上級マット(AM)コース【2018年8月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

上級コース受講のメリットとして
「初級・中級コースの内容をさらに理解、整理できる」
ことが挙げられます。

インストラクターとして活動する中で、
クライアントへ上級エクササイズを提供することが
少ないと思っている方にも、
上級エクササイズという最終段階を知っていることで、
クライアントにその動きができるようになるための
目標にすることができたり、
チャレンジエクササイズとしてプログラミングすることで、
強度を上げることもできるようになります。

8月31日(金)にマットの上級エクササイズを学ぶ
AM(上級マット)コースが開催されました。

今日はハイレベルなマットエクササイズに挑戦した
コースの内容をご紹介いたします!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※今回コースを担当したJacquin先生がITコラムで
「上級マットエクササイズ」の特徴をアツく語っています!
貴重なピラティス氏のエクササイズする様子も
動画でご覧いただけます!
【コラム 第6回】「上級マットエクササイズ」

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今回のAM(上級マット)コース参加者は
2018年3月、7月にIMP(初中級マット)コースを受講した
最近ピラティスを学びだしたメンバーが中心になりました。

AM(上級マット)コースの1日の流れはこんな感じ。
実は初中級の復習や先生への質問の時間もあり、
マットエクササイズの見直しもできるカリキュラムになっています。
——————————————————-
9:30~ 
今までの練習などで出てきた質問、疑問の確認

9:45~
ウォーミングアップエクササイズ、初級エクササイズ

10:30~
上級エクササイズの解説、実践

12:10~13:10 
お昼休憩

13:10~
コース再開、総まとめ(中級、上級のエクササイズの実践)

16:15~
試験に向けての説明

16:30
AM(上級マット)コース修了!お疲れ様でした。
——————————————————-

【Jacquin先生の見本】
上級エクササイズの見本を解説しながら動くJacquin先生。
難しい体勢でも話し続ける先生にびっくり。

DSC02038

【受講生がエクササイズにチャレンジ!】

初級、中級でも習ったエクササイズが、さらに進化して登場!

ピラティス氏が考案したエクササイズは、
実は上級エクササイズのレベルのものがたくさんあります。

ピラティス氏がエクササイズを教えている動画を
見たことがありますが、「結構スパルタな教え方だな・・・」
とびっくりしたことがあります。

ピラティスを初めてする方には、上級をいきなり行うのは
難しかったり、できないものも出てきてしまいます。

ストットピラティスSTOTT PILATES®では、
段階的に初級、中級、上級とレベル分けすることで
多くの方に安全に効果的なエクササイズを行うことで
最終的に上級エクササイズができるようになっているんです。

「中級レベルのエクササイズができないから、
上級ができるかとっても不安かも・・・」というお声もありましたが、
やってみると意外と出来るものも多かったみたいです。

IMP(初中級マット)コース受講から自主練習をしてきて、
それが知らない間に自分の身体がピラティスで変化してきたことを
実感できる機会にもなりました。

DSC02044

DSC02047

DSC02069
DSC02078

DSC02102

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2018年開催のAM(上級マット)コースは残すところ10月のみ。
マットのスペシャリストを目指して、ぜひチャレンジしてください!
受講をご希望の方、お手続きはお早めに。

*2018年10月28日(日) 9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

なお、2019年前期(1月~6月)のコーススケジュールは
2018年9月下旬~10月初旬発表を予定しています。
今しばらくお待ちください。

皆様のチャレンジ、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/zone/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級キャデラック・チェア・バレル(ACCB)コース【2018年8月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

8月28日(火)、29日(水)の2日間、ZONE by ビーキューブ®にて
ACCB(上級キャデラック、チェア、バレル)コースを開催しました。

STOTT PILATESストットピラティス®インストラクター養成コース
7つの中で、最後の受講コースにする方も多く、
非常にレベルの高い内容でもあります。

すでに試験を受験し、インストラクターとして活動している方の
参加も多く、より実践的な質問なども多く飛び交いました。

ACCB(上級キャデラック、チェア、バレル)コース
2日間の様子をご覧ください!

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

【1日目】 上級キャデラック

上級キャデラックでは、28種類のエクササイズと
モディフィケーションを学びます。

空間の中で逆立ちの状態でインプリントを保ちつつ、
安定できる様にチャレンジするエクササイズが多いのも特徴。

クライアントの逆立ち状態になる怖さを払しょくするために
インストラクターはクライアントの目線やサポートのための立ち位置、
タクタイルを工夫することが大切です。

DSC01974

DSC01981

DSC01986

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

【2日目・午前中】 上級バレル(アーク・ラダー・スパインコレクター)

上級バレルでは、14種類のエクササイズと
モディフィケーションを学びます。

写真はラダーバレルのエクササイズ。
はしごとバレルの組み合わせをうまく利用し、
ひっくり返ったり、上を向いたり・・・。

今までのピラティスのエクササイズでは
見えない景色を見た!というお声もあったほど。

写真は撮れなかったのですが、
逆立ちするエクササイズもあったそうですよ。
1つ1つのエクササイズを習うのにも、緊張の連続です。

DSC02003

DSC02011

【2日目・午後】 上級スタビリティチェア

コースの最期を締めくくるのはスタビリティチェア。
エクササイズ数は14種類。

スタビリティチェアは支持面も少なく、接地面もペダルで不安定のため、
エクササイズをする環境は難易度が上がります。

クライアントが後ろのペダルに手をつくのも
インストラクターの強力なサポートがあれば、心強いです。
コース生同士の練習の時にも、エクササイズだけに集中せず、
安全面への配慮も視野に入れて練習しましょう。

DSC02025

DSC02028

ACCB(上級キャデラック、チェア、バレル)コース
参加の皆様、2日間お疲れ様でした。
気力、体力ともに出しきった達成感を感じていただけたと思います。

STOTT PILATES®上級インストラクターになるために、
これからも練習あるのみです!

スタジオでの上級エクササイズの練習には
十分注意をしてください。
FULL認定の試験に向けて、準備をすすめてくださいね。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-+

上級コースは、初中級コースの内容をまとめる絶好の機会!
現在、スケジュールしている上級コースは
10月AM(上級マット)コースがあります。

IMP(初中級マット)コースを受講していれば
参加できますよ。

「中級エクササイズでわからないものが多い・・・」
「日々の練習で中級エクササイズはできるようになってきた!」
「マットのティーチングのレベルアップをしたい」
など、さらなるスキルアップを目指す人にはおすすめです。

———————————————————————-

【AM(上級マット)コース】
①2018年10月28日(日) 9:30~16:30

※お申込はこちらから
STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

———————————————————————-

【AR(上級リフォーマー)コース】
→2019年度開催予定、楽しみにお待ちください!

———————————————————————-

【ACCB(上級キャデラック、チェア、バレル)コース】
→2019年度開催予定、楽しみにお待ちください!

———————————————————————-
お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/zone/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

上級マット(AM)コース【2018年7月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ストットピラティスSTOTT PILATES®のマットインストラクターとして
活動する方にいろいろとお話しをお聞きすることがあります。

その時におっしゃるのが
「上級コースを勉強して資格を取ると
上級インストラクターとして名乗り、活動できるから、
他のインストラクターとの差別化ができるようになった」ということ。

確かに、お客様の立場で考えた時に、
「初中級インストラクターと上級インストラクターのどちらにされますか?」
と聞かれたら、
「上級のほうがしっかり教えてくれそう」
「たくさん勉強している先生に見てもらいたいな」
そんなことを思って、上級インストラクターを選ぶかもしれませんね。

IMP(初中級マット)コース8日間のあと、
講義を1日(6時間)のAM(上級マット)コースを学ぶことで
STOTT PILATES®上級マットインストラクターを
目指すことができるんです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

上級コース受講のメリットとして
「初級・中級コースの内容をさらに理解、整理できる」
ことが挙げられます。

インストラクターとして活動する中で、
クライアントへ上級エクササイズを提供することが
少ないと思っている方にも、
上級エクササイズという最終段階を知っていることで、
クライアントにその動きができるようになるための
目標にすることができたり、
チャレンジエクササイズとしてプログラミングすることで、
強度を上げることもできるようになります。

※ITコラムでJacquin先生
「上級マットエクササイズ」の特徴をアツく語っています!
貴重なピラティス氏のエクササイズする様子も
動画でご覧いただけます!
【コラム 第6回】「上級マットエクササイズ」

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

7月1日開催されたAM(上級マット)コース

上級マットのエクササイズは全部で11種類あります。
初級、中級からさらに発展したものばかり。

IMP(初中級マット)コース受講生であれば、
マットエクササイズの教科書の後ろのほうには、
上級エクササイズが掲載されていますよ。
どんなエクササイズかをコースで撮影した写真で紹介していきます!

【上級:その1 シザーズ・イン・エア】

DSC01331

【上級:その2 バイシクル・イン・エア】
こちらのエクササイズは脚の動きが特徴的。
動きを写真のコマ送りで解説してみます。

①股関節を伸展させて両足を天井にのばします。
両手を腰に当て、両足を前後に開きます。

DSC01263

②後ろの足の膝を屈曲する。
このときに脚が落ちてこないように気をつける。

DSC01264

③前後の脚をいれかえる。

DSC01265

④前後の脚が入れ替わりました。

DSC01266

⑤後ろの足の膝を屈曲。

DSC01267

⑥前後の脚をいれかえる。

DSC01268

⑦最初のポジションになりました。
脚の動きが自転車をこいでいるようなので、
「バイシクル・イン・エア」といいます。
DSC01269

【上級:その4 ティーザーシリーズ~フィギュア・エイト】

DSC01287

【上級:その4 スワンダイブ】

DSC01339

【上級:その5 レッグ・プル】

DSC01349

【上級:その6 コントロール・バランス】

DSC01358

【上級:その7 コルク・スクリュー】

DSC01310

【上級:その8 サイド・キック・ニーリング】

コースでの写真が取れていませんでした。
どんなエクササイズかは・・・、ぜひコースを受講して体感してください!

【上級:その9 ツイスト】

DSC01367

【上級:その10 ロッキング】

DSC01373

【上級:その11 ブーメラン】

DSC01376

AM(上級マット)コースでは、
初級や中級のエクササイズの段階を踏みながら
上級エクササイズをチャレンジをしていくコースデザインになっています。
初級、中級マットのエクササイズの復習、11種類の上級エクササイズの習得が
1日6時間のコースでできます。

エクササイズの最終段階を学習する事で、
プログラミング的観点をより強化でき、
またダイナミックな動きの修正が出来れば
それまでのエクササイズの修正がより簡単になります。
迷われている方はマットを良く理解する為に受講は大変おすすめです!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2018年開催のAM(上級マット)コースの日程が発表されています。
マットのスペシャリストを目指して、ぜひチャレンジしてください!
受講をご希望の方、お手続きはお早めに。

①2018年8月31日(金) 9:30~16:30
②2018年10月28日(日) 9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

なお、2019年前期(1月~6月)のコーススケジュールは
2018年秋ごろ発表を予定しています。
今しばらくお待ちください。

皆様のチャレンジ、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

上級マット(AM)コース【2018年6月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

2018年に入り、IMP(初中級マット)コース受講生の多くが
AM(上級マット)コースへチャレンジしています。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

ピラティス氏が考案したエクササイズは、
実は上級エクササイズのレベルのものがたくさんあります。

ストットピラティスSTOTT PILATES®では、
段階的に初級、中級、上級とレベル分けすることで
多くの方に安全に効果的なエクササイズを行うことできるようになりました。

ピラティス氏の考えたマットエクササイズの真髄を知るには、
AM(上級マット)コースは、ぜひ受講しておきたいところ。

上級コースを受講するメリットに3つのポイントが挙げられます。

——————————————————
【AM(上級マット)コースを受講するメリット】
①初中級のエクササイズの復習ができる
コース前半にウォーミングアップエクササイズから
初級のエクササイズを振り返ります。
一通り動くことでマットの復習ができます。

②初中級、特に中級エクササイズの理解が深まる
IMP(初中級マット)コースの時にも、
「中級エクササイズを行うことで初級エクササイズが理解できた」
というお声はたくさんいただいています。
上級エクササイズを学ぶことで、中級の内容理解を深めることができます。

③初中級、上級あわせた試験を受験できる
IMP(初中級マット)コース受講後はMat Level1の試験を受験できますが、
AM(上級マット)コースを受講することでMat Level1&2として
試験科目をまとめて1回で受験できます。
——————————————————

6月10日(日)に満員御礼で開催された
AM(上級マット)コースの1日の様子をご紹介します。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

【9:30~ AM(上級マット)コース、スタート!】

今回の担当はJacquin先生。
コースの最初には、今までの練習などで出てきた質問、疑問を
確認していく時間があります。

そのあとは、さっそくウォーミングアップエクササイズ、
初級エクササイズを一通り動きます。

<初級エクササイズの復習>

DSC00702

DSC00707

【10:30~ 上級エクササイズの解説】

上級マットエクササイズは全部で13種類。
Jacquin先生の解説の後、みんなで動いてみます。
筋力、バランスのチャレンジエクササイズのオンパレードに
エクササイズ後の休憩も挟みながら進んでいきます。

<シザーズ・イン・エア>

上級エクササイズを動きを交えて解説するJacquin先生。
きれいな見本なので、とてもわかりやすいです。
いろいろな角度から動きを確認します。
DSC00723

みんなでチャレンジ!
初級のシザーズでは背中が地面に接地していましたが
上級は両足を天井にあげて、腕でサポートする体制で
脚をハサミのように動かします。

この動きができるようになるまでに
様々な初級、中級エクササイズができるようになっておく必要があります。

DSC00720

<ティーザーシリーズ>
中級で登場したレッグス・ダイアゴナルから発展、
ローワー・アンド・リフト・レッグスやレッグズ・ダウンを経て
フィギュア・エイトへとチャレンジしていきます。

フィギュア・エイトは手を八の字に動かします。
バランスにチャレンジする中で身体を動かすので
エクササイズが終わった後は、みんなぐったり・・・。
でも写真を見ると、みんなの動きはきれいにそろっていますよね。

DSC00735

DSC00826

DSC00738

【12:10~13:10 お昼休憩】
いつものコースでもにぎやかなお昼休憩。
コース中はコース開催スタジオでの休憩中の飲食が可能なので
外にご飯に行く方、スタジオでお弁当を食べる方に分かれます。

上級コースを受講した方がよく話をされるのが
「お昼ごはんをどれだけ食べたほうがいいか」というところ。
食べないと力がでないし、食べ過ぎると動きにくくなるし・・・。
みんな悩むところのようですね。

【13:10~ コース再開、総まとめ】
午後に残りのエクササイズを実践した後は
中級、上級のエクササイズを一通り動く時間があります。

IMP(初中級マット)コースでは
中級エクササイズに苦戦した、という感想をいただいていましたが、
上級を学んだことと日頃の練習の成果で
中級エクササイズができやすくなっていることに気がつきます。

また、教科書やDVDで予習したときに
「こんなのできるかな・・・」と不安な中、コースを受講した方には
「思ったよりできたかも!」という実感があったとか。

ピラティスをすることで、気がつかない間の
自分の身体の変化にも気付く1日となりました。

DSC00771

DSC00786

DSC00814

DSC00754

DSC00759

DSC00833

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

AM(上級マット)コース受講の皆様、お疲れ様でした。
8月、11月の試験に向けてしっかり練習しましょう!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

2018年開催のAM(上級マット)コースの日程が発表されています。
マットのスペシャリストを目指して、ぜひチャレンジしてください!
受講をご希望の方、お手続きはお早めに!

①2018年7月1日(日) 9:30~16:30 【定員間近!】
②2018年8月31日(金) 9:30~16:30
③2018年10月28日(日) 9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

皆様のチャレンジ、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級リフォーマー(AR)コース【2018年6月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ZONE by ビーキューブでは、
AR(上級リフォーマー)コースを年1回開催しています。
中級からより発展させたエクササイズとあって、
チャレンジ要素がもりだくさん!

活気あふれる3日間のコースの様子をお伝えいたします。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

今年のAR(上級リフォーマー)コースは3日間連続開催。
体力と気力の勝負!という内容でもあるので
初日はみんなドキドキでのスタート。
コース担当はAkatsuka先生です。

—————————————————————————

<チャレンジ!上級リフォーマーエクササイズ>

上級のリフォーマーエクササイズは、
より不安定なリフォーマーの上でチャレンジする機会が増え、
筋力やバランスへの強化ができます。

スプリングの本数を変えることで、
ターゲットマッスルを変化できるエクササイズもあります。

一般のお客様へ提供することは少ないかもしれませんが、
ダンサーやアスリートへのパフォーマンスアップには
おすすめのエクササイズが数多くあります。

また、上級コース受講後の感想で最も多いものが
「初級と中級の理解がより深まった」ということ。
完成形のエクササイズを知ることで、
初中級のエクササイズのポイントがまとめることができます。

【バック・ローイング】

初級エクササイズの「バック・ローイング・プレップ」は、
完成形「バック・ローイング」のエクササイズの前準備。

プレップがない「○○」のエクササイズを知ることで、
必要としているクライアントの筋力や
その段階を判断する基準が理解できるようになります。

DSC00471

【ロング・バック・ストレッチ】

DSC00494

【スネイク】

このエクササイズはリフォーマーに乗る方法がポイント。
手と足の置く順番が大事なので、
コース後の練習もみんなが一番復習していたエクササイズです。

DSC00506

【ツリー・ショートボックス】

DSC00539

【ロング・スパイン】

DSC00560

ハイ・ブリッジ】
こちらのエクササイズは1日目から受講生の話題になっていたもの。
リフォーマーの上でブリッジをします!!
「昔はブリッジ、できたけど・・・」ということで、
前日、家でブリッジの練習をした方もいらっしゃいました。
練習の成果もあって、みんなきれいにブリッジできていますね!

DSC00592

DSC00599

<3日目には早速ティーチングにもチャレンジ>

上級エクササイズをティーチングするインストラクターは
クライアントへのサポートは細心の注意が必要です。
リフォーマー周辺の立ち位置、クライアントへの声かけ、補助など、
気を使うポイントもぐんと多くなります。

エクササイズの動きを止めないように、
バーバル、タクタイル、ビジュアルキューイングなど
その時の一番効果的な方法を選択する必要があります。

【ニー・ストレッチ】

DSC00607

【リーン・ショートボックス】

DSC00621

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

AR(上級リフォーマー)コースは年1回の開催のため、
次回は2019年度での開催を予定しています。

コース受講をご検討の方は、今から準備をしっかりできます!
日々の練習を大切に、ぜひコースにチャレンジしてください!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081 大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364  Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級マット(AM)コース【2018年4月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

暖かな日差しがふりそそぐ季節となってまいりました。
街の街路樹にも、青々とした若葉が芽吹いているのを感じますね。

2018年に入り、IMP(初中級マット)コース受講生の多くが
AM(上級マット)コースへチャレンジしています。
——————————————————
【AM(上級マット)コースを受講するメリット】
①初中級のエクササイズの復習ができる
コース前半にウォーミングアップエクササイズから初級の
エクササイズを振り返ります。
一通り動くことでマットの復習ができます。

②初中級、特に中級エクササイズの理解が深まる
IMP(初中級マット)コースの時にも、
「中級エクササイズを行うことで初級エクササイズが理解できた」
というお声はたくさんいただいています。
上級エクササイズを学ぶことで、中級の内容理解を深めることができます。

③初中級、上級あわせた試験を受験できる
IMP(初中級マット)コース受講後はMat Level1の試験を受験できますが、
AM(上級マット)コースを受講することでMat Level1&2として
試験科目をまとめて1回で受験できます。
——————————————————

今日は4月6日(金)に実施されたAM(上級マット)コースについて
エクササイズを中心にご紹介いたします。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

【バイシクル・イン・エア】

脚の動きが複雑な上、ジャックナイフポジションを取った中で行うので
バランスへのチャレンジと体幹の安定が非常に大切になります。

また、首に体重が乗りすぎないようにするために、
普通に声が出せたり、唾が飲み込めたりできるポジションを
見つける必要があります。

インストラクターとしての指導で注意したいのは、
クライアントが首を動かしてしまうようなキューイングをしないこと。
インストラクターを見ようとしてクライアントが左右に顔が向くことで、
首への負荷がかかり、危険な状況にもなります。

P1360289

【ブーメラン】
マットスペースいっぱいいに身体を動かすこちらのエクササイズ。
体勢をキープする間の肩甲骨の位置、首や頭の位置にも注意が必要。
自分の身体に向き合う集中力が高まります。

P1360301

【コルクスクリュー】
上級エクササイズの特徴の一つ、背中の床への接地面が少ないですね。
バランスと筋力の強化にチャレンジするためです。

今回の受講生は、IMP(初中級マット)・IR(初中級リフォーマー)コースを
昨年から今年にかけて受講しているメンバーなので
強度の高いエクササイズもきれいに動けていますよね。
日頃の練習の成果が出ています!

P1360314

【ティーザー・シリーズ】
中級で「レッグス・ダイアゴナル」が取り上げられたティーザー。
・「ローワー・アンド・リフト・レッグス」
・「レッグス・ダウン」
・「フィギュア・エイト」
と上級は3つの種類があります。

一番難しいのは「フィギュア・エイト」
バランスに手足の動きも加わって、より強度が増すエクササイズ。

両腕、両足をそれぞれ逆の方向に動かして水平方向に8の字を描きます。
このエクササイズのターゲットマッスルは
「腹横筋」とそれの収縮を促す「骨盤底」。
それ以外にも「腹直筋」、「腹斜筋」、股関節の屈筋群など、
さまざまな部分をターゲットにしています。

P1360331

【ツイスト】
中級エクササイズ「サイド・ベンド」の発展した形です。
骨盤を持ち上げた状態から天井方向に回旋したあと、床方向に回旋します。
ターゲットマッスルは「サイド・ベンド」と一緒ですが、
肩甲骨、肩、腕(の安定)が回旋によりチャレンジされます。

P1360350

【ロッキング】
両手で足の甲を持ち、息を吸いながら
腹筋のサポートを維持しながら脊柱を伸展、
息を吐きながら上体をマットに下ろします。
ロッキングの調整方法には「フレックスバンドを使用する」、
呼吸を逆にする「リバースブレス」や
前後に転がる「ロッキング・イン・シェイプ」があります。

P1360355

AM(上級マット)コース受講の皆様、お疲れ様でした。
5月、8月の試験に向けてしっかり練習しましょう!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

2018年開催のAM(上級マット)コースの日程が発表されています。
マットのスペシャリストを目指して、ぜひチャレンジしてください!
受講をご希望の方、お手続きはお早めに!

①2018年6月10日(日) 9:30~16:30 【満員御礼】
②2018年7月1日(日) 9:30~16:30
②2018年8月31日(金) 9:30~16:30
②2018年10月28日(日) 9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

皆様のチャレンジ、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級キャデラック・チェア・バレル(ACCB)コース【2018年2月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

もうそろそろ暖かい日も恋しくなる、そんな季節でもありますね。
テレビではオリンピックの話題が大きく取り上げられ、
連日、熱い戦いが繰り広げられています。

ZONEスタジオでは
ACCB(上級キャデラック、チェア、バレル)コースが開催され、
STOTT PILATES®のFULL認定を目指すメンバーが集まりました。

高いピラティススキルの習得のために奮闘した2日間の様子を
お伝えいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
1日目のカリキュラムは「上級キャデラック」
空間の中で身体をコントロールしたり、筋力の強化を目的に
キャデラックの特性を最大限に活かしたエクササイズが続きます。

こちらは「エア・プレーン」
脊柱のアーティキュレーション、股関節の屈筋新筋群にアプローチできます。
膝でしっかりバーを挟むことで、ハムストリングスも意識しやすくなります。
スプリングの負荷に負けないように、身体をコントロール!

P1350447

上級キャデラックのエクササイズの中で、
もっともアクロバティックでダイナミックな「ウォークオーバー」
空中で1回転するので、エクササイズをしている人はもちろん
インストラクター役の方も安全に実施できるようサポートするので
緊張の時間が続きます。

怖い意識がでないように、目線をどこに向けておくかが
大事なポイントになります。

P1350465

P1350464

2日目はラダーバレルから。

「ラウンドバック」はラダーバレルのラダーに脚をかけて
上体をバレル部分にあずけていきます。
「今までのピラティスでは見たことがない景色が見えた!」という感想も。

P1350506

写真は上級の「リーン/キャスト・ア・スペル」
メイプルポールを魔法使いの杖のように伸ばしてポーズをとります。

2回、3回とエクササイズをするにつれ、
体力とともに強い気持ちも培われます。
しんどいクライアントに頑張ってもらうためのキューイングをして、
最後までチャレンジする気持ちを継続させることも、
エクササイズの中で気づかされます。

P1350518

2日目午後は受講生の体力勝負!
ハイレベルなエクササイズにみんな必死です!

スタビリティチェアの「テンドン・ストレッチ」
チェアのペダルの動きを片足でコントロールしながら、
上にあがっていくエクササイズです。
体勢のキープとペダルのコントロールが大変ですが、
スタビリティチェアらしい動きです。

P1350525

「サイド・ボディ・ツイスト」はキャデラックでも行ったエクササイズ。
キャデラックでは広かった身体との面が、
スタビリティチェアではより狭い環境で行うことになります。

ACCBコース受講の皆様、筋肉痛と戦いながらの2日間、
お疲れ様でした。

スタジオでの上級エクササイズの練習には
十分注意をしてください。
FULL認定の試験に向けて、準備をすすめてくださいね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

上級コースは、初中級コースの内容をまとめる絶好の機会!
現在、スケジュールしているすべての上級コースが定員です。
キャンセル待ちをご希望の方はご連絡ください。

———————————————————————-

【AM(上級マット)コース】
①2018年4月6日(金) 9:30~16:30 【満員御礼】

②2018年6月10日(日) 9:30~16:30 【満員御礼】

———————————————————————-

【AR(上級リフォーマー)コース】
→2018年6月1日(金)、2日(土)、3日(日)  9:30~16:30 【満員御礼】

———————————————————————-

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級マット(AM)コース【2017年12月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

2017年も残りわずかとなってまいりました。
ZONEスタジオでは、今年最後のコース・AM(上級マット)コース
満員御礼で開催しました。

マットスペシャリストを目指す受講生の様子を
御紹介いたします。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

ピラティス氏が考案したエクササイズは、
実は上級エクササイズのレベルのものがたくさんあります。

ストットピラティスSTOTT PILATES®では、
段階的に初級、中級、上級とレベル分けすることで
多くの方に安全に効果的なエクササイズを行うことできるようになりました。

ピラティス氏の考えたマットエクササイズの真髄を知るには、
AM(上級マット)コースは、ぜひ受講しておきたいところ。

AM(上級マット)コースでは、初級、中級エクササイズを振り返り、
上級エクササイズ13種類の解説、実践のあと、
全部のエクササイズを動いて復習するカリキュラム。
1日6時間のコースでたくさん動く内容です。

【コース序盤は初級・中級の復習】

P1340928

P1340937

——————————————————-

上級コース受講のメリットとして
「初級・中級コースの内容をさらに理解、整理できる」
ことが挙げられます。

インストラクターとして活動する中で、
クライアントへ上級エクササイズを提供することが
少ないと思っている方にも、
上級エクササイズという最終段階を知っていることで、
クライアントにその動きができるようになるための
目標にすることができたり、
チャレンジエクササイズとしてプログラミングすることで、
強度を上げることもできるようになります。

※ITコラムでJacquin先生
「上級マットエクササイズ」の特徴をアツく語っています!
貴重なピラティス氏のエクササイズする様子も
動画でご覧いただけます!
【コラム 第6回】「上級マットエクササイズ」

——————————————————-

【上級マットエクササイズをご紹介】

 ★ロッキング

P1340954

★レッグ・プル

P1340963

★コルク・スクリュー

P1340975

★サイド・キック・ニーリング

P1340989
——————————————————-
【AM(上級マット)コースを終えての感想】

★初めて上級コースを受講しましたが、やはり難しかったです。
が、初中級の振り返りがしっかりできて、今後の課題も見つかりました。

★先生のお話がわかりやすく、面白い内容で楽しかったです。
ありがとうございました。

★上級コースは私にできるか不安でしたが、
「今できなくても、今後できるようになればOK!」というお言葉があり、
とても安心しました。
たくさん練習してできるようになりたいです。

★コースがテンポよく進んだのでわかりやすかったです。
終盤はとても疲れましたが楽しかったです。
——————————————————-

AM(上級マット)コース受講の皆様、お疲れ様でした。
バランスや筋力へのチャレンジも多い上級マットエクササイズ、
実践、指導ができるようにたくさん練習をしてくださいね!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

2018年開催のAM(上級マット)コースの日程が
発表されています。
マットのスペシャリストを目指して、ぜひチャレンジしてください!
受講をご希望の方、お手続きはお早めに!

①2018年4月6日(金) 9:30~16:30 【定員間近】
②2018年6月10日(日) 9:30~16:30 【定員間近】

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

皆様のチャレンジ、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級マット(AM)コース【2017年9月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ZONE by ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

ストットピラティスSTOTT PILATES®インストラクター養成コースの
基礎のコースでもあるIMP(初中級マット)コース

IMP(初中級マット)コース修了後、3つの進路があります。
————————————————————————–
①「ストットピラティスSTOTT PILATES®初中級マット」インストラクターになるために試験を受験する。

②IR(初中級リフォーマー)コース、ICCB(初中級キャデラック・チェア・バレル)コースなど、器具のコースに進む

AM(上級マット)コースに進んでストットピラティスSTOTT PILATES®マットのスペシャリストを目指す
————————————————————————–

今日は③AM(上級マット)コースの内容をご紹介いたします。
9月4日(月)に満員御礼で開催された、活気あふれるコースの様子をご覧ください!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

今回、AM(上級マット)コースは、
大阪、兵庫、滋賀の近畿圏を中心に、神奈川、熊本、岡山、愛知から、と全国各地からお越しいただきました。

また、早い方は2017年8月にIMP(初中級マット)コースを修了したばかりの受講生、
すでにIR、ICCBコースといった器具コースを受講してから参加された方、といったように、
AM(上級マット)コース受講のタイミングはさまざま。

それぞれのストットピラティスSTOTT PILATES®の習得内容から、
上級マットのエクササイズを考える1日ともなりました。

——————————————————————

今回の担当はWataru先生

上級コースを受講することで、自分へのチャレンジはもちろん、
初級・中級コースの内容をさらに理解できたり、整理できたりします。

インストラクターとして活動する中で、
クライアントへ上級エクササイズをすることが少ないと思っている方にも、
上級エクササイズという最終段階を知っていることで、
クライアントにその動きができるようになるための目標にすることができたり、
チャレンジエクササイズとしてプログラミングすることで、強度を上げることもできるようになります。

朝はIMP(初中級マット)コースの復習から。

写真は初級のエクササイズは「シザーズ」「バイシクル」をアークバレルを骨盤にのせて。
実は、上級エクササイズには「シザーズ・イン・エアー」「バイシクル・イン・エア」があります。
初級を発展させた最終形のエクササイズをこの後チャレンジしていきます!

【シザーズ】

P1330164

【バイシクル】

P1330175

——————————————————————

エクササイズの復習で身体のスイッチも入ったところで、さっそく上級エクササイズへ。
こちらはティーザーシリーズの「フィギュア・エイト」
バランスに手足の動きも加わって、より強度が増すエクササイズ。
両腕、両足をそれぞれ逆の方向に動かして水平方向に8の字を描きます。
このエクササイズのターゲットマッスルは「腹横筋」とそれの収縮を促す「骨盤底」。
それ以外にも「腹直筋」、「腹斜筋」、股関節の屈筋群など、さまざまな部分をターゲットにしています。

【ティーザーシリーズの「フィギュア・エイト」】

P1330210

P1330230

<まだまだあります!上級エクササイズ!>
【レッグ・プル】

P1330221

P1330241

【スワン・ダイブ】

P1330237

ピラティス氏が考案したエクササイズは、実は上級エクササイズのレベルのものがたくさんあります。
段階的に初級、中級、上級とレベル分けすることで
多くの方に安全に効果的なエクササイズを行うことできるようになりました。
姿勢の再教育とムーブメントパターンの獲得ができるのが、ストットピラティスSTOTT PILATES®。

※ITコラムでJacquin先生が「上級マットエクササイズ」の特徴をアツく語っています!
貴重なピラティス氏のエクササイズする様子も動画でご覧いただけます!
【コラム 第6回】「上級マットエクササイズ」

受講生からは
「上級コースを受講することで、初中級のコース内容がまとまってきました。」
「中級もまだ十分できる状態でない中で受講しましたが、エクササイズの内容が深まってよかったです。」
というお声や、
「最近は器具の練習が中心になってきていたので、マットでのエクササイズの復習になりました。」
「器具で動きをサポートした環境に慣れていたので、身体のコントロールの難しさを感じました。」
という感想をいただきました。

受講された皆様、ありがとうございました。
マットのスペシャリストとして、今後もストットピラティスSTOTT PILATES®の学びを深めてくださいね!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2017年開催予定AM(上級マット)コースあと1回。定員間近となっております!
受講をご希望の方、お手続きはお早めに!

①2017年12月17日(日) 9:30~16:30

※お申込みはこちらから→STOTT PILATES®認定コース申込フォーム

皆様のチャレンジ、お待ちしております!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上級リフォーマー(AR)コース【2017年7月】

Stottt_pilates

こんにちは。
ビーキューブ®アカデミー担当の小田原です。

今日は年1回開催されるAR(上級リフォーマー)コースについてご紹介です。
中級からより発展させたエクササイズとあって、チャレンジ要素ももりだくさん!
活気溢れる様子をお伝えいまします。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

今年のAR(上級リフォーマー)コースは3日間連続日程での開催。
遠方の方が参加しやすいスケジュールだったこともあり
近畿圏はもちろん神奈川、熊本、福岡、高知・・・、
と全国各地からリフォーマーのスペシャリストとなるべく、ZONEスタジオに集まりました。

担当はAkatsuka先生。

上級コース受講で受講生が必ずおっしゃるのが
「初級と中級の理解がより深まった」ということ。
AR(上級リフォーマー)コースも中級のおさらいから、上級レベルのエクササイズを学んでいきます。

エクササイズ名にある「○○プレップ」は、完成形のエクササイズの前準備のレベル。
プレップがない「○○」のエクササイズを知ることで、
必要としているクライアントの筋力やその段階を判断する基準が理解できるようになります。

また、マットエクササイズをリフォーマーの上で行うことも多く、
より身体の使い方、ターゲットマッスルへのアプローチもダイレクトに伝わります。

上級エクササイズはより不安定なリフォーマーの上でチャレンジする機会が増えます。
エクササイズを行うのはもちろん、インストラクターとしてのサポートは細心の注意が必要です。
リフォーマー周辺の立ち位置、クライアントへの声かけ、補助など、
気を使うポイントもぐんと多くなります。

—————————————————————————————
<上級エクササイズをご紹介!>

【バックストローク】

P1320173

【ストマック・マッサージ ⑤トライセプス・プレス】

P1320185

【ロッキング】

P1320194

【フィート・スプリング・ストラップス】

P1320206

【ショルダー・ブリッジ】

P1320214

<上級エクササイズをちょっと解説!>

【サイドスプリット ⑧クロスタッチ】
エクササイズの動きを簡単に解説すると下記のようになります。
—————————————————————–
息を吸って両足を正中線から均等に外転させ、キャリッジを押し出します。
息を吐きながらキャリッジを静止させたまま、
同時に股関節から骨盤を前方に傾け、トルソを回旋、屈曲させながら、
フットバー側の手をキャリッジ側の足へ伸ばします。
息を吸ってトルソを垂直に戻し、顔を正面に向けます。
息を吐いてキャリッジを静止させたまま逆の向きに回旋、屈曲します。
息を吸ってトルソを垂直に戻し、顔が正面を向いたら
息を吐いて両足を正中線に向かって内転し、キャリッジを戻します。
—————————————————————–

開いたキャリッジを動かさないようするためには、両脚の間に骨盤を常にキープしておく必要があります。
クロスタッチをしている時に、キャリッジの音がならないようにコントロールすることも大切です。
そのためには足部がどう踏んでいるかがポイントになります。
動くキャリッジに立位で行うエクササイズ、バランスとコントロールがより要求されます。

P1320218

【コントロール・バック】
こちらのエクササイズは
息を吸って肩甲骨の安定を維持したまま、両肩を進展させ、キャリッジを押し出します。
同時に骨盤を後傾させて、腰椎と胸椎下部を屈伸します。
一側の股関節を屈伸させて、脚を天井に向かって伸ばします。
息を吐きながら、肩甲骨の安定を維持したまま、両肩を屈曲させ、キャリッジをコントロールしながら
両手を肩の真下に引き込みキャリッジを戻します。
同時に脊柱をニューロラるに戻し、足をフットバーに下ろします。

コントロール・バックのポイントは手でキャリッジを動かすのではなく、
股関節と脊柱の動きで行うこと。
広背筋と前鋸筋が安定にかかわるエクササイズです。
レッグプルと似ていますが、呼吸が逆になりますので、
呼吸の覚え方も気をつける必要があります。
モディフィケーションとしてレッグサークルをプラスすると難易度をさらに上げることができます。

P1320236

AR(上級リフォーマー)コース受講の皆様、本当にお疲れ様でした。
3日間、難易度の高いエクササイズへのチャレンジで心身ともに大変でしたね。
リフォーマーのスキルアップ、レベルアップを行うとともに、
ストットピラティスSTOTT PILATES®の7つのコースのスペシャリストとしても
ぜひチャレンジしてくださいね!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

AR(上級リフォーマー)コースは年1回の開催のため、
次回は2018年7月以降の開催を予定しています。

コース受講をご検討の方は、今から準備をしっかりできます!
日々の練習を大切に、ぜひコースにチャレンジしてください!

お問い合わせはメール 又は お電話 ( ☎︎ 06-6241-6364 ) で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〒542-0081
大阪市中央区南船場4-7-23 南船場第二東洋ビル4F
Tel:06-6241-6364
Fax:06-6241-6362
E-mail:ppro@bbbcube.com
URL:http://www.bbbcube.com/academy/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー