『型破り』

Profile photo of bbbblog02

去る12月5日に歌舞伎俳優の中村勘三郎さんがお亡くなりになりました。

以前東京で暮らした頃、日本文化の美しさにハマって
休みの度に、銀座の歌舞伎座に出掛けて観劇したのを思い出しました。

伝統を継承し探求する中に研ぎ澄まされた表現や光る個性をかもし出す
伝統芸能の世界に魅了され、道を究める美しさみたいなものを感じたものでした。

今、出張先のホテルでふとテレビをつけ
何気なく観ていたのが勘三郎さんの追悼番組。。。

生前、ニューヨークでの英語での公演や、演劇の演出家をまねいて歌舞伎をつくるなど
革新的取り組みの数々から、しばしば「型破り」な役者と言われたことについて
彼がこんなことを言っていました。

ラジオの子供相談室で無着成恭が
「型破りと型無しとでは何が違う?」との質問に非常に明快に答えていたのを大事に覚えていると語っています。「型のある人が型を破るから型破り、型のない人が型を破るとただの型無しになってしまう」

誰よりも伝統の中にいきずく「基本」を大切にしてきたからこそ出来た「型破り」な表現だったのでしょうね。

私達ピラティスインストラクターは日々、真剣に身体と向き合います。
永遠のテーマである身体の不思議と魅力の追求のなかで
様々な考えやアプローチに出会います。
時にそれは斬新で合理的に感じることもあります。

しかし、信じる道を深め、極める努力の中に実は更なる展望が開けてくるのだと思っています。
「基本」をしっかり身につけたからこそ魅力がわかり、その先に優れたイノベーションやインスピレーションがあるのだと思います。

不器用なまでに、忠実に基本を追求する。。。
それは非効率かもしれないが、王道なのだと思います。

来る歳も、皆さんの「基本」の追求の力になれるよう頑張ります。

その魂を伝えてくれた勘三郎さんのご冥福を祈ります。
Wataru

ISPコースが終了しました!

Profile photo of bbbblog02

こんにちは。
アカデミー担当の加藤です。
ビーキューブアカデミー養成コースでは、
年に一度開催の
   ISPコース  傷害と特殊条件コース(Injuries & Special Populations)
が終了いたしました。
このコースは、現在のニーズに沿った最新の情報を
Wataruインストラクタートレーナーにより講義形式で行われます
また今回のこのISPコースには既にフルインストラクターとしてご活躍の方々も数名
リターン受講としてご参加されました。
北海道から、九州まで日本各地から大阪ビーキューブにお集まりいただきました[emoji:e-214]
年々、ピラティス人口が増えてきていること、
また様々なクライアントさんが数多くいらっしゃるということですね
いつどのようなクライアントさんがいらしてもエクササイズを提供できるという
STOTT PILATESの強みがここにあります
では、ISPの授業風景をご覧ください
P1070642_convert_20120529112024.jpg
いつもの様子とは少し違って、机が並んでいます。
P1070692_convert_20120603111811.jpg
でもその周りには、
キャデラック、チェア、バレル、リフォーマ-、そして様々なプロップが、
またその間にピラティスマットも敷いて、実際に動きを交えて講義がすすんでいきます。
P1070693_convert_20120603111835.jpg
実際のクライアントさんの症状に関する対応の仕方の話や、
頸椎のパートでは、マットに横になる際にどのようにインストラクターとして気をつけるか、などなど。
P1070687_convert_20120603111749.jpg
ビックリするほど、とても内容が濃く、深いコースですね。
P1070695_convert_20120603180349.jpg
「骨格標本等を用いて立体的に見ることができた」
「頸椎の動きや上腕肩甲リズムが良かった」
「プロップの活用法が分かった」
「もっと日数がほしいぐらい」
「ISPを受講することですべて理解できるわけもなく、これからの勉強の助けになると思う」
「今後の指導のヒントになった」
このようなお声をいただきました[emoji:e-69]
4日間、おつかれさまでした
みなさまのこれからのご活躍を楽しみにしております

試験対策ワークショップが開催されました

Profile photo of bbbblog02

こんにちは。
アカデミー担当の加藤です
ビーキューブでは、2日間にわたって3つの試験対策ワークショップが開催されました。
マットリフォーマーキャデラック・チェア・バレル
各コースそれぞれにおけるエクササイズを復習する実技を主体にしたワークショップ。
試験をひかえた方には実技試験にむけての確認をする内容でした
P1070647_convert_20120529184709.jpg
P1070648_convert_20120529184740.jpg
実技試験においては
姿勢分析、プログラミングや効果的修正がとても重要になります。
P1070668_convert_20120529185006.jpg
P1070682_convert_20120529184931.jpg
P1070677_convert_20120529184905.jpg
姿勢分析の際に身体を見るポイントや、どのように姿勢分析をすすめていくか、
またマットにプラスしてイクイップメントを使う場合においてのプログラミングについて、
インストラクターとしてリズム・テンポ良くすすめていくキューイングの方法など、
試験には勿論、これからの指導にも役立つ内容がギッシリでした
P1070650_convert_20120529185038.jpg
P1070653_convert_20120529185113.jpg
細かいポイントがWataruインストラクタートレーナーからたくさん飛び出し、
ノートに書きとめる手や、ポイントを見逃さない目、そして実際に指導して、動いてと盛り沢山でした。

P1070658_convert_20120529185142.jpg
参加者からの数多くの質問はもちろん、
Wataruインストラクタートレーナーからの質問にも的確に答えている場面がたくさんあり、
実際に試験をひかえた方も多数いらっしゃって、熱いワークショップでしたよ
私もその様子を見ていて、ストットピラティスの緻密な構成と
インストラクターの皆さんの知識に触れてあらためて、その深さに感心するばかりでした。
皆さんに、私も姿勢分析していただいちゃいました。今日から意識してみてみます。。。
こんなに熱心にピラティスを学ぶインストラクターに私も是非、お世話になりたいと感じました。
「コースでは感じ取れなかった部分が今回のワークショップでは学べた」
「忘れていた、細かい部分を確認出来て助かった」
「疑問点が解消された」
「頭がいっぱいになりました」
「コースを受けたうえで、この情報にふれてよく分かりました」
などのお声をいただきました
またご要望がございましたら、ぜひお伝えくださいね

素敵なインストラクターとなって、多くの方々にSTOTT PILATESを提供してください

Wataru先生による 基本の5原則

Profile photo of bbbblog02

皆様、こんにちは
STOTT PILATES® といえば、基本の5原則が、大切ですよね
Matwork_07B_087
IMPコースで一番最初に勉強するのも基本の5原則ですし、
クライアントさんにまずお伝えしていくのも呼吸から始まる基本の5原則。
そしてインストラクター認定試験でも5原則を10分でしっかり伝えていかなくてはなりません。
matwork_alaya-0048
アカデミーでは、試験に向けた準備の一つとして、
Wataruインストラクタートレーナーが10分で5原則を説明している動画を作成しました
Wataruインストラクタートレーナーによる5原則はこちら
ぜひ、ご覧になってご自身での勉強にもお役立てください
MatWork3-0062_20110111213659

IRコース終了しました!

Profile photo of bbbblog02

こんにちは、アカデミー担当の加藤です。
ビーキューブアカデミー養成コースでは、先日IRコースが終了いたしました。
日本各地から参加された12名によるとても熱いコースでした
コース終了後も熱心なリフォーマーでの練習姿や、見学でセッションに耳を傾けられている姿が
たくさん見受けられました
皆さん、大阪での滞在は充実したものとなったでしょうか。
これからのご活躍がますます楽しみですね
そんなIRコース練習風景です。
ご覧ください
P1070486_convert_20120522145753.jpg
P1070530_convert_20120514153745.jpg
P1070537_convert_20120522145906.jpg
P1070497_convert_20120514153721.jpg
ビーキューブアカデミー練習スペースには、リフォーマーも増設されて、
大勢の方にリフォーマーでの練習をしていただけるようになっています。
ぜひ練習にいらしてくださいね
スタジオでお待ちしております

IMPコース終了しました!

Profile photo of bbbblog02

こんにちは、エデュケーションコーディネーターの加藤です。
ビーキューブでは、ゴールデンウィーク中から、IMPコースとIRコースが開催され、
とても活気のある熱い毎日となっていました
今回のこの両コースとも、日本各地様々なところからビーキューブのある大阪に集まり参加されています。
STOTT PILATESが各地に広まっていく、素敵なことですね。
昨日には、一足先にIMPコースが終了しました。
STOTT PILATES基本の5原則から、マットのエクササイズの指導方法を学ぶコースです。
コース風景をご覧ください。
P1070391_convert_20120512160527.jpg
P1070398_convert_20120512160559.jpg
P1070401_convert_20120512160621.jpg
P1070482_convert_20120512160648.jpg
この後は、次なるコースにすすまれる方、早速試験を目指す方、様々です。
素敵なインストラクターとして活躍していただきたいです
またスタジオでお目にかかれるのを楽しみにしています

ピラティス×バレエ

Profile photo of bbbblog02

今日は神戸女学院での授業の日。
大学で解剖学を指導する時間を頂いて4年が経ちました。
世界で活躍する講師陣と共に、舞踊教育に携わる事になるとは思ってもいなかったです。
今では、生徒との時間を楽しみいながら毎週授業をしています。
同じ曜日を担当する、Jan先生と意見交換のミーティング。
「同僚」としてご紹介するには、あまりにもおこがましい、ビックなバレエ界の巨匠です。

バレエの世界でその名を知らぬ人はない人物。
25年間にわたって毎年、来日してワークショップなどもされてきた親日家でもいらっしゃいます。
大学には去年からお越しです。日本に住んでいる事実を信じられないという方もいるほどです。
ご一緒するのは今学期で2年目。
講師紹介ページ
解剖学や身体の構造を重視した指導をされる方です。
そこで、お互いの見解をシェアしたい、との話で今回実現しました。
プリエの時の体幹、足関節の意識の仕方や、股関節の動きに至るまで。。。
授業前に2時間、濃厚にお話しました。
「ダンスにおける肉体は、内なるエネルギーや、魂の力によって動かされるもの。
音楽かにとっての楽器と同じ。それが自由な柔らかさをもたなければ、エネルギーは行き場を失うと、私は思ってる」
とJan 先生。大いに共感するところです。
まさに「ニュートラル」。アライメントが理想的な状態にあることが無駄のない動きにつながる。
これは、身体を動かす限りは全てに共通すると痛感します。
多くのエリートダンサーが、ピラティスをコンディショニングに取り入れる理由もよくわかりました。
あまりに楽しかったので、二人で今度、ジョイントセッションをする事になりそうです。

取材の一コマ

Profile photo of bbbblog02


昨日、取材にお越し頂きました。
世界や、日本のフットネス事情に精通された編集長さんとのお話は
いつも楽しい時間になります。その着眼点やアンテナはいつも新鮮でらっしゃいます。
今回は日本でも関心を集め始めたファンクションナルトレーニングにおける
ピラティスの可能性、また活用の事例をお話させて頂きました。
ビーキューブで提供するSTOTT PILATES の最大の魅力でもあり、強みである「5原則」
この5原則こそ、ファンクショナルムーブメントの基盤となる概念ではないかと思います。
呼吸
骨盤の配置
胸郭の配置
肩甲骨の動きと安定
頭部と頚部の配置
バイオメカニクスに由来する、構造的な動きの原理がもととなり確立された
この原則によって、効率的に安全な動きが可能になるのは勿論のこと
動きを観察し分析するインストラクターにとっては動作分析、評価のツールとしても
大変に有効な考え方です。
長年の機能的動きの習得への取り組みこそが、STOTT PILATESの本質の一つでもある事を考えれば
昨今の急激なファンクショナルトレーンニグが注目されるのは多少の違和感を感じるほどです。
長くこの5原則を活用してきて、トレーニング自体、機能的(ファンクショナル)に動ける事を目的とすべき
ものであると感じています。
成熟と充実を重ねるトレーニングの分野にも多いに活用出来る手法の一つとして
ファンクショナルトレーニングへの関心の高まりと共に、ピラティスの為に本質への認識も高まるといいなぁ
と考えています。
プログラミングにおいては
動きの「独立」から「統合」が鍵となります。
様々な周辺環境への適応の為にも、固有感覚受容刺激も含むのは有効と思います。

Untitled

Profile photo of bbbblog02

ビーキューブ・ピラティスアカデミーより
Wataruインストラクターによる、
エクササイズを復習するためのワークショップ開催のお知らせです[emoji:e-257]
今回、多数お寄せ頂いた皆さんからのリクエストにお応えしての開催となりました!
試験をひかえた方には実技試験にむけての確認、
コースを終えられた方には総集編としてエクササイズの復習をしていただけます。
試験をひかえた皆さんは必見のワークショップです。どうぞご参加ください。
Exam Preparation
【日程】
・5月28日(月)
17:00~19:00 マット

この2時間のワークショップでは、
厳選したマットエクササイズを復習し、実技試験に備えるものです。
主に修正、キューイングの手法や試験で重視されるポイントなどを確認していきます。
また、姿勢分析とプログラミングの観点からの、プロップの使用とモディフィケーションの活用についてもお話します。

・5月29日(火)
10:00~13:00  キャデラック・チェア・バレル

参加一体型のキャデラック、チェア&バレルの試験に向けた3時間のワークショップ。
マットやリフォーマーに関するプログラミングも含みますが、
こちらのワークショップでは、大半の時間を、プログラミングに如何にCCBの器具を取り入れていくかを考える時間としています。
キャデラック、チェア&バレルのエクササイズから、それぞれ特定のものを、正しいポジショニングなども含めて復習します。
・5月29日(火)
15:00~18:00  リフォーマー

最高の状態でReformerの試験に臨む為の3時間のワークショップ。
次のような内容を含んでいます。
リフォーマーを導入したプログラミングの概念。
特定の姿勢的特徴に対するリフォーマー/マット&リフォーマーを使ってのプログラミングとモディフィケーションの選択。
また、複数のリフォーマーエクササイズに関するディスカッションと動きの復習を行います。
【参加条件】
試験対策ワークショップ ジェネラルオーバービューを受講済みで該当コースの試験を控えている方
【参加費】
15,000円(2時間)
18,000円(3時間)
【場所 】
STOTT PILATESR  ライセンストレーニングセンター
Bcube(ビーキューブ) 5F スタジオ
【講師】
上泉渉
【お申込み方法】
(1)「ワークショップ Exam Preparation 専用申込フォーム」よりお申込ください。
専用フォームに必要事項を記入の上、送信して下さい。

(2)ビーキューブRより、をお送りいたします。
が届いた方のみ、予約受付ができています。

(3)到着から1週間以内に受講料を銀行振り込みにてお支払い下さい。
※お支払いの確認が取れ次第、受講枠を確保いたします。

(4)をお送りいたします。
【受付期間】
2012/4/27(金)~2012/5/21(月)
定員に達し次第受付を終了いたします。
専用お申込フォームはこちらから
皆様のご参加お待ちしております[emoji:e-343]

SPXリフォーマー増設

Profile photo of bbbblog02

GWが近づいていますね。マットとリフォーマーのコースがそれぞれ
連休中に開催されます。
最近では、リフォーマーを活用する、キャリアを目指す方も増えています。
さて、スタジオにはカナダから新しくSPX Reformerが届き、さらに4台増設されました!
5階のアカデミースペースが、より一層、存分に練習が出来る環境が整いました。
ビーキューブの、妥協ない最高の環境へのこだわりの一つです。
P1070319_convert_20120425164039.jpg
新しいタイプは、スプリングを支えるキャリッジ底の部分が特徴的です。
少しばかり、キャリッジの皮の感じも違うかな?
P1070316_convert_20120425163946.jpg
動きを伝える立場のインストラクターとしては、沢山動いて、体感する事が何より大事です。
存分に活用して下さいね。
若々しいスプリングの感じも体感して見て下さい。
整備が完了し次第、どんどん使っていただけるようになります。