で学ぶことができます

最初は、Akatsuka先生のキューイングに合わせて、復習のために初級エクササイズを一通り動きます。
小道具(プロップ)を使用した調整方法(モディフィケーション)も一緒におさらいしていきます。

復習時間が終わったら、早速上級エクササイズの解説と実際の動きにチャレンジ。

【ティーザーシリーズ~フィギュア・エイト~】
初級のティーザープレップ、中級のティーザー~レッグズダイアゴナル~から発展させ、
上級では3つのバリエーションを学びます。

中でも~フィギュア・エイト~はバランスに手足の動きも加わって、より強度が増すエクササイズ。
両腕、両足をそれぞれ逆の方向に動かして水平方向に8の字を描きます。
動きを分解して、まずは手の動きを練習。

p1290678

手足の動きを合わせて、チャレンジ。
このエクササイズのターゲットマッスルは「腹横筋」とそれの収縮を促す「骨盤底」。
それ以外にも「腹直筋」、「腹斜筋」、股関節の屈筋群など、さまざまな部分をターゲットにしています。

p1290699

【ロッキング】
両手で足の甲を持ち、息を吸いながら腹筋のサポートを維持しながら脊柱を伸展、
息を吐きながら上体をマットに下ろします。

p1290706

ロッキングの調整方法として紹介されたのが「フレックスバンドを使用する」方法。
バンドを使用することで柔軟性の低い方でもチャレンジできる環境にできます。
その他の調整方法として、呼吸を逆にする「リバースブレス」
前後に転がる「ロッキング・イン・シェイプ」があります。

p1290708

【コントロールバランス】
写真のような状態となって、足を切り替えるシザーリングを行います。
自分の身体の動きやバランスを感じるために、集中力も必要になってきます。

p1290769

【ブーメラン】
上級最後のエクササイズ。
マットスペースいっぱいいに身体を動かすこちらのエクササイズ。
体勢をキープする間の肩甲骨の位置、首や頭の位置にも注意が必要。
自分の身体に向き合う集中力が高まります。

p1290718

コース最後は、中級から上級のマットエクササイズの総復習!
ストットピラティスSTOTT PILATES®マットのすべてを1日でやりきりました!
参加された皆様、お疲れ様でした。

AM(上級マット)コースを受講することで、
上級エクササイズの習得はもちろん、初中級エクササイズの理解を深めることができます。

IMP(初中級マット)コース受講の方、
ぜひAM(上級マット)コースにチャレンジしてみてくださいね!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2017年1月~6月開催予定AM(上級マット)コース2回チャンスがあります

①2017年4月4日(火) 9:30~16:30

②2017年6月25日(日) 9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

皆様のお申込み、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年10月~11月 AR(上級リフォーマー)

Stottt_pilates

こんにちは。
ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

秋も深まり、御堂筋のイチョウ並木も黄色くなってきました。
朝晩の寒暖差で紅葉も進んできているようです。

10月~11月AR(上級リフォーマー)コースが開催されました。
こちらは年1回のコース、今回も定員開催となりました。

今回、ビーキューブ®ピラティスジュニアインストラクターのKozue先生も参加
さらなるスキルアップをしたKozue先生に、参加者だからこそわかる
AR(初中級リフォーマー)コースの魅力をご紹介していただきます!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Kozue
こんにちは。
インストラクターのKozueです。

AR(上級リフォーマー)コース
上級というだけあって、リフォーマーのエクササイズをさらに発展させ、
より高度なピラティスエクササイズを提供するための技術を学べる3日間です。

ストットピラティスSTOTT PILATES®の基礎となる「解剖学」の知識をベースに、
上級のリフォーマーエクササイズを安全に、効果的に実施できるようになります。

コースの事前準備としてお勧めしておきたいことは、
「IR(初中級リフォーマー)コースの復習」です。
特に中級エクササイズは自主練習しておくほうが、身体で理解しやすくなるので、
コースをより楽しむことができます。

一緒にコースを受けた方の印象として、
ピラティスを日ごろから勉強されている方、練習に熱心に取り組んでいる方ばかりで、
ストットピラティスSTOTT PILATES®を極めたい!という仲間が12名集まった感じでした。
ピラティスプライベートセッションで事前に上級エクササイズを予習されてから、
コースを受講された方もいらっしゃいました。

上級リフォーマーのエクササイズは中級を発展させたものなので、
クライアントの姿勢に合わせて行うエクササイズというよりは、
「すでにピラティスをされている方がより高度なエクササイズを行うため」に取り入れるべきものになります。

中級レベルのエクササイズができるようになったお客様へは
ぜひ上級エクササイズをプログラミングに組み込むことで、
さらに高い目標に向かってセッションを行うことができるようになります。

たとえばスポーツをされている方に対してなら、
競技特性で得意な部分を強化していくだけでなく、
身体の弱い部分に上級エクササイズでアプローチ、強化することもできます。

写真のような「アラベスク」「アティテュード」といったエクササイズは
足はキャリッジで動き不安定な中で、空間の中で身体を維持するので動きがとても難しくなります。
固定されているのは両腕のみ、支持面も狭いのでかなりのチャレンジエクササイズになります。

マットエクササイズで行う「ティーザー」も、
上級リフォーマーでは手にストラップを持つことで、肩甲骨や肩周りの筋肉を使うこともでき、
マットのときには意識でいなかった筋肉にもアプローチされていることが分かるようになります。

p1280849

コース内では、「支持面」「接地面」については、よく考える機会がありました。

———————————————————————-
【支持面】
→身体がついているところ。支持面が少ないほどチャレンジになる。
(例)
両足で立つ=支持面が大きい
片足だけで立つ=支持面が狭い

【接地面】
→身体が置かれている場所。不安定、動くものであればチャレンジになる。
(例)
床に立つ=接地面は安定している
キャリッジに足を乗せる、スタビリティクッションの上に立つ=接地面は動く、不安定になる
———————————————————————-

上級リフォーマーは体力勝負です!
高度なリフォーマーエクササイズの数々に筋肉痛にもなり、疲れましたが
1日1日がとても充実していました。

上級コースを受けると、初中級コースの理解がさらに深まることをいつも感じます。
アスリートや目標の高いクライアントに向けたセッションを行うなら、絶対受講をお勧めします。
リフォーマーを活用して、さらに多くの方にセッションができる自信ができますよ。

【AR(上級)リフォーマーコースの様子】

p1280833

p1280971

p1280984

p1280988

p1290222

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Kozue先生も大絶賛のAR(上級リフォーマー)コース
年1回の開催のため、次回は2017年7月以降の開催を予定しています。

コース受講をご検討の方は、今から準備をしっかりできます!
日々の練習を大切に、ぜひコースにチャレンジしてください!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー